エントリー

2021年11月21日の記事は以下のとおりです。

冬なのに

  • 2021/11/21 15:31

もう11月も後半です、虫も爬虫類も両生類も、冬眠して居ますよね、寒過ぎて行動出来る筈も無いのだから、、。

と言う北海道札幌の、11月21日、今日の日付ですけれど、何と「蚯蚓が日中、作業場の前の道路上を、必死になって進んで居ました、おいおい、とっくに土中で越冬の準備の筈だろう、流石に驚きました。

この寒さで、蚯蚓って、動けるんでしょうか?変温動物でしょう?日中の暖かさ、日差しで体を温めて動けるようになったのでしょうか?でも、一昨日は、初雪が降った筈ですから、生きて居られる筈が、無いですよね?

でも「現実に蚯蚓は生きて居て、移動して居ました、畑に移動させたけれど、土中に潜れるのか?冬を乗り切れるのか?生命力次第でしょうね」

蚯蚓が活動出来る、札幌の場合の期間外、でしょうね、私もこの時期に、蚯蚓が活動して居るのを見たのは初めてです、が現実に今日の日中、蚯蚓が移動して居た事は現実です、現実を、現実とは別の決まり、科学的論法?で、札幌の場合、11月20日過ぎなら、蚯蚓は活動出来ない、と断じても実際蚯蚓が活動して居た事は、変えられない訳です。

現実を見ないようにして、現実を問わず、制度だ、慣習だ判例?だ?説だ論だ、法律は神話だ、よって、現実合憲、合法は間違いで、無効である、これを強制力行使で、正しい事とさせて居ようと、現実は変わる事は有りません。

でっちあげ、捏造、法螺で、事実を作り変えようとも、事実、現実は変えられません、現実から目を背けても、現実と向き合わなければならない事態が起きれば、破滅するんですけれどね、結局の所。

正しい事実による答えで有れば「きちんと事実を示して、正しい事を理論構成も無し、証明出来ます、これが出来ないのは、嘘だから、でっち上げだからで、合法の逆と言う事です、どんな国家権力で有ろうと、合法、正しい事実は、破綻する事は無いし、詭弁を次々重ねる事も起きません」

そう言えば山本巡査、北海道警察本部長、監察課「昨年8月11に起こした傷害事件加害行為、刑事、民事共、実質傷害事件加害者責任は負わず、実際逃げられて居る事の合法証明、未だ出して来ないですが?は・ん・ざ・い野隠蔽だから?

人間、どう言った設定に据えられて居ても、無い知識、能力は、正しく発揮出来る訳が無い

  • 2021/11/21 07:41

人間、どう言う設定に据えられて居ても、備わって居ない必要知識、判断能力、法令順守を正しく、常に果たせる資質、人間性、正しい想像力が欠落して居れば、設定に沿った能力発揮は有り得ないし、設定に沿った正しい判断も、不可能に決まって居ます。

判決が絶対だ、大嘘です「判決の記載が”憲法、法律規定を正しく踏まえて、証明された事実、証拠、法律理論に沿った物で有る場合は、まあ、ほぼ無いでしょう”つまり、判決文の記載の内容が、元の事件に付いて、破綻無く、合憲、合法を証明しての結論、と言うケースは、稀と言う事です」

その意味では「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、原審大阪高裁事件、平成27年(許)第11号事件、この最高裁大法廷最終決定は、最高裁大法廷最終決定だけで、ほぼ必要事項を網羅して有ります、が」

肝心の、最高裁の判事15人も含めて、日本中の法曹資格者の誰もが状態で「この最高裁大法廷最終決定、強制力行使も記載の最終決定、意味も理解出来なかったと言う、無様過ぎる現実が」

最高裁大法廷最終決定の内容基本は”相続遺産分割除外説を、最高裁小法廷も、平成15~16年に採用したりして、正しい未相続遺産泥棒”と決定、判決を重ねて来たが、実は民法第896条違反だった、民法第896条には”被相続人が死去した時点で、包括相続遺産全て凍結して、相続人全員の、共同包括相続遺産で扱う、こうなって居るので、最高裁小法廷決定と、これを持った判例も、強制力を持ち破棄する、大阪高裁の、この説を採用して、遺産預金泥棒取得を適法とした決定も、これを破棄して、大阪高裁に差し戻す。

こう、明確な「法律も明記しての、最終強制決定です、こんな明確な最終決定も、法曹資格者、法務省の役人連中、誰も理解不可能と言う現実、この程度が実際です」

逆に言うと「何処が理解の不可能なのか?聞いて見たいけれど、まあ”年収2,000~3,000万円を得て居ると言う、元高裁、高検の上に居た法曹資格者公証人達、東京の公証役場のこの連中”の誰も、民法第896,1031条、新民法第909条2も何も、全く知らなかったあれの通りです」

基本知識、法律を正しく駆使出来る資質、素養等が欠落していると言う事でしょう、無い能力は発揮されない、知らない法律問題を、合法を証明して、判断出来る道理が無い、と言う事の事実証明です。

設定に据えられて居る人間が、設定通りの資質、知識、能力等を備えて居るか否か「公式に確認するべきですよ、飾られただけの人如きを、自分が狂信して居るからと、虚偽の設定の立場の人間、と正しく証明すると、設定通りの現人神だ、と逆上、逆恨み、虚偽喧伝で事実を公表した人間を陥れると必死、毎度の手ですが”表沙汰とされた、こう言った真実は、二度と闇に消せません、ネット時代の今ですから」

民事受任辯護士の役割、民事訴訟法の規定にしても

  • 2021/11/21 07:20

昨年8月11日昼過ぎ、意識を飛ばした運転で、一方的トラック後部激突、傷害事件加害者警察官の犯罪事実、この傷害事件加害者、と言う設定で「治療費他賠償は、十数日しか支払わない、こう決定して踏み倒ししました”で、刑事調書には、自分が加入している任意損保が、自分が負った損害賠償債務の支払いをします”と書いて、虚偽を事実と、刑事訴訟法手続きでも、捏造を常時果たして有ると言う」

加害者警察官が「全て自身の意思で、弁護活動を行う為に委任した、と言う、法律上の設定で受任した弁護士、斉田顕彰辯護士の答えは次の通り」

斉田弁護士∸加害者である山本xx氏は、賠償の事も含めて何も分かって居ません、旧来からの、人身交通事故賠償の方法で、法律や、医学的根拠では無く、賠償支払いをせず通したし、医師法も含めた、法令遵守で無い賠償で、解決しようと思って居ます、山本xx氏の意思で、では有りません。

まあ「十和田労基恐喝事件も”恐喝の武器で使った判決は、交通事故労災加害者が、医師法、労災補償保険法他は違法な法律、賠償論が正しい”で勝訴した、司法犯罪制度判決ですから、こんな憲法、法律蹂躙テロ判決を用いさせた、厚労省事業合法実施潰し恐喝です、加害者が指示する理由は無いでしょう、損保、提携弁護士の暴走、裁判官が主犯で、が実際で」

札幌医大付属病院主治医に、三井住友担当が「後遺症診断書の偽造を指示、当然、診療録も偽造させて、この偽造後遺症診断書で、自賠責国の事業が、詐欺審査実施、これ等の犯罪は、三井住友提携弁護士らが、文書も出して詳しく自供済み、拙い事態が生じて、被害者を”加害者が三井提携弁護士を委任して?債務不存在確認訴訟で訴えた”形とされていますが」

加害者は、これ等経緯等、知らないでしょうし、三井住友、被害者の主治医、自賠責事業犯罪なのに、被害者を言い掛りで訴える必要も無いでしょう、加害者には。

これ等司法ぐるみテロ犯罪事件はどれも「弁護士委任が法を犯した委任、委任者は、実際にはダミーの委任者、訴訟提起も、弁護士ダミー委任者野意思では無くて、提携弁護士を飼って動かしている、損保と裁判官、裁判所共謀、訴訟詐欺行為だよね」

人は嘘を吐く、下手な嘘は、整合性を取られると、破綻する

  • 2021/11/21 06:56

人は基本、嘘を、良くも悪くも、状況により、善意、悪意、自己責任逃れ、錯覚等、多様な原因、理由により、吐いて生きて居ます、常時本当のことを言ってりゃ、世の中で生きて居られる訳が有りません。

君は何時も可愛いね(ちっ妹が良かったんだがな)とか吐いて居た等、あちこちに載って居た、あれの真偽は有れど、経歴も虚偽ばかりで、毎週変更された通りで、学歴も「入った大学で、編入出来ません、と、公式記載、掲載されて居ながら、不可能な編入複数と来ていて、数百二んの学生中、トップの成績の天才だからと、年間一千万円位、マーティン奨学金を得たけれど、この奨学金を受けて、試験に落ちたか、受験自体して居ないから、合格できなかった史上初の人物の栄誉を得た」

x族の一員、ホxトに血税じゃぶじゃぶと、家族と一族揃って、こんな輩に、備わっても居ない経歴、肩書を付けようと、血税不正流用、虚偽、違法な経歴を備えさせるべく暗躍、違法行為と言う事、虚偽の「天才に狂ったx族女捏造にまっしぐら、の結果の惨状、嘘を重ねても、当事者があれでは、嘘を事実と捏造成功も、無理と言う現実でした”まあ、同じ血族?と言う設定の一族”の多く、虚構の経歴や、不正な学歴に、疑念しか無い研究成果発表、お前に分かる訳が、の山だから」

同じ手を通じさせて、天才を一族に引き入れた、とのでっち上げ設定が正しいと、捏造目論見だったのが、本人の資質等が破綻させたと言う「江戸時代のように”武家に嫁入りさせる、武家階級で無い娘は、武家に養女に入れて、必要な知識、作法等を備えさせた上で”嫁入り、あれと同様が、先ず必須なのに、色に狂って、必要な知識、作法等備えもしない人間を、次々引き入れて、根本の設定をぶっ壊し続けて来て居る、それの結果ですよね」

国が法曹資格を与えたから「全能の神になった人間集団、等と、虚偽を当事者から、植え付けて自己狂信させて、平民も”法曹資格者は全能神、絶対正義のみ実現させる神である”こんな法螺で洗脳を重ねるから、オカルト司法制度だけ、狂気の司法犯罪国家が出来上がって居る訳だし」

現実に起きた事、証拠がどれなのか、法律の正しい適用による、事実証明、法理論構築、一切出来ないで、虚構の神の絶対無条件狂信押し付けだけ、が実際ですよね。

設定上の神に設定通りの資質、知識、素養等が備わって居る訳では

  • 2021/11/21 06:26

国家資格を取得した、多数の人全員に「取得した国家資格業務を、正しく遂行出来る知識、能力、判断力等が備わって居る事は、当然ですが、有り得ません、当然です「国家資格を取得出来る知識を備えて、試験に合格したに過ぎない、これが事実ですから、資格を使った業務の実施に必要な知識、実務知識の取得は、全く別の要素です」

実務を行わない、資格取得で完結と考える資格者は、実務に必要な知識を、正しく取得する、無限の努力をしません、ですから「現実の問題に、正しく対応等出来る訳が有りません、役立たずの資格者が実態です」

国家資格を取得したからと言って、資格業務を正しくこなせる訳は有りません、実務知識と言っても、無限の範囲ですから、相手が個人、公権力、事業者他、多岐に渡りますから、実践知識の範囲は「合法の範囲だけでも無く、無限の実務知識が必要です、国家資格を得れば、降るように資格業務の依頼が来るなど、有り得ませんし、来た所で”得た資格だけで、資格業務など、こなせないから”」

多様な実務知識を、日々積み重ね続ける事が出来なければならないし、扱い仕事、事件を、本質から出来るだけ正しく見抜ける資質も必要です「資料等を幾ら読んでも、字は読めるだけで、内容を正しく読めて居る訳では無い、国家資格者の多くが、これですよね、国家権力構成員、同類眷属の多くもこれです」

こう言う手合いの特徴は「勝手に思い込んだ、でっち上げた”答え”を、これこそが正しい答えである、と、眷属と共謀して、声高に喧伝するけれど、吐いた答えが正しい事の立証から、常時逃げます”」

そして「自分が間違って居る処か、無知無能な独裁カルトだ、憲法、法律破壊行為者だ、これが証明されて居る事の隠蔽工作で”完全な言い掛かり、根拠等無い言い掛りを、眷属共々吐いて、卑劣な責任転嫁に走ります」

整合性を正しく取られて、自分が犯した憲法、法律違反、悪事の数々実行者、卑劣な罠に手を染めた行為者事実等を(私の意思で、ひもを動かして来ました!)、自身でも吐いて、自爆し切った逃げも、根拠ゼロでの自己正当化と、責任転嫁ばかりの通りですし。

事件が実際は何だったか、公式記録、公式証拠で揃って居ても「法曹資格者が多数関与して、誰も内容等理解不可能ばかり、苫x兆農協でっち上げ業務上横領事件、預金、遺産預金泥棒司法犯罪制度、第三者行為傷害事実抹殺用、医証偽造公式凶行司法犯罪、惨惨たる現実の山、の通りです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949538
ユニークアクセス:5121125
今日
ページビュー:1431
ユニークアクセス:1415
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed