エントリー

2021年11月20日の記事は以下のとおりです。

民事裁判で敗訴、これで刑務所送りにして、民事裁判記録は

  • 2021/11/20 16:52

民事裁判で敗訴した、不起訴は不当だ、刑事訴訟法手続き再開、起訴と決定、新たな起訴出来る証拠等は無い、民事裁判で敗訴した、判決文が証拠でだ、で。

じゃあ「民事裁判の、一連の記録、証拠?証言、法理論の、どれが”刑事訴訟法手続きで、起訴出来る物も無い、で不起訴の事件”が、不起訴だったのを、起訴と変えられた、動かぬ証拠となったのか?と言うと」

民事裁判で敗訴した、判決文が、刑事訴訟法手続きで、起訴と変えて、有罪判決を下して、投獄した根拠、証拠、理由と言う「ですが”民事裁判で、敗訴とした根拠証拠等、特に無い訳です”見事なまでに、出鱈目な、敗訴判決でしか無いと言う」

民事裁判の記録、証拠?証言に「正しい事件の事実、証拠、正しい犯罪が、詳しく、正しく存在しているが”無能無知過ぎる検事、弁護士、裁判官カルトには、見ても、読んでも、証言を聞いて、録取書を読んでも、何の公開証明事実から、分かる頭が備わって居ないと言う理由で、分からない”んです」

民事裁判で敗訴した、良し、不起訴だったが、起訴に変更した、じゃあ「民事裁判の、どれが、何が、敗訴判決の絶対根拠、証拠なのか、特に何も無い、敗訴判決だと言うのが、記録等全て検証、身て、読んで、事実を正しく理解出来る頭、知識、資質、能力、判断力が備わった上での、事実通りの答えで」

全く別の犯罪が、詳しく、逃げ道無しで証明されているのに、理解一切出来ない法曹権力が「民事で敗訴した、この敗訴判決が証拠で起訴だ、有罪判決だ、投獄だ、民事事件記録は、さっさと破棄して”正しい犯罪事実証拠を抹殺してしまう”現実がこうしてある」

何も証明されている、事実、証拠、証言が正しく理解も出来ないから余計「さっさと民事の記録、破棄して”再審請求手続きする武器を消し去って居る”と言う事でしょう?」

判決が絶対だ、嘘の極みだと、十和田労基恐喝事件、あれを見ても分かるでしょう、j犯罪が正しい判決を、恐喝の直接の武器で使ったが、犯罪命令を強要する、これ用の判決で、犯罪に従う必要は無い、判決が出て居ようと、犯罪、テロ適法は、実践させては先ずダメ、と言う、当然の事実です。

儀式の意味

  • 2021/11/20 07:43

あの「単なる俗物、下駄を履かせ捲っても無駄だったひもと同類と親、祖父母、現行は”儀式に意味など無い、自分達、天照の眷属、依り代と言う設定の血族揃って、儀式に意味など無いし、皇居、元江戸城内に、聖なる場所も無い、八百万の神も、天照も居る訳が無い”単なるもっともらしい儀式でしか無いし、元江戸城内でしかない」

この事実を、国際的に、身を持って自分達で証明もしました、儀式のやり方も知らない、儀式のそれぞれの背景、意味などほぼ知らないから、儀式ごっこも何も、どうでも良かったからでしょう。

まあ「あらゆる儀式、しきたり、作法には”その通りしなければ、物理的では無い、何かの強い触りが起こる”訳では無いですからね、どうでも良いと言えばそれまでです」

この連中は自らで「自分達は俗物、神の依り代、眷属だのと言う、自分達が設定の内容も碌に知らない、装う為の、らしい儀式も、ほぼ知らないし、儀式、作法毎の意味も何も知らない、あんな設定どうでも良いから知らないし、装う為の儀式の方法も、意味も知らないから、それを前提で、独裁支配者として、疑義を挟まず自分達に服従しろ!これを晒して、要求に走って居ると」

この連中は自らで「自分達のこれが実際だ、設定の意味から知らないし、装う為の儀式、作法も知らない、神主が何を儀式で行って居るのか?のレベルでほぼ知らない、この事実の立証を重ねて居るんです」

こんな連中を崇めて来た、愚かしい事ですし、こんな「菅、小池、バッハに子馬鹿にされて、世界発信された惣領、何の責任も果たせずと合わせて、の惨状とも合わせて、表向きでも崇拝しようも無いです」

設定が何かも知らない、設定が正しいように、儀式、作法を設けて、心得て、儀式、作法を、尤もらしく行えるべき、と言われても、xxだし、憶える事も出来ないから、知りもしない、だから異教の学校にも行ける訳だ、、。

この程度も無理、終わり切って居るとしか、遊び暮らせる身分を当然と錯覚して、自分がすべき努力と知識取得から逃げて、独裁者気取りの言動を、少しの自制も出来ない性根で発する、憲法破壊言動も厭う事無く実行、資質から全く無い血族、自分達で証明し続けている現実です、無能者に巨大な独裁者特権と、巨額資金を与えれば、ほぼこうなる訳だ。

紐と同類の人間、必要な物はほぼ身に付けられても居ない、これが現実でしょう、実際の必要知識の有無、絶対に公式確認せず、デマ、でっち上げを、事実に拠らず喧伝のみ、大本営発表そのものです。

詐欺他犯罪行為集団が、詐欺だとどう言う絶対根拠で

  • 2021/11/20 07:24

医師に、第三者行為傷害事件が起きて、主治医として医療行為を施した場合「合法賠償せず、逃げられるようにと言う理由で、損保が指揮して、警察、法曹権力、法務省、国交省、厚生労働省、金融庁らぐるみの犯罪として、主治医は常に、実際に負った怪我通りの診断を下さず、7日~10日位で治癒する、何かによる軽い怪我と、診療録、診断書の偽造を、ほぼ行って有る」

この、医師法蹂躙の、合法賠償を逃れる為と言う理由で、公にも手を汚し捲って有る犯罪により、傷害事件、損保が絡む傷害事件の場合は「重い怪我を負った被害患者は”事実と無関係で、ほぼ存在しないように”国中でずっとでっち上げて来て有る、この偽造医証が常、を武器とさせて」

人身交通事故等、損害保険、労災保険等で賠償される場合は「加害責任者は、ほぼ刑事罰の適用をせず、逃がす不文律もでっち上げて有ります、何しろ”第三者行為傷害事件で、何かの損害保険賠償されるかも?”の事件は全て、合法な医学的証拠を、偽造で作らず、軽微な何かによる怪我、これで通す闇の不文律がでっち上げて有るのだから」

こうして置いて、賠償協議の大きな武器として、鉤者側損保、提携弁護士、裁判官、裁判所が共謀して「軽微な何かの怪我と、こっちには刑事記録も含めた証拠が有るんだ、長期治療、療養しているが、賠償金目的の詐欺だ、掴み金をやるから飲め、嫌と言った所で”まともな賠償支払いなどしないからな、偽造された医証、刑事記録がこっちには揃って居るんだ”」

こう、闇のからくりを武器で、公に脅迫、恐喝に走れて、常時成功させられて居ます、やくざが裸足で逃げだすであろう、損保指揮、医師、警察、司法、法務省他テロ、犯罪事実です。

この犯罪のからくりも、司法犯罪だから、永遠に成功し続ける、予定だった訳でしょうが、十和田労基恐喝失敗、札幌医大付属、主治医に診療録、後遺症診断書偽造、行使を指示、偽造診断書で後遺症審査実施、自分達でこの犯行を、文書も出して自白して、賠償潰し目的で、被害者を、ダミーの加害者の訴えとさせて提訴実施、グダグダが重なり続けています。

犯罪に合法根拠無し、正しい犯罪だ、の破綻しない理論構成無し、当然です。

対人賠償潰しの最大の武器、診療録、診断書、捜査記録偽造

  • 2021/11/20 07:02

須川氏が受けた、人身交通事故重症事件被害、加害者名で実際は、加害者側損保三井住友と、提携弁護士の、熊谷弁護士らが実際の行為者で、昨日札幌地裁で、犯罪塗れ賠償踏み倒しの最終手段である、言い掛かり訴訟の提起、昨日が第一回目の公判だったとか。

当然の事として「この事件”の場合”は、三井住友、提携弁護士熊谷氏、被害者主治医、勤務先札幌医大付属病院は”三井住友が指示して、診療録、後遺症診断書偽造、行使して、違法に後遺症審査実施、却下済み”等認めている通りです」

この一連の犯罪は、合法賠償を逃れる為が理由です「傷害事件を正しく、医学的に主治医が証明する事を、偽造診療録、診断書作成、実際の受傷を無視して、軽微な怪我だと常時、偽造作成する、この犯罪行為を常とさせる事で”この偽造の医証が常、を仕組んでいる一角の警察、法曹権力も、人身加害事件、損保が絡む傷害事件は、事実に拠らず、軽微な怪我だと、常に診療録、診断書偽造、行使を行う”不文律で、闇統一しており」

傷害事件と、実際の怪我の重さ通りに公式扱いせず、逃がすからくりが仕組まれています、東京地裁書店で、合法な書籍と太鼓判を押して販売、交通事故医療をめぐる諸問題にも、この事実も記載されている通りです。

傷害事件で怪我を負わされた被害者を「実際には怪我も碌に負って居ないのに、重い怪我を負った、と嘘を吐き、賠償金をせしめる詐欺犯と、損保、警察、司法と医師が、損保の指揮下に居る故、こう現実から目を背けて、傷害事件で重い怪我を負う事は無いんだ、損保、司法犯罪マニュアルに記載されている故だ」

こう、この連中は、自分自身を先ず、偽る事のみに狂奔して、通して居ます、患者潰しのみに狂奔、テロ行為を常とさせて居ると言う。

で、最終兵器が「裁判官犯罪診断のみ適法判決、医師法破壊、オカルト裁判官犯罪診断が唯一正しい、事実、証拠、医師法は無効、常時これで判決、これが最終兵器とされています、が」

この司法ぐるみ犯罪、最終の、決定的な武器と錯覚するまでxxな、損保の意を受けた提携弁護士が、十和田労基直接恐喝実行、あれも起こしたと言う、十和田労基は一旦、主治医に偽造させる、と決めたけれど、私に言われて止めた、あの事件勃発。

結局主治医に診療録等偽造から、労基もさせれず居る、絶対の、診療録から偽造させる武器、の筈の判決も、犯罪強制実行を、公務所ぐるみ公に実施、葉、常時成功する訳では無い実例です。

紅葉も

  • 2021/11/20 06:33

かつて札幌の場合は、大体11月3日頃に、道路を雪が覆う位の降雪が、初雪便りとして、冬将軍の先触れで、毎年冬到来の始まりとして、厳しい季節を覚悟させた物です。

ですが、だいぶ前から、雪便りもどんどん遅くなり続けています、今年の場合は、東区では目視出来て居ませんが、昨日が、札幌の初雪との事、全く知りませんでした、夕べ月食を見る為に、外に出た時も、雪など降って居なかったですし。

何年か前は、一月中過ぎまで、ほぼ降雪が無くて、厳しい凍結が続いた事で、土中のミミズがほぼ死に絶えまして、未だ数の回復に至って居ません。

以前は、庭の草むしりすると素早く突っ走るミミズが多く居たのですが、今は殆どミミズは居ませんし、秋になるとミミズ達、雨が降った後、コンクリート打ちして有る、トラックの駐車場所に、庭から出て来て、道路に移り、他の場所に移動しようとして居たのですが、今はほぼ、これも見られません。

家庭菜園も前は、それなりにミミズが居たのですが、今はほぼ絶滅して居ます、火山灰の土地は、ミミズが住んで居ませんよね、有機物を多く混ぜ込まない限り、火山灰の土地にはミミズは居ません、基本、のような状況です。

昨年は、紅葉もまともにしないで、冬到来、雪到来となって居ました、今年は紅葉は、うちの周りの木々も、ちゃんと色付いて、落葉しましたね。

昨年8月11日に始まり、合わせて3回も、大きな怪我を負い、碌に外にも出られない状態とされて、一年以上です、様々な症状が現出して、改善せず、焦った所でどうにもなる訳でも無いし、ある意味達観して、様々な、出歩かなくても対応、処理に向かえる事を、何処まで騙して、出来るようにこの先、、。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949345
ユニークアクセス:5120937
今日
ページビュー:1238
ユニークアクセス:1227
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed