エントリー

2022年09月22日の記事は以下のとおりです。

税務署へも

  • 2022/09/22 18:48

高額の徴税になるであろう事案、私と妻、私が経営する会社が、不当な言い掛かり被害に遭って居るから、合法な対人賠償を、損保、提携弁護士が、被疑者息子相続人と、犯罪を重ねて、対人賠償被疑者が負った債務を、でっち上げ、言い掛かりで踏み倒そうと、悪事の限りを重ね捲って居る、巨大被害も重ねられて居ますし。

こいつらはカルト犯罪者連中と、根本部分から、同じ異界の生き物、と、が身上の、正しく生きる人々の対極に居る、我欲が全て、遵法など意味も知らない、xx連中です。

税務署に足を運び、幾つかの「察してで、そうだろうと思った事が、やはり、を、従兄の息子相続人の、腐敗実態、表を歩かせるべきか?と感覚で、が思い込みでは全く無い、が、正しく、と証明が」

金の出どころと、金がどう流れたか?手に入れた金は、何処から、どう言う理由で、誰の手に渡されたのか?これらの物理的事実を、正しく調べて、物理的な事実を持った、正しい答えを公式に流す、本来当たり前の事ですが、黒い事業であれば、正しい事を真っ先に強制除外!脱税を成功させるんだと。

このレベルでは、犯罪隠蔽工作も含めて、謝罪せず居直れば勝ち!がまかり通って居ますね、税務署が故意に逃がすから余計。

 遺産預金泥棒、司法極悪、他者の財産強盗司法犯罪も、合憲、合法を強制破壊して、成功させて有ったしね、向井諭弁護士も、正しい犯罪だと決定書を出しているし、司法極悪犯罪シリーズは、只の極悪犯罪、テロでしか有りません。 

税務署訪問

  • 2022/09/22 14:19

@本日午後、札幌北税務署を訪問して、xxxxの相続問題に付いて、種々確認等を行って来ました、統括国税調査官扱いです

                                  令和4年9月22日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美事件担当検事
FAX011-222-7357
鈴木信弘北海道警察本部長、生活経済、各捜査課課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌東警察署長
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110
東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓太課長,木村補佐
FAX011-271-7379
xxxス商会社長、xxxx社長、xxxx相続人
携帯080-1881-xxxx,FAX011-791-xxxx
FAX011-218-5192 札幌市国保企画課求償担当
FAX011-210-5592 道新報道センター記者各位

1、札幌北税務署に足を運び、統括国税調査官と面談して来ました、xxxxの相続遺産問題に付いて、です。

@高温焼却炉の購入者、所有者等問題に付いて。

;購入資金拠出は山本xx、xxxス商会に届けた事は証明されて居るが、この機器の所有者が故人か、xxxス商会かは”ここの帳簿等には証拠証明無し”当然、xxxxさんと、経営する法人は、この機器に一切関係ありません、xxxス商会に金を貸して、買わせた証拠も無いです、xxxx氏が、自己資金で購入した機器、これしか証明出来ません。

;これらの証拠、証明で見て、何故xxxxさんが購入した機器で、xx氏の掛けた損害保険特約に、山本弘明さんが、保険金詐欺目的で違法請求した、と偽って詐欺犯に仕立てに動いたのか、全く理解出来ません。

;xxxx氏が、息子の法人と、息子に注ぎ込んだ、繁樹氏の自己資金の詳細は~~山本さんが調べて伝えて下さる情報等、様々な金額等の情報~~色々~~xxxス商会の資本金、焼却炉購入費を、xx氏が自己資金の貸し付けを、xxxス商会に行ったのか?(帳簿の記載等)では判明しないので、帳簿作成が~~で。

2、高温焼却炉に関して、私も経営する法人も、一切関係無し、妻所有地に、好意で一時的に貸して置いてあるだけ、が実際ですが、xxxxらが居直り、違法に置いたままとされて居る機器、と証明を重ねて居ます、私か経営会社ん、虚言で責任転嫁もしくじらせました。

税務署にも訴えを

  • 2022/09/22 09:50

これ以上、あの犯罪者相続人と、東京海上日動と提携弁護士の、合法な対人賠償金犯罪で踏み倒しテロ、警察、検事も共謀被害を受けて居られません、北税務署にも足を運んで、焼却炉問題も合わせて「徴税の観点からも、巨額の資金の流出問題を、はっきりさせる事にしました」

いとこが自己資金を使った、金の流れた先に付いて、はっきり証明させなければ、虚偽の贈与金とされて、不当に徴税されますから、詐欺だの色々、冤罪も科せられるし、狂ったこの連中によって。

従兄の息子の腐った性根も、まあ凄まじい物が有ります、元々幼少時から、まともさの欠片も見出せなかった、屑ガキでしたからね、予想外では無いけれど、他の血筋が入って居る事も有り、まああり得るんでしょうが、両親も、祖母らもまだまともだったんで、こいつの腐り切った性根、流石に異常過ぎて、自分の金では無いのに、餓鬼、守銭奴そのものの腐敗ぶりと。

嘘も常で、警察も騙し捲って平然として居る、ここまで腐り切った人間性、何処かの血に居たんでしょうね?

こう言う手合いは、腐った我欲の為であれば、どんな法破りも、でっち上げた不都合な相手の陥れも平気ですからね、この事実に、損保東海、提携弁護士も直接法破りで共謀、極悪さが加速して居る訳で。

悪が集っており、悪の程度が増幅され捲りです、税務署もこう言った、損保指揮、司法犯罪利得を徴税せず、で加担故、腐敗が進行し捲って来たんです、公的資金詐欺提供も、このからくり故、国中で大規模、巨額横流しが常、で通って来た訳だ。

公的資金横流しで、再就職利権が得られる公図故

  • 2022/09/22 08:43

通常、対人賠償債権は「被害者と、労災と、健康保険事業と、医療関係、薬局とかですから”労災と健保事業は、損保と闇談合が、故、正しく対人賠償債権譲渡受け債権者、と、訴訟詐欺に打って出る事は有りません”故意に公金詐欺で横流し、再就職利権等の為、故で」

ですから「対人賠償債務訴訟詐欺で踏み倒しし放題、詐欺訴訟が武器は”被害者だけを、対人賠償債務所持者”と訴えて、他の対人賠償債務全て、強制踏み倒し出来て来たんです」

労災事業、健康保険事業、医療側が「自分達も、対人被害者に係る、損害賠償債権の一部を、債権譲渡を受けたから所持して居ると、訴訟詐欺に打って出れば”正しい債権者で、詐欺司法も扱うしか有りませんでした”近代法治国家日本だから」

ですが、労災事業、健保事業は「故意に対人賠償債権譲渡を受けた、被害者以外の債権者だ、と打って出ない不文律として有るから”被害者しか、訴訟詐欺で訴えない手で、常時他の対人賠償債権も、詐欺破産事件手法強制組み込みで、踏み倒し捲って来れたんです”」

こうして、対人賠償債権を譲渡された、正しい債権者だと、訴訟詐欺にも打って出られれば「詐欺裁判官でも”他の債権者も、正しい債権者で扱う以外無くなります、訴訟詐欺に、正しい債権者で参加させるか、被害者以外の、名乗り出た対人賠償債権譲渡受け者を、訴訟詐欺当事者から公式除外するか、選ぶ必要が生じます”」

破産事件では有りませんから「訴訟詐欺から除外で、訴訟詐欺判決で、他の債権者の債権全部強制抹殺、は出来ません、当然です、加害側には、賠償資力が有るんだから、破産事件と違い」

〇川氏事件で、調査委任を受けた人が、〇川氏から債権の一部を譲渡受けした、と、訴訟詐欺に打って出られて「もう訴訟詐欺で、〇川氏のみ債権者とでっち上げた詐欺訴訟とばれたし、他の正しい債権者の債権、強制抹殺不可能に陥ったと言う」

あちこちから、訴訟詐欺用に手法を持って来て、詐欺訴訟効力絶対、だのでっち上げて通ったけれど、どう言う司法詐欺か、正しく把握出来れば、詐欺訴訟の判決効力、不法範囲まで強制適用、も潰せます。

どんどん司法ぐるみの詐欺犯罪事実が

  • 2022/09/22 08:23

訴訟詐欺の一つが、対人賠償を、犯罪を重ねて強引に踏み倒す、司法が損保の傀儡故、詐欺刑事、民事手続き、訴訟手続き名目で、事故捜査もでっち上げ、虚偽で加害者責任減免、抹殺、被害者の主治医に、医証を偽造させて、受傷をカルト捏造、傷害被害受傷は虚偽、等の偽造医証発行、証拠採用のみ、加害者の刑事、民事責任目出度く抹殺成功(〃艸〃)ムフッ

これ等の司法、警察、行政等共謀の、公式犯罪シリーズ!なんですよね、今日の文章にも記載してある通り、まあ、債権犯罪抹殺!の手口の極悪司法犯罪事実も加えて、只のごろつきです。

ここまでの犯罪に走らなければ、この司法犯罪も成功しない訳です、犯罪でしかない司法犯罪ですから、犯罪を重ねて、合法が犯罪で、犯罪が適法だと、強引にでっち上げで判決を重ねて、強制制度化を果たすしか、方法が無いからです。

この対人賠償債務を、司法犯罪判決で、強引に全部踏み倒しさせて有る司法テロの手口は「対人賠償債権の譲渡を受けた、被害者以外の債権者達が”おいおい、自分も対人賠償債権を、被害者から譲渡を受けて、持って居るんだぞ”何を勝手に、被害者しか対人賠償債権を持って居ないと偽って、他の対人賠償債権全部を、訴訟詐欺で強制無効化しよう、と詐欺を働いて居るんだ!自分も正しい債権者だ、公式に債権者で打って出たぞ」

この公式手続きを、訴訟詐欺が終わる前に行われれば、司法詐欺国家権力も、息詰まる訳ですよ、何しろこの訴訟詐欺成功って「破産事件の手口も、違法に強制組み込みした手口ですからね、どう言う手口課と言うと」

※破産事件の場合、債権者で、債務者が告知しなかった債権者が居るかどうか?言って来菅、破産事件の提起告示を行って、他の債権者が訴訟終結、破産決定まで出て来なければ、破産廃止の決定で、他の、名乗り出なかった債権者の債権全て、強制無効として居ます。

この、違法な破産事件手続きを、訴訟詐欺に取り入れて有り、被害者だけを、債務不存在詐欺訴訟で訴えて、判決確定させれば、他の債権者の債権も、強制無効化決定!と言う、極悪司法詐欺の手が講じられて居ますが。

この訴訟詐欺の途中で「対人賠償債権の一部は、自分が債権譲渡を受けたから、被害者債権者には無関係な債務だ!と、訴訟詐欺に証拠とも出されれば、譲渡済み債権は、訴訟詐欺対象から除外するしか有りません、破産事件でも、破産手続き中に、除外して居た債権者が正しく名乗り出られれば、債権者として、正しく扱う以外認められないように」

犯罪の共謀犯

  • 2022/09/22 06:44

@山本巡査一方的追突傷害事件、札幌高裁令和4年(ネ)第140号では、被害者控訴人の私が出した、加害側対人賠償支払いゼロ、東京海上日動人身傷害部署発行証拠等、全て証拠認定されており、山本巡査、共栄火災は、訴訟詐欺等証明されて居ます、東海は、加害側への人身傷害特約立て替え債権回収開始、訴訟詐欺は、現実として無効確定
@〇川氏が人身事故被害者の控訴事件、札幌高裁令和4年(ネ)第153号事件では”〇川氏から調査委任を受けて居る知人が、私の助言で、調査費未払い分債権譲渡を受けて”訴訟参加した事で、〇川氏を排除した、隠蔽訴訟が不可となり、私が基本を助言等した、譲渡済み債権は、〇川氏の権利にあらず、違法入手医証は証拠価値無し、主治医の診断通りの後遺症認定要求等、〇川氏委任弁護士も、この方針踏襲を、訴訟書面で明らかとしました

                                  令和4年9月22日

                 007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

札幌市国保企画課求償担当
FAX011-218-5182 債権譲渡受け済み証明書発行を
札幌市保健所医療政策上野他担当
FAX011-622-5168 札医大違法発行医証、証拠不可と
北海道医療健康保険組合
FAX011-233-2818 
※法に拠らず、〇川氏事件で医療費債権譲渡受け証発行拒否
会計検査院院長
FAX03-3593-2530 公的資金の詐欺提供は犯罪ですが
加藤勝信厚生労働大臣
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3504-1210(保険課、国保課3258)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
葉梨康弘法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村主査他
FAX03-5253-1638
金融庁保険課、損保係池田課長、古村係長他、公金詐欺組み込み許可
FAX03-3506-6699
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456傷害系刑事事件、自賠、損保診断で統一を
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357 損保が捜査指揮、損保の言いなり詐欺捜査
鈴木康博道警本部長、生活経済、各捜査課、交通課課長
TEL,FAX011-251-0110 捜査本部は各損保に、が実際?
FAX011-271-7379 永井課長、木村補佐、捜査指揮事実証明
FAX011-271-0003 三井住友社長、違法医証、違法診断証拠不可
FAX03-3349-1875 自賠診断、詐欺訴訟の判決共無効ですが
FAX011-210-5592道新報道センター記者各位、記載訴訟記録確認を

1、上記記載と事実証拠、法の規定に拠るように「債権を譲渡した場合、債権譲渡した債権者には、譲渡済み債権にに対する権利は失います」よって、対人被害者相手に、言い掛り、訴訟詐欺で債務不存在確認訴訟を提起して、正しい対人賠償全て踏み倒しを求めた訴訟である、合法も根拠証拠も無しで、当該事件対人賠償債務は、すべて消滅した、判決は、詐欺そのもので、合憲、合法は一切存在しません。

2,私が経営する法人が請け負った、今年3月6日発生、雪滑落が原因の家屋等損壊事件で「被害宅は、損保ジャパン火災j保険が、被害回復工事金約85パーセント立て替え支払い、加害側任意自動車保険、三井住友任意自動車保険、日常生活賠償で、残り15パーセント位支払い、当事者間示談は、加害者過失100パーセントで締結済み、この事件では、両損保間”だけ”で、既払い済み金回収等処理協議中、両当事者は、債権債務解消故、当事者資格も無し、実例事件です。

3、一昨年8月11日発生、道警所属、山本巡査が意識を飛ばし、一方的追突傷害事件、対人賠償支払い済み分は、自賠責から120万円、自賠を超えて、被害車両加入、東京海上日動人身傷害が、189万円位既払い、被害者の私は、債権譲渡済みでこの債権に権利等無し「この189万円、東海は加害者側に、公式回収手続き開始、189万円は、山本巡査側支払いと、虚偽訴訟提起、j判決は詐欺と立証」

4、昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件では、加害者と被害者私間で、複数の部分示談書取り交わし、昨年3月~9月、12月~1月分、示談書に沿って既払い済み、被害者の私の債権では有りませんが「被疑者加入、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約を東海は適用として(法人に届けた焼却炉で)被疑者死去後は、機器を届けさせた法人社長、被疑者息子と共謀して、示談書は偽造、賠償金は虚偽で貸付だ等、被疑者が捜査機関に出した証拠がこれらなのに、不払い目論見で脅迫等実行中、1、記載両損保は”当時者間示談書は、判決と怒涛の、絶対効力を持つ”と答えて居るのですが、なお、東海、提携弁護士、息子は、示談書偽造、賠償支払いは虚偽、詐欺示談で金員取得等で告訴せず。

5,〇川氏控訴事件、札幌高裁令和4年(ネ)第153号事件は、〇川氏が弁護士を就けた事に付け込み、札幌高裁が、〇川氏の訴訟主張を一方的破棄して、訴訟手続きを隠蔽に動いて居たのですが、〇川氏から調査委任を受けた(私もですが)地人から対策を問われ、〇川氏から、賠償債権の一部を、調査費債権として譲渡を受けて、訴訟参加する手を助言して、実行したので、〇川氏、知人、そして、組合健保が債権者、と正しく証明出来た訳です。

6、この、他債権者訴訟参加により、もう隠蔽民事訴訟は不可となり、〇川氏委任弁護士は、医師法違反での争い拒否、旧来の、違法診断、鑑定で、対人賠償請求方針を改めたようで「私が基本を組んだ訴訟方針、違法入手医証は証拠価値無し、障害、後遺症共、慰謝料、逸失利益請求(私が計算した金額と基本同等)実施、等、元の訴訟方針に沿った書面を、〇川氏に提供した訳です」

7、更に、〇川氏委任弁護士は「こちらの方針と同様に、組合健保立て替え支払い債権も、既存支払い分と、再手術費用も請求方針、を打ち出して居ますが、組合健保は、かたくなに譲渡受け医療費分支払い債権証明書発行を拒否、公的資金の詐欺提供ですが、公開しての公的資金詐欺提供事件、を行うとかたくなです」

8、取り敢えずここ迄が、私と経営会社、仲間で果たした合法化事実です、後は実行犯各位が、公開犯罪実行か、合法化に切り替えか、公に答えを出して、責任を正しく負って下さい、事実確認は、記載訴訟書面で確認出来ます、読んで理解出来れば、ですが。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561131
ユニークアクセス:5726821
今日
ページビュー:1511
ユニークアクセス:1499
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed