エントリー

2022年09月28日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪崩壊の

  • 2022/09/28 15:59

事件番号 札幌高等裁判所令和4年(ネ)第140号
債務不存在確認控訴事件

控訴人  xxxx
被控訴人 xxxx

                                  令和4年9月29日

札幌高等裁判所第二民亊部 藤田書記官御中
TEL011-350-4780
FAX011-222-7357

                                   控訴人 xxxx

             控訴理由書 第22回

1、今月22日の、札幌北税務署に行き、統括国税調査官と、幾つかの徴税事案等の確認を行って来た件で、控訴理由書第21回に書き忘れた、重要事項を伝える。

2、統括国税調査官は「司法が絡む犯罪収益は、国税も加担して、億の単位でも、無税で犯罪収益を、犯罪利得取得者に渡す(乙第18~23号証、遺産預金窃盗取得で無税、実例証拠、相続遺産分割除外説、民法第896条違反他を、強制適法と、犯罪利得でも、司法が指揮すれば、犯罪利得への徴税せず、を組み合わせて成功)この仕組みは、控訴人が働き掛けて、令和元年12月から強制禁止、司法が絡む犯罪収益でも、国税徴収法から適用して、不正な収益は、どんな判決が下って居ようとも、徴税目的調査を行い、徴税が必要ならば、徴税対象へと変更済み、事実も有る通りなので、次の事案は、徴税に係る調査対象、今後司法が絡む、同様の利得入手事案で、徴税対象事案が疑われれば、通報して頂ければ、徴税事案で調査から行います、と伝えられている事実が有る」

※乙第5号証事件、平成21年1月に、通勤災害交通事故重症を負った事件で、控訴人が協力して、現在も労災支給を続けている事件も”加害側損保ジャパン、青森地裁八戸支部裁判官、高裁裁判官が、主治医の診断書等は虚偽、事件から8カ月しか、第三者行為傷害治療と認めぬ”判決を、共謀して出されて、損保ジャパン委任、提携弁護士が、十和田労基に乗り込み”事故の治療は8カ月まで、と判決が出た、以後の十数年間の労災給付は詐欺だ、詐欺事件として、十数年分の労災支給金を回収しろ!”と恐喝に及び、一旦労基が乗ったが、控訴人が法に反している事実を、厚労省他に指摘等して、法の規定通り、労災支給継続となって居る事案も、国税が正しく徴税の可否調査を行い、答えを出して居れば、このような、不法判決を振り翳して、労基を言い掛りで恐喝、労基も受け入れ、でっち上げの労災詐欺冤罪で不法扱いと、一事決定、等も起きない訳である。

3、統括国税調査官が、司法が絡む事案で、徴税に係る調査対象、と答えた事案は、控訴人絡みでは次の事案である”今後、同種の司法が絡む、不当利得を得て居る、と判決等でも出た、徴税対象疑い事案は、通報を頂ければ、税務調査を正しく行い、証拠によって、徴税に付いて答えを出して、不当利得”と証拠を得られれば、徴税を行います。

(1)一昨年8月11日、山本巡査一方的追突傷害事件、加害者山本巡査側は、債務不存在確認訴訟の提起を行い、自賠責の範囲を超えて189万円程度、対人賠償支払いしたが、30万円弱過払いだった、と訴えて、この通り一審判決が出て居ますが、被害者側自動車保険、東京海上日動人身傷害特約は、証拠も出して、189万円は東京海上日動支払保険金、今後山本巡査、共栄火災に対して、譲渡を受けた債権故、支払いを求めて行く、と表明して居る、山本巡査が言う通りなら、30万円は山本さんが、損害賠償金では無い利得を得た事となり、徴税対象になるので、税務調査を行います、地裁、高裁判決がどうかでは無く、資金が流れた経緯、証拠から調査して、国税徴収法規定により、徴税の答えを出します、判決がどうであれ、合法な損害賠償金受領か否か、証拠で決まります。

(2)昨年3月29日の、重過失傷害事件では、相続人xxxxらは”xxさんが通報してくれた、数千万円の遺産金に付いて、必要な税務調査等を~”又、焼却炉購入費120万円余りの金員は、被相続人が生前拠出して、機器を息子の会社、xxxス商会に納品した証拠が出て居るから、この法人に、故人が生前出資した300万円と合わせて、山本昌城の相続遺産金、相続税対象金で扱われます、又、山本昌城が、被相続人の生前、カードを預かり、浪費して居た、との通報事案も~~。

(3)この示談に付いて、複数の示談書取り交わしにより、対人賠償金が、被疑者の生前に、示談済み分一部分支払われて居る、200万円位の損害賠償金は、正しく損害賠償金なので、徴税対象外のお金です、示談書は偽造で、貸付金と、xxxxが言っているとの事ですが、彼からこの200万円位の金員は、未回収の貸付金だ、xxxxが、相続税対象金で納税用資金だ、と言った届け出も出て居ないし、示談書が偽造で、贈与金だ、山本さんが納税者の、徴税対象のお金だ、との証拠も訴えも出て居ません、よって、正しい示談取り交わしで、正しい損害賠償金受領です。

4、統括国税調査官と話した中には「捜査機関に被疑者が、xxxス商会に焼却炉納品書類、被疑者加入東京海上日動自家用自動車保険、特約適用出来ます書類、示談書一枚と、示談通り支払い済み証明、支払い分を被疑者が、東京海上日動に保険金支払い請求書も、昨年7月14日に証拠で出されているのに、xxxx、東京海上日動、弁護士、東警察署、二階堂検事等が”示談書は偽造、示談金支払いは虚偽、山本さんが購入した焼却炉を、被疑者が購入と偽って焼却炉を太子、事件を起こして、山本さんが被疑者加入、東京海上日動自動車保険に、保険金詐欺目的請求した、損害保険金詐欺事件だ”と捏造して、数千万円の対人賠償金を不払いで通そうとしている事件と、高額の相続遺産帰任特、脱税を、の事件、違法捜査でこれ等行為を、事実は、公務員として考えられない、巨額の不正な~~事件だと思います」等も話し合いして有る。

5、国税、税務署が、控訴人の尽力が功を奏して、裁判、判決が下った事案でも”不当利得疑いがあり、通報があれば、徴税の可否調査を来ない、不当利得であれば、徴税を行います”と答えた事実は極めて大きい、司法事案に持ち込めば、犯罪収益を犯罪者が、無税で取得が常、も成功しないだろうし、でっち上げた債務不存在確認訴訟提起、合法を破壊して、対人賠償強制踏み倒しも、もう常時成功は無理であろう。

6、そして、統括国税調査官にも伝えたのだが”対人賠償が高額の場合は特に、被害者を損害保険金詐欺犯と、でっち上げで捜査機関に、証拠無しで訴えれば、事実証拠無視で、詐欺冤罪強制成立”この警察、司法冤罪も、国税、税務署の税務調査専門官が、詐欺訴えの合否、詐欺利得取得の可否調査等、徴税の可否を証明する調査を行えば、現行の損害保険詐欺冤罪告訴、事実証拠無しで詐欺冤罪受理、詐欺行為者に根拠無しで仕立てて、高額対人賠償踏み倒しも成功、警察、司法冤罪と、高額賠償不当踏み倒し、xxxx、東京海上日動、警察、検事、検察庁、裁判所ぐるみの現実の犯罪”は成功しなくなるのである。

7、控訴人は上記事実、証拠により、虚偽の賠償金過払いでっち上げ訴訟詐欺、数千万円(後半の金額?)もの遺産金隠匿、巨額脱税、数千万円の、対人賠償金犯罪で踏み倒し目論見犯罪事実を持ち、道警、札幌検察庁に対して、山本巡査、xxxx、東京海上日動、札幌東警察署実行犯警察官等への、犯罪事実に対する捜査要求を、税務署の動きと答えも伝えて、実行犯の捜査を求めている、警察官が訴訟詐欺、高額の相続遺産金不正隠匿、数千万円脱税目論見、詐欺冤罪をでっち上げ等して、数千万円の、当事者間示談書取り交わし済み、対人賠償金踏み倒し目論見の犯罪次々、極悪な巨大犯罪で有り、犯罪責任抹殺で通る訳が無い。

8、今回提出する乙第79号証、2022年9月28日付け記事は、法人税3,200万円脱税事件で有る、司法、警察が、損保等と共謀、巨額脱税、高額賠償踏み倒しに合法は無い。

添付証拠

乙第79号証   2022年9月28日記事                    写し

不当収益は徴税対象で、犯罪なら刑事告発対象

  • 2022/09/28 09:40

統括国税調査官は私に「一昨年8月11日の、追突傷害事件に関しても、対人賠償金が過払い等で有れば、損害賠償金受領では無いので、返金しない場合、徴税対象となります」

と答えて居るし「昨年の、重過失傷害事件にしても”対人賠償金で無いなら、徴税対象となるし、焼却炉を購入費を出さずに譲渡受けなら、贈与税対象となりますよ”」

と言って居ます、どっちも事実無根だけどね、又「巨額の遺産金隠匿で脱税事件と、詐欺冤罪でっち上げて、巨額の対人賠償金踏み倒し事件も”正しい事実、証拠により、脱税は認めず徴税実施、不当利得であれば、徴税、犯罪なら告発事案”と」

令和元年12月から、不当利得、犯罪利得は、告発すれば調査して、事実であれば徴税、悪質事案は告発が、税務署、国税も徹底されるように、私が変えたので、白黒がきちんと、徴税の方向でも、道が付いて居ます。

警察、司法が、損保の犯罪捜査指揮下に入り、こう言った、損保の犯罪を成功させる為の、捜査件悪用テロ‼を日常化させている現実も、犯罪利得であれば、徴税対象だし、悪質犯罪は、告発事案となるように制度が出来ています、白黒が正しく付く訳です。

司法犯罪は、犯罪利得は、徴税逃れさせて、司法犯罪で犯罪利得獲得、が令和元年迄、国税も仕組んで居たけれど、もう合法徴税に変わったからね、犯罪利得は徴税、告発対象資金、法の規定通りです。

ここまでの損保が指揮、警察、損保が共謀、極悪犯罪事件を

  • 2022/09/28 08:24

東京海上日動、札幌支店、損害サービス第4課の犯罪も、詳細に犯罪が証明されて居ます、捜査機関に被疑者が提出済み、の証拠も揃っているし、言い逃れも不可能です。

被疑者の息子、xxxス商会社長で相続人が、巨額の遺産金を隠匿して、高額脱税して逃げられるように共謀犯罪と、x千万円の「対人賠償示談金犯罪で踏み倒し共、警察、検事、検察庁、裁判所、裁判官が、損保東京海上日動が、相続人と企むこれだけの巨額脱税と、合法賠償踏み倒しを成功させる為に、必要な犯罪を重ねて、暴かれて居る事件です」

相続遺産金隠匿、脱税を目論んでの金額は「隠匿に走った遺産金x千万円なので、x千万円脱税に走って来たと言う」

他に「息子が社長の会社、xxxス商会に、従兄は300万円出資しているし、焼却炉購入費も、この法人に納品して居るから、法人への出資金ですので、120万円以上が、相続税脱税を目論んだ資金ですし、息子は故人の生前、カードを預かり、浪費し捲って居たので、この浪費金も、徴税対象のお金です」

これ等の相続金隠蔽、悪質な巨額脱税を、相続人、東京海上日動、提携弁護士、東署、札幌地検、検事等で、相続人と共謀犯で企み、犯罪に走って来て居る訳です、又。

捜査機関に被疑者が出して有った証拠も有り、完全な言い掛りだと立証されて居る「焼却炉は私が購入した機器なのに、従兄が購入と偽って倒して事故を起こして、従兄が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険に、私が詐欺目的支払い請求した事件!示談書も、示談金支払いも偽造、実は貸付、贈与資金だ、第三者求償手続き書と、支払い誓約書も偽造だ、何故支払い請求を寄越した、と、札幌市国保企画課直接脅迫も、只の犯罪だと、はっきり証明されて居る訳で」

数千万円の、対人賠償金を踏み倒す目論見で、相続人、東海、提携弁護士、東警察署、札幌地検、検事、札幌の裁判所、裁判官が犯罪を共謀で実行!テロ犯罪事実も、正しく立証されている通りです。

極悪極まって居ますよね、ここまでの巨額資金が絡む犯罪、巨額脱税と、巨額の対人賠償金犯罪で踏み倒し目論見犯罪を、被疑者の息子の犯罪指揮で、東海、提携弁護士、警察、司法が共謀して犯罪を成功させるとテロ三昧、に。

私を損害保険詐欺冤罪で粛清も、直接企んで詐欺に落としに狂奔も、完全な悪の集団です。

後に引くと自滅、ここまでの警察、司法犯罪が暴かれたが

  • 2022/09/28 08:01

東京海上日動、札幌損害サービス第4課、札幌支店と、東警察署に留まらず、北海道警察本部も、札幌検察庁と検事、札幌の裁判所、裁判官等も揃って「完全と言えるまで、公式に表で証明された、損保が指揮、対人賠償を、捜査段階から踏み倒せるように、出鱈目捜査を常時成功、時には損害保険詐欺冤罪捏造、損保指揮で詐欺に落とす事も日常、これ等が詳細に、実例証拠を持って、公に証明されて居ますが」

もうこのテロ集団、後に引く訳に行かないんです、破滅が待って居るからです、国中で長年、今も、明日からも「損保が対人賠償を、公権力を犯罪で指揮して、警察、司法らが、喜んで対人賠償犯罪で踏み倒し目論見、出鱈目捜査、訴訟指揮を損保に取って頂き、犯罪が正しいと判決を常に下し捲り、これ等事実が、詳細に、逃げ道無しで立証されたけれど、破滅を防ぐ為に、居直ってこの国家権力テロ続行!😡」

一方的追突傷害事件、加害者の山本巡査と共栄火災、斉田提携弁護士、札幌地裁、裁判官、自賠責事業が共謀して「加害側は、自賠責障害上限120万円を超えて、189万円も対人賠償金を払った、30万円弱過払いだった、と詐欺訴訟提起、詐欺提訴通り、根拠無しで判決!だったが」

被害車両が掛けていた自動車保険、人身傷害特約部署から「加害側は、自賠の範囲を超えた対人賠償支払いは無い、東海人身傷害で、立て替えて189万円払った、この譲渡受け債権を、今後加害者と共栄火災に対して、法廷内外で支払い請求を行う!と証拠文書が出た訳で」

189万円支払いを受けた医療機関等と私は「東京海上日動から支払いを受けて居るが、山本巡査、共栄火災から、自賠を超えた支払い等受けて居ません、れっきとした、裁判官も共謀犯の、訴訟詐欺ですから」

もう札幌の裁判所、担当した裁判官、山本巡査、共栄火災、斉田弁護士には「詐欺訴訟は合法な提起で、合法な証拠証明による、訴訟提起通りの判決だ!等、詐欺と承知で判決を高裁も下したって、東海と共栄火災、道警等の間で、詐欺判決が正しいな、うんうん!で犯罪隠蔽工作、も不可能でしょうし」

しかしまあ、損保、司法犯罪賠償踏み倒し、闇の設定通りの犯罪事実、証拠で、工夫が無さ過ぎて。

司法犯罪も、事実証拠も理解すら、が原因

  • 2022/09/28 07:31

傷害致死傷事件”は特に”ですが、加害側損保が、正しく対人賠償支払い責任に応じず逃がせるようにと、警察、司法が共謀して、刑事事件捜査段階で先ず、傷害致死傷事件で有る事の立証を、不都合な証拠等湮滅と、加害者の刑事、民事責任を抹殺用偽造証拠作りさせて証拠採用、これから手を染めて有り、加害者を正しく特定、証明出来ないように、違法捜査で送致して居ます。

刑事事件の捜査で、ここ迄加害者責任違法捜査で抹殺、が行われて居るから、対人賠償も、不払いし放題で通せて居る訳です、過失で扱われるように、であれば、人を死傷させても、刑事、民亊共、まともに責任を負う必要が無く仕組まれて居ます、全ては加害側損保が、合法な対人賠償支払いせず、逃げられるように仕組まれた、警察、司法犯罪と言う。

過失致死傷事件だ、となれば「この罪状でも無く、損害保険金詐欺冤罪だと、闇ででっち上げ捜査を重ねていた、東署刑事一強行犯犯罪も有るけれど、初めから対人賠償合法支払いを潰す目論見で、不起訴で終わらせる不文律迄仕組んで有ると、平野巡査部長も、事実通り行っている通りですから」

過失とされるなら、他者を死傷させても、警察、司法犯罪捜査、刑事、民事訴訟法手続きを謳う詐欺司法公務、が大前提なので、刑事、民事責任から、ほぼ負う必要も無い訳だ「全ては損保が、合法な対人賠償金支払いせず、犯罪で不払いで逃げられるように仕組んで有る、警察、司法犯罪で、加害者は逃がして貰えて居ると」

この、損保がでっち上げた事件捏造、合法な対人賠償支払い潰し目論見の犯罪で構成、での捜査指揮事実通り、警察、司法が、損保職員の言うがまま、出鱈目な事件捜査指揮下捜査指揮に入り、事実証拠等見ても理解不可能!の強みで?犯罪で構成、傷害致死傷事件詐欺捜査を常時凶行、加害者の刑事、民事責任抹殺を常時成功させて有る、テロが常態化されて居る訳だ。

ここ迄仕組んで有る、損保が合法な対人賠償支払いせず、犯罪で逃がされて居る、警察、司法テロの現実を武器とさせて、対人賠償踏み倒し用、訴訟詐欺提起、判決も、常時、合法な訴訟提起根拠、提起内容そのまま判決!も、正しい法に沿った証拠も無し!初めから詐欺訴訟提起に沿い、判決を作文して下すのみ、と仕組まれて有るんです。

ここまでの警察、司法他共謀犯罪、刑事、民事事件詐欺扱い、訴訟詐欺常時凶行、詐欺が正しい判決が常の現実は「警察官、法曹資格者、検察庁、裁判所、法務省職員らが”常軌を逸した無知無能集団だから”正しく事件を把握できない、正しく事件事実証拠を揃えられない、正しい事件の証明理論と、証拠を突き付けられても、何の事かから理解不可能、これが強みのテロです」

そして「対人賠償を、犯罪で踏み倒せる一番早い手が”何の事実証拠も無しで、不払い目論見の損保担当が、警察、検察庁に、損害保険詐欺事件だと、口頭で証拠無しで、捜査を求めれば”損保が詐欺事件と言ったから、詐欺が確定だ!で、詐欺冤罪に落とすと言うからくり迄、仕組まれて、常時成功させて有るんです、法と事実証拠に拠らないから、詐欺冤罪も、常に成功させられる訳だ」

証拠は理解不可能、警察、司法の現実が

  • 2022/09/28 07:06

今月22日に足を運んだ、札幌北税務署の統括国税調査官も言って居た事です。

統括国税調査官ー山本さん、どう言う理由で”山本さんが購入した焼却炉を、従兄が購入したと偽り、山本さんが焼却炉を大して怪我を負い、従兄が加入して居る、自家用自動車保険に、山本さんが保険金詐欺目的で請求した”事件だ、となったんですか?幾ら読んでも、全くこうなる理由が分からないんですが?

統括国税調査官ー従兄は捜査機関に、昨年の7月14日に、xxエス商会に焼却炉を納品した書類、東京海上日動が、従兄が加入して居る、自家用自動車保険が適用出来ます、とした書類、当事者間示談書の一部、示談書に沿った賠償金支払い証明書、従兄が東京海上日動に、既払い分保険金で支払い手続き書を出して有る訳で、山本さんが購入した焼却炉で、従兄が購入した焼却炉と偽り、従兄が加入して居る自家用自動車保険に、山本さんが保険詐欺請求した等、どうやったら出来るんですか?

山本ー刑事も検事も”出された証拠を見て居ないし、見ても意味も分からないからです、東京海上日動札幌損害サービス第4課、伴が、私が虚偽設定の内容で、詐欺を働いて居る”と、札幌東警察署に詐欺事件で訴えを出した事を、東署の掲示と担当検事は、何の裏付けも取らずにそのまま信じこんで、東海伴に、保険詐欺事件と、根拠証拠無しで、偽った捜査指揮を執らせた結果です。

山本ーこの、詐欺冤罪と捏造捜査機関犯罪は”今年7月前半に、東京海上日動と、従兄の息子が、向井諭法律事務所の弁護士を使い、札幌市国保企画課に対して、示談書等は偽造だ、示談金支払いも虚偽で、貸付金か贈与金だ、偽造と思わなかったのか、何故国保医療費立て替え金支払い請求を、相続人に送って来たんだ”等、言い掛かりで脅迫に及んだことで、私が被害署刑事一課強行犯、平野刑事の上司の山田警部補に、捜査を求めた事に対して、山田警部補が、次の証言をして、事実が判明したんです。

山田警部補-山本さんが購入した焼却炉を倒して事故を起こして、従兄が購入した焼却炉と偽って、従兄が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険に、山本さんが詐欺目的で請求した事件だと分かって居るんだ、捜査等しない、ここに証拠の調書などがある、この事実の証言が書かれた調書が有るんだ、今読み上げるからな。

山田警部補ーちょっと待って居て下さい、読むので、、?あれ?そんな記述は無いな?おかしいな?絵?他に何の証拠があるかですか?xxエス商会に焼却炉を届けた証明書、従兄が加入して居る自家用自動車保険が適用出来ます、と書いた書類、当事者間示談書、示談書に沿った賠償金支払い証明書、従兄が東京海上日動に、既払い分を保険金支払いを求めた請求書、が、昨年7月14日に、証拠で出されて居ます、平野から、山本さんが購入した焼却炉を、一個が購入と偽り、保険詐欺請求した事件、と聞いて居て、証拠確認等せず居たので(;'∀')

山田警部補ーこれら、従兄が証拠で出した証明書は、検察庁から写しを取れますので、取って下さい、平野に聞いた事を、間違って信じて居た事は謝罪します。

と言った経緯等を、統括国税調査官に説明したけれど、当然全く納得は、して居ませんでした?杜撰極まる捜査事実を、同じ公務員として、理解出来ないと言う事で。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678261
ユニークアクセス:5842866
今日
ページビュー:1209
ユニークアクセス:1202
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed