エントリー

2024年05月02日の記事は以下のとおりです。

中条きよしさんの

  • 2024/05/02 18:46

中条きよしさん、国会議員が「複数の人に対して、年利率60%の金利でお金を貸している事が分かり、貸金業の規制等に関する法律違反の疑い、が報じられて居ますよね」

自己資金を「一人に貸している分には問題も有りません、まあ国会議員と言う立場なので?は有りますが、この方どうも複数の方々に、こう言った金利でお金を貸している模様で有りまして、まあ国会議員ですから拙いでしょうね」

何を言いたいかと言うと「三井住友による、他損保も司法、財務省、金融庁ぐるみですが、公式手続きでも行って居る”貴殿の債務を当社が債権者に立て替えて支払い、債権の譲渡を受けましたので、貴殿に対する債権者は当損保となりました、貴殿は債権譲渡を受けた等損保に対して、XX円の金員のお支払いを願います”この札幌簡易裁判所に訴えて、裁判官が」

「三井住友はXXに対するXX円の債権を有する法人である、と決定もしている事件の事です”損保、共済は、財務省、金融庁、国税庁、司法、警察も確信犯で公認しての”無許可ノンバンク事業者です、貸金業の規制等に関する法律違反を、業として広く旧来から、司法手続きも使って認められて来て居る事業者ですよ」

少し知識を持ってりゃ「損保、共済の事業商品?に”損害賠償債権を有する、第三者が加害者損害賠償債務者の債務を立て替えて債権者、被保険者に支払を行い、債権譲渡を受けた損保が、損害賠償債権譲渡を受けた立場で、損害賠償債務者、加害者に対する債権者と公になれて」

公権力も公認して「債権譲渡を受けた債権者の損保である、債務者に対して等損保は、譲渡を受けた損害賠償債権の支払いを求める、支払いを求める債権額はXX円である、この債権の支払いを行う事」

こう請求を公に、司法手続きも含めて行い、裁判官、財務省、金融庁、警察、国税、政府、政治も認めて来た訳です、であれば「中条きよし国会議員さん、何ら問題も無い筈ですが?物凄く奇妙だと思う次第です」

過失だと刑事事件にならない?であれば”人身交通事故事件”この設定自体間違いだと

  • 2024/05/02 09:42

警察、法曹資格者連中の得意文言「過失で有れば刑事事件にならない”で有れば、交通事故は全て過失なので、刑事事件で扱って居る事が間違いと言う事でしょう、前提が嘘”だから、こう言う矛盾が生じる訳です」

他者の人権侵害、等に死傷被害を与えた場合「過失致死傷罪他が適用されますし、建造物、動産財物、不動産所有、使用、管理権限を不法行為で侵害した時、やはり事件毎に刑事罰則適用事件で扱われるのが正しい法律規定です」

刑法の適用条件は「不法行為により、他者の身体生命、財産に被害、金銭に置き換えられる被害を生じさせた場合に、加害行為責任者側に刑法が適用される規定です”憲法第11,29条規定の不法侵害、が頭に来る規定です”」

よって「警察官が口癖にしている”過失で有れば刑法は適用されない”は出鱈目です、この虚言で捜査実施せず、を正当化しているに過ぎません」

捜査を正しく遂行出来る知識、基礎必要知識、正しく刑法を、理由と根拠証拠を揃えて、合理的、論理的に立証、説明出来るスキルも無い!故の只の詭弁、いい訳での刑法事件潰しです。

素養の怖ろしいまでの欠落、素養の無さ過ぎ事実を正しく認識しない、出来ない現実、正しく自己研鑽する意志の皆無さ、成長を説てたままの現実の発露。

こう言う合憲、合法に沿わせず犯罪を隠蔽、隠滅常態化が軸に有るので「他者の財産収奪も正当だ!警察、司法、行政、報道カルト等共謀のテロ、犯罪制度凶行!成功が常‼国家に陥って居るし」

損害賠償金、損害賠償債務金警察、司法、関係する行政機関、関係する国家資格者等が共謀の犯罪を凶行して「損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺だ、と冤罪捏造に常時狂奔して、賠償を犯罪で叩き潰し捲れている訳です」

司法犯罪制度等、犯罪を重ねて合法潰し、犯罪者、犯罪こそ適法だ!でっち上げただけの決定、判決を下したから犯罪が正しくなった!合憲、合法に背いているだの一切受付しない!神が下した判決で絶対だ!これで凶行突破が常。

法律に、実務と現場知識の欠如が

  • 2024/05/02 08:58

平屋、木道二階建て、木造三階建て、一階鉄筋コンクリート造り、二、三階木造の三階建て住宅、各々必要とされている地盤の強度は?国土交通省告示第1347号告示を基本として、基準数値を答えて下さい、建築主事に対する問いの一つ。

建築主事の答え、全部一緒が基本、絵(;´Д`)あのう、建物の重量が全く違うんだけど、同じって、何故神戸の震災、3,11,能登沖地震で大量の建物が倒壊、損壊したのか、壊れなかった家も有ったのか、同じ地域内で”地盤の強度が大きく影響して居た、これが先ず一番大きな原因です”もう広く知悉されて来ている事実です。

建築主事に答えを求めた問いの二ー同じ一級建築士、国家資格者なのに”見ている審査建物審査事項、設計管理士一級建築士も、建築主事も共に、特にハウスメーカーの建物で有れば、何が正しい審査の答えか?どっちの一級建築士も知らない事実も有る上で”同じ一級建築士、国家資格者同士で何故建築主事の一級建築士、建物設計管理担当一級建築士が審査に出した建築物に付いて、審査して合否を出せるんですか?国家資格者は国、同じ資格と権限同士ですよね?

建築主事に問うた問の三ー新築即理さんで、全面改修の住宅の場合”当然だけど、確認申請を出して審査合格して居ませんよね?”大規模改修、構造変更の場合、確認申請審査を受ける事となって居るけれど”確認申請審査を出すには、該当の建物の構造に付いて、現行法律不適合が前提で審査を受ける事となるので、法律規定上絶対確認申請は通りませんから”この問題に付いての建築主事としての見解は?

等等、建築主事に答えを求めて見ました「まあ、現場の専門的、出来るだけ正しい現場の実務知識と該当事項に付いての専門的知識が備わって居ないから、正しいに近い答えは出せず、別に建築主事が悪いと言う事では無くて”一級建築士で建築主事”でもこれが現実と言う事を言って居ます」

まして「もっとど素人の法曹資格者連中が”他の国家資格者業務に関して、合否等が分かる道理が御座いません”と言う事です」

相変わらずの、警察の故意による事件続発

  • 2024/05/02 08:38

昨日東警察署刑事課に、まあ「世間が思う土建業者さん、の再現と言うべき”怒鳴り込み、喚き散らし、脅し文言羅列を6分以上”の電話を寄越した中沼襲撃?行為者の一名」

まともであれば「警察に被害届け出を出して有るのだから”刑事がその先の必要捜査を行い、被害者側に加害者側を接触させない、攻撃、加害を再度起こさせない”これを一義としなければならないんですが、流石の道警、方面警察署と改めて実感させて頂けた」

「警察が事件性は無いと言って居る!被害届け出済み、告訴告発済みであれば”送検を受けるか否かの判断、送検を受けて、起訴するかしないかの判断は、検事が決める事であり”警察、警察官の職務権限では無いから」

この大原則すら、捜査の鉄則と理解も出来て居ない、知らない「警察組織、警察官等、法曹資格者、司法機関所属公務員等、が実際なので”警察が事件にならない、民亊の問題だと言って居る”等喚いて脅し、強要等電話を寄越させる事態も生ませる訳です」

常識以前の輩に「間違った答えを提供して、次の不当犯罪を惹き起こさせる、最悪の警察ですが”まあ、今に始まった事でも無いからねえ”次々根本から間違いの警察、司法が惹き起こさせる不当犯罪の数々!」

あの土建業者、警察はどう対処するんでしょうかねえ?更なる不当加害に走らせるんでしょうか?合法、不法、犯罪を正しく判断出来ない事と合わせて、次々まともさを持ってりゃ起きる訳が無い、次の不当犯罪をわざわざ惹き起こさせて来て居る警察、その先も含めた法曹権力、司法機関、法務省等権力犯罪。

まあ「加害行為者に付いての、一定の情報は入手出来ました”自分の立場、行為に付いての権限、権利の有無も理解以前等等、この国の民衆、上も下も劣化度合いが物凄過ぎて”自分で正しく疑問を持てて、疑問を解消する為必要事項を調べて、疑問に答えを導き出して、等から出来ない、この必要事項をそもそも理解出来ない”カルト狂信信者と同じ人間が増殖の一途、まあ」

そう言う事でも無い、もっと低い、もどんどん増殖の一途が実態ですから、余計な犯罪を惹き起こさせない事が、本当は警察、法曹権力に最も求められて居るのだけれど、カルト狂信信者創出‼国家の様相の加速、が実際と言う現実だから。

次にあのXX、何をしでかすやらと、かなりの割合で、あれだと何かしでかすんじゃあ?面倒ですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452782
ユニークアクセス:6604483
今日
ページビュー:75
ユニークアクセス:75
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed