エントリー

2024年05月13日の記事は以下のとおりです。

報告事項

  • 2024/05/13 16:49

今日の作業場強奪事件、事件の経緯、日にち特定文書の記載によるように「昨日現地で会って話した佐々木氏の言い分は”記録と天候事実をきちんとそろえた結果、嘘だと断定が」

作業場での強盗行為が出来た、行われた日は「今年2月12日午後から、二月14日一杯です、この前には作業場で強盗、破壊等は起きて居ませんでした、記録と証人もいます」

で「今年2月15日には”2月9日、10日に掛けて大雪が降った事で、隣家の屋根の大雪を、11,12日に手作業で降ろして、2日掛けてトラックでピストン輸送排雪して”12日の昼頃作業場に立ち寄り、作業場で強盗行為は行われていない事を、目視確認して居ます」

その後15日の午前中に「トラックに除雪機を積んで作業場に除雪に行き、作業場で強盗行為が行われた、雪が除けられて、L字ブロックが道路に叩き出されて、壊されている事も確認して居ます」

で「その後、翌週21日に又作業場に、雪が降ったので作業場が埋まったか?と思って出掛けたら”以外に雪が降っておらず”除雪機も降ろさず110通報して、警察官に臨場頂いたと言う」

この月の16日にも、午後3時頃立ち寄って居て、作業場襲撃に変化が無い事も確認して居ます。

なので「作業場襲撃は”2月17日~同月20日に再度、は起きて居ません”と言うか”2月12日午後~同月14日の間”以外に作業場物理的襲撃は、行われていません」

昨日行為者の一角、佐×氏と警察官と、現地で会って話をして”佐×氏の言い訳を詳しく聞いて”でも事実の裏付けは何も無い、只の言い訳を聞いて、記録と証言を列記して、今日の文書に纏めたと言う事です。

なお「指揮犯である一角吉×氏は、現在までのところ電話に出ませんね、どうしたんでしょうね?佐×氏が聞いてくれ、と言うんだけど」

証拠

  • 2024/05/13 14:18

事件番号 札幌地方裁判所 令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                  令和6年5月13日

原告
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業
補助参加人
山本弘明

補助参加人山本弘明提出証拠  印

          補助参加人提出 丙号証

丙第30号証   令和6年3月26日付け、札幌市役所発行札築建第76号証 写し

丙第31号証   令和6年5月1日付け、札幌市役所発行札築建第4号証   写し

丙第32号証   令和6年5月11日付け、札幌市役所他宛公文書回答の求め 写し

ZXCVBN

  • 2024/05/13 12:07

事件番号 札幌地方裁判所令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                  令和6年5月13日

原告
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業
補助参加人
山本弘明

札幌地方裁判所 民亊第1部2係 石井美帆書記官御中
TEL011-290-2330,FAX011-281-7747
補助参加人提出書面  印

           補助参加人提出書面 第四十四回

1,初めに”補助参加人が提出した書面第四十三回7項一行目、甲第三十二号証~の記載を、丙第三十二号証”と改める。

2、補助参加人は今回新たに”今年5月11日付け証拠、丙第三十三号証証拠を提出する、補助参加人が経営する法人が、札幌市役所、北海道庁、北海道労働局他、北海道警察本部から公文書による、記載先各行政機関が所管する法律の合否等を、次の事項に基本沿って、関係機関に所管法律に沿わせ、現実の工事と、法による合否回答を求めている公文書回答の求めである。

3,令和6年4月25日午後3時57分~浜田聡参議院が、不法滞在者トルコ国籍が主で実務遂行、日本国の行政機関が建設業許可、産業廃棄物収集運搬業許可、足場工事業許可等を発行して、数次下請け丸投げ違法解体工事実施させて居る、実際の違法工事現場の実態を根底に据えて、参議院総務委員会で質問、国土交通省大臣官房、警察庁長官官房が、相当部分各関係行政機関による調査結果等、調査済み事項のみを回答、この事実も含めて、北海道庁、札幌市役所、北海道警察、厚生労働省(労働省)道労働局、各労働基準監督署に対して、道内、札幌圏他で行われている、建物解体工事、増改築工事の現実の工事に付いて、各々該当する公務、所管する法の規定の合否法を添えて、公文書に記載して回答を求めている書面で有る。

4、この質問事項、回答を求めた質問事項に関しては”埼玉県、川口市、東京都内、品川区等や、札幌と近郊各市町村での建物解体工事、特に1,2,3階建ての建物で多く行われている”品川区の実例、川口市の多数の、トルコ国籍不法滞在者が主体の、多重違法下請け、丸投げ違法解体工事と、道内もさほど変わらない違法解体工事事実の違法事項に付いて、合法施工とは、合法施工の実施の有無に、該当公的機関責任による、合否、合否根拠を添えた公文書回答の求めである。

5、上記事実、記載事項、公的機関い合否回答を求めて有る各重大事項に付いて”多くが本訴訟原因とも絡んだ重大事項”関係法律を所管する行政機関、警察が、不法工事実施元請け、以下下請けを調べて合法工事に是正指導、工事差し止めなど措置が必須の重大事項である。

6、当然であるが”今後は上記参議院総務委員会質問、答弁の通り”不法な解体等工事が有る、第三者も含めた金銭的、人的被害を生じさせた場合、違法工事発注者が無限責任、工事元請けは契約、必要費用施主の拠出の限度内で有限責任を正しく負う訳である。

7、なお、今も同様実例が大半(数日前に起きた、トヨタホーム工事現場での、数次下請けクレーン転倒建造物他損壊事件)であるが”数次下請けだけ”に、工事で起きた過失事故加害者責任、損害賠償も含めた”責任を、元請け、発注者は転嫁している現実であるが、浜田佐夫氏参議院議員、今年4月25日参議院総務委員会質疑応答実例”で、正しい過失事件発生による損害賠償責任者は、施主が無限責任、工事元請けが、契約の範囲内で有限責任を負う、と公式事実立証されている通り、建設業法第19条、民法第522条、労働者被害で有れば、労働災害補償保険法に係る複数の法律、他法の正しい規定である。

※この訴訟での原告の訴え、甲号証共に”適法化に向かって居る建設工事、解体工事、増改築、新築工事等”を、関係行政機関、警察所管関係法律合法規定を、根底から破壊させる暴挙、テロ行為、犯罪行為であるので”各行政機関、警察等に”必要事項に付いて、参議院総務委員会今年4月25日、浜田議員質問、国側回答を軸に据えて、必要事項を公式回答願っている訳である、つばさの党による選挙妨害疑義に関して、捜査機関が捜索に入った事実も今日出ている、札幌地裁、高裁が、安倍元首相止めろ、選挙妨害を警察排除は違法、道側敗訴判決を下した判例に沿った、辯護士等得意だった判例で犯罪適法化、制度化の踏襲だが”同じ司法が脱法、不法が正しい判決を下した後、に備えた行政、警察からの所管法律の合否の答えを求めた手続きである。

8,今年5月7日に、補助参加人も現場に出向いて色々実体験させられた”札幌方面南警察署刑事一課強行犯、草野警部補、佐藤巡査部長等が主導で行った”中々実体験出来ない?虚偽自供を強要、虚偽、不法を持った罪の自供と謝罪の意思虚偽記載調書への署名、捺印強要他事件のその後の経緯を記載する”本訴訟原因事件でも、補助参加に経営法人に対して原告と共謀犯ら、裁判官も?全く成立不可能の上で、補助参加人外一名、補助参加人経営法人が、被告法人、被告法人が加入と言う、原告工事総合保険に対して、損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺を働いている、この出鱈目嫌疑が本訴訟原因なのだから。

9、補助参加人と経営法人が、上記捏造された刑法事犯事件加害者だと、不法な捜査、手続きで陥れられそうになって居る、器物損壊罪事件のこの後の経緯として次の事項を、不当な犯罪者被害に陥れられ掛けておられる方から、今月9日午後に、架電が来て聞いている。

10、補助参加人、経営法人に必要調査依頼をしている、不当捜査で罪を着せられそうになっておられる方が伝えて来た事項、概要。

(1)今月9日未明、器物損壊被害届け出者が、相手方をスナックに呼び出して面談”事件が有ったと言う時期には同居、二名子が居て双方親権者”住所も同じの被害届け出者さんからの電話連絡ー被害届け出を取り下げる積りだったが、お前に新しい男が居ると、南署の刑事が伝えている”山本と言う男だ”と刑事が教えてくれた、新しい男が居ると刑事が言うから被害届を取り下げる貴だった、お前からの、自分への複数の傷害、違法薬物事件も被害届け出を出さないように、お前に言う積りだったが、刑事が山本と言う、新しい男がお前に居ると聞かされたから被害届け出を取り下げたくない。

(2)この後この男性は、補助参加人依頼者女性に”お前に新しい男が居る事が気に食わない”等理由を吐いて複数暴力行為、怪我を負わされたとの事、証拠を残した”との事”警察が虚言を弄して、故意に傷害加害事件も惹き起こさせたと言う事である、こう言う場合、依頼女性に男が出来た、調査等依頼者が新しい男だ”と言って女性の関係男性らに吹聴して、は捜査機関、司法の良く使う手であり何度も経験して居る。

(3)当然補助参加人は、依頼者との恋人等関係など無いが”南署の刑事、上層部も?は”この器物損壊、親告罪で届け出を昨年7月に出したと言う、この男性の現在の意思確認もせず”恐らく三井住友による、不法が強く疑われる車両保険支払い?三井住友が債権譲渡受け債権者?債権支払い請求裁判所手続きで実行”を、補助参加人が債務者設定者共々、捜査機関、道警、南署二課、生活安全課(詐欺、無許可貸金業)財務省、金融庁、国税庁らに訴えた事が物凄く拙い故”強引な器物損壊罪強制不法自供、署名押印成功に走った模様だった。

(4)被害届出人は今年5月7日のずっと前から、このような不当捜査等求、不当捜査実行は、不当捜査被害者にも伝え続けて来た、と言うように求めておらず、被害届け出を双方止める積りだったとの意思の発露が、この不法捜査実施後に被害届け出者の意思として捜査機関に発せられて、捜査機関、三井住友(裁判所等も)等に物凄く不都合だったので”南署刑事、草野警部補らは被害届け出者に、不法捜査後に電話して、不当捜査後に彼に架電する等を、不当捜査を受けた方、南署に来た妹さん、補助参加人に草野刑事は告げていた”事を行い、被害届出人は、被害届け出を取り下げる、と意思を表明した事が拙くなり、山本が新しい男だ、等虚言を吹き込み、被害届け出を取り下げさせぬよう図った模様である。

(5)なお、この虚言吹聴が虚偽と一定理解した方は”その場で南警察署に架電を行い、被害届け出取り下げの意思を告げた、との連絡も”受けている”これで更に、不当捜査で作った証拠?署名捺印無し出鱈目調書は、より不法捜査証拠となった模様である。

※器物損壊は親告罪、違法指定、麻薬指定薬物大量所持、障害、暴行罪は親告罪にあらず、まして当時は実質夫婦間の、何かの争いらしい件で、かかる不法捜査等異常であるり、他意が有る事が強く伺える、過去に何度も遭遇した経験が有るし。

11,今月9日午後”札幌地裁書記官から依頼者に架電が有り”次の事項を告げられたとの事だった。

(1)貴女を三井住友に対する債務者と設定した事件は、三井が弁護士先生を立てて、三井住友が地裁裁判に移行させた”貴女が三井住友に対する債務者と(既に)決まって居る”三井住友は、既に貴女の財産調査も行い、財産はローンが組まれている自動車以外無い事等を、裁判所に出して居る。

(2)貴女が三井住友に対する債務者と、既に決めて有るから裁判に出て来て”事実の争いはさせないから”払う、払わないだけで裁判官に答える事、一回は不出廷で良いが、裁判に出て来て三井住友に貴女が負った債務の支払いに付いて、裁判官に答える事、争いに関する事実、合否争いはさせないと、三井住友の弁護士と裁判官で事前に決めて有るから従う事、裁判日程は弁護士の都合に合わせた日程を後日送る。

(3)今月7日、不当を超えた犯罪者不法創出事件時に”実質夫婦間の事件と言う設定の事件で、親告罪の事件で、いきなりこのような不当捜査、逮捕するだの、他の事件の訴えに行かせないだの、強引な捜査”に走った理由は”三井住友と裁判所が物凄く拙くなって、三井住友が熊谷建吾辯護士でも使い、どうあっても彼女を器物損壊犯だと刑事事件で不法捜査で出鱈目証拠作りして、強引に刑事で犯人に仕立て上げて、三井住友、裁判所、司法が公式に手を染めた、不法な車両保険支払い、無許可貸金事業を正当化する目論見だろう”過去に数回実体験して居るので予想が付く、と告げて有る通りの動き、司法手続きと不法捜査を同調させての、不法な刑事手続きで犯罪者設定を成功させて、三井住友と司法の不法行為を正当化して逃げる、が裏で仕組まれている、と言う予想通りであった。

(4)損保ジャパン札幌、建設工事保険担当のXX職員さんから聞いた答え概略は「損保ジャパンの工事関係保険は”自社の動産を、過失で壊しても保険金が出ます、過失と恋の線引きが非常に難しくて”困る事例が多々出ています」「三井住友の事例は”その設定であれば故意、犯罪扱いして、同居の親族で実質夫婦間ですから、自動車保険車両特約も”適用出来ません、どう言う理論で支払えたんでしょうか?加害設定相手への調査も無しでですか、払えませんよ」「作業場強奪犯から言われた”お前の会社で他者の動産を過失で壊した”と嘘を吐いて、加入して居るあいおい建設保険から金を貰え、は犯罪です」

(5)札幌方面南警察署刑事二課知能犯、XX子巡査部長にも「南署刑事第一課、草野警部補他による行為を追加で伝えて”三井住友の事件と共に捜査を一、二課で協力して”と言って来ましたか、まあ被害届を取り下げて、不当捜査も駄目になっただろうけれど”三井住友の車両保険支払い、無許可貸金行為、裁判所ぐるみと絡むので」等聞いて有ります。

12、今月13日、補助参加人が経営する法人が加入して居る、あいおいニッセイ同和損害保険、住宅建築・リフォーム賠償責任保険代理店(株)XXXXXXXXXXX(あいおい、三井住友他代理店)に架電して、次の支払い事項の合否の答えを得て有る。

(1)今年2月12~14日の間に起きた”補助参加人経営法人管理、所持等土地への侵奪、会社動産等重機で複数回、複数日に渡って損壊犯罪”に関して、加害土建業者の一つ、中沼町の(有)XX工業、XXX人氏は、警察から教えられたと言う山本の携帯に電話を寄越し”不当な脅し、不法行為の強要に走った事実が有り、その不法行為強要事項には”当社が加入して居る上記建設系損害保険に対して、当社が過失で器物を多数損壊させた”と虚偽請求して不法にあいおいから損害保険金を貰い、加害者に請求するな、との文言での強要等も有った、他同様損害保険主賓も含めて、この虚偽の請求行為、支払いで詐欺罪にならないか、録音して警察に提供済み。

(2)三井住友と捜査機関、裁判所、法曹資格者等による”南警察署、裁判所、辯護士等による不法行為、実質夫婦間、子の両親、親権者同士、この当時は同居、同じ住所”の間で、事実は証明されても居ないが、一方が相手方の自動車を、故意に壊した設定とされて居る上で”自家用自動車保険、車両保険金が払えて、故意と言う設定者に三井が債権を譲渡された、払え、と合法で出来るのか?

(3)代理店の答えは”故意の犯罪ですし、故意による犯罪のその事件で、被害者の御社が故意に壊した、との嘘の設定請求での工事保険使用は詐欺罪適用、どの損保の同様商品も、絶対に請求から禁止”との答えで、三井住友による、上記事件設定での車両保険金支払いに付いては”原則実質夫婦間、子の両親間で同居10年以上であれば、損害保険不払い条項に有る、同居の三親等以内の親族間で起きた損壊被害不払いの適用の可能性が大の上”その設定だと、同居の三親等以内の親族間で起きた故意事件の損壊設定で、実際夫婦間の事件であろうから損害保険金、車両保険は不払いと言うのが、多分ほぼ全部の損保の規定です、との答えで有った。

13,この事実を、札幌方面東警察署刑事課、捜査員にも伝えて”絶対に不法請求等しないように、詐欺になるから”と告げられて居る。

事件の経緯

  • 2024/05/13 08:54

@令和6年2月12日~同月14日に掛けて起きた、札幌市東区中沼町50地域での、不動産侵奪、器物損壊被害事件、後に脅迫、強要行為も勃発に関する追加の調査事項

                                  令和6年5月13日

〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3-1
札幌方面東警察署署長 刑事一課強行犯、高崎嗣矢警部補
TEL011-704-0110

                           被害者、被害届け出者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                 取締役 山本弘明
                           TEL080-6092-1989

1、先ず初めに「昨日午前10時30分から、事件現場に於いて加害行為業者の一つ、XX木氏(TEL090-90xxxxxxx,車両ナンバー札3Ⅹ4 や33-XX、クラウンマジェスタ)と、丘珠交番堀川巡査長他一名の警察官も臨場して頂き、XX木氏は下記証言を行った事実が有ります、その前に、被害者側で確認等済み事項を記載致します」

2,被害者側で確認済み事項。

(1)本件器物損壊、不動産侵奪犯罪が起きた、起せた期日は”令和6年2月12日午後~令和6年2月14日一杯の間だけです。

(2)被害届け出者は令和6年2月12日にも”昼の12時頃、近隣河〇氏宅の屋根の除排雪作業に従事しており、現地前の空き地に、今後大雪が降った場合にトラックの雪を投棄出来るかどうか”目的で”私と作業要員二名で現地を回って居り”この時には不動産侵奪、器物損壊被害は生じて居ませんでした、二人にも確認済みの事項です。

(3)この後、2月の15日の午前中に、10,11日に降った作業場前の除雪の為に、除雪機をトラックに積載して現地に行き、該当場所の雪が”L字ブロックで囲われた畑、物置き周り道路側と前側まで”割られていて、L字ブロックが、向かって左道路面に二個(目視で損壊無し)向かって右道路面に、見える範囲で一個(下に敷いたブルーシート毎出され、損壊したL字ブロック)が重機で出されて居る被害を見出しました、奥向かって左奥に置いて有るL字ブロック数個も、雪が割られて露出して、一部損壊して居ました、なお、表面に多少雪が被さっており、被害状況の正しい確認は出来ませんでした。

(4)雪が割られた地面、多少雪が残り、雪が少し被さった地面には、バックホーのゴムキャタピラー痕跡(小型機器)が遺されて居ました”ホイールローダーのタイヤ痕は見出せませんでした。

(5)この日と、翌日午後に又現地に行った時には,まだトラックは止められておらず、警察への通報は控えました、理由は”長年付き合いのある、近隣長門建設、ないし奥の鉄工場”とで、大雪により事件現場前の敷地に(長門さんは土木工事工事現場の雪を搬入、鉄工所は道路の雪)雪を運べなくなった事で、当方の冬季使用しない(当社作業場前の雪を飛ばしている場所)この事件現場の雪を運び出して、以後の雪捨て場所に使うのだろうか?と考えもした理由も有りますが、双方事業者は違う模様と判明、長門さんは現地に大型バックホー(鉄のキャタピラー)しか置いておらず、キャタピラー痕が全く異なる、鉄工所はタイヤショベルで除排雪。

(6)今年2月21日午後12時50分、現場にトラック(札幌1Ⅹ4 そ  XX)が停められて居たので、不動産侵奪、器物損壊犯人のトラックと思い、110通報して、堀川巡査他1名に臨場して頂いた、冬季の写真はこの日の撮影写真で、この日も2月15日同様に、トラックの下には、15日に確認したキャタピラー痕がそのまま、多少雪が乗って残って居ましたので、15日以降別の業者は入って居ない筈。

(7)私は2月以降も”10日までの間だけでも数回作業場に出向いて居て、除雪他必要作業などを行って居ますので”2月1日以前~2月11日の間に事件が起きた事実は有りません、除雪機で雪を飛ばす場所なので、割られて居ればすぐ分かります”これ等事実によると、XX工業(中沼町、XX氏が告げた)XXX人氏がタイヤショベルで除排雪、次にXX木氏と作業員、XX氏がバックホー、ダンプで除排雪を行ったのは、今年2月12日午後~同月14日の間だけ”となります。

(8)XX木氏の言い分には”何の根拠、証拠らしいものも見出せて居ません”中村に頼まれて行った、中村が全責任を負うと言って居る、自分は何も壊して居ない、工事保険は入って居ない、壊したのは、自分が作業を行った後に中村が頼んだ、他の業者のバックホーの筈だ、根拠や証拠は無いが、これを言い張るだけです。

3、加害側と思しき複数名から聞いた、今までの聞き取り情報を”時系列で”聞いた内容に沿って列記します”なお、今年2月10,11日の大雪の後は、降っては溶ける等だったので、作業場前の除雪はこの後不要(自宅は降っても現地は左程積もらず、2月21日も、15日の除雪以後左程積もっておらず、除雪機を持って行ったが、除雪は不要の状態)でした、つまり、現地で15日~21日の間も以降も、大雪によって被害現場が埋まり、重機で排雪は不要でしたので、トラックはそのまま停めて有り、埋まって出られ無くもなって居ませんでした、数日トラックは出入りして居て、軽ワンボックスを停めて居ました。

(1)中XX紀氏の証言(今年4月9日、当社訪問時)概要ー今年2月に入り、妻から離婚する、この場所にトラック、物置を移動するように告げられ(登記簿は地方の名義人だったとか?)て従う事にした、後日別の男がいるらしい、と知った。

(2)昨日、XX木氏が現地で証言した事項ー調べた所”今年2月9日にXXからメールが来て”現地の住所と、雪を退けて欲しい旨依頼された、と証言。

(3)XX氏の証言(今年4月9日、当社訪問時)ー別れた妻が依頼したらしい業者?の作業と言う事で、夏場の映像と、ショベルで雪を除ける映像がメール送信されて来た(雪を除ける映像は見せられた)元妻も、妻の現在の、双方の子供共々同居している男性も、現地に関係は無い事等を、見せられた登記簿?の記載で承知して居る。

(4)XX氏の証言ー妻から告げられた場所で、排雪後(日時は告げず)に再度大雪が降った筈(2月のこのころの大雪は9,10日、当社は11,12日に河〇氏の屋根上雪捨て作業、3人二日)なので?知人業者に排雪を頼んだ”妻のトラックと、物置も置く事として居た、現地の物置も自分が使う事に決めていた”自分も妻も、妻が同居している男も、土地と物置等に権利は無い事も知っていた。

(5)XX木氏の、今月12日午前10時30分からの証言ー自分は奥に積み上げた雪を、小型のバックホー(0,15バケット仕様、奥行約3メートル前後まで掘削可)で、XXと自分が使った作業要員の3人で、バックホーを積んで来た4トンダンプで6回程行った、畑の場所や、物置近辺の除排雪を重機で行っては居ないので、畑周り、逆側に埋もれていたと言う、L字ブロックも壊して居ない、自分がこの作業を行ったのは、多分2月の15~16日以降の筈?で、その後別の業者を中村が頼み、バックホーで畑回り、逆側、物置き周りの除排雪をして、色々壊したんだろう、自分が行った作業日時は覚えて居ない。

(6)XX木氏の証言ー自分達が、奥に積まれた雪を、ホイールローダーでダンプに積んで、中村と作業員で、ダンプで雪を捨てに行った、この時に奥の雪山の中から、L字ブロックが3個出て来たので、道路まで運んで置いた(向かって左側2個は損壊無し、右側1個は損壊、証拠写真の通り)自分はL字ブロック3個とも壊して居ない。

(7)XX木氏の証言ー自分達はバックホーで、向かって左側の雪山の雪も排雪した、写真でL字ブロックが雪山から一部出ている事は、今確認した”物置き周りは手作業で雪を除けた、中×が物置きも自分で使うと言うから、物置き周りの雪も除けた”物置き周りの除雪でバックホーは使って居ないから、合板も物置きも損壊させて居ない。

4,当社で加入して居るあいおいニッセイ同和損害保険株式会社、住宅建築・リフォーム賠償責任保険加入代理店(株)XXXXXXX、営業XX氏(090-XXXXXXXXX)に確認した所「その状況(加害側、業者)は故意なので、加入している損害保険、工事保険は適用されません、当然ですが、ハウスリメイクが過失行為業者でも無いので、御社の加入損害保険(XXX人氏が要求した、当社損害保険適用)も、行為者詐欺他の請求になるので適用出来ません」との答えを得て有ります、犯罪の強要と言う事です。                   

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452850
ユニークアクセス:6604551
今日
ページビュー:143
ユニークアクセス:143
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed