エントリー

2024年05月10日の記事は以下のとおりです。

ほぼ予想の通り、三井住友の無許可貸金事業も司法ぐるみ犯罪

  • 2024/05/10 17:46

いきなり警察が暴挙に走った、今までの実体験から「無許可貸金事業を指弾されて、三井住友、法曹カルトが逆上して、辯護士崇拝警察官を動かして、強引に犯罪者認定させて”三井住友による、不法と言うべき?車両保険金支払い行為、債権譲渡がなされて、三井住友が債権者となったんだ!三井住友に金を払え!”」

この無許可貸金犯罪、中条きよし参議院議員の行為と同様の、貸金業の規制等に関する法律第11条が適用となり”10年以下の懲役、個人は3,000万円以下、法人は1億円以下の罰金の併合罪”が科せられる三井住友、司法共謀犯罪を、強引に正当化しようと企んだと言う?

この実例に沿った予想の通り「札幌地裁は”三井住友は弁護士を立てて来た、支払うか不払いかだけで争え!被告には財産が無い事は調べて有る!”とも伝えて来たと」

何んとしてでも「債権者は正しく三井住友だ!債権を払え!債権譲渡を正しく受けた証拠は出さずで良い!」

これを司法テロで成功させるべく「刑事事件で強引に犯罪者と決める‼必要が先ず有る訳だと、おなじみの司法の犯罪正当化ですね」

で「設定が狂いだした事が”私が調査依頼されて、動いている事でしょう先ずは!”次が”違法を重ねた事件捜査事実を、私も目撃して道警、検察外に伝えている事でしょうね”あまりにも不法過ぎる捜査を、いい気になってまあ、行ったものだと」

更に「双方訴え合戦すれば”男性の方が物凄く拙いしね”そして”こんな不当捜査他事件、狙い通りには行かないと思うし”違法な保険金支払い、不法な債権譲渡受けだの公に‼そもそも”狙う通りに罪人と出来るのか?」

そして「取り敢えず”男性は警察に電話して、訴えを取り下げたいと通知”どんどん三井住友、共謀弁護士、司法カルト等、警察の狙いが潰えて来て居ると、札幌地裁も何時も通りに犯罪者に落とされて、三井住友は正しく保険金支払いして、債権譲渡を受けたと、犯罪者に落とせるから言いなりになり、認めると高を括ったんだと?」

色々何時も通りの司法テロが、私が

Sさんへ

  • 2024/05/10 10:47

Sさん、私はMさんの知人から頼まれて、事件に関して「当社で出来る範囲に関して、正しく証明出来る事を調べて証明して、報告書や通報文書等に起こす請負者です」

従いまして「私はMさんと何の関係も無い立場ですし、貴方方の父親か、それを超える年齢ですよ、私は飲みにも行きませんし、酒場に馴染みの店も無いから」

貴方は三井住友に、色々三井住友と司法に不都合が有るから、いいように利用されている立場でしょうね。

疑義が有れば私に電話下さい、私は貴方たちが今まで通りを続けられればそれが最良だと思って、余計に事態を拗らせないように、気を配手関わっているだけです。

間違った思い込みで相手に害を及ぼさない方が、双方にとって都合が良いと思います、私も余計な事件を増やされたくありません、宜しく考慮頂ければと。

そこそこ貸金業の正しい知識を持ってりゃ

  • 2024/05/10 08:57

特にノンバンクの正しい貸金に係る法律、法律で必要として有る要件、法律手続きなどの知識を持って居れば、損保、司法犯罪”貸金業許可も無しで、勝手に”損害賠償債権を被保険者から損保が譲渡受けして債権者は損害賠償被害債権者から、当損保に変わった”が合法も、証拠も何も無しで、損保が只言ったから、で通る道理は御座いません。

この損保、司法の犯罪も「犯罪の仕組みを損保、金融庁、元は財務省ででっち上げただけで、ずっと、数年前まで行って来れた、司法がグルなので、の金融犯罪と言う事です」

そもそも「この程度の、金融の正しい知識も持たないのが法曹資格者です、この連中、何も分かる事が無いのが実際だからね」

損保が保険金を、損保に対する被保険者に支払った、損保は被害被保険者が持つ損害賠償債権を立て替えて支払った、よって損保が、何の利害関係も持たない債務者設定者に対して、損害賠償債権者となった「損保が只作った仕組みだ、これが真実だけど”まあ、この程度の無許可貸金業とも、本当に理解以前のままなんですよね”」

この事件、無許可貸金行為を糾弾されて「焦った三井住友は”弁護士を使い、強引な、出鱈目捜査に走らせて”強引に事実でも無い自供を取り”強引に正しい保険金支払いだ”との実績づくりに走ったんでしょうね?」

経緯事実がこの予想通りになって居ます、後は事実、証拠が更に揃い続ける事で「無許可貸金事業の事実立証作りを、三井住友、辯護士、裁判官が共謀の犯罪で行うと言うからくりです」

事実で争うな、払う、払わないで争え!これで事実を闇に葬ろうと言う企みです、定番過ぎる、半世紀を大きく超えての損保、司法共謀犯罪の踏襲だから。

損保、飼い犬犯罪辯護士の嘘すら

  • 2024/05/10 08:40

まともな日本の教育を正しく受けて居て、物事の根本から先ず常識で備えて居て、後は「騙されたり、不整合も正しく見えず虚偽を洗脳で信じて、自爆に走ったり等等も経験したりして、実体験で正しい常識とは、これを考えて、疑問を正しく見出せる能力も高めて行き続けて、大人としての能力、実践知識を正しく高め続けて、他者が騙されている等を見れば、相手次第ですけれど、手助けが必要と求められれば、出来る事で手を貸す」

これもまるで理解以前「自分でも”調べる契約事項等も有るんですけれど”調べると言う意識、思考すら無に近い、物事の裏取りを正しく行い、答えを導き出して理論構成する、見事なまで出来ないですよねえ」

山本ー山岸さん、貴方住宅ローン等組んで居ませんか?金銭賃貸借契約書を見れば”ローン支払いがこれだけ滞った場合、当方の貸金債権を、次の貸金事業者に譲渡する事に同意します”との文言の記載が有るから、自分で債権の譲渡の正しい手続き確認して見て下さい。

山岸∸自分がローン借り入れして居るかいないか、私の個人情報なので答える必要は有りません。

山本-あなたも司法機関の職員ですよね”債権債務の正しい譲渡に付いて、法律手続き規定も知らないで”損保が保険加入社との契約に於いて、損保と契約者間だけの契約で、部外者の損害賠償加害債務者に対して、損保が勝手に債権譲渡を受けて債権者となった、合法も含めて証拠も何も出さずに損保が債権譲渡を受けて、貴殿に対する債権者となった、こんな無法が通る法律にはなって居ないから、ちゃんと正しい貸金の知識も持つべきだから。

山岸ー、、、、、

山本ー山岸さん、平成の初めの時点で既に”商工ファンドはお金を貸した債務者、債務者が立てた連帯保証人さん等に、貸金契約書、運転免許証を両手に持って掲げさせて、合意の上で高利のお金を借りました”と言う証拠にして居て、更に課した側と債務者、連帯保証人全員が集い、合意の上の貸金契約ですよ、との証拠にして居たんですよ、損保、司法がやって居る”損保と契約者、被保険者の間だけの契約で、第三者を損保が債権譲渡を受けて債務者と設定した、など法律で通る訳が無いから。

札幌地検刑事部職員との

  • 2024/05/10 08:08

今月8日午後、札幌地方検察庁刑事部の職員、捜査官か事務官か?良く分からないけれど「札幌方面南警察署刑事一課強行犯、草野警部補らが私に求めた通り、この日に札幌地方検察庁に行き、7日の彼ら刑事の捜査の事実を記載した書面も持参、渡して、関係法律問題等の確認等の為、地検職員二名と面談して来ました」

札幌地方検察庁刑事部、の職員の筈、の二名は「山岸、山崎と言う職員との事でした」捜査権限を持つ司法機関構成員、警察官も彼らも根本こう言う地位、立場ですが。

余りの程度のに、とても苦労させられました、分からないから”同様の事件の事実等で、例えを持ち出したら余計混乱するし”事件は一個の要素で構成されていない、教育の成果のようで、これが先ず、警察官も法曹資格者も、司法機関構成員等も、複合的な思考、想像する能力、必要となる正しい条件知識、見事なまで持ち合わせて居ませんからねえ。

(1)司法警察員は”都道府県警、地方自治体に所属する地方公務員、但し警視正から上は、叩き上げの警察官で、警視正以上に出世した場合、都道府県警察、都道府県警職員から警察庁に所属が変わります”で、各強制令状の発行申請、発行された令状は”裁判所、つまり国から発効されます”と言う事実が有ります。

(2)国に対して”こう言った求め、発行を求めるのであれば、国家公務員が、所属する国に発行を求める、正し代行で国に令状発行を求める、令状が出たら執行出来る地方公務員に、国が扱う事件限定で、臨時の国家公務員の身分を与えるので”国に対して令状発行請求が出来て、国として発行された令状の執行を、国が行う形が取れると言う、この根本の法律鉄則も、まあ全く知りもせずと。

(3)当事者間の契約事項に付いて”第三者に効力は及ばない”この鉄則もまあ、やはりまるで知らず、説明して理解の端緒に付かせるのに偉く苦労しました、貸金業の正しい鉄則から、社会人として正しく持って居ない故”今行われている、あいおいが原告の裁判他、損保が司法を下僕で従えて、脱法、犯罪を指揮して司法が追従、の大元の脱法思考の。

山岸地検職員-山本さん”三井住友は、損保と保険契約者の間のこの法律によって、保険金を支払った原因となった、加害者が持つ損害賠償債務の譲渡を受けて”三井住友が債権者となって、加害責任者に債権支払い請求を行ったんでしょう?

山本ーこの合法、違法の知識は”金融業者が必要とされて居る法律知識”で、社会人であれば常識で持って居るべき知識だ”損保と損害保険加入者間の法律規定で、部外者に対して損保が、被保険者が持つ損害賠償債権の譲渡を、当損保が債権の譲渡を受けて、当損保が債権者となった、債権譲渡を受けた等損保に債権XX円を支払え等、闇金融でもやらない犯罪だ。

山岸地検職員-闇金融は金融業では有りません。

山本ー三井住友他損保、共済も”貸金金融業では無い”闇金融と同じ立場、行為法人だ”どっちも無許可の金融行為者”だ。

数日潰されて、警察官、法曹の余りの酷さは

  • 2024/05/10 07:45

連休が明けた途端”定番となって居る損保、損保が委任弁護士による、強行突破警察暴走が勃発と言う”まあ、いきなりの暴挙を見ると、今までの実体験が有る上でですが、三井住友が弁護士を動かしての暴挙だろうと、刑事は答えずでした。

そもそも「実質夫婦間の問題らしい事件で”いきなり南警察署の刑事が三人、被疑者設定した人の自宅の押し掛けて”インターホンを一時間前後も連打し捲って圧を掛け続ける暴挙に先ず出たと言う」

刑事が被疑者設定者に、このインターホン連打、精神的圧力を目論んだ暴挙実行に付いて、目的を答えた内容が「舐められないように行った」

おいおい、暴力団の発想だぞ、暴力団や闇金融の行為、闇金融は、こんな証拠が残る馬鹿な行為は行わないか、何時の時代だと思って居るのやら。

しかも「被害届け出者の複数の刑法事犯、の類い事件で”中央警察署に事件として扱って貰う為、先ず中央警察署に行くと言って居る、その後南署に行くから、刑事さん等も先ず中央署に付いて来れば良い”と言って居る事も、次の文言で潰すと言う」

刑事等-任意の捜査に応じないのであれば逮捕も考える”子供が居るから逮捕しないんだ”任意の捜査に応じないのであれば、警察単独で逮捕状を取り、逮捕も考える、任意捜査に応じた方が良いぞ、警察は単独で、任意捜査に応じなければ逮捕状を取って逮捕出来るんだ、子供の為にも任意捜査に応じた方が良い。

佐藤刑事の言葉ー口頭で被害届け出をすると言うが、口頭での被害届け出は受理しない、刑事事件で訴えても、受理する、しない、捜査する、しないは警察が決める

刑事の言葉、草野警部補との事ーこの事件は多分、最低でも罰金刑か正式裁判となるだろう。

草野刑事の言葉―事件に付いて、覚えが無い、記憶も無いと言うが、ビデオ映像も有るし、供述調書に加害を認めます、謝罪します、と書くから素直に署名押印した方が良い、事件被害に付いては捜査対象外だから記載等しない。

草野刑事の言葉ー事件に絡んで自動車保険、車両特約の不正請求、支払いが有ると考えて、南署刑事二課が捜査して居ても、同じ事件だからと協力して捜査はしない、この事件単独だけだ。

※ちなみに”中央署で一端事件で扱い、逮捕拘留したと言う、その後事件申告を訴えた方が下げて宙に浮いている”事件って”麻薬等指定物、結構大量所持、隠匿事件”だそうです、南署が事件で扱うと言う意志も潰した事件の一つは。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452775
ユニークアクセス:6604476
今日
ページビュー:68
ユニークアクセス:68
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed