エントリー

2021年11月24日の記事は以下のとおりです。

医師法破壊

  • 2021/11/24 11:13

現職の警察官の、第三者行為傷害加害者が「主治医複数の、第三者行為傷害による怪我に付いて”自己日の昨年8月11日から、同月31日までで治癒する、軽い怪我が正しい”と、公式な診断を付けて、確定させて、以後の治療費他賠償金支払いは、医療機関相手も含めて、不払い、支払い不要、昨年8月一杯で治癒した怪我故」

これも通告して「公式以後不払いで合法、として、通した訳ですから、加害者である、司法警察員、この行為者責任で”これが正しい診断、正しい診断と決定して、行使した事に付いて、裏付け証拠、証明を揃えて、各適用法律所管機関へも、合法診断との証明を、監督機関も果たさせる為”紹介も行い、合法診断であるとの、合法な賠償踏み倒しで有るとの、監督官庁からの、公文書証明も揃えて」

私と主治医を、偽造診療録、診断書作成、行使犯罪者と、正しく立証証拠を持ち刑事告訴提起、も必須です、詐欺、医師法違反で詐欺は、重大犯罪ですから。

逆に「この、警察官加害者の診断、賠償踏み倒しに、合法との公式根拠、証拠証明も無いとなれば”犯罪診断をでっち上げて、合法な、治療費を含めた賠償を踏み倒した犯罪者、警察官の加害者は”これが立証されるんです」

司法警察委員の加害者です「己が傷害事件加害者の立場で、傷害事件被害者の怪我に付いて、独自に診断を就けて確定とさせて、事故から十数日で治癒、と診断を確定させて、この、加害者独自診断が正しいと決定させて、この分しか賠償せず、を通したのです、関係する機関から、合法診断、賠償との、公文書回答も得て、合法証拠を揃えて”主治医複数と、私を、医療証拠偽造、行使、賠償金詐欺で告訴の提起”これまで必須です」

犯罪なら、曖昧は認められません、まして、司法警察員の加害者です、主治医らと私が共謀した犯罪で有る事を、公式証拠で証明して、告訴提起迄必要なのだから「損保がでっち上げで決めた、は通りません、各法の所管官庁回答、この診断でっち上げ根拠照会して、犯罪と回答を得て、警察官加害者診断が合法との回答を揃えて、主治医らと私を、医師法違反、賠償金詐欺で告訴提起、が必須です、やるでしょう、ここまでの状況なのだから、加愛車英札感は、警察組織を背負い、加害者警察官診断が合法、主治医の診断は、賠償金詐欺狙いの偽造診断、これを、実際の行為通り証明出来る筈です、各監督官等共々で」

診療録、診断書偽造、行使闇制度と、医師法蹂躙が適法司法テロで、傷害事件被害者、主治医を陥れ放題

  • 2021/11/24 10:52

第三者行為傷害受傷被害者が生まれれば、損保、司法が主治医を指揮して、命じて、言い含めて有って「実際の受傷は飛ばして、軽微な怪我だと、診療録、診断書を、日常的に偽造、行使し捲っており、第三者行為傷害受傷被害患者と主治医を、陥れ放題出来ている、事実、証拠の通りです」

厚生労働省、国土交通省、金融庁、法務省も、この司法、警察犯罪に、じかに加担もして居るから、ここまで極悪な犯罪も、常時成功させられて居ます、診療記録、診断書を、現実の怪我を無視させて、軽微な怪我だ、と、裏司法犯罪アニュアルを根拠とさせて、常時偽造、行使させて居る、この手口を成功させ捲って来て、第三者行為傷害受傷患者は「どんな重大な事故でも、軽微な怪我か、怪我自体しない、医学的証拠実例、判例の山、を揃えて来て居ます嘘も百万回吐いて、通して有るから、正しい第三者行為傷害被害患者用の、絶対の診断根拠?と出来て通せて居ます」

この犯罪に、合法を武器とさせて、立ち向かうと「冤罪仕組んで成功させ放題、犯罪が当たり前で凶行出来て、適法と捏造され、成功させられて居るから、この手口の悪用、証拠と法の規定捏造、捻じ曲げも常時通せるから”冤罪粛清されて来ても居ます”」

合憲、合法を武器とさせて、この一連の損保、司法、警察、各監督官庁、主治医他権力犯罪に立ち向かうと「元々何処にも合憲、合法は無いから、冤罪粛清の罠に落とされても来ています、昨年8月11日の、警察官が一方的追突による、私が重い怪我を負った、傷害事件でも、警察官の加害者は”この日から、同月31日までで治癒する怪我だ”こう決めて、治療費他賠償踏み倒しを果たして、通して居るのですから」

司法警察員の加害者の行為責任による、上記診断確定に付いて、物理的、医学的合法証明を果たして、合法診断である証拠、厚生労働省他かあも、公文書で、合法診断だ、との証明書も取り、合法診断を証明して、主治医ら、私が、賠償金詐欺を働いたと決めた事の貫徹、賠償金詐欺による刑事告訴、これを持った、公式犯罪証明迄、当然求めた訳です、司法警察員が加害者で、加害者として、公に診断を下して、主治医の診断を否定して、賠償踏み倒しして来たのだから。

これが司法、行政、警察の現実

  • 2021/11/24 10:15

無知無能な司法、行政、警察、政治権力、報道カルト、この現実を「色狂い、金銭欲、独裁者に君臨願望しか、のx族等と同じく、虚構の神格化、絶対正義、憲法、法律の守護権力だ、と捏造、虚偽の絶対神創出、でも」

x族連中が、自分達の行為事実で、税金を憲法、法律蹂躙を重ね、不正に私物化し捲って、独裁国家権力、王侯貴族として、我欲を満たす以外、実際には無い、人間性が普通以下の、最低の俗物以下の資質、思考、行動の連中だと、自分達で国際的に証明を重ねている、何処が神格化の対象だ、こんな腐敗者一族が。

と同じく、他の国家権力も揃って、神格化は嘘、まともな事実、法律判断等出来ない俗物以下の、腐った権力構成員、この現実を、自分達で証明し続けています。

憲法、法律の正しい遵守、まるで出来もしない国家権力、公徳心等、何を指すかも理解も不可能、独裁国家権力に君臨出来ている自分、よって「自分が独善で決めれば、憲法、法律規定等破壊出来て、絶対正しい答えで通る、これがほぼが実態となって居ます」

憲法、法律で合否が決まる、憲法、法の規定はこれですが「現実の、x族の所業も含めた、国家権力行使の現実は”テロ、犯罪、憲法違反、犯罪やり放題”これが合憲、合法だ、馬鹿理が実際と、日々証明されている通りです」

現職警察官が起こした、第三者行為傷害事件でも「医師法違反から”闇で損保、司法、警察、医師、各監督官庁で仕組んで有り、診療録、診断書、診療報酬明細書の偽造、行使犯罪を常と仕組んで有り”第三者行為傷害を、この犯罪常時凶行で、抹殺し捲って、合法と偽り、通して居る訳です」

傷害事件が起きたら「傷害事件被害の正しい、主治医、医師法を持った証拠証明を、診療録、診断書偽造、行使犯罪、傷病事実抹殺、偽造で軽微と捏造で、医学的証拠を、強引に抹殺しており、この犯罪で、加害者責任を、刑事、民事共、犯罪抹殺に成功して居ると言う」

交通事故診療を巡る諸問題、交通事故医療に関する諸問題、医研センターテキストでの、この犯罪マニュアルに沿った、医師、損保職員、法曹資格者への”犯罪の手口実践教育”が、これ等犯罪を凶行し捲る根拠、とされています、合憲、合法は、何処にも無いです、国家権力、事業者共謀犯罪でで、被害者と医師を、陥れ放題出来て居るんです、罠を張り巡らせて。

昨年8月11日の、警察官が一方的傷害加害事件、警察官加害者に、私の怪我は、昨年8月11日~31日までで治癒だ、この、加害者決定に関して、事実立証して頂き、主治医と私を、賠償金詐欺犯と証明して貰う手続きも、数度取った通りです、司法警察員責任で、当然の、自身の行為責任の、合法証明です。

加害者責任に於いて

  • 2021/11/24 07:36

@小島道警本部長、人身交通事故加害者、山本x一巡査自身に、昨年8月11日午後12時過ぎに起こした、人身交通事故事件、加害者責任、対人受傷加害事実はほぼ無い、この実際の行為が正しい事を、事件捜査証拠、医学的証拠を持ち、被害者の私、主治医らに対して、正しく証明させる事を果たすよう再度求める

@記載先、別紙文書の通り”複数の裁判、調停、審判、刑訴法虚偽手続き、犯罪不問実行で終わった妻の両親の遺産相続、遺産預金、生前の預金窃盗他事件”で、妻の兄姉は、法に背き、不当な金銭要求を重ねています、出鱈目な民事、刑事手続きが原因の、次の犯罪発生です

                                 令和3年11月24日

  この人身交通事故受傷被害者、山本孝一らは、実質虚偽受傷と、行動で通されている被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

小島裕史道警本部長、道警監察課、交通課、刑事課
TEL,FAX011-251-0110
山本x一代理、現実共栄火災が正規の委任者斉田顕彰辯護士、委任者回答させよ
TEL011-272-1653 法律上山本孝一が委任者、委任者の意思
FAX011-272-1654 で、ほぼ不払い、受傷診断虚偽と決めた
金融庁監督局保険課、総務課長、損保係池田課長、古村係長
TEL03-3506-6104
FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村、関根他担当
TEL03-5253-8586
FAX03-5253-1638
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
斎藤茂之厚生労働大臣
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
大谷直人最高裁長官
FAX03-324-5691
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357

1、山本x一氏、小島道警本部長「昨年8月11日午後12時過ぎ発生、加害者山本孝一巡査、被害者私の、第三者行為傷害事件で、山本x一氏は”私の怪我はほぼ無し、主治医らの検査等による診断は虚偽”と決定して、医療費他ほぼ支払い拒否、十数日分しか支払いせず、8月分の日数しか、この傷害事件での受傷被害無し、と決定して、不払いで通した事実が有る通りです」

2、山本x一巡査は、被害者の私、主治医複数(被害署交通二課へも)に対して”この傷害事件による、被害者の私が受けた傷害事件受傷は、昨年8月11日~同月31日までで治癒の怪我”と、公式に決めて、通した事実に付き、医学的、科学的な根拠の立証を果たす事と、再度求めます、根拠が有っての、治療、賠償期間決定でしょう、司法警察員なのだから、この現実が、医学的、科学的に合法との証明を、被害者の私、主治医らに正しく果たす事を、再度求める、貴殿の公式決定行為が正しいなら、私と主治医複数は、賠償金詐欺犯であり、刑事訴追を受ける立場です、有耶無耶は認めません。

3,山本x一巡査、厚生労働省(主治医らが、虚偽の診療録、診断書作成により、医療費、賠償詐欺を働いた、と決めた医学的根拠証明目的、医師法違反告発等実施先)国土交通省(障害上限支払い、後遺症審査も合わせ、医師法等適用行為の合法根拠の公式確認必須)金融庁(一括代行、後遺症事前審査、弁護士法、医師法違反行為の合否公式確認、事実立証必要先)へも公式合否照会を行い、司法警察員として、合否回答を正しく取り、私、主治医に写しを提供するよう求める。

4、共栄火災、司法、警察は、過去私、経営する会社に対して、根拠の無い保険詐欺容疑を掛け、陥れると謀った過去の事実も有ります、中央署二課平田警部補は”共栄火災x下課長補佐が、お前は詐欺の常習者と言い、告訴した、だから悪人だ、正業では無いと、警察、司法が決めた、根拠はこれだ”と嘯き、陥れに走った現実も、苫前町農協事件と合わせ、現実にある通りです、その後音無し、三井、損じゃ他損保は”損保が詐欺と捏造すれば、警察、司法は何も分からず、陥れて来て居ます、その流れでしょう”との事、この傷害事件も、同様の、冤罪の罠でしょうから、記載立証を先ず果たして、公文書回答証拠を、東署刑事二課、交通二課、私、主治医らに提供は必須です、合法な、賠償詐欺との根拠無く、ここまでの司法警察員、刑事、民事事件決定行為は出来ないのです。

5、記載先、妻の両親の遺産相続事件手続きは、札幌地裁平成30年(ワ】第1180、588号、平成31年(ワ)第1640号、第151号民事裁判事件と、遺産分割調停事件、令和元年(家)第190,191号事件、遺産分割調停に対する特別抗告事件、令和2年(ラ)第11号事件を経て、遺産土地建物、残置物は、相続人xx、xxが、法律手続きを経ず相続確定、遺産預金は、xx、xxが親の遺産預金、現金、生前の母親の預金窃盗で、使い込んだ、隠匿した金以外で、この二名が、遺産金で申告した金額を持ち、相続人4人は四分の一相続、これで確定済みです。

6、しかるに、xx、xxは、妻に対して、度重なる電話、文書送付(二部添付)により、合法根拠の無い金銭要求、妻には合法相続金を寄越せと要求、私には、根拠の無い、xxxxx万円以上の金額要求等を重ねています、これは金銭目的の、明らかな脅迫、強要事件で有り、看過出来る事では有りません、法で律せられるべき国家制度を、公然と蹂躙する行為で、司法、警察犯罪、遺産、遺産預金泥棒、他者の預金泥棒(xxと家族、xxも手を染めた行為)を、適法犯罪とでっち上げ、逃がし続けた事が、この不当金銭要求犯罪を生んだのです、司法、警察に、合憲、合法無し、この現実により、不当な金銭要求犯罪も、惹き起こされて居るのです、根拠無き金銭要求も、こうして生み出させている司法、警察犯罪、責任を明らかとするべきです。

事の本質を常に、xx弁護士が常々言って居た、法曹資格者は、これが出来ない、組み立てた思考、判断能力欠落故

  • 2021/11/24 07:05

x族は、学者?風を装う立場であり、実際には、現行天xと伴侶、娘以外、先代の子と孫たちに付いては、代筆者、代理研究者が、であろうけれど、xx過ぎてあれでは、研究以前だろうから、色事と、金銭欲と、独裁者の所業以外、何も無い行動実態だし、公共の等、理解以前だと、自分達で示すだけだし、結果、堂々と憲法第14,8,88条蹂躙を重ねて、理解も何も不可能を、行動と言葉で証明している通りです。

常に必要な事は、根本が何かで、詭弁、三段論法、責任転嫁に走り、国家権力、報道カルト、資格者、学者等が総力を挙げて、虚偽、犯罪こそ正しい事実だと、嘘を本当と、強引に作り替えて通す事に、乗らない事です。

正しい事は、行為者が自分で正しい事を、まして血税を食い散らせて居る、憲法違反多数、闇収入を血税資金からで獲得者(収入がゼロなのだから、違法な金銭取得以外無い、国税もグルでしょう)なのだから余計「グダグダ泣き言を吐かず、事実はこうだ、と証明すれば良いだけ、これも全く出来ない結果でも、嘘の塗り固めが真実と証明されています、まして”現実から目を背けて、相手を悪に仕立てようと、x族らが指揮を執り、個人を誹謗中傷”事実の公開を、でっち上げだと捏造が目論見で”独裁国家権力そのものの行為事実です、憲法規定で禁じられて居る、x族から強制除籍が必要な、恐ろしい所業でしょう」

幾つもの嘘、でっち上げ、経歴詐称、虚偽の学歴次々発覚、過去に居なかった、最優秀の司法試験受験目的留学生故、マーティン奨学金、年間一千万円単位を受けられた、前年までは、半額だったのだが、この男がこの奨学金を受けるに当たり、全額支給と変えた、が。

点数で合格出来る、大半が合格した試験で、合格者に入って居なかった、受験資格自体、制度上無いようなので、受験した事すら疑義が、と、合格出来る知識等、と思えるし、素行審査も有ると言う事で、法を多数犯して、に、奨学金返済せず複数、経歴幾つも詐称、次々経歴抹殺、書き換え、他から金銭支援が有れば、貰えない筈のマーティン奨学金を、奥野法律事務所から、金銭支援を受けて居るのに貰って居た、母親も元婚約者から、前の留学時に、見せ金を引っ張り、使い込んで居た、本来アメリカには、二度と入国出来ない筈の悪事、違法行為がこんなに現出。

公開された、証明された事実が、こんなに有る訳で、幾ら嘘の羅列で正当化に走ろうと、一般社会でも、こんなに闇が有り、ばれた人間はまず居ないですから。

こんな闇、法を破り捲ってばれた輩を、他者に悪事の責任転嫁に走り、事実証明されている、これ等行為を、故意に問わせない手で、真人間だと、事実無根をでっち上げて、通そうと謀略三昧、今の時代、騙し切れる訳が無いです。

こう言う手合いと、x族らとは、同調する人間性、同じ性根と言う事でしょうね、崇拝、尊敬の対象の真逆、俗物以下のx、正しく社会を維持するには、特に公から排除が必要、な、です、色欲、金銭欲、権力欲がほぼ全て、公徳心等意味すら分からない、行動実態からこれだと。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225254
ユニークアクセス:5393146
今日
ページビュー:1138
ユニークアクセス:1122
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed