エントリー

2021年10月02日の記事は以下のとおりです。

診療情報、守秘責任もすっ飛ばされて

  • 2021/10/02 16:15

x警察署刑事ー???傷害事件を証明する為に、主治医に医学的な証明を求めたけれど、患者の合意が必要な情報だって?傷害事件を証明する為に、主治医に必要な情報の提供を求めたんだから、患者の合意等、何故必要なんですか?

私ー定番の、憲法第11,29条適用と意味、刑事訴訟法第105,149条と説明等で、一応理解させました、で。

私ー次に主治医の診察を受ける時に”今日付で私が、傷害事件である事を証明するのに必要な、私の診療情報の提供に、合意したと、主治医に伝えて、カルテに記載させて置きますよ”後付けで合意に同意したと。

主治医-警察から、今回の事件に係る”傷害事件等情報、素因の競合が合法か否か”等の開示と、証明を求める調査書が来たんですが”患者の守秘情報の提供なのに、患者の情報提供合意書面が無いんで”医療法人として、求められた守秘情報提供、開示に応じて居ません、どうなって居るんですか?警察は?重要守秘情報を、患者の合意も無しで出させようなんて?”

私ー上記等を説明して、後付けで情報提供、開示に合意する旨、手続きを終えたと言う。

ここの医師と、医療法人経営側、とてもまともです、違法な患者情報横流しは、安易にしないし、伝えられた事は、様々な法を犯す、国家犯罪制度を伝えられて、きちんと医療法人の上が、法令順守を調べて、踏まえて対応策を講じて居ますから。

出来るだけ多くの、特に労災事業、自賠責事業、任意損保傷害保険事業と関わる医療機関、医師達に、医師法、医療法、健康保険法の徹底遵守、患者の守秘情報は、憲法第11条から適用される、重要な守秘情報だと言う意識と、医師法の正しい遵守とは、これの理解を深める事と、医師と言う国家資格者業務を、憲法第11,29条の遵守も徹底させて、合憲、合法に遂行する、正しい憲法、法律を踏まえて、これを果たした医療であるように,出来るだけ多くの医療機関、医師が、合憲、合法を常に果たせるように、意識と知識と、犯罪要求権力と、合憲、合法を正しく駆使して、証明して、立ち向かって買って頂きたいんですよ。

加害者は警察官、素因の競合診断で、賠償逃れに走るか?

  • 2021/10/02 13:52

昨年8月11日、一方的追突傷害事件加害者は、現職警察官です、損保と共謀して、自賠事業も犯罪に手を染めて、合法な対人賠償踏み倒し、で通して来て居ます、医師法破壊、過去に負った怪我が、強く残置して居るのが事実、昨年8月11日に負った怪我の治療は嘘、こう、犯罪診断もでっち上げて、対人賠償踏み倒しで逃げて居ます。

で「自賠責、任意損保事業は、医師法違反から手を染めている、極悪犯罪事業である事を、労災事業、任意、自賠事業、国交省他が、事実ですから認めている訳です、犯罪を事業と、嘘を吐いて、犯罪で適法と捏造して、成功させて有るだけ、これが公に証明されている上で、現職警察官の、傷害事件加害者は、犯罪で賠償踏み倒しは認めないから、主治医の診断と言う、合法な証拠を使い、賠償請求するから」

これを、東署署長と連名の文書を送り、通知しました、彼がどう「素因の競合診断が正しい、自賠責、任意損害保険犯罪診断が正しい、主治医による、交通事故受傷の治療、診断は虚偽、犯罪、詐欺で有る、この犯罪診断、自賠責、任意損保事業の犯罪を使い、医師法蹂躙、犯罪診断が正しいんだと、警察官の立場を持ち、賠償踏み倒しを正当と言い張るか、今後の結果となって居ます」

司法警察員の加害者です、法曹資格者、司法機関、警察組織、構成員として「医師法蹂躙、カルテ等偽造を主治医にさせて、第三者行為傷害事実、証拠抹殺に成功して、第三者行為傷害加害責任、賠償責任抹殺に成功出来ている、この巨大犯罪の手を、公式発覚して居る上で、主治医に対して強要して、成功させるのか?」

どちらにしても、結果が出るでしょうから、犯罪で加害者責任抹殺の踏襲犯罪を、これから大きく手掛けさせるのか、司法警察員である、一方的追突傷害事件加害者は?平成20年の、一方的追突傷害事件加害者への、傷害加害責任転嫁事実、の合否も有るし。

ここ迄自賠事業、任意損保事業の、法の完全破壊テロ実態が、公にばれて、今までと同様、犯罪で構成しながら、犯罪だが、法の破壊で犯罪を合法と、強制でっち上げ済み故適法だ、判決、決定も含めて、逃げられるのか?司法警察員が?犯罪を公然と重ねるのか?答えがこの件でも出ます。

実際の犯罪診断と、どう整合性を取るのか

  • 2021/10/02 08:58

現実として、自賠責事業、任意損保対人賠償事業、労災事業では「主治医の治療、診断、第三者行為傷害における、医師による医業を”合法な賠償、補償金支払いを潰す目論見”により、カルテ他偽造、行使に手を染めさせて”主治医に診療記録の偽造をさせる、犯罪による、医学的な第三者行為傷害の治療、診断抹殺と言う、絶対の武器作りさせて居て」

第三者行為傷害の治療、診断を抹殺成功と出来て居て、公然と、合法な傷害事件賠償債務踏み倒し、債務補填支払い潰しに成功して居ます、犯罪で合法証拠抹殺、合法な傷害事件で発生した、被害者が持つ、賠償債権抹殺成功、これを恒常的に成功させて居ます。

素因の競合だ診断、第三者行為傷害で負った怪我を、医師法を守り、主治医が治療、診断して居る事を「完全な言い掛り診断をでっち上げて、主治医が言い掛り診断が、実は合法だったと、医師法を蹂躙させて、カルテを第三者行為傷害から、一般傷病へと偽造して、第三者行為傷害が原因の治療、診断が間違いだと、偽造で合法事実を抹殺させて居る、司法、警察、行政犯罪事実です」

山本x一巡査は「素因の競合犯罪診断で、傷害事件加害者責任逃れさせて貰ったけれど、次の傷害事件勃発で、過去の追突傷害事件加害責任者と、損保、提携弁護士から名指しされて、刑事、民事事件共”素因の競合犯罪診断が、どう言う法律の適用、裏付け合法証拠により、正しい犯罪診断で有るか、自分で証明が必須です”司法警察員ですから当たり前です」

傷害事件が起きれば、長期療養受傷となれば特に「別の、第三者行為傷害受傷は虚偽、他の傷病の治療を、第三者行為傷害、今回の怪我の治療、診断だと、実は偽装傷病が有るんだ、素因の競合が有るんだ?」

こう、合法に賠償金支払いせず、逃げる目論見ででっち上げて、主治医に診療記録偽造させて、第三者行為傷害が原因の治療、診断抹殺に常時成功して居る、司法、警察、行政指揮、犯罪に加担、直接手を汚して居る、国家権力極悪犯罪です。

刑事事件捜査で「素因の競合犯罪診断が、合法な医療、診断であるか否か、警察官である、追突傷害事件加害者からも、合否回答が出るでしょう」

医師法上、実際の犯罪診断状態化との整合性

  • 2021/10/02 08:13

実際に「素因の競合だの、赤本診断だのが、公の診断だ、と、合法破壊で押し通されて居る訳です、昨年8月11日に、札幌東署勤務、山本x一巡査が、意識を飛ばして突っ込んだ、傷害事件加害者責任を、平成20年10月21日の追突加害者、後藤x氏に、言い掛かりで責任転嫁して、賠償も踏み倒して、実際逃げられている通り、でっち上げ、言い掛り診断?で、医師法違反が勝って居る現実です」

山本x一巡査は”過去の加害者に、傷害事件加害者賠償責任転嫁されて、賠償逃れさせて貰えて居る、医師法違反犯罪、詐欺と恐喝が合わさった、自賠責、任意損保、司法他犯罪で”この犯罪賠償踏み倒しも、常態化させられて居るので、なぞられて合法賠償せず、逃がされて居るんです、が。

今年3月29日の、高温焼却炉転倒下敷き、傷害事件で、彼が今度は、素因の競合犯罪診断を、損保、提携弁護士によって”下されて”傷害事件加害責任者、とされています”自分が手を汚した、追突傷害事件では、素因の競合犯罪診断で、賠償責任逃れさせて貰えて居る訳で”素因の競合診断は違法、自分に加害者責任は無いと言うと、自爆するしねえ。

実際に、素因の競合犯罪診断をでっち上げて、加害者には、医師法によって証明されて居る、傷害事件受傷被害者に対して負った、対人賠償債務支払い責任は無い、この犯罪での、合法賠償踏み倒しも、常態化されています、山本x一巡査は”この損保、行政、司法、警察犯罪の手で、合法な傷害事件賠償債務支払い逃れさせて貰えた、気だったんでしょうけれど”次の傷害事件が起きた事で、素因の競合犯罪診断で、加害者責任を押し付けられて居る訳です。

自業自得以外無い、言い逃れ、責任転嫁しようにも「自分が手を汚して、逃がして貰えた筈の、傷害事件加害者賠償債務支払い責任、この事件が有るから、自分が素因の競合診断でっち上げで、加害者賠償責任共々、が降って来て居る現実に、整合性を持って対抗する手は、無いでしょうね」

犯罪診断でっち上げ、犯罪診断が、主治医の合法医療行為、診断を潰せて正しいと決定、判決の数々も事実です、山本x一巡査は、すぐに両方の犯罪の当事者となっただけ、自己責任で、合法を証明して、責任対応処理が必要です、司法警察員ですから特に。

傷害事件加害者責任

  • 2021/10/02 07:18

@令和2年8月11日午後12時10分頃、貴殿が私の乗るトラック後部に、意識を飛ばし、一方的追突事件を起こし、私に重い怪我を負わせた、傷害事件に関して”主治医複数から、更なる診断書も出て居ます”言い掛かりで責任を転嫁し、治療費他ほぼ踏み倒しで責任逃れしていますが、貴殿にきちんと、後遺症状も含め、請求致します、自賠事業、任意損保事業は犯罪事業、犯罪事業の出鱈目決定に、合法さは有りません

                                  令和3年10月2日

〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3-15
札幌方面東警察署長殿、傷害事件加害者山本x一巡査
TEL011-704-0110

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092ー
                            FAX011-784-5504

赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室上中、関根、斎藤係長他
TEL03-5253-8586
FAX03-5253-1638
※山本x一巡査に”自賠事業、任意損保事業は犯罪事業故、彼も自賠から踏み倒しで逃げられた”等、事実通り、公文書で説明すべき、国交省、自賠責に16条後遺症審査請求(医師法による請求、却下は医師法違反等詐欺で)と求めたが、東海によると、自賠担当損保ジャパンが”うちが扱う、任意東海は手を引け”と答えて、放置のままのよう、流石詐欺国家事業

1、山本x一巡査、別紙の通り”私が貴殿から、一方的追突交通事故被害を受けて、治療、検査等を受けた”事実に付いて、主治医から更なる追加診断書も出ました、私の調査内容文書の通り”貴殿は共栄火災、自賠責事業、任意人身傷害事業と共謀して、医師法から蹂躙した、犯罪診断、言い掛かりを持ち、対人賠償踏み倒しして逃げて居ます”が,主治医複数から追加で、昨年8月11日の人身交通事故受傷により、治療を行った(自賠、任意事業は、平成20年10月21日、後藤潤氏一方的追突で負った怪我の強い残置と、犯罪診断)との診断書と、頚椎5~6に変形が認められた(自賠、任事業では、一切異常所見無しと、犯罪診断)等診断書も出て居ます、医師法に沿った診断です。

2、この証拠も持ち、山本x一巡査、傷害事件加害責任者に、後遺症も含め、賠償請求手続きも、計算して出した額で、公式な請求手続きも取ります、加害者が、合法な賠償債務金支払い責任を負って居る、法の規定です「自賠、任意損保事業、司法他と共謀して、医師法違反等、犯罪で逃げる以上、法を持った反論を揃えて下さい、後藤潤氏に責任転嫁、この事件の主治医、厚生労働省、国土交通省からの、犯罪診断で合法賠償を踏み倒せて逃げられる、刑事訴訟法手続き用も含めた、正しい反論、後藤潤氏による、賠償債務支払い責任根拠も含めた、正しい法の根拠を揃えなければなりません」

3,なお、貴殿が素因の競合診断で、加害責任者と、損保、提携弁護士から名指しされて居る、今年3月29日、高温焼却炉転倒、下敷き傷害事件に付いては、東署刑事一課強行犯から主治医に対して、素因の競合診断が、医学的に正しいか否か、医学的証拠を得る捜査も行われており、主治医は、勤務先医療機関上層部に上げ、監督官庁等への確認も含めた調査、実際に行われて居る、山本x一氏傷害事件加害責任を、後藤x氏に責任転嫁、素因の競合犯罪診断、結果、自身に跳ね返って居る”等も踏まえ、医師法他、関係法律を踏まえた、捜査機関、私への回答を模索して居る、との事です、貴殿は後藤潤氏に、医師法違反診断で責任転嫁して逃げている、今度は自身への、素因の競合診断での、傷害事件加害責任転嫁事実、賠償責任共々降って来て居る現実と、貴殿自身も整合性を取る必要が有ります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5838041
ユニークアクセス:5010879
今日
ページビュー:703
ユニークアクセス:701
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed