エントリー

2022年09月14日の記事は以下のとおりです。

司法を支配して来た損保が、裁判所合法化を実現させたら

  • 2022/09/14 15:39

司法犯罪指揮、損保極悪事業者、司法なる、損保の傀儡、無能過ぎて、法律から何から、正しく理解も、駆使も不可能、無い知識と能力は、発揮不可能に決まって居ます、の体現国家権力。

損保に指揮されての、司法極悪テロ犯罪を、詳細に立証して、合法化の道を示して、正しい道を実現させて、損保犯罪事業者に、合法業務を実現させて、裁判官に提示して、合法化の詳細等を説明もした結果。

司法、裁判官、裁判所が「提示、証明された、合法化への路線に乗り、動き出した訳です法曹資格者、司法機関、行政、損保如き三流犯罪事業者にも、好きなように操られる程度、が実際だから、司法であるのに、犯罪に狂奔事実証拠を突き付けられて、合法を正しく証明されれば、誰かは気付き出すと言う、多分、法曹資格者は傀儡で、国の上の、かも?」

どうであれ、司法機関が、損保犯罪に背き出して、合法路線踏襲に切り替え出して動いて居ます、急激に合法化が、裁判所、裁判官から果たされ出しており、損保も合法化に方向転換を。

人身傷害事件受傷被害者への、合法な対人賠償を踏み倒し常時成功目論見、診療録から偽造、刑事、民事責任抹殺成功、債務不存在名目の、対人賠償犯罪で踏み倒し用訴訟詐欺、も常の犯罪の手口、で。

損保が司法を指揮、損害保険金詐欺冤罪でっち上げれば、司法、警察が共謀犯で、常に乗り、損害保険金詐欺冤罪強制成立に、警察、司法テロ冤罪だから、正しい詐欺の事実証拠は、冤罪だから無いし、不要で詐欺に落とせ捲れて。

被害者は只、傷害致死傷罪犯罪被害に遭遇しただけ、損保が対人賠償踏み倒しの為、被害者に対するテロ、犯罪し掛け放題、提携弁護士、刑事、民事事件裁判官、検事共犯での、損害保険金詐欺冤罪創出、冤罪で投獄も自在に成功、昨年3月29日の、重過失傷害事件でも、東海、提携弁護士、警察、司法カルトが共謀しての、損保指揮、司法極悪テロ犯罪が幾つもし掛けられ捲り、の被害が。

冤罪粛清の罠も、公開済み事実の通りと言う、今まで日常的、と言って過言で無いだけ、これ等不当な権力テロ被害も、この先も恐らく、でしょうねえ?

これが司法なる、独裁テロ犯罪国家権力の実際

  • 2022/09/14 14:08

東京海上日動担当によると「今日から業務に付いて、私が裁判所も合法化に向かわせた、今日の控訴事件提出書類の記載方法、合法手続きに改める、と言う答えが」

過去半世紀も、この損保指揮、司法、警察共謀、行政もグルの、国家権力テロ、犯罪の徹底凶行だけで暴走して、悪行の度合いを加速させ捲って来た、損保が合法な、対人賠償支払いせず、犯罪を武器と出来て、賠償踏み倒しやり放題!を通す為、が理由で。

犯罪弁護士が、テロを常時正しいと、でっち上げ判決専門裁判官を足下に据えて、テロ判決のみ下させ捲って、通せて来た、昨日まで、今日から合法化に変えますって、それで済む事では有りません。

第一、同様の訴訟詐欺提訴、東京海上日動も何処も、国中で手を汚し捲って、行って居る訳だ、今日から合法化に、って言ったって、現在進行形で動いて居る,訴訟詐欺債務不存在確認訴訟、どうやって「犯罪裁判で初めて動かして有るのに、合法化にシフト出来るんだ、収取が付く訳が無い、私相手の訴訟詐欺にしたって、次の口頭弁論は、来月3日なんだから、東京海上日動と、裁判所との間の折り合い、どう付けられるんだ?」

高裁書記官と、東海に言って有るけれど「訴訟詐欺で、私に自賠責の120万円と、超えた189万円の債権が有るとでっち上げた裁判を、高裁で、もう詐欺と承知で争った振りで進めて、東京海上日動が、法定外で共栄火災、山本巡査に対して、私から対人賠償債権189万円、譲渡を受けて有る、東京海上日動が、この金額まで債権者です、払って下さいね、と債権回収実行」

同じ対人賠償債権ですよ、二通りの、真逆の対人賠償債権の扱い等、正しく東京海上日動に、譲渡済みと証明された債権です。通せる訳がもう無いから、司法詐欺裁判が、もう破綻して居るんだから。

今日から合法化に切り替えます、では「昨年3月29日の、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件に係る東海、提携弁護士、従兄の息子共謀犯罪は、どう扱う気だ?真っ先に自家用自動車保険、詐欺適用から証明されている事件だぞ?東海、提携弁護士犯罪だと暴かれて居るこの事件?

司法詐欺、犯罪が続々、これで近代法治国家の司法だと

  • 2022/09/14 08:49

近代法治国家の司法、嘘も大概にしろよな、只の損保カルトの傀儡、木偶でしか無いのが事実だろう。

法曹資格者、自分で扱う事件どれも、何の事かから、全く何も意味不明、理解の範疇外しかない、が実際だと、今日の控訴事件提出書面の記載事実でも、正しく判明している通りです。

政治が、反日カルトの奴隷化して居ると、山上氏が結果、国際的に立証を果たしました、真のお父様、お母様だのと、カルトの集会に出て、ご挨拶なされておられる、カルトの狂信者そのものが実際の政治家連中と、損保犯罪凶行権力法曹資格者、司法カルトの奴隷権力は、相似形でしか有りません。

私だから、ここまで損保が指揮、司法、警察、行政犯罪事実立証を果たせたけれど、普通は司法、警察テロにより、粛清されるだけ出来た訳だ。

この国は、国家権力こぞって、カルトテロ犯罪者の傀儡が実態です、政治権力”も”同様と言うだけです、司法、警察権力テロ事実、証拠の内容は、憲法、法律で律せられる近代法治国家、は虚構とはっきり証明して有ります。

狂気さしか、損保が指揮、司法、警察、行政共謀国家権力犯罪には、見当たらない現実通り、近代法治国家日本は、真実として、虚構そのものですから。

損保が指揮して、司法、警察、行政が共謀犯、実行役で、損保用犯罪に狂奔、狂い切った国家犯罪権力の現実を、私は詳細に暴いて証明して、公開して有ります。

損保が合法に、対人賠償、補償金支払いせず、犯罪で踏み倒しが自由に成功出来ているし、損害保険詐欺冤罪も、仕組んで冤罪粛清もし放題出来ている、独裁テロ国家がこの国の現実だと。

司法なるカルト、狂い切った国家権力

  • 2022/09/14 08:23

東京海上日動は「一昨年8月11日の、山本巡査一方的追突傷害事件が起きて、山本巡査、共栄火災が、不払いに走ったから、被害車両が掛けて有った、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約を稼働させて、自賠責120万円を超えた金額、189万円位を、対人賠償債権立て替えで、支払い、東海が、この額対人賠償債務を取得して、この範囲で、債権者となって居る訳ですが」

山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、札幌地裁、裁判官と共謀に走り「完全な言い掛かりの、加害側は、自賠責の範囲を超えて、189万円も、対人賠償金支払いしたんだ、30万円弱過払いだった、もう対人賠償債務は無い!とした、訴訟詐欺提起にも加担して、東海が債権譲渡を受けた金員、被害者の私には、この金員債権は無い、この事実を隠して、判決も、損保、提携弁護士の走狗、傀儡裁判官ですから、事実無根で、訴状通りの詐欺判決!を実現させたんです」

東京海上日動は「この訴訟詐欺提起、詐欺を正しいと虚偽判決、控訴事件提起、控訴事件も、事実争いせず、一回で結審、控訴人証拠全て却下、事実無根で、債務不存在確認訴訟が正しい判決‼と、事前の損保、提携弁護士、裁判所、裁判官闇談合で、決まって居た?予定が」

控訴審二回目も有るし、こちらの書面、証拠は、全て採用されたし、東海が、山本巡査、共栄火災は、一円も対人賠償支払いして居ない、東海人身傷害で、自賠を超えて、189万円、対人賠償金立て替え支払いした、この証拠も、東海が私に出して、証拠採用されるとは、考えても居なかったようです。

で、東海の上が「私から東海に、故意に私だけを訴えさせて、判決が出れば、東海が持つ譲渡受け債権も、強制無効となると承知で、譲渡債権失効させる気だから、この譲渡債権、私に譲渡して下さい、私が回収するから」との求めを受けて、あせって「控訴事件が始まってからの今、共栄火災に先ず、譲渡受け対人賠償債権の回収に動き出したと言う、東海も正しく共謀犯事実、証明が」

東海も、事前の司法との談合で「私が出した証拠全部却下、債務不存在確認、訴訟詐欺雛形通り判決、が出る予定以外、想定外だったようで」

長文ですが

  • 2022/09/14 07:20

@一昨年8月11日、山本巡査一方的追突傷害事件と、昨年3月29日、重過失傷害事件に係る、対人賠償犯罪踏み倒し、司法犯罪事実立証他記載、東京海上日動は、被害者側で裏切りと、加害者側で自家用自動車保険犯罪適用他、も加わった、司法犯罪証明と、合法化に司法が動く事態に発展、等記載、高裁提出書面を配布、熟読の事

                                  令和4年9月14日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

葉梨康弘法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
会計検査院院長
FAX03-3593-2530
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村主査
FAX03-5253-1638
金融庁保険課、損保係池田加藤、古村係長、記載犯罪指揮、共犯
FAX03-3506-6699
加藤勝信厚生労働大臣
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3504-1210(保険課、国保課3258)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美事件担当検事
FAX011-222-7357
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
鈴木信弘道警本部長、生活経済、交通課、各捜査課課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110
ワイエス商会社長、山本繁樹相続人、山本昌城
携帯080-1881-0584,FAX011-791-4075
東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、木村係長
札幌市国保企画課求償係
FAX011-218-0582
FAX011-210-5592 道新報道センター記者

1,上記に事件に絡んで、損保犯罪用、司法、警察犯罪事実証明と、裁判所の、恐らく合法化にシフト開始?実例証拠を詳しく記載して、札幌高裁令和4年(ネ)第140号、山本巡査傷害加害事件、控訴事件に書面、証拠とも出しました、詳細に損保と司法、警察共謀の、国家権力犯罪事実証明と、裁判所の合法化にシフトの模様、を記載して有ります、司法、弁護士の正義の絵空事事実、証明です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561140
ユニークアクセス:5726830
今日
ページビュー:1520
ユニークアクセス:1508
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed