エントリー

2021年10月05日の記事は以下のとおりです。

司法の実態

  • 2021/10/05 15:44

札幌地検に午前中電話して、医師法違反、診療情報違法入手等、現実に行われて居る、刑事訴訟法の実態に付いて、回答を求めまして、簡単に言うと、合憲、合法って????関係する憲法、法律って???と、法務省、最高裁広報、恒久を得て居る、公証人、元高裁、高検検事連中と同様の、無知さ丸出しの答えが、予想通り返って来ました、法曹資格者、司法、司法警察員だの、独裁テロ権力を行使し捲って居る連中、実態は「治外法権の極み、の独裁テロ国家権力なのです」

山本ー刑事訴訟法手続きで、傷害事件に係る医学的証拠の取得の場合、守るべき憲法、法律規定を知って居るか。

名乗らぬ、検察事務官女性ーええ、六法全書を見ないと、今分かりませんよ!!

山本ー重過失傷害事件って、刑法第何条かわかる?

検察事務官ー絵!六法全書を見ないと、分かりませんよ!

山本ー診療情報に関しては、憲法第11,29条が、患者と主治医に適用される、グローバルスタンダードの規定で、近代法治国家では、共通の適用規定だけれど、憲法第11,29条の意味と、患者と主治医に適用される、理由を知って居るか?

検察事務官ーええ!!六法全書とか、調べなければ分かりませんよ(憲法の話なんだけれど、、)

山本ー刑事訴訟法第105条、149条規定を知って居る?意味が分かる?

検察事務官ーええ!六法全書とか、見て調べなければ分かりませんよ!

山本ー最近の実例では、カルロスゴーン事件で弘中弁護士、元高検検事の弁護士が”ゴーン氏が連絡を取り合っていたパソコンの押収を、刑事訴訟法第105条を適用させて、拒絶したでしょ”

検察事務官ーええ、そうだったんですか!!

近代法治国家日本の、神を凌駕する法曹資格者?論外の極みが実態

  • 2021/10/05 08:54

医師法の正しい遵守破壊達成済み、医師に命じると、カルテから偽造が日常化させて有る、こんな国家資格者、国家資格者が作成した「医学的な、医師による証明、これも、損保、警察、法曹権力、役人が命じるがまま、犯罪で偽造捏造常時と来て居る、最終偽造命令が、裁判官の決定、判決”犯罪診断が正しい、医師法による、主治医の医療行為、診断は虚偽、違法だ”この裁判官犯罪強要決定、判決です」

司法犯罪の常です、最後の犯罪凶行命令は、裁判官が出す、合法破壊、犯罪が正しい決定、判決を下して、犯罪を強要する手で統一されています。

今までであれば、主治医の診断、医療行為は虚偽、医療費、賠償詐欺だと「合法根拠全く無しの決定、判決を下せば”損保、監督機関、保険者等が、主治医に、犯罪診断が正しいとの決定、判決通りに、カルテ等偽造させて”犯罪診断が正しと言う、犯罪決定、判決が合法だと偽装して来た訳です」

嘘が正しいとなるように「法律上絶対認められて居ない筈の、医師によるカルテ他偽造で、犯罪適法判決が正しいように、強制偽装する、医師法から無効化した、犯罪が恒常化されて、通って来て居るのが、当たり前だとされて来た訳です」

十和田労基恐喝事件も、この背後司法犯罪を武器とさせての、犯罪診断が正しとの、合法破壊決定、判決を武器で悪用させての、労災事業、厚生労働省、労基相手の直接恐喝事件勃発だったと言う事です。

当たり前を理解出来てりゃ「医師法蹂躙、犯罪ででっち上げた診断と言う犯罪を、合法無しで正しいと判決を下そうとも”厚生労働省、労基、労災事業が合法支給して居る事を、叩き潰せる武器に等出来る訳が無い事が分かる筈なのですが”こんな当たり前も何も、損保の下僕警察、法曹資格者、法務省、司法機関職員、国交省、厚生労働省、金融庁他職員も、地方役人も、報道カルトも、本当に理解も出来ないのが実態と言う事で」

普通であれば?十和田労基恐喝も、労基が主治医にカルテから偽造を指示して、司法ぐるみ恐喝が成功した、筈なんでしょうね、今までであれば。

札幌方面東警察署の、傷害事件加害者警察官に係る、犯罪診断、自賠法から蹂躙他犯罪も、司法、複数の行政機関ぐるみ犯罪の踏襲の結果です、医師法破壊が正しいと、でっち上げで通る筈、で手を汚した、国家権力犯罪ですから。

日常的に、医師に命じれば、カルテ等偽造から手を汚して居る、医師、医療機関犯罪の現実が有るから「医師法遵守等不要、守秘情報だの出鱈目、偽造する情報だから、よって、犯罪入手しても当たり前の、法律上偽造禁止、違法漏洩禁止診療情報と扱われています」

傷害事件は起きて居ないと、詐欺捜査で統一なので

  • 2021/10/05 08:31

傷害事件が起きた後「合法に、加害者が負った対人賠償債務の補填支払いせず、逃げられるようにが目論見で、傷害事件が起きた証拠は無いと、でっち上げ捜査で統一して有る、詐欺刑事訴訟法手続き、以外行って居ないから」

傷害事件で怪我を負い、治療等を受けて居る、被害者の主治医、治療先医療機関への「傷害事件が起きた事の証明、傷害被害を受けた部位と、症状等に付いて、警察、検事は”故意に、これ等傷害事件を立証する、医学的な証明を果たす捜査を行って居ません”それどころか、傷害事件と言うのは、被害者?と主治医が共謀してでっち上げた、医療費と賠償金詐欺だと、違法な傷害事件捜査を武器とさせて、偽りが通るようにまで、事実として仕組まれています」

この、犯罪刑事訴訟法捜査手続きで統一の結果「合法に、傷害事件が起きて、被害者が、どの部位に、どう言う受傷被害を受けて居るかも、一切故意に捜査、証明せず”傷害事件が起きたと言うのは虚偽、主治医、医療機関は、医療費詐欺を働いているし、被害者は、虚偽の傷害事件被害受傷だ”とでっち上げだけを重ねているので」

警察組織、刑事は「合法を証明した、傷害事件が起きた事を、医学的に立証するのに必要な手続き、合法捜査との証明方法等、見事に知りません、やった事の無い、医師法を踏まえた、傷害事件が起きており、被害者が受けた傷害被害の部位、受傷程度の、刑事事件捜査での立証手続きなので、主治医、医療機関に対して、合法を物理的に証明から果たした、傷害事件被害者に関する、傷害事件で負った受傷被害を、主治医に法を持ち、証明して貰う証拠の入手方法も、刑事事件捜査で、故意に行って居ないから、刑事達は全く知らないんですよ」

刑事さんーxxさん、加害者を罰して貰いたくないんですか?合法な、傷害事件だとの医学的証拠を主治医から得るのに、憲法第11,29条から守った、守秘情報取得手続きが居るだの言うと言う事は!

、、、近代法治国家を標榜するが、実態はこうです、普段から弁護士、検事、裁判官他が「医師法から強制蹂躙、守秘情報の偽造捏造強要と、犯罪取得恒常化なので、刑事さん方、医師法から遵守と言われても、理解不可能に決まって居ます、刑事に命令する、法曹資格者、警察上層部が、この体たらくですから」

法曹資格者、司法機関、法務省の役人他に、医師法から正しく遵守と要求しても「カルテから、この連中が命じるまま、偽造するわ、守秘情報犯罪用漏洩するわの医師なので?医師法の正しい遵守等、不要と思い上がり切って居て当然です」

犯罪が武器、傷害事件加害者賠償責任抹殺が成功する理由

  • 2021/10/05 08:10

傷害事件が起きたら、労災事業、自賠責事業、任意損保事業が、加害者が負った、対人賠償債務の補填支払い責任が生じた事件となれば「特にと言うより絶対?”合法な、被害者が傷害事件で人的被害を被った事を、刑事事件捜査で正しく、医学的に立証する捜査を、故意にせず、違法な傷害事件は起きて居ない?捜査で送致させる”黒い刑事事件捜査、送致の手口から、合法な対人賠償を潰す目論見による、国家権力犯罪が手掛けられるからくりとされています」

刑事事件捜査で先ず「故意に、傷害事件が起きて居ないように”主治医、治療先医療機関への、傷害事件で被害者が、体のどの部位に怪我を負い、どう言う受傷内容、受傷程度なのか”一歳刑事事件捜査せず、詐欺捜査を常態化させて有り、傷害事件は起きて居ないと偽装で捜査終結、送致受け、この事実立証も果たして有りますから」

傷害事件が起きても「現実として”傷害事件が起きた事は、法律的、医学的に、証明せず”が常時なのだから、傷害事件を理由として、起訴する事自体、間違いと言う事です、出鱈目な、故意に出鱈目な傷害事件?は起きて居ない刑事事件捜査、送致で、傷害事件で起訴って、何処に不起訴、起訴の根拠から有るんですか、恣意的に、傷害事件は起きて居ない詐欺捜査、送致で、不起訴、起訴としているだけです」

普段から、ほぼ「傷害事件が正しく起きた事を、主治医、治療先への医学的証拠を揃える捜査せず、の手で、傷害事件は起きて居ないと、偽装捜査終結、出鱈目な傷害事件無し捜査で統一させて、違法と承知で送致受け、特に”労災、自賠責、任意損保が、傷害事件加害者が負った、対人賠償債務の補填支払いが必要な、傷害事件となれば、ほぼ絶対に”刑事事件捜査、送致で、傷害事件が起きた証拠、傷害事件の加害行為内容、傷害の程度の証明捜査は行いません」

こうしてある理由は「労災事業、自賠責事業、任意損保事業が、合法な賠償金支払いせず、逃げられるようにが目的での”傷害事件が起きた、傷害を受けた部位と程度を、故意に、刑事事件捜査詐欺手法で果たさず通して、傷害事件が起きて居ないように、違法偽装を常とさせて有る、この犯罪刑事訴訟法手続きで統一されて居る”が実態なのです」

ここまでの、犯罪で構成して有る、合法賠償潰し目論見刑事事件詐欺捜査事実、証拠が、合法賠償潰しの、最大の武器で悪用されています、起きて居ない傷害事件と捏造済み、賠償不要で通る訳です。

医師法を、国の強制保険事業で蹂躙、加害者は警察官です、犯罪が勝つか?国家権力犯罪によって?

  • 2021/10/05 07:21

昨年8月11日午後12時10分頃、意識を飛ばした、札幌方面東警察署勤務の警察官が、夜勤明け後の「自分が所有する車を運転して、私が運転する、会社のトラック後部に追突して、私に重い怪我を負わせた、一方的傷害事件、国土交通省も認めている、一括代行なる犯罪民間事業に、自賠責事業も独占させる為に、関係法律不適用特権を与えて有る、国家権力ぐるみ、テロ犯罪制度により」

自賠責事業、任意損保事業は「医師法蹂躙、主治医の医療行為、診断、証明潰しを、犯罪により決行しました、医師法破壊、主治医の医療行為、診断、証明を、犯罪診断で虚偽と決めて、押し通しに走って居ます、しかも”実際には、平成20年10月21日に、後藤x氏が、居眠り運転で一方的に、トラック後部に突っ込んで、怪我を負わせた傷害事件で負った怪我が強く残置しており、既往症の治療だったのを、昨年8月11日の、追突傷害事件で負った怪我だと偽り、医療費、賠償金詐欺を働いたんだ”と、合法根拠無しで、自賠責事業、任意損保事業で」

労働者災害補償保険法、自賠法の規定で?こう、医師法破壊、犯罪診断を下して決めたんだと、異常過ぎる犯罪の積み重ねで、犯罪診断をでっち上げて、主治医と被害者?が、詐欺を働いたんだと、公式でっち上げ決定を下して居ます。

この犯罪が、労災事業、自賠責事業、任意損保事業で「犯罪そのものと承知で、常時凶行されて、合法破壊で成功させられている理由の中には、傷害事件が起きた後、刑事訴訟法手続きを謳う、捜査機関による捜査で”傷害事件が起きた事を、医学的に証明する、主治医に対する補充捜査から、故意にせず”傷害事件は起きて居ないように、刑事事件捜査でも、詐欺を日常的に凶行している、この現実が有るのです」

こんな、とんでも犯罪刑事訴訟法捜査詐欺、が常時行われて「傷害事件が起きた事は、医学的に正しく証明されて居ないように、故意に違法捜査で終えて、違法送致して、検事もグルで送致を受けて居る、この現実が常、の理由は」

損保事業が最上位で、労災事業、自賠責事業と言う、国の強制保険事業が、合法な対人賠償金支払いせず、逃げられるようにと、刑事事件捜査詐欺で先ず、傷害事件が起きた事の立証せずで送致、これで「刑事事件捜査記録で、傷害事件が起きた証明、証拠無しと、傷害事件被害者に対する、賠償責任抹殺公式証拠作りが果たされており、合法賠償叩き潰しし放題、が通されるからくりづくりが常、とされています」

詐欺、犯罪なのですよつまり、傷害事件が起きた事実を、犯罪で抹殺常時、刑事、民事手続きから何から、傷害事件が起きた事実強制抹殺以外、実は警察、司法、行政犯罪が仕組まれており、実は行われて居ない、のこの現実が顕す事は、合法賠償を潰す為に、ここまでの権力犯罪が、国中で凶行されて居るんです。

で「加害者の警察官も、この巨大国家権力犯罪で、責任逃れさせて貰えて居る訳です、犯罪で合法賠償踏み倒し、が通されている警察官、主治医の診断を武器とさせて、正しく人的被害額を算出して、請求する訳ですが、どう言い逃れに走るやら、注目です、加害者警察官も、犯罪で責任逃れが正しい、と公式主張するのか否か?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837907
ユニークアクセス:5010745
今日
ページビュー:569
ユニークアクセス:567
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed