エントリー

2021年10月06日の記事は以下のとおりです。

憲法、法律で、厳重に律せられて居る設定の、国家機関、国家権力の筈が

  • 2021/10/06 14:58

日本国憲法から始まり、憲法、法律で、厳しく律せられて居る設定の筈の、現実には、憲法破壊を当然とさせて居る、独裁テロ国家権力だったと、現人神の眷属、と言う設定だけど、ほぼ誰も信じても居ない独裁権力者達と、国が”現人神と言える、憲法、法律を持ち、合憲、合法を、たちどころに証明する、絶対神との設定の権力集団が、実際には、我欲しかない俗物以下の、自己狂信者集団だと、この連中自身の悪行で、自ら事実立証して居ます。

己らの悪行、独裁者気取りで凶行している「法の外側の所業を、独裁国家権力気取りで実行し放題、単なる俗物以下の、犯罪者集団である事を、自らで、テロ犯罪に、で証明し続けて居ます」

普通の大和民族の一員であれば、ここまで愚かで無様過ぎる、単なるテロ、犯罪には手を染めません、犯罪者としてみても、最低レベルの、ですから、ですが「この程度でしかないから、こんな程度の低い、無様な犯罪を、平民には想像も付かない、高度の国家権力テロだ!と、本気で思い上がり切って、蛮行に走ると言う」

犯罪がしくじれば、恫喝、方向づらしの為の情報操作に、司法、警察、行政は、走って居るだけです、第三世界の麻薬カルテルと、警察、司法の連中の所業、意識程度は、同種のだ、と実感した訳で。

もう、嘘、偽造捏造、証拠隠滅と偽造三昧で、司法他国家権力が、たかが損保毎きの下僕に凋落し切り、憲法、法律破壊テロ、に走り続けて居る所業隠蔽も無理。

司法他、国家権力共謀テロ、犯罪を暴かれて、この一連の犯罪の、法に拠る合否の答え等を、時効犯公権力が出す筈が、全く答えも出て来ない現実です、法に縛られて居る、当然の筈の国家権力の実態は、言い逃れられない合憲、合法破壊、テロ集団だと暴かれてしまい、居直りによる、犯罪適法強制判決で逃げる道も、もう実際閉ざされて居ますから。

権力が手を携えて、犯罪に狂奔し捲って居る事実、証明証拠に、何の正しい対抗策も持って居ません、無様過ぎる現実です、言い訳も何も、全く出来ない惨状に堕ち切り、法を備えた答えも、出て来ないんですよね。

無知無能な人間なのに、現人神、全能の人知を超えた存在だと、実際を隠して崇め奉ってりゃ、勘違いが何処までも高まるばかり、の結果なのです、損保毎きの下僕に堕ち切って居て、全能の神と、自分を狂信して、裸の神、無能の権化と証明されて逆恨み、どうしようも無い連中だ。

でっちあげ、証拠隠ぺいと偽造が司法犯罪の武器

  • 2021/10/06 08:27

赤本診断だの、素因の競合診断だの、オカルト犯罪診断以外認めない、損保の支配下に堕ち切っている司法、警察、国、地方行政機関、報道カルト、に従う医師、医療機関、日本医師会等々。

損保が合法賠償せず、常に逃げられるようにと仕組んで有る「犯罪診断が正しいとなるように、犯罪診断が正しい判決しか下さない、司法犯罪闇制度がでっち上げられて居て”司法犯罪診断適法判決を下した後、主治医に、第三者行為傷害治療と言う、カルテ、診断書等を、一般傷病へと偽造で切り替えさせる手が、闇で統一で仕組んで有る”第三者行為傷害が原因の、傷病の治療なのを、カルテ他偽造と言う、極悪な手法で抹殺させて有る訳です”」

司法犯罪の常の手です「犯罪が適法だと、でっち上げただけの司法犯罪制度を捏造して、数多く、司法でっち上げの、犯罪的法制度が正しい、合法が犯罪だ判決を重ねて”合法の方を、犯罪によって作り変えさせて、犯罪が正しくて、合法が犯罪だと、強引に事実捏造を成功させて”司法犯罪が、常に正しいと偽って有ります」

損保用の犯罪、赤本診断、素因の競合診断が正しくて、医師による、第三者行為傷害受傷との証明、治療は、医療費、賠償金詐欺だ!この司法ぐるみ事実抹殺、犯罪適法強制判決のみ、常に通して居る司法テロも「主治医に医師法から蹂躙させて”第三者行為傷害だとの、医学的証明を果たさせず、第三者行為傷害の治療と言う事実を作り変える為、カルテ他を、一般傷病だだの、他の傷害事件で負った受傷の症状が、強く残置しており、本当は、過去の受傷の残置症状の治療で、第三者行為傷害による受傷の治療だと、嘘を吐いて医療費詐欺、賠償金詐欺を働いて居るんだと、カルテ他偽造を最高の武器とさせて、虚偽で事実捏造させて有るんです”」

主治医に医師法等違反させて、カルテ他偽造、公的資金詐欺に手を染めさせている訳で「ここまでこの、司法、警察、行政他犯罪事実、証拠を公開証明して有りますから”もう、医師の医療行為、医学的証明等は、合理的で正しい証拠、証明価値は無いです”」

犯罪診断が適法判決等「主治医が、犯罪診断が正しいとなるように、カルテ他を偽造しなければ、合法な犯罪sん段適法判決だ、ともならない事は、十和田労基損保提携弁護士が、犯罪診断が勝った判決を携えて、労基恐喝、犯罪判決に沿わせて、主治医にカルテ偽造させて、労災支給を、過去十数年遡り、詐欺だとして回収しろ!恐喝が、私からの、カルテ等偽造から禁止通告で潰えた事件でも、明確にされている通りです」

犯罪診断適法判決等、主治医がカルテから偽造に応じなければ、実効性は無いに決まって居ます、犯罪診断が適法判決が、根本から犯罪ですので。

損保、司法犯罪が詳細に公開証明されて、実行犯の一角公権力は法で回答せず

  • 2021/10/06 08:05

損保、司法他、国家権力で有りながら、損保の下僕に堕ち切り、犯罪で、損保が賠償逃れ出来るように謀り続けて居る、傷害事件が起きた後「故意に傷害事件を証明しない、出鱈目捜査で統一して有る、傷害事件が起きた医学的証拠を、故意に揃えず送致させる、統一詐欺の手口から仕組まれて居る」

この刑事訴訟法詐欺捜査、送致、受理の手口で統一、が先ず有りまして「この詐欺捜査手法により”又、傷害事件だと、正しく診断書も作成し無い上、実際の受傷事実も、虚偽記載の手が仕組まれて居ると言う、怪我は軽微と偽装の為です”迄、統一で仕組まれて居ると言う極悪実態です」

この、詐欺で仕組んで有る刑事事件捜査、送致の手口に加えて「合法賠償せず、逃げられるようにと仕組まれて居るのが”主治医による、第三者行為傷害受傷の治療行為、診断を”カルテから偽造を指示して、一般傷病の治療だと、医学的証拠の偽造も、日常的に行わせて有ると言う、ここまでの犯罪が仕組まれて有るので、合法な賠償は、自由に潰せているし」

医学的な、傷害事件が起きた証拠抹殺、偽造に、傷害事件で治療を受けた証拠のカルテ、診断書等を、一般傷病の治療だと、偽造させて作り替えて通して有る訳で、医療費、賠償金詐欺冤罪も、自由に成立させられて居ます。

傷害事件が起きた事実と、傷害事件被害を受けた事実証明、怪我の部位、怪我の程度等の証明、証拠であるカルテ等を「主治医に指示、命じて、偽造させて、傷害事件で受傷被害を負った事実隠ぺい工作、傷害の部位と症状抹殺、一般傷病や、過去の怪我の症状強く残置故の治療と、でっち上げ診断を付けて、適法な診断、主治医が、第三者行為傷害受傷の治療と、診療録も作って治療、証明して居るが、医療費詐欺だとでっち上げ、偽造で事実作り替えが恒常化させて有る」

これ等を、実例、証拠を揃えて公開して行って居ます「赤本診断、素因の競合診断等が正しいと、常時決定、判決を下すと、正しい犯罪診断を通した判決だ”主治医と患者が、第三者行為傷害による受傷、治療と偽った”医療費、賠償金詐欺だ、こう、でっち上げが通せている理由は」

犯罪診断が正しくて、主治医と被害患者は、第三者行為傷害受傷の治療を行ったと、でっち上げて詐欺を働いたと、現実も変えられて居るのは「主治医にカルテ他偽造を指示、命じて、第三者行為傷害の治療と言う事実を、一般傷病の治療だ、屋、過去の怪我が強く残置して居る事に付け込み、第三者行為傷害受傷の治療と言う、詐欺を働いたんだと、カルテ他偽造指示、命令で、事実を作り変えて有るから、犯罪判決が正しいと捏造成功出来ています」

医師に、第三者行為傷害による受傷被害を負い、治療して居る事を、カルテ他偽造の手で抹殺しろ!乞う損保、司法、行政等が、犯罪を命じて手を汚させて、傷害事件抹殺を常に成功させて有る事実の公開証明他で「司法、警察による、刑事訴訟法手続きなる代物も、詐欺犯罪だとの事実も証明されています」

第三者行為傷害事件を消す手が、主治医にカルテ他偽造させて、傷害事件の証拠抹殺を果たす手です、極悪非道の極み事実です。

裁判だ、判決だ、根本が犯罪、嘘であれば、こんな物で合法解決、処理は不可能です

  • 2021/10/06 07:32

昨日、厚生労働省が舞台となって起きた、でっち上げの厚生労働省役人と、政治家による、疑獄系冤罪事件の再現も、テレビでやって居ましたよね。

石井議員でしたか?が、偽の障碍者団体をでっち上げて、郵便料金不正で利益を得たい事業者から依頼されて、厚生労働省の部長クラスに、石井議員が電話を入れて、厚生労働省の上は、村木当時課長に「議員案件だから、偽の障碍者団体の許可証明を出すように、と指示して、村木局長が、この、偽の障碍者団体証明書を、偽造で作成、発行したと言う、地検特捜部の捏造シナリオが作られて」

この、国会議員が詐欺事業者に依頼されて、郵便料金不正に手を貸すべく、厚生労働省上層部に、偽の障碍者団体認可を出すよう働きかけて、厚生労働省の上が応じた、実行犯は村木課長だったとの、地検特捜部のでっち上げが正しいとなるように「冤罪を成功させるべく、厚生労働省の職員、無滝局長の上司と部下、周りを冤罪証言させる手を講じて、この冤罪を成立させようと謀った、行為者の係長は、予算編成で多忙故、自分だけでこっそりと、村木さんの、厚生労働省課長の判を、夜中に悪用して押印して、偽の障碍者団体に渡したと、初めから認めて居たが、地検特捜部は聞く耳を持たず、でっち上げたシナリオ通りを、正しい事実と強引に仕立て上げに走り、起訴状一本主義とやらで、起訴に踏み切り、裁判官も、無条件で起訴を受理した、と言う事件ですよね」

結局「厚生労働省の上に石井議員が、偽の障碍者団体幹部と面会して、偽の障碍者団体捏造依頼を受けて、議員の特権を悪用して、厚生労働省の上に、偽の障碍者団体許可を与えるよう働きかけたと言う、地検特捜部の虚偽シナリオは、先ず石井議員が、過去全ての行動に付いて、手帳に記載しており、偽の障碍者団体幹部と面会したと、地検特捜部がでっち上げ設定した日は、全く別の場所に、公務で出かけていた事が証明されたし」

村木局長が、偽の障碍者団体の証明書を偽造して、提供した事に、地検特捜部がでっち上げで設定した日、時間に村木課長が、偽の障碍者団体証明書を交付出来る訳が無かったと、検察庁が集めた証拠で証明されたと言うお粗末さで、村木課長の犯行だと、検事に強要されて、自白調書を録られた職員らも、虚偽証言させられたと、地検特捜部の、偽のシナリヲに対抗に転じました。

その結果が、村木課長無罪判決となった訳ですが「起訴の段階で”きちんと事件の成否を、根本の事実証拠の検証が果たされてりゃ”起訴自体、受理出来る筈が無かった訳です、起訴状一本主義だの言って、適用の刑事罰則が、正しく適用となるか否か、根本を故意に欠落させて有る事が、この冤罪事件も生み出させた訳です」

正しい知識、思考、判断能力、遵法意識、社会正義の意味が備わって居なければ

  • 2021/10/06 06:56

人間、氏素性、学歴、資格、肩書、地位で、実際の資質が備わる事は有りません、自分で学び、考えて、判断して、実践して、起きた事に対して、是非を判断して、行為者責任を一定負い、次以降に、良い方向の成果を出せるように、実践で出た結果を生かし続ける、等を重ね続けて、良くも悪くも、自己責任を、それなりに負う事を続けて行かなければ、正しい能力も、正しい実践知識も、正しい判断能力も、社会正義に沿う行動、判断も身に付く訳が有りません。

学歴、氏素性等を前提とさせて、高い地位に就かせる、多くの組織、職員らを支配下に置ける立場を得ると、神が高みに降臨したかのように、周りが様々、策を弄する訳です、手柄は横取りして、降臨した神の手柄とさせるし、しくじれば、誰かに責任転嫁して、降臨した神の万能を偽装します。

これを重ねる事で、降臨させて貰えた”神を装った人如きは、本気で自分が現人神になったと”自己狂信を募らせるばかりとなるのです、情報操作が自由に出来た、ネットで情報が、瞬時に世界発信される事が無かった時代には、これが絶対で通せました。

私事ですが「私は大工さん、一人親方、会社経営者と、段階を経て、住宅を中心として、様々な顧客と接してきた経験から、学歴や、血統で高みに据えられた人達は特に”世間知が大きく欠落して居る事や、物事に正しく理解して、対抗策を講じる基礎知識も、ほぼ備わって居ない”事等を、実体験で学ばせてもらえました」

実体験、経験値がどの程度なのか、学者さん達が分かり易かったですが「名の有る学者さん達などは”自分の研究分野、専門分野に付いては、物凄く深い実践知識を備えておられて”伝え方も、自分が理解して居るので、聞く側に興味が有れば、分かり易く伝えて頂けました、世間知は、人生の経験値で、全く異なって居ましたね」

人の上に立てる、立った人はそれぞれです、自分の力で、運にも恵まれて、多くの事業者、公権力内の上に立てた人でも、人生観や、法の順守意識の置き方や、様々な要素の違いで、到達した場所が全く異なります、氏素性、学歴等で、高見に据えて貰えて、周りが神格化を偽装してくれている、現人神は、ほぼ「実際に身に付けられた事は、無いに等しい人間が大半、ですね、実戦経験も何も、ほぼ無い上に”黙って居るだけで、現人神を装ってくれる事が当たり前なので”託宣を下せば、神の御言葉となり、託宣通りが正しいように、周りが偽装してくれるから」

本気で自分が、全能神になったと、錯覚を募らせるばかりとなって行くのです『正しく疑問を持つ事が、全く出来ない人間が出来上がる訳です”間違いを指摘されれば、逆上、逆恨みに走り、言論封殺に狂奔する、間違い、違法を正しく指摘した者を、独裁権力行使で粛清に走る”が定番の、時代錯誤な独裁テロ権力になり切ります」

出来るだけ早い内に、方向違い、間違い、悪い方向に向かっているとの指摘を、出来るだけ受け止めて、事実を調べて、正しい方向の有無を判断して、出来る限り正しい方向に舵を切る事が出来れば良いのだけれど、こう言う手合いは「自己責任逃れが全てなので、悪手にしか走らないんです、合憲、合法、社会正義実現を叩き潰す事のみに、公権力悪用を重ねて、狂奔し続けるのが常なのですよ」

最終的に「裸の王様、カルトテロ独裁神の取り巻きだけを従えて、国民や、支配下に置いた気で居る組織、構成員を敵と見做して、屈服させに走るのです、自己狂信が募り過ぎた先の、飾りの神の常です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5838035
ユニークアクセス:5010873
今日
ページビュー:697
ユニークアクセス:695
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed