エントリー

2021年11月15日の記事は以下のとおりです。

遺産、遺産預金、他者の預金泥棒適法?司法犯罪

  • 2021/11/15 16:50

札幌地方裁判所総務課、乗田課長補佐と電話で話しまして「正の遺産、遺産預金、他者の預金泥棒を、適法な犯罪で、盗みに成功したら、泥棒が窃盗利得の所有権を得た、と強制決定されて、通って来た、一昨年11月まで”憲法第29条を軸とした、個人の財産所有の権利破壊、警察、司法、国税、金融機関、監督官庁が共謀犯”で、この、単なる泥棒が、適法だとでっち上げで決められて、成功させられて来た」

この警察、司法、金融機関監督官庁、国税が指揮を執り、犯罪を適法と、一切合法無しで確定させて、通して来た、泥棒の制度化事実も、裁判所も「有名な犯罪制度で、有名な、犯罪化に切り替え、だから、熟知して居ました(;^ω^)」

この警察、司法、金融庁、財務局、国税等共謀犯罪も、私が詳細に、実例を持って、犯罪と言う事と、犯罪のからくりを立証して「金融機関から、この犯罪証拠等も得て、衆議院議長に請願、犯罪撲滅、合法化を求める請願も行い、合法に切り替える、決定的な請願となったと」

この警察、司法、金融庁、財務省、国税ら直接の犯罪加担も、犯罪と言う事実以外、答えは無い訳ですから、当然、適法犯罪だ等、根拠も全く無い、法螺を適法と捏造して、通して居ただけです。

司法犯罪だから、犯罪だが、適法犯罪だ、と言う嘘を、国家権力が共謀犯で、強引い正当と捏造させて、押し通し続けて来ただけです。

なお、地裁課長補佐も「一昨年までは”泥棒だが、適法な泥棒とでっち上げられて、泥棒利得無税で獲得に成功”を、警察、司法、金融庁、財務省、国税、報道カルト等が、国家権力の悪用を武器とさせて、果たし続けて来たが、昨年1月1日以降法の規定通り、泥棒で扱われる、と確定されて、摘発開始となった」

但し、基本的に、一昨年までのこの泥棒は、刑事、民事とも無責で逃がされる事とされている、この事実も、地裁課長補も、知って居ました「司法機関、神が託宣を下して、絶対と出来ている、ここでです」

そう言う

  • 2021/11/15 09:23

札幌地方裁判所総務課、乗田課長補佐に電話で、次の事の確認を行いました。

1,妻の両親の遺産相続関係事件で、詳細に訴訟と、向こうが提起した調停、特別抗告を経て、遺産に該当するもの全てに付いて、決着を付けて有るけれど”予想取り、上二名が、特別抗告で確定した、法律に沿った遺産分割毛亭での、正の遺産相続、取得、妻の相続済み遺産金を、詐欺だ、返せ!”と言い掛りを付けて来て居るのと”警察、司法が、上二名の意を受けて、実家土地建物、残置物全て、上二名が、法的手続きも経ず、相続した、と決定したのだけれど、これを証明する、訴訟も行って有るのだけれど”訴訟証拠、調停、特別抗告証拠書類は、どう保存、破棄されるか知りたい、との問い。

札幌地裁総務課、乗田課長補佐の答えー判決、調停、審判、和解調書、特別抗告の判決、決定文書は、確か30年保存ですが、訴状、申立書、答弁書、準備書面、証拠等書類は、原則5年で処分されます。

乗田課長補佐ーですが、最近通達が下りて”重要な事件の記録や、歴史的等重要な事件の書類は、特別保存と変わって居ます”これら書類の保存を、裁判所に行って置いて貰いたい、原本称号が必要と言うので、で有れば、通達が出ているので、保存手続きを行うと良いです。

※私が衆議院議長に、重要資料破棄により、民事で敗訴を理由とした、刑事訴訟法手続きでの有罪後の、民事訴訟記録を使っての刑事事件再審請求で、証拠が無くされる、民事訴訟手続きで、一昨年まで、他者の預金、遺産預金泥棒に成功すれば、泥棒が所有権を得たと、訴訟手続きでも認めて来たが、平成28年12月19日、最高裁大法廷で、強制禁止決定が出ているし、一昨年11月頃、この泥棒禁止通達も、裁判所に出ている、時効原則10年だから、一昨年から前の、この遺産、遺産預金泥棒適法決定等証拠で、不当な相続遺産窃盗被害回復訴訟提起で、証拠が失われて、不利益を被る、保存が必須、と請願して、出された保存通達と、泥棒禁止通達ですよ、と伝えて置きました。

※苫前町農協、民事で横領と、証拠無しで判決が確定したからと、刑事訴訟法手続き再開、この、民事の判決で、有罪に落とした、民事の記録で、身元信用保険金詐欺が立証されているし、窃盗を見た、と証言した事としてある、女性職員二名、証拠書類破棄実行者と、民事の証人尋問でも答えて居る、再審請求には”斉田弁護士と、私が保管している、民事裁判一式書類を、裁判所の原本と照合が必須、これらにより、主議員議長に請願したんですよ、とか教えました。

予想通り

  • 2021/11/15 07:46

妻の両親の遺産相続、きちんと?裁判所の訴訟、調停手続き複数を経て「民法第90,95.96条もクリアさせて、詳細に”結果はどうであれ、全て終えて有ります”上げていない部分が有れば、その分争いに持ち込めるけれど、そうならないように、きちんと、詳細に、訴訟、調停に持ち出しており”公式終結させて有るんです」

そこは私「抜かりは御座いません、後で蒸し返されぬよう、詳細に上げて有るからね、公式証拠できちんと、詳細に終えて有るんで」

この大前提が有るのですが、事前の予想、予告、人間性を踏まえて予想、予告した通り「まるで私が悪で、妻と4男が、私に騙されて”裁判所手続きで決まったのに、一緒に騙しただの”言い掛かりを付けて来て居て」

青森県警、司法が、法に拠らず強制決定済みの「実家の建物と残置物も、妻の残して来た物品も、全部次男と長女が相続した!と、強制決定もして、実家の敷地に入ると逮捕だ、と馬で決定して、通告しても居るのに」

実家で何か起きたようで?次男と長女は、二人で家を守ると、上記事実と合わせて、向こうの親族に、道道と宣伝も、なのに「一生兄妹なんだ、実家をどうする気だ?自分を騙したが?連絡を寄越せ!と騒いだ手紙を寄越して、妻が無視している、もう関係無いし、この二人の相続済み元遺産だし」

なのに、司法手続き済みと、警察強制決定済みの、二人の相続遺産なのに「電話も”もう兄妹でも無い、宣告も、なのに、二人で妻に、己らの言動も無い事にさせて?電話も寄越して、切られています”」

人間性の発露、でしょうね、私が起きると予告した通り、起こして居ますね、分かり易いと言うか、呆れるばかりです、法律手続きで、詳細に終えて有る、残さないようにね、私は、頼まれて引き受けた事は、他者より遥かにきっちり処理等します。

この連中、金を高額取られて、弁護士を使って、これですからねえ、笑うしか有りません、裁判官、裁判所も、この程度何です。

失脚させられない国家権力が、己の所業を否定されて、敵と見做したのは

  • 2021/11/15 07:16

今までx族らは「情報統制が行き届いて居た事が、最も大きな理由でしょうけれど”自分、自分達の所業、正しく憲法規定に従い、設定役をこなして居ない事の指摘をされて”従わぬ贄を、敵とみなすと意思表明を、公式にはしないで来た、或いは”敵とみなす発言をしたとしても、大マスコミは、握り潰して、無い事と?”」

ですが、情報発信の手段が、個人単位で多数生まれ続けて居る事で「大マスコミ共々の”民族、国家を一義に重い、自己利益、我欲を捨てている一族”この、事実に拠らない設定、喧伝は虚偽だと、多様な情報発信、情報提供により、多く立証されて居る事で、独裁国家支配権力と、一族では重い、決めて有るようで」

設定は虚偽で有り、自己利益、x族だけ、都合良く守られれば良い、贄如きは、逆らうなら敵、朝敵?だと、公に意思表明するまで「不都合な事実を糾弾され捲り、本性を隠せなくなったんでは?特に巨大な権力を手に出来た輩は”事実を正しく証明されて、不正、合憲破壊テロ行為、悪質極まる、権力悪用による不誠実事実”を証明されて、糾弾されると、言い逃れ出来ないから余計逆上して、敵対心を剥き出しにして、恨み言をぶつけるし、権力悪用により、xxしてやる、xxを命じてやる!」

ここに走るんです、思っても言葉に出さない、この鉄則も守れないだけ、設定とは全くそぐって居ません。

人生の晩年になって、独裁国家支配権力発生、成立にまっしぐら?も見せ付けられて居ます、自分達用の軍事力を、で有れば「踏み絵を踏ませるから、と思える現実です、イスラム国が生まれて、、一時国家形式になった、の現実とも、こう言う事なのだと、強く実感出来ています」

独裁者は基本、私利私欲が全て、自分に逆らう者は敵、粛清対象だ、これが鉄則ですし、自分を神格化する為の法螺、虚構を重ね続ける、古来からの、独裁者支配国家の、ですよね。

いきなり高跳びさせた理由も「x族と眷属の、本当が表沙汰にされ続けるので、即刻飛ばせたのでは?本音がこれ以上暴露されないようにと、目論見を果たす邪魔になる、設定でまだ騙し続けられて、目的が達成できるように、時間稼ぎで?」

失脚させられない権力の

  • 2021/11/15 06:43

政治家、役人、警察官、検事は「現実はどうであれ、不法行為に手を染めて、極めて悪質で、状況次第で、失脚させる事は、原則的には出来る、事となって居ます」

問題なのは「どれだけ憲法、法律違反、蹂躙を公然と手掛けても、法による社会の正常な運営破壊、テロ行為に手を染めても、失脚させる事が出来ない、強い権力を持てている輩ですよね、x族もこの範疇だと、実例証拠で知悉させられて居ます」

憲法の正しい規定も、現実としてですが「他の正しい決まり、合法とは”国民が課せられて居る義務とは”等と合わせて、知らない事も、実例で、自分達で証明もして居る訳ですし」

x族らが公然と、憲法から蹂躙して、憲法違反行為の禁止規定も知らない行為者権力と、他の国家権力、多くの贄、この実例が、次々生み出され捲る、表向き近代法治国家、の現実です。

大前提から、これと、事の初めから、現在までの、時系列に沿った事実証明と、理論構成も、独裁者を支援、支持する国家権力、贄は、行わないと言う前に、行えないが現実、能力資質等により、ですから。

憲法規定を正しく組み立てて、遵守とは、これを破綻悪理論構成出来て、矛盾が生じないまでの、正論を武器と出来て等全く無い、実力、実際の資質、能力、程度故。

情報が、そこら中から発信されて、情報の種々選択の範囲が、どんどん広がり続けている現実なのに、旧来の情報発信権力と、昔から実際には偕老同穴、の他国家権力集団、x族もしかりは”多様な情報発信、情報の取得と種々選択が果たせて、得続けられる、多様な情報を、次々種々選択し続けて”固定観念に囚われないように、自分自身を律して、事実と離れている部分は、考えも含めえ切り替える事、これを果たされると拙いから。

情報統制、洗脳目論見の、歪んだ情報発信、洗脳目論見の情報を、強権発動も用いて、無条件で信じる事を強要、これに走って居る訳でしょう。

何が目的なのか、x族の立場に据えられて居れば特に、これを一義に、贄如きと見下して居る事を、国際的に知らしめた現実を踏まえて、贄と蔑んだ本性を見せ付けられた側は、憲法の正しい規定、理念、主権在民、この大原則により、x族らの本音、本性、本当の思考と資質、程度、憲法、法律以前の一体で、x裁国家支配権力、x裁者一族と、の実際が証明された今、合憲、合法を正しく通せる国家とするべく、憲法から破壊権力に、と思うこの頃です。

主権在民の意味を、正しい権利を保つ為も踏まえて、個々の国民、x族が贄と見下している側に、知らしめるべきと思います、独裁軍事力、敵と見做した贄相手の軍事力を、まだ持って居無い今の内に、x族が国民をの大半を、敵と公式に見做した事実の危険さを、今の内に認識して、と思います、独裁国家支配者の思考、行為です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949549
ユニークアクセス:5121136
今日
ページビュー:1442
ユニークアクセス:1426
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed