エントリー

2024年05月14日の記事は以下のとおりです。

あいおいと裁判官が共同歩調、不払い、詐欺虚偽設定、根拠次々破壊されている上で

  • 2024/05/14 08:51

元々損保、共済が、司法カルトの無知無能さを熟知の上で「いいように刑事、民事共、狙う通り操れて動かせて居る、この事実、実例証拠の再現でしかない”あいおいと共謀犯、裁判官が共同歩調で暴走、隣家損壊被害を虚偽だ、と偽造証拠、犯罪ででっち上げた証拠を絶対の武器!”犯罪が行われているが、損保、司法は犯罪も公認して通せて居る!を武器とさせて暴走」

この事件「裁判官は口頭弁論中に”あいおいは良く調べて有る、よって不払い判決を決めて有るんだ!被告工事会社、裁判官は不払い判決を下すから、そうすれば工事会社、被告、被害者設定者、示談相手に既払い賠償金返還請求を行うだろ!”文書で答えろ!この発言、要求は、今年1月17日、口頭弁論で発せられている通り」

この時点ではまだ「複数の刑法事犯犯罪に手を染めて、合法無しででっち上げただけ、の甲号証、一級建築士の犯罪行為者、他共謀犯と命じたあいおい側行為者が共謀、不払いで正しいとした、偽造、でっち上げた証拠甲号証は出されていませんでした」

この犯罪との、向う側の確固たる証拠甲号証は「今年2月にようやく甲号証、証拠だ‼と出されて”確固たる行為者連中による、敷地三区画不法侵入、一級建築士国家資格を悪用させた、出鱈目な建築施工論?展開、工事場所隣の家損壊は嘘だ!合法無し証拠?捏造”これ等の犯罪証拠が、裁判証拠で出された訳です」

これ等のあいおい、共謀犯罪依頼者連中、裁判官等が結託した多数の犯罪行為、犯罪を証明した証拠が「あいおいが正しくて、被告と被害建物所有者は損害賠償金、損害賠償保険金詐欺行為の犯罪者だ‼と偽りででっち上げて、不法に裁判官も、合法無しで事前に判決を作って有る!現実」

この犯罪で構成、あいおい訴状、準備書面第一回の記載、訴状、準備書面の記載が正しいんだ‼と言い張る甲号証、犯罪ででっち上げたと正しく証明が、の甲号証が「損害は嘘だ!損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺だとあいおい、共謀犯、共謀弁護士、裁判官が結託して、犯罪を凶行して事前に決めて有るんだ!判決まででっち上げて有る!の発露も」

政治、行政、正しい関係法律、法の規定による合法工事実施の必須の破壊行動!損保、あいおいと司法共謀のテロ!さてどうなりますか、旧来から凶行、常時成功してきた損保指揮、司法、警察テロ犯罪、詐欺冤罪他です。

あいおいと司法、裁判官が共謀の事件

  • 2024/05/14 08:24

有難い事に「浜田聡参議院議員さんと協力者さん方”今年4月25日午後3時57分~参議院総務委員会での、浜田議員質問が行われて、国土交通省大臣官房と、警察庁長官官房が、必要な答えを出しました、まだ未回答も残って居ますが”」

環境省、埼玉県庁、品川区役所、川口市、関係する公道に係る質問を浜田議員が”事前の根回しを正しく、質問事項の根拠となる実例と、見出せた不法解体工事に絡む事実、も事前に質問先にも提供して有る上で、必要な質問を発して、行政機関分は”国土交通省大臣官房が、纏めて答弁したし”道路交通法違反部分に付いては警察庁長官官房が、多少答えを出して居ますが、多くの必須回答事項は保留となって居ると。

この参議院総務委員会での、浜田議員さんによる、関係先公的機関、警察庁に対する、不法行為事実、証拠を持った答えの求め国会審議と言う確固たる証拠実例が物凄く役に立ちますからね、この、浜田議員による、不法解体工事事実を持った法律回答の求めに対して国が、法の規定を添えて答えを出した、こう言う実例が出来るように、実例証拠も添えて、どうするべきか、どの立場の所を責任者と証明して、責任追及すべきか、等の方法等を、証拠と手法を提供して、繋げられたと言う。

この国会での「トルコ国籍の不法滞在者を数次下請けで使い、ピンハネして安価で違法な建物解体撤去工事を、関東でも大々的に実行させて通して居る行政、政治、司法、警察、報道カルトの現実の発露」

これ等の確固たる実例、証拠を根本に据えて「関係する公的機関複数に対して”解体工事、増改築工事に於いての、合法に沿って遵守すべき各必要事項への、関係法律、監督権などを発動する権限が与えられて居る公的各機関に対して法を持った答えを求めて有る!”のが今月11日の回答の求め書面、回答を求めている事項なのです」

当然ですが「川口市が主の”不法滞在トルコ国籍犯罪者等に、数次違法丸投げピンハネで、不法を超えて犯罪行為で”安価で不法な建設工事解体撤去!を行わせて、違反、蹂躙して居る法律規定、法律順守事項”に付いての合否回答と、不法、犯罪行為公認、黙認理由と調査、捜査実施を発注者、元請けに対して行わない理由の答え、も求めております」

数日前に起きた「トヨタホームユニット住宅工事でクレーン車転倒、部屋ユニットを吊って居て転倒事件でも”責任は管理法人が取りますって、元請けと施主責任が一番上だから”特に民事の損害賠償債務支払い責任”は、発注者と元請け責任ですから」

損保ジャパンの保険商品、他損保、共済も同様の商品が

  • 2024/05/14 08:03

損保ジャパン、確かソニー損保の事業者相手の損害保険商品も、の筈ですが、個人用の損保、共済商品にも「加入者側被保険者設定者が”偶発的事故を自身で起こしてしまい?自己の財物を損壊させた場合も”自身が加入する損害保険から保険金を受け取れる商品が、次々損保、共済で出して来て居ます」

自身で地震が持つ財物を「偶発的事故を自身で起こして損壊させてしまった、と言う設定で損害保険金が下りると言う、スマートフォンが古くなって来た、新型機種に切り替えたい、被保険者の自分が偶発的事故を起こして、スマホを偶発的に壊してしまった!だの」

うちのテレビ、パソコン、カラープリンター等が古くなって来たな「偶発的事故で水を掛けてしまった!損害保険金請求して保険金を貰おう!こんな請求事件がどんどん増えて来て居ると」

幾ら一般人の調査員、鑑定士民間資格者、士資格者自称者”捜査件も無しで、調査能力の程度も?で調査しても”只の推認でしか有りません、要するに。

支払請求を被保険者から受けた損保が「支払いする、払いたくない、この意志のどちらかが発動されると言うだけでしょう、関係者から聞いた話だと”主に年間3軒位迄この請求を行って保険金を貰い”次の年度の更新時に、別の損保に切り替える、を繰り返せば過去の請求、受領履歴は消えるから、と損保側?の方が言って居たとか居ないとか、調査に際して?」

これ等の損保、司法共謀行為事実、実例証拠等の通り「損保の職員、外注調査員、鑑定士民業資格者、アジャスターなる連中等と法曹資格者、捜査官等、手を組んで刑事強制捜査手続き凶行!の仲間等”確固たる事実証拠を揃えておらず、正しい損害保険被保険者設定の合否、請求手続きの合否、支払いする、不払いとする正しく法を持った理由、何も確固とした、合法理論を組んでの正解も何も、この連中は持ち合わせて居ませんよ」

あいおいの事件、東京海上日動の事件、共に司法ぐるみのテロ、犯罪事件も同様です『合法を軸に備える必須条件、これから見事なまで?まるで備えても居ない現実です、この現実がほぼ常、の上での司法出鱈目決定刑事、民事共が発動されていると言う、只のテロ行為ですから。

民事手続きで不法正当化を、が危うくなり警察を暴走に、流れが逆に陥った?

  • 2024/05/14 07:39

事件が起きたと言う時期は「聞いた所ですが”昨年7月らしいです”器物損壊罪事件が起きた?設定の事件発生の時期は」

え「昨年10月頃に札幌簡裁から”いきなり三井住友が債権者だ!被害者被保険者側に200万円近い金、車両保険金を三井住友が支払ったんだ、だが証拠は出さない”よって?三井住友が、加害者設定の貴殿に対する債権者と決まった、貴殿に200万円弱(一応金額記載、随分ちょっきりの金額だ?車の修理費名目らしいのに?」

とか「債権執行命令手続き事件?が送られて来た、送られた方は放置して居たら、今年3月後半、債権執行滅入れ手続きで正しい債権と決定を下した、二週間以内に異議申し立てをしなければ確定だ!とか送達が届いた、異議申し立てして、上申書も出した」

これが有って「今年5月7日”いきなり南警察署刑事一課強行犯、草野警部補他二名が、債務者設定者のマンションに来て、インターホンを一時間前後連打‼連打‼連打!を繰り返し捲った、舐められないように圧を掛けたと言う答えと”闇の方々と変わらない思考、行動だと、公僕様と思えない」

で「強引と言う以外無い”任意同行、虚偽の犯行自供、謝罪の意思表明調書作成して、署名捺印強要して、罰金刑以は確かだ!”と言う只の越権行為の脅しも、でも署名捺印、虚偽自供せず」

の翌日未明「当事者が有って話し合いを行い、被害者設定者は被害届け出取り下げの意思を南署に電話で伝えた、3親等以内の同居の親族同等者間!の事件?だから、親告罪で訴え取り下げで全部破綻!ここまで出鱈目で無茶苦茶な捜査機関虚偽の犯罪、犯罪者創出に走ったのに”私が新しい男だ”等の嘘も訴え者に吹聴もして、どうにかして、この器物損壊事件を成立させようと必死だったのに」

これ等の経緯と、過去の同様の捜査機関、司法らのテロ経験から推認すると「三井住友、金融庁、財務省、法曹権力等”どんな不当手法を講じてでも”器物損壊加害者と正しく、刑事訴訟法手続き、刑事裁判迄行い、確定させる必要が生じている、と推認が?」

民事と刑事の後先が逆になってしまったのでは無いでしょうか?「民事で器物損壊加害行為と加害者債務を決定させて”刑事の確固たる証拠と、合法破壊で決めて使い”三井住友による、不法と思うべき車両保険金支払いが正しかった!と確定させなければならない事態にと」得意の司法テロの手法の再現と?

思考力がそもそも欠如、拠ってその先に行く事が出来ず思考停止、カルトと同様

  • 2024/05/14 07:18

過去の実体験で「だろうな、この警察による、得意になっての暴走公務凶行は、損保、共謀弁護士が”損保、司法共謀犯罪が暴かれて拙いので、どうにかして正しく犯罪が行われて、犯罪者を確定させた”これを強引に、警察を強制犯罪成立の駒で走らせて、有罪事件を合法破壊によって確立させる!に走ったんだろうと」

三井住友、監督官庁、司法の狙った「他損保”も”3親等以内の、同居の親族間で起きた、損害保険で支払いを要する事故金銭的被害の場合、原則不払いと言う規定が有ります」

あくまでも「第三者間の偶発的事故による、損害保険金支払いに該当する事故の被害賠償金は支払われる、が鉄則で有り”同居の3親等以内の親族の間で、金銭的被害が生じた場合は”故意と過失と判別が付きずらい、詐欺の助長、誘発に繋がるを理由として、損害保険金支払いを、原則行わないと言う」

まして「同居の3親等以内の親族間で”刑法事犯事件が起きて?金銭的被害が生じたらしい?との、被害者設定者の被保険者による、損害保険への損害賠償保険金支払い請求”に対して、事件事実は確定せず、加害者設定者への調査は行われず、3親等以内の親族同等の間柄なのに?」

これで「200万円近い金を”証拠は一切無い現状の上で、三井住友は多分自家用自動車保険、車両特約でこの大金を支払ったらしい?”で三井住友”よって三井住友が、加害者設定した貴殿に対する債権者になったと、三井住友、委任弁護士、裁判官等で闇で決めた!貴殿が負っている債務を三井住友に支払え!」

これを札幌簡易裁判所、裁判官、今は多分地裁、裁判官等が闇で結託して「何等公表も出来ない、合法論も当然無い上で”今度は書記官が電話を寄越して、お前は三井住友に対する債務者と決定済みだ、債務を払う、払わないだけで争う為出廷しろ!”通告と言う、定番過ぎる損保、司法犯罪の実例です」

この事件、いきなり警察が暴走して「事実証拠、自供等すっ飛ばして”虚偽の自白供述調書を捏造して、本人が認めて居ない上で署名、捺印を強要に”刑事手続きでどうあっても犯罪者と確定が必要な事態になり過ぎ!が?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452767
ユニークアクセス:6604468
今日
ページビュー:60
ユニークアクセス:60
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed