エントリー

2021年11月28日の記事は以下のとおりです。

先を見据えて、結果を導き出す

  • 2021/11/28 15:30

:司法犯罪で有る、得する遺産泥棒、遺産預金泥棒、他者の預金泥棒入手の制度化、要は”犯罪で利を得た、犯罪証拠隠滅、隠匿”を、警察、司法、行政、国税ぐるみで凶行で、泥棒を隠蔽して逃がして居る”公権力が、犯罪者の一角故、泥棒が、証拠隠滅、法の適用強制叩き潰し、他、権力テロで逃がされて来て居る、この国では日常のテロ行為です。

妻の両親の財産泥棒、上二人と家族等、警察、弁護士、裁判官、裁判所共謀犯罪、青森銀行、顧問犯罪辯護士、十xxxx農協、義母が入所していた施設職員が、共謀、実行に走り、泥棒を成功させた、この犯罪も、出だしに判明したけれど、屑なのは熟知していたから、関わらないように、嫌な思いしかしないのと、こいつ等には、自分達の犯罪行為を、記憶組み換えで、正当化して逆恨み、しかない事も知って居たから。

だけど、4男が「妻に、協力してくれ、一人では立ち向かえないから」と頼んで来たから”こいつも信用度は?だけど、手を貸す事にした訳で”で。

手を貸す以上、半端は危険だから、徹底して犯罪防止、犯罪証拠取り揃え、を果たす事に尽力して、阿保犯罪者連中が、左系の弁護士を使って来たから、間違いなく札幌の裁判所、裁判官、警察ぐるみ、犯罪者擁護のみに暴走も、何時もの事だから、当然熟知して居たんです、警察、司法、監督官庁に、合憲、合法等意味も理解不可能、正しく遵守等、した事有るのか?だと知って居るので。

頼み込んで来た4男、予想通り、現実から逃げ回るばかり、責任転嫁、責任逃れに走るのみ、まあ、想定通りだった。

でも「揃えたい公式証拠は”訴訟、調停”複数で、きちんと揃える役にだけ、立っては居ます”遺産土地建物、動産、全部泥棒二名が、法の規定無視で強制相続受け”公式証拠も作れて有るし」

死去後に、義父の預金、現金泥棒に、義母の生前に、施設職員とこの泥棒達が共謀犯で義母の預金泥棒、二の金融機関が共犯で、の証拠も入手して、公式証拠も揃えて有ります。

これ等の証拠に、不動産、動産所在の町にも、泥棒がこれら不動産、動産全て「青森県警、司法が共謀犯で、警察、司法権限悪用も重ねて、泥棒が強制相続受け決定されている、他二名の相続人は、敷地に足を踏み入れたら逮捕される、通告も公式に受けても居る、泥棒二名が、これらを警察、司法に確定させた結果」

と言った、公式事実、証拠が揃えられています”4男に泥棒の一人から、遺産のトラクターも(自分たちが相続済み故、所有権確定であるので)お前にはやらない”と、文書も出ているし、法の規定による、相続決定は無しで、自分達が相続済み、と、証拠文書を出した訳です。

妻が実家に残して来た、アルバム等や、義両親の位牌、遺影も”泥棒二人が相続受けした、実家に放置して、供養も拒んでいるので、供養する為に引き取りたいだ?他相続人二名に、引き取る権利は無い、住居侵入、窃盗で逮捕するからな!”この事実も、証拠が揃って居ます。

このように「もうこの相続は”全部終わった相続事件です”今更泥棒二名が、妻が法の規定により、むこうが起こした審判により、法の規定通り、相続受けした遺産を、騙し取った、返せ、と言いがかって居るが、犯罪行為ですし、土地建物、物品も、証拠も有る通り、泥棒二名が、自分達が望んで、警察、司法の共謀犯罪支援を受けて、強制相続受けして居ます、土地建物、物品をどうする気だ?等とも言いがかって居るが、公式にお前らが相続を受けたんだ、言い掛かりなど通るか」

現実の、医学破壊診断、証明、素因の競合

  • 2021/11/28 10:10

昨年8月11日に、トラック後部に、一方的に警察官が運転する車に突っ込まれて、重い怪我を負った傷害事件は”素因の競合犯罪診断で、平成20年10月21日に、居眠り運転で、一方的追突事故を起こして、怪我を負わせた後藤x氏が、実は減員者、傷害事件加害責任者だ”こう、自賠事業、任意自動車保険事業で、公式決定を下して居ますし。

今年3月29日の、第三者行為傷害事件では、加害者側損保、東海日常生活賠償特約で「加害責任は、昨年8月11日の、追突加害行為者警察官が、5割以上加害責任を負って居る、と、公式主張しており、不払いを通して居ます」

残る5割は、被害者に、何かの責任が有る、言い掛かり訴訟を提起して、裁判官が判決で認める筋書きだ、加害者、被保険者責任で、ダミーで弁護士委任しろ!この言い掛かりを成功させる為だ、と、公に被害者、加害者に言い募り、強要に

この事実、証拠が有る上で「今年の傷害事件、主治医に対して、捜査機関から「素因の競合により、昨年の追突傷害事件加害者には、傷害事件加害責任が、医学的に有るか否か、医学的な証明文書回答を出して欲しい、と、刑事訴訟法照会が出されて居る訳で」

現実に、司法他が日常的に、医学、医師法破壊ででっち上げて、公式に合法診断、だと、法に拠らず確定させて居る、素因の競合犯罪診断ですが「主治医へ、勤務先理事、派遣元日大付属から、数カ月経過した今も”日常的に、医学、医師法破壊で、刑事、民事手続き証拠でも使って居る、素因の競合診断回答に関した、公式回答が出て来ないと”」

じゃあ聞くが「医師法、医学に拠らない、素因の競合犯罪診断でっち上げ、常時合法医療、診断を否定して、素因の競合診断が正しい、と判決、決定、正しい医学的証拠で採用の現実、憲法、法律規定を持ち、正しい根拠証明しろ」

法を持ち、公式に答える事が出来ない、犯罪素因の競合診断も、それなのに、警察、司法、関係行政機関が、損保の命令で、この犯罪診断が正しい、合法な医療行為、診断が犯罪だ、これを日常的に、犯罪だが合法だ、判決、決定のみ押し通して居る訳です。

ここ迄暴いて有る、極悪権力犯罪も、公式合否が証明されるでしょう、犯罪者と主治医、監督すべき行政機関、判断が犯罪司法、警察も加わって。

誰が指示したのか?疑問が

  • 2021/11/28 09:47

刑事裁判中ずっと、自分はちゃんとブレーキを踏み続けたが、スピードがどんどん上がり続けて、人身交通事故を起こした、ブレーキを踏んでいる自分の足も、目視で確認も行った、間違い無い、こう言い張り続けて、実刑の有罪判決が出て、控訴せず、収監されたあの上級国民ですが。

実刑の有罪、禁固3年の実刑が確定した事で、与えられた勲章も没収されたあの方、収監前にきちんと「自分がアクセルとブレーキを踏み間違えて、人も殺してしまい、申し訳なかった、と、素直に認めて謝罪しましたが、じゃあ”あのとんでも主張は、自分の意志では無くて、言わされた言葉、では無いのでしょうか?」

誰が、本人も考えても居ない、あんな主張を重ねさせたのか?一番考えられるのは「加入している、任意自動車保険事業者、の意を受けた、提携弁護士では?合法賠償を、少しでも減じる為に、責任転嫁の為に、あんな言い訳を、ずっと続けさせたのでは?と思えるんです?」

あの加害者さん、初めから素直に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた結果、重大な人身交通事故を起こしてしまった、被害者に申し訳なく思う、と謝罪して居れば、実刑3年は、多分科されなかったのでは?と思えます?」

本人は、収監前の言葉で有れば、あんな言い訳など、初めから考えて居なかったのでは?ああ言わされた、と思えるんですが?

昨年8月11日の、現職警察官一方的追突傷害事件にしても「任意自動車保険、自賠責保険が、言い掛かりで合法賠償を踏み倒す目的で、犯罪を重ねた事で、加害者の警察官は、出世コースから外されたし、自主退職を?に追い込まれているようです、加害者責任、行為者責任が、自分に降り掛かった結果です、が」

本人には、ここまでの犯罪を重ねて”任意損保、自賠責事業が、合法な損害賠償金支払いを逃れられるように”と考えて、悪事の限りを重ねて、走って来たとは、思えないです、何のメリットが有りますか?自分の人生が、結果責任で、思いっきり破綻したのだし、不利益以外無い状況に陥った訳だから。

損保、提携弁護士、裁判官らの手で、不当な犯罪行為者責任を、加害者が責任を負う形、で強引に負わされて居る、これが現実です、任意損保、自賠責事業が、法に背いた不払いを、犯罪によって成功させると、悪事の限りを司法、警察共々凶行、犯罪を加害者にも強要により、人生を思いっきり狂わせられて居る、現実に落とされて居ると?

司法犯罪マニュアル、主治医にも配布で

  • 2021/11/28 08:22

司法が合法認定して、刑事、民事事件、特に損害保険が適用となる、らしい?傷害事件となれば「常時活用、適用させて有る、診療録から偽造の手で、傷害事件を軽いと捏造や、傷害事件自体抹殺を、医学的に?常時果たせて居る、診療録、診断書、レセプト等偽造強制、司法犯罪、警察犯罪マニュアルの内”これら偽造を当たり前”とさせて有る記載を、昨年8月11日と、今年3月29日の、傷害事件重度受傷被害事件の、複数の主治医と勤務済、派遣先へも提供致しました」

傷害事件が起きてから「特に加害側が、加入損保に対して、対人加害行為賠償責任により、保険金請求する事件となれば、この診療録から偽造を主治医に命じる、主治医も積極的に、傷害事件は軽微と捏造、傷害事件は虚偽と捏造の手口と実践マニュアルは、同様の傷害事件に付いて、主治医と勤務先全てと、事件両方の当事者に、きちんと交付して”損保が合法な賠償をせず、逃げられるように”診療録等偽造を、警察、司法ぐるみ、監督官庁ぐるみで、常時行って居る”これを、公式告知して」

合法な第三者行為傷害の治療、証明から「犯罪と、強制でっち上げで決めるから禁止だ、軽微な怪我や、怪我は無いと、診療録から偽造を常に行う以外認めない、加害者は、この偽造により、軽い処分か無責、冤罪として逃がすし、被害者は、重い第三者行為傷害受傷と偽り、賠償金詐欺を目論んだ、行った咎で刑事犯罪者にも仕立てられる、黙って賠償を諦めろ!こう、公式通告、脅迫するべきです」

この国家権力共謀、極悪人道テロ犯罪、一気に公式犯罪に格上げされています「損保、監督官庁、警察、司法が共謀しての、合法な傷害事件立証、扱い叩き潰しが常、合法は犯罪、根拠は”司法が合法認定、交通事故医療を巡る諸問題、損保担当者様用、医療調査・照会の留意点、ここに記載、実行している、犯罪手口の数々”が、合法犯罪との根拠です?」

この二冊の司法が合法と認定、記載本販売、損保、司法、警察、監督官庁、医師らで常時凶行、診療録から偽造が手口で、この犯罪マニュアルで、刑事事件も犯罪扱い、傷害事件は軽微か、無いと捏造、この権力犯罪マニュアル、今後は「該当の傷害事件の場合は絶対に、この犯罪マニュアルを、主治医、両方の事件当事者にも渡して、記載通りの罠に落とす以外認めない、これを通告するべきです、当然でしょう、被害者が行う事では無いです、罠に落とされるのに、更に余計な手間暇、危険を重ねさせられる謂れも無いです」

主治医と、損保犯罪賠償とを

  • 2021/11/28 06:54

@損保、国交省、金融庁、司法、警察による、第三者行為傷害対人刑事事件、賠償の手に付いて”被害者の主治医等にも、警察、違法犯罪公式マニュアル、一部提供”も行いました、医師、医療機関、保険者、生活保護事業、労災事業監督官庁、厚生労働省も組して居ますよね?第三者行為傷害受傷被害者の受傷を、軽微、虚偽と強制捏造、人道に反する権力犯罪です

                                 令和3年11月28日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504
※今後、第三者行為傷害事件が起きて、損保が賠償債務補填責任を負う事件は、司法医師法犯罪マニュアル二冊を、両当事者に配布して、この記載で事件扱い、と疎明も果たせ

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
小島裕史道警本部長、山本x一巡査、監察課,刑事1,2、3課課長
TEL,FAX011-251-0110
※主治医の医療行為、診断は虚偽、詐欺目的との扱い、法の根拠は
 何時出ますか?自賠事業、任意共栄の行為は加害者責任

斉田顕彰、山本x一代理人弁護士
TEL011-272-1653 継続中?の詐欺嫌疑捜査事件共々
FAX011-272-1654 詐欺証拠も示す事、警察官加害者共に
森田祐司会計検査院院長 何時、第三者行為傷害は、偽造で消せるとなった
TEL03-3581-3251 今年3月29日事件だけで、国保立替
FAX03-3593-2530 だけで200万円以上、東海違法不払い
金融庁監督局保険課、総務部課長、損保係池田課長古村係長
TEL03-3506-6104 司法ぐるみ偽造で傷害事件捏造、賠償
FAX03-3506-6699 踏み倒し、公金詐欺成功は記載先共犯
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村、関根他担当
TEL03-5253-8586 共栄実例でも”自賠事業も、法による
FAX03-5253-1638 合法賠償不要”国交省ぐるみ立証
後藤茂之厚生労働大臣 犯罪マニュアルが根拠で、医師に偽造命令
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 医師法は無効、違法な法律と公式扱い
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 医師法遵守が犯罪、主治医も立件せよ
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 司法偽造マニュアルで判決と記載せよ
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357

1、昨年8月11日発生、道警所属、山本x一巡査が、意識を飛ばした運転で(心身が参って居たらしいが、自家用車通勤許可が出ていた、道庁、道警の、職員管理が大問題)一方的追突傷害事件を、私相手で起こしながら、国交省、自賠責事業(担当損保ジャパン)加害側加入任意自動車保険、共栄火災が先ず共謀して「8月11日~同月31日で、あらゆる賠償打ち切り、支払いは、通院治療日数日額、休損は支払い不可、主婦の労働日額に日数分で終わり、交通費、慰謝料は不払いで終わり、この月の医療費支払いで原則終わり、健康保険で治療継続でもすれば良い通告、医師法、自賠法規定適用不要故」これで賠償終結通告、実施事件の主治へと、勤務先医療機関と。

2,今年3月29日発生、高温焼却炉転倒下敷き、第三者行為傷害事件主治医、勤務先医療機関(勤務医派遣、日大医学部付属へも)にも「加害者加入、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約も動かしながら、言い掛かり、詐欺行為で被保険者、加害者が、賠償支払い済み分請求も蹴って、国保建て替え医療費額も、200万円を超えるが、これも踏み倒し宣言事件」事実が有り、例の司法合法マニュアル、診療録、診断書等偽造の手で、傷害事件が軽微、賠償も些少と捏造常時実施、司法が合法認定、国中の刑事、民事事件で、これのみ採用マニュアル写し一部を、文書も添えて提供しました」

3、これでもっと公式に「主治医が医師法から遵守して、医療行為、診療録、診断書、レセプト作成が犯罪、傷害事件は軽微、虚偽と偽造で、公金詐欺治療、自賠も含めて、合法賠償不払いが合法が合法、こう決めての刑事事件扱い、自賠責、任意自動車保険、労災、健康保険、保護事業犯罪事実が、唯一合法と、公決定実例が出来る、根拠は司法合法認定マニュアル、これを持った刑事、民事判決、決定が追加証拠、この合法実現は、診療録、診断書等主治医に偽造を常に命じて、等が根拠の正しい犯罪で、公式実例が完結します”一件は、現職警察官加害者事案ですし”」

4、そうしてもう一件は「刑事一課強行犯が扱って居る、傷害事件でも”日常生活賠償特約、加害債務者加入損保、提携弁護士共謀で、言い掛かりで加害者は、刑事、民事とも無責”とでっち上げて、この特約と、弁護士特約合法適用とした上で、全額不払い、国保縦会医療費も含めて踏み倒す宣言と実行に走って居る、この事件の主治医、勤務先、派遣先日大付属も関わっている事件事案となって居ます」

5、下記事件に関して、捜査機関からも主治医らに「上記事件でも、自賠事業、任意事業、国交省、金融庁等が公式決定、昨年の事故受傷は虚偽、平成20年10月21日の追突被害受傷が事実、素因の競合、加重受傷である、でっち上げ診断事実と、今年の事件で東海主張”昨年の追突傷害事件が、今年の事件の加害者責任5割以上、素因の競合診断で決定した”を持ち、今年の事件で、昨年の事件加害者に、素因の競合加害責任が、医学上存在するか否か、刑事訴訟法主治医宛照会に関して、ごく普通に、医学無視で行われて、通って居る現実が有る事も有り、未だ主治医に、勤務先禎心会理事らと、派遣先日大附属病院から、素因の競合(山本x一巡査が、加害責任を5割以上負う、医学的根拠、昨年の追突傷害事件は、平成20年10月21日追突加害者、後藤xが全部加害責任を負う、自賠事業込み決定済み)が、医学的に証明出来る根拠回答も無し、よって、刑事訴訟法照会への回答、未だ出来ず、との事でした」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949321
ユニークアクセス:5120914
今日
ページビュー:1214
ユニークアクセス:1204
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed