エントリー

2021年10月11日の記事は以下のとおりです。

辯護士だ、裁判だ、判決だ、でも、犯罪が適法とはならない

  • 2021/10/11 16:30

妻の両親の遺産相続事件、あれにしても「死後、生前、親の預金泥棒に走って、ばれたが”正しい泥棒だ、犯罪にはならぬ、盗んだ金は、泥棒が所有権を得た、但し泥棒だと、妻の兄姉と家族、共謀弁護士と札弁連、青森県警と道警、札幌の裁判官連中、裁判所が共謀犯で、合法の破壊を武器とさせて、正しい泥棒、泥棒を暴き、再犯を防いで、一部金融機関に、合法を守るべき、と、犯罪証拠も出させた私が犯罪者だ、と、法の根拠ゼロで、冤罪を被せ捲った事実の通り」

辯護士、裁判官、裁判所、警察だから、行為事実が全て合法等、無いですから、又「この国家権力、検事も加えた司法、警察で有れば”合憲、合法破壊が通って、犯罪が、合法無しで適法化される事も無いです”」

色狂いと親、九七一庁が、奥野弁護士他を「憲法違反と思われる、公的資金流用か、皇族資金不正使用に、皇族権限を、憲法違反で、不正悪用して、弁護士も使い、法破りを重ねて通そうと、x行三昧を重ねて来て居ますが”全く成功して居ません”弁護士など使おうとも、憲法蹂躙、犯罪を、合憲、合法に、テロで変えよう等、不可能なのですよ、日本国憲法、法律規定で」

重要な事は「合憲、合法な事実、証拠が有る上で”合憲、合法を正しく通そうとしているか”逆に、憲法、法律蹂躙テロ行為が証明された上で、弁護士、司法が共謀して、憲法、法律蹂躙が適法だと、強引に、職権を悪用させて、テロで成功させる気なのか、と言う、根本問題が、何処まで行っても絶対的要件です」

辯護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省だから「憲法、法律規定は間違い、法曹資格者が、勝手な思い込みで決めたら、正しい答えとなる、法務省、最高裁の言い草と、実際の行為ですが”x族と弁護士が結託して、合憲、合法破壊が正しいとなって逃げられるようにと、報道カルトも共犯で、企んでテロに走って居るけれど”目論見が成功した、とは言えないですよね」

事実、証拠が表に出ている以上「黒を白とは、x族、弁護士、法曹権力、報道カルトが共謀犯であろうと、公に黒が白だった、とは出来ません、弁護士、裁判官、検事、警察、報道カルトが直接共謀犯であろうと”他者の預金泥棒を、正しい泥棒、窃盗利得は無税で泥棒が所有権を得て通る”も、破綻した通りです」

刑事罰適用事実証拠により、告発して有りますが?

  • 2021/10/11 16:00

医師で無い者は、医業を行ってはならない、医師法第17条の規定です、違反した場合、医師法第31条1項により、3年以下の懲役、100万円以下の罰金刑が科せられる規定となって居ます。

診察して居ない医師は、診断を下してはならない、医師法第20条の規定です、違反した場合、医師法第33条2項で、30万円以下の罰金刑が科せられる規定です、当然ですが、診察せず、下した診断には、一切効力は存在しません。

自賠責事業と、任意自動車保険事業が持ち出す”労災事業が行って居る事に準じている”この言い訳ですが、労災補償事業では”診察して居ない、労災が使う医師でも、診察しなければ、診断等下せませんし、診察せず、診断を下したとしても、労災補償手続きに、一切効力は持たせられません。

と言う前提が有る上で「昨年8月11日、山本x一警察官が、一方的追突人身交通事故加害行為者の事件、被害者が私、重い傷害被害も受けた事件で、重い後遺症が残存して居る診断書、検査記録等を持ち、後遺症審査請求したら”医師法第17,20条違反?犯罪診断をでっち上げて”後遺症認定却下決定を、医師法違反理由で付けた、国の強制保険事業での、医師法違反犯罪診断で却下を、文書に記載して出したから」

医師法第17条違反であるとの、動かぬ国の強制保険事業による犯罪証拠が出たから、先ずは厚生労働省に、医師法第17条違反が、証拠のとおり行われたので、国土交通省、自賠責事業、損保自動車保険事業に対して、医師法第17条違反事実に関してから、医師法を所管する権限を行使して、調査、刑事告発せよ、と、公式告発したんですけれどね。

未だに何の答えも、厚生労働省は、出して来て居ません、十和田労災に対しての、損保ジャパン、加害者による?提携弁護士を使った、不当極まる、犯罪診断に合わせて、十年以上分、カルテ等を、一般傷病治療と偽造切り替えさせて、交通事故による受傷、治療事実を消して、詐欺と捏造しろ!恐喝事件も、音沙汰無しですしねえ。

医師で無いのに、大手を振って医療行為が出来て、医師、主治医の、国家資格者業務を強制否定出来て通って居る、自賠責、一括代行、司法犯罪事実、国家権力が指揮する、合憲、合法破壊による、公式テロ犯罪である事が、更に証明出来ている、現実です。

正しい裏付け証拠、合法証明が必須、司法犯罪に無い物

  • 2021/10/11 08:44

素因の競合、加重診断?で、主治医の医療行為、第三者行為傷害による、受傷の治療、後遺症の残置診断、証明を、詐欺行為と否定して、通されて居る、この犯罪診断でっち上げの根拠が「被害者の、過去の傷病記録の犯罪入手、違法入手情報から、でっち上げ診断に使える情報、悪用の武器と出来る情報を得られれば、素因の競合だ、加重だ、過去に負った傷病の症状が強く残置しており、既往症の治療を行ったのを、今回の第三者行為傷害受傷と、医師は嘘を吐いて、医療費詐欺を働いた、被害者は、賠償金詐欺を働いたんだ!」

素因の競合、加重診断をでっち上げた、理由は上記、違法入手過去の傷病記録から「医学無視で”過去に負った個の傷病の症状が、今も強く残置しており、今回の第三者行為傷害事件受傷は虚偽、と、犯罪診断を付けた”主治医と患者は、医療費、賠償金詐欺犯だ!」

こう、完全な、多重犯罪行為に走ったら「犯罪が正しいと、法律根拠ゼロで、裁判官が最終的に、犯罪適法判決を、合法ゼロで下すからくりが仕組まれて居まして”この後が、十和田労基恐喝事件、犯罪診断が武器で,労基に損保提携弁護士が、恐喝に出向いて、犯罪診断勝訴判決通り、過去十数年遡り、主治医にカルテ他偽造させて、交通事故受傷証拠の抹殺、労災支給金詐欺で回収しろ!”この、定番で仕組んで有る、司法恐喝も起きた訳で」

この、闇で仕組んで有る、司法犯罪診断のみ適法、犯罪強制適法捏造判決を武器とさせての「主治医に、犯罪診断が正しいと偽れるように、カルテ他偽造を強要して従わせて居る、司法、行政、警察、報道カルト等テロ犯罪は、過去から現在、今後も、国中で凶行されて居る、極悪犯罪なのですしね。

当たり前ですが「素因の競合、加重等と言う”過去の傷病の、重い症状残存の治療が事実だと、違法入手傷病記録から、適当は情報を引っ張り出して、言い掛かりの武器で使った”犯罪診断と、犯罪診断が適法で主治医の、医師法を持った治療、診断が詐欺、捏造で医療費、賠償金詐欺だ判決に、合憲、合法は無いのです」

犯罪診断と、犯罪診断が適法、主治医の治療、診断は詐欺、捏造で、賠償金詐欺だ判決で、合法な治療、診断を、犯罪と出来ている現実は、合憲、合法破壊のテロ行為です。

憲法第11,29条遵守は強制、公務員の守秘責任破壊、主治医による、患者情報守秘責任潰し、5,000人以上の情報を扱い事業者に課せられて居る、情報守秘責任破壊等、憲法、法律規定の破壊で、犯罪診断が、合法治療、診断を、でっち上げ、詐欺と強制否定出来て、犯罪隠蔽工作で、主治医にカルテ偽造を強要して手を汚させて居る、テロ成功の武器がこれなのです。

素因の競合、加重、犯罪診断でっち上げには

  • 2021/10/11 08:18

素因の競合だの、加重だのと「言い訳の全く立たない、医師法違反犯罪診断でっち上げで”主治医による医療行為、診断、証明が、詐欺とでっち上げられて、通されて居る、最後の手は、犯罪診断適法、合法根拠ゼロで常時こう判決を下す”この、オカルト犯罪診断が、常に正しいと、法の破壊で押し通されて居る、大元の原因は」

第三者行為傷害受傷被害者の、過去の傷病履歴を「加害者責任により、賠償債務補填支払い責任を負う損保、共済、委任された提携弁護士が、法を犯して手に入れて”手に入れられた、犯罪入手過去の傷病履歴を、脅迫、強要、恐喝、賠償詐欺に悪用して”犯罪診断、素因の競合、加重等と言う、犯罪でっち上げ診断を付けて、最後の犯罪診断が正しい、強制捏造が、犯罪診断適法判決を、裁判官が、合法無しで下す手で成功させて居ます」

この犯罪診断でっち上げの武器は「法を犯して、被害者の過去の傷病履歴を、犯罪診断でっち上げ用の、不正入手過去の医療情報不正入手分から、上手く見つけ出せる事が、先ず条件とされています、守秘情報違法漏洩、入手、悪用が必要な武器です」

要するに「合法な対人賠償支払いを、犯罪で手に入れた、被害者の過去の傷病記録で、悪用、恐喝の武器で使える不正入手情報を手に入れられれば、公然と犯罪診断をでっち上げて、詐欺、強要、恐喝、脅迫に走り、犯罪診断と合わせて、極悪犯罪に走り、合法賠償叩き潰し、これを、法の破壊で強制的に成功させて居るだけ、が事実です」

犯罪ですから当然、こんな多重犯罪行為に付いて「合法な、第三者行為傷害受傷被害者に係る、過去の傷病記録取得だ、等証明出来ないし、違法な情報取得で、犯罪に悪用だから、正しい不正取得情報活用、合法な主治医の医療行為、診断の、詐欺とでっち上げた診断、犯罪診断通り、カルテ等を偽造して、犯罪診断が正しいと偽装しろ!強要行為共、証明出来ないのです」

色狂いに、証拠全く無し事実で証明されて居る「複雑性PTSD等と言う虚偽診断のみ発表で、平民を騙そうとしているx族ぐるみ犯罪には”素因の競合、加重等と言う、完全な犯罪診断より愚かな、でっち上げ診断の根拠が、何も無い訳で”合法診断だ等、全く証明も、抗弁も出来ません」

まあ「素因の競合、加重診断も、合法な診断だ等、犯罪で有り、合法診断だ等、証明出来ませんけれどね、どっちもでっち上げただけの、犯罪診断が事実でしょう」

トラウマは、自分を保てる限り、死ぬまで消えませんよね

  • 2021/10/11 07:52

心に深い傷、恐怖体験を染みつかせれば、自己を保って居られる限り、一生消える事は有りません、故意に事実から心をそらす、これでしか、場当たりの対応は出来ません、自己が保てる限り、一生続く、現実から目をそらして、心に負った深い傷から逃げる作業です。

PTSD、複雑性PTSDを発症した「原因は独裁君主の血族だと、実は行動でも顕して居た、憲法第1条違反の行動、思考の色狂いが、憲法第8,88条違反にも手を染めて、違法な資金提供を重ねて居て、経歴詐称等も重ねてばれて居て、親は複数の詐欺等疑惑で、告発もされて居る、ひもと親、x族による、憲法違反、犯罪行為に付いて、正しく説明から求めている事が原因で?複雑性PTSDを、診断書も無く、診断を付けられた、調査結果書も無し!だが、発症したんだ、国民が悪い、黙って従って、正しい糾弾を止めれば、たちどころに治癒する?」

良くもまあ、ここまで自分達の、本当を公式に表に、現実の憲法破壊テロ行為、を持って、正しい事実を公表するものです「独裁絶対君主気取りが実際だった、憲法第1条から、見事に蹂躙しており”国民の総意で成立では無く、絶対独裁君主一族だと、行動でも顕して居る”フランス革命前夜状態を、自らで招かせても居ます」

何の正しい事実、証拠も無い「複雑性PTSD発症などと言う戯言ですし、国民が、x族と、憲法違反を複数重ねて、不正資金提供他で飼って居る、ひもと親の、身分詐称等不正行為、詐欺犯罪と見做せる悪事を、証拠も見て、正しく糾弾、法を犯した行為に付いて説明せよ、憲法、法律違反、犯罪行為責任を正しく負うべきとの、まっとうな糾弾が、物凄く拙いからと」

大マスコミが共謀して、隠して来た事実「x族集団は、絶対独裁君主の自分達と、現実に思い上がり、行動に移して来て居る、憲法第1,8,88条破壊を、実は重ねて通せて来て居る、この真実に付いても”x族達と971庁は、実例で証明し続けて居ます”憲法規定から、公に破壊、蹂躙を重ねて居ます」

憲法を正しく守り、国民の総意で成り立って居るx族、この現実の逆事実を、x族らと971庁が、実は嘘、独裁絶対君主と思い上がり、行動に移して来て居る事を、実践も公開して、事実証明して居ます、独裁権限を持った、絶対君主の一族、これを実行して、通って居る現実も、表で証明されています。

これ等は、証拠も出て居る事ですから、誹謗中傷では有りません、憲法違反事実も、正しく証明されて居る事です。

犯罪は、法に沿って、x族で戸籍が無い連中以外、平等に処断されなければならないのも、法律規定上当然です「x族で戸籍が無い者は”どんな犯罪に手を染めても、憲法蹂躙テロに手を染めても、処罰対象外”だそうですね、人権保護?治外法権独裁者特権を与えられた連中なのに?」

PTSDは、完治しないのでは?

  • 2021/10/11 07:16

PTSDって「心の深奥に、自分である限り住み着き続けるもの、では有りませんか?消せるものでは無いと思うんですが?抑える事は、投薬も含めて、ある程度出来たとしても、投薬で抑える方法は”心を寝かせる方法”で、治癒、完治とは違うし、一般的な生活、仕事に大きく影響します」

複雑性PTSDであれば「自分を保つ事等出来ない、自己抑制の範疇を超えた発作が起きる危険性が有る、のでは有りませんか、心の抑制など不可能な発作が起きた事で、無差別銃撃等が起きたりしていますよね、ですからアメリカも”複雑性PTSDであれば、不特定多数に対して、予想出来ない危害を加える、強い危険性が考えられる”と言う事で、他国の国民に、入国ビザは与えないのですから」

PTSD,複雑性PTSDを発症した、診断書も無く、PTSD,複雑性PTSD、この病名、診断命で認められてすら、まだ居ない診断命と来ても居るし、である事の証明、各検査結果も無し、つまり「虚偽と言う事です”医師が、医師と言う国家資格者業務で、こんな診断を下した事の、何の証明も無い”これが、単なるでっち上げ診断である証拠でしょう、PTSD,複雑性PTSDだと診断を付けられたのであれば、診断書が作成されているし、検査結果も揃って居ますが、何も無いでしょう、でっち上げだと言う事でしょうね」

PTSD,複雑性PTSDを発症した、国民が、次の疑惑、疑念、事実の説明を求め続けて来たから、色狂いが上記を発症した、正しい追及を止めれば治癒する、馬鹿なでっち上げをまあ,PTSD、複雑性PTSDが本当に発症したなら、治癒は無い、記憶喪失、重度の認知症にでもならない限り、でしょう。

色狂いのひも親子の、証拠も出ている詐欺犯罪行為、ひもによる、度重なる経歴詐称の説明を求めたし、色狂いが、見る限りでは、一方的に、血税を投じて繋ぎ止めに必死のxx師、ペテン師(アメリカのメディアの報道)に、不正に資金提供し続けて居ると、一定の証拠(一般人に、不正な警備費、交通費、滞在費等拠出他、証明されて居る事)に付いて、憲法第8,88条違反の強い疑いが出ており、血税不正拠出、皇族費不正提供疑いに付いて、事実を揃えて説明せよ、と求めて居るんです。

PTSD,複雑性PTSDが発症した、この発表自体虚偽でしょうし、証拠ゼロが証拠ですし、発症原因を「国民の多くが、色狂いと親、971庁、ひも親子による、法治国家破壊行為の正しい追及が原因だ、と言いがかって居るが”言い掛かりでしか無いし、独裁者君主気取りが実態だった、x族と言う、憲法違反の極致事実も、公式にばれて居ます”」

正しく事実、証拠を揃えて、理論構成が出来ても居ないx族、色狂い、971庁、ひも親子が、x族独裁支配者特権を、戦後初めて本性をむき出して凶行に走って居る、大マスコミも、戦前と同じ体質で、大本営発表で情報操作に必死、が実際でしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837902
ユニークアクセス:5010740
今日
ページビュー:564
ユニークアクセス:562
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed