エントリー

2023年05月24日の記事は以下のとおりです。

岩見沢市役所に続き、札幌市役所も、今度は以前のように逃げられず

  • 2023/05/24 17:34

ファイナンスリース、物品リース偽装、融資契約を物品リースと偽装、多重犯罪、償却資産税脱税も相変わらずの、この犯罪貸金契約、岩見沢市役所に続き、札幌市役所も再度、以前のように逃げられない事態に追い込みました。

コピーサービス、名称を変えたから「コピー機は”民間事業所が購入所持、貸出設置、償却資産税納付、が必須です、が、当然?詐欺融資契約だから”コピー機を購入、資産登録もして所持している、設置機器に付いての所持証明書は、無いでしょうから出てこないでしょうね」

じゃあ「岩見沢市役所、札幌市役所、司法、国の行政機関も含めて”コピーサービス契約機器、全部の台数を、公的機関で購入して、コピーサービス契約だけして居るんでしょうか?”違いますよね」

コピーサービス→コピー用紙、トナー供給、メンテナンス費用、機器購入費、こう言う内訳の支出ですよ、非常に利益の薄い商売です。

上記内訳だから「コピー機購入費、分からなくして有ると言う仕組みです、詐欺融資は同じ、不変のノンバンクとの詐欺融資契約で、機器は顧客事業所が所有、市役所が税金で購入の機器です、企業会計基準13号の会計処理規定が公ですし」

国民のほぼ全員、この、ちゃんとした基本知識を有して居て、違法追及、違法証明事項を把握出来る人間は居ないから、上手い事続けられて居るんですよ。

このノンバンク融資詐欺が使えなければ「建設重機やコピー機等、どれを見ても新しい機械ばかり、かつてと違って、の今にはなって居ません、多くがファイナンスリースで届けられている、オーバーローンで金を借りれるから、新しい高額機器が届いて居るんです」

さて、これで更に「司法機関、国の行政機関、政治団体、警察署の同様機器の所有者証明、償却資産登録の有無証明、逃げられなくなった訳です」

札幌市役所も、再度大騒ぎ

  • 2023/05/24 17:20

札幌市役所のコピー機、富士フィルムの機器で統一されて居ました、富士フィルムビジネスイノベーションって、多分この会社のノンバンク部門でしょうね、コピー機市場も年々縮小されて居て、電子的な文書の記録が加速し続けている今、コピー機市場に明るい展望は無いでしょうし。

ノンバンクも、どんどん統合されて行っている現実です、平成20年4月以降、企業会計基準13号が発効後、銀行とノンバンクが手を組み、ファイナンスリース融資、詐欺融資の手を広げて来て居ます、理由は。

銀行が規定する融資の範囲は、極めて狭い訳で、貸し出したい銀行とすれば、困って居た訳です、そこで「ノンバンクと組み、ノンバンクに銀行が資金を流し、銀行の融資顧客に、ノンバンクが詐欺リース融資する、これで銀行もノンバンクも、利鞘を共に稼げる、双方美味しい違法貸金事業が展開出来て来れて居る、と言う構図です」

銀行への調査も実施して、この事実も確認済みです「過剰融資何ですよ本当は、又、ノンバンクから融資を受けているので銀行、信金は”ノンバンクから融資を受けている法人、事業所は破綻と見做し、融資資金引き上げ措置が必要なんですよ、ですが”物品リースですよ”と偽装して有るファイナンスリース、融資資金、融資受け債務なのですが、融資を受けた資金から除外扱いと、本当は違法で出来ていますので(* ´艸`)クスクス」

と言うのが、銀行の答えです、富士フィルムビジネスイノベーション、経理部担当からの折り返し電話、当然来て居ません、だって「何時も折り返して来たのは、大丸藤井、フジゼロックス北海道、ノンバンクの無許可貸金営業、販売店の営業でしたからね、ノンバンク、コピー機を購入所持、リース貸出して居ません」

ちなみに、この違法貸金契約の管理、ノンバンクには基本、拠点が一か所で、一人が基本管理して居ました、当然ですが、個別の経理、管理職員は居るでしょうが、貸金の管理、職員、とても小さく少ないです。

東京海上日動、山本×x、中島桂太朗辯護士、裁判官、検事、警察が共謀犯で

  • 2023/05/24 12:04

今日送った書面に記載したように「東京海上日動と共謀犯罪者、国家権力等、従兄の息子、長縄信雄税理士事務所は、東京海上日動が、自家用自動車保険、特約を、違法に稼働させて、事業資金を背任で拠出、犯罪共犯×Ⅹ、中島弁護士に不法横流し、犯罪と承知で、法廷内外で訴訟詐欺、言い掛り恐喝実行!」

ここ迄明白となった,巨大損保、捜査機関も犯罪を承知で組み犯罪を、私を、詐欺冤罪の内容を途中で激変させるまでして、冤罪に落として、この公開犯罪を闇に葬ろうと企んで、国家権力が、民間の実行犯の指揮下で国家権力犯罪凶行三昧!を重ね捲って来て居ます。

東京海上日動取締役らももう、札幌支店の犯罪者連中が手を汚した事も証明されているが、後に引けない事態に陥っているのでは?東京海上日動本体が、ここまで極悪な犯罪を、承知の上で重ねて来て居るとも暴かれて居ますから。

日本最大の損害保険会社が、自家用自動車保険、特約を合法適用、適用不可と正しい扱いも知らず、違法稼働させて、不法に事業資金を横領拠出、犯罪共犯に横流し、犯罪代理行為法廷内外で凶行!訴訟詐欺、只の札幌市役所国保課恐喝実行!詐欺、恐喝冤罪複数でっち上げ告訴告発!

札幌東警察署、道警本部、札幌検察庁、検事、上層部、札幌の裁判所、裁判官等揃って東海等の下僕に堕ちて、民が指揮する公権力犯罪凶行を次々、巨額悪質脱税、冤罪と承知で、冤罪成立目論見犯罪も共に凶行、訴訟詐欺複数回、犯罪を共に働き、合法対人賠償踏み倒し目論見犯罪も多数凶行!

只のテロ犯罪行為民が公権力を、必要な犯罪に走らせる指揮を執り、公権力が揃って「無知無能なので、犯罪とも理解不可能で、民が指揮する通りの公権力テロ、犯罪を次々凶行!見境も何も、全く備えて居ない、遵法など意味も知らない故、でしょう」

富士フィルムビジネスイノベーション

  • 2023/05/24 11:47

富士フィルムビジネスイノベーション、とやらの「コールセンター」に電話がつながり、担当のオペレーターと話しました。

私からは「札幌市役所の2,5,13階に設置されている、コピー機合計四台に付いて、記載番号も告げて”このコピー機の所有登録会社は何処なのか?”これと”札幌市役所に、償却資産税納付を、正しく行って居るか否か”を聞いたけれど、まあ、オペレーターですから」

オペレーターさん「今聞いた機器に付いて、資産登録社が何処か、札幌市への焼却資産税納付に関してと合わせて、営業担当(販売店、実際には、無登録ノンバンク営業会社の営業)から回答させます」との答えでしたから。

私ー法人に係る償却資産登録問題、償却資産税納付問題を、営業職が担当している訳が無い”この件の担当は、取締役と経理担当だろ”営業が法人の経理を担うか、通常!

こう、当たり前を指摘しました、オペレーターは「経理部署から、貴方の形態に連絡させます」と言って居たけれど、まあ、来ないでしょうね電話。

やはり、同じノンバンクとの詐欺貸金契約が続いて居ます、変わらない訳ですね、この融資詐欺を物品リースと偽った、詐欺貸金契約、顧客購入動産を、貸金が所持、リース貸出機器だと嘘を吐いて通って居る仕組み。

この犯罪、国家四大権力共謀犯罪だから「国際的な融資詐欺と、G7が揃って認定の上で、継続し続けています、詐欺が横行の是正も、この国の国家権力は揃って、故意に行わない訳です、共謀犯だから」

悪質脱税も組み込み、機器詐取、窃盗も組み込んで、変わらず犯罪続行、近代法治国家が笑わせますよね。

複合国家権力ぐるみ犯罪

  • 2023/05/24 08:17

@札幌市税事務所固定資産税課、若森課長他に対し、当社による償却資産届け出には、当社とワイエ×商会株岸会社、国税への調査、札幌市契約も含む、ファイナンスリース、コピーサービスと名称だけ変更、ノンバンク、販売店との違法融資契約に関し、未だ合法化せずを、当社が再度札幌市契約一部も調べて証明して有ります、先ずは当社調査機器、コピーサービス名目コピー機4台から始め、市契約全て、併せて、市内の司法、警察、国の行政機関、民業による、同様違法貸金契約、償却資産税納付の可否調査、違法に付いて合法化、償却資産税、過去に遡って徴税実施等全て実施、実現を求めます

                                  令和5年5月24日

本訴え相手
〒060-6572 札幌市中央区北2条東4丁目
          サッポロファクトリー2条館4階
札幌中央市税事務所 固定資産税課若森課長他
TEL011-211-3079,FAX011-211-3088
札幌市役所 市民の声を聞く課、飯島担当
TEL011-211-2042,FAX011-218-5165
札幌市役所行政部総務課、文書係江口担当
TEL011-211-2162,FAX011-218-5171
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1ー1
参議院会館、徳永エリ立憲民主党参議院議員室(償却資産納税違法の一件)
TEL03-6550-0701,FAX03-6551-0701

                              本件申し立て社
                    住所
                    商号
                    取締役
                    携帯080-
                    FAX011-784-5504

一,札幌市税事務所、固定資産税課若森課長、当社による、償却資産納税用申告に付いて、札幌北井税務署資産課税部門、統括国税調査官が窓口、国税庁扱い、解散法人ワイエ×商会(株)元社長、現清算人山本×城らへの、別紙一部証拠による、国税庁らによる、上記法人、清算人で、被相続人山本×樹遺産相続人に係る、複合悪質脱税事件調査、徴税決定が完遂しなければ、償却資産税関係届け出は不可能です、先ず一方を、一部証拠を添え送ります。

二,上記複合脱税等、疑獄犯罪規模事件と絡んでも居る、札幌市役所も未だ多数ファイナンス貸金、貸金営業販売店と、虚偽のリース、コピーサービスと名称変更、ファイナンスリースなる、違法融資警察、コピー機等は特に私有権者不明、償却資産税納付合法実施無し、国際会計基準20号を踏襲、企業会計基準13号発行、平成20年4月1日から、の遵守も故意にせず、司法機関、行政機関、政府機関、政治団体、警察、民業問わずに関して、未だ合法化して居ない、札幌市役所、当社の要請で、市複数部署で調査実施開始、この事案も、償却資産税合法納付事実の可否も含め、調査、回答を求めます。

1、一に付いてですが「資料が膨大なので、基本を抜粋した証拠を添えて、この調査実施から、の求めを送ります、当社が何故、償却資産届け出等を、合法に行えないかに付いては、札幌北税務署資産課税第二部門、統括国税調査官、菅原担当が窓口、国税庁扱い事件、次の事件に係る、合法を証明した、関係徴税実施が果たされなければ、当社として、償却資産登録等手続きは不可能です」解散登記済み、清算人は山本×城、一年近く、脱税等目論見逃亡している彼への調査実施が先ず必須です、所在地は、法人現在事項謄本に記載。

(1)私個人の人身被害事件が発端で、この事件とは、令和3年3月29日、私の妻が所有する、東区中沼町の土地建物、敷地の一角に、私の従兄が購入所持、管理、使用DAITO高温焼却炉(490kg、雪に埋もれた状態)が倒れて、居合わせた私が下敷きになり、瀕死の重傷を負い、障碍者となった重過失傷害事件が発端です。

(2)この重過失傷害事件で、加害者山本×樹は、自身が加入する東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約を適用として、東海も認めたのですが「東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任等が、東署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長、札幌地検二階堂郁美検事と共謀して、金に困った山本×樹が私を唆し、私が購入した焼却炉を、山本×樹が購入と偽り、私が東海に、詐欺目論見請求したとの、完全な虚偽告訴を提起、受理して、詐欺冤罪成立に走り続けました」

(3)私は東海、刑事に「この加害者加入自家用自動車保険、特約に付いて、私は被保険者不適格、私は資産家(億前後の資産所持)の山本繁樹から、数千万円の対人損害賠償金を支払って貰う事と話が付いている、×樹の預金記録等調べる事、と告げて、東海は虚偽告訴だった、私は東海と無関係、詐欺犯的確自体無し、を知り、東海札幌は困って、保険金支払いで落とそうと、弁護士も担ぎ出す等しましたが、どうも本社が、詐欺で告訴事件と告げられているので、支払い不可とした模様でした、虚偽告訴等を捜査機関、本社に自白すれば、懲戒解雇ですし。

(4)一方刑事検事は「添付証拠、令和3年37月14日、×樹から証拠添付、当事者間示談書、示談分支払い証拠、×樹が東海に、既払い分支払い証拠、焼却炉を、息子が社長のワイエ×商会(株)に納品証拠(私がこの証拠の存在を知ったのは、昨年7月10日過ぎ、山田警部補に聞いて知った)を取得しながら、意味不明だった故、東海の虚偽告訴のまま、自白を迫り続けた訳です」

(5)令和3年12月3日、私の被害者調書を録る、と偽って東署に呼び、詐欺で加害者調書を録ると、平野刑事が告げたので私は数度目の、上記事実を告げ「山本×樹は、自分が焼却炉を自分で購入した、息子の会社に納品した、警察に証拠を渡す、等言っていた、東海、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、適用不可だと思う、事実であれば、法人契約損害保険が適用だから」と伝え、平野巡査部長焦って、被害者調書録りに変えました。

(6)令和4年1月11日、私が通院する禎心会病院、大園翔太医師に私が、平野刑事に医証を揃える捜査を行わせ、捜査後平野刑事は私に「山本さんが言った通りでした、焼却炉は山本×樹が自己資金で購入所持の機器で、息子の会社に納品して居ました」等認めたので「私は東海他に、この事実を発信しました」

(7)添付証拠、被告山本×城名で裁判に出された乙号証、東海押印、×樹が東海に発行書面、令和4年2月3日書面の記載「×樹加害者、私が被害者、焼却炉は、息子の会社に資金が無く、×樹資金を注ぎ込み購入、息子の会社に資産登録、証拠も添えて回答、息子が裁判に、ワイエ×商会預金記録、決算書等証拠提出で、×樹の記載が事実と証明他、これ等証拠を、東海が先ず隠蔽、重病だった×樹が、向こうに運良く、昨年5月18日死去」

(8)東京海上日動、山本×城、中島桂太朗辯護士が先ず、昨年6月から共謀して「焼却炉はワイエ×資金で購入の機器、私か経営法人に、証拠は無いがリースで貸した、×樹は刑事、民亊との冤罪等をでっち上げに変えた、証拠隠蔽の上、虚偽と承知で、東海は違法に自家用自動車保険、弁護士特約も稼働、詐欺で動かし、事業資金横領拠出、弁護士に四件、違法法廷内外代理活動をさせて共謀」

(9)彼らに、長縄信雄税理士事務所も与して「令和4年7月5日に、3月31日に遡らせて、ワイエ×商会(株)を解散させて登記、一方捜査機関、北税務署、裁判等では”ワイエ×は営業している法人、山本×城が社長”と偽り、この法人に繁樹が注ぎ込み、息子も含めて闇に消した千万単位の資金、×樹の遺した相続遺産財産巨額”等を隠蔽して、法人税、地方税、相続税、所得税脱税数千万脱税を謀り、彼らが共謀して山本×城を、昨年8月10日過ぎから逃亡させており、税務署、市国保、環境等からの出頭等要請も蹴り続けています」

(10)札幌地裁令和4年(ワ)第1930号裁判で彼らは共謀して、ファイナンスリース詐欺の手を使い、違法代理中島弁護士が、焼却炉はワイエ×資金で購入所持、私か経営法人にリースで貸した、裁判官、証拠無しでこの主張を事実と認め、法廷外でワイエ×に焼却炉引き渡しせよ、と指揮を執れと訴訟指揮、裁判官はこの詐欺、窃盗指揮に従い、焼却炉を詐取、強奪成功させて、重過失傷害事件、×樹加害者は冤罪、私が×樹を騙す、脅して示談書を書かせ、一部示談金を犯罪取得した犯罪者で、東海に私が詐欺請求した詐欺犯、こう言う冤罪に切り替えており、この焼却炉犯罪収奪で、私を冤罪に落とせる予定だったが、私は刑法第235,242条等を持って拒否、未だ焼却炉は、妻所有地に残置。

(11)私はlまず三件、山本×城相手に訴訟を提起して居たが「一件の裁判官は、示談書偽造、示談金受領も虚偽、無効と判決せよ、焼却炉はワイエ×所有、ワイエ×訴訟参加せずで主張等に付いて、証拠を出して主張せよ、と求めたが、山本×城、東海、中島弁護士は聞き入れせず訴訟遂行、添えた証拠乙号証は、三件の裁判の最終口頭弁論日、令和4年12月9日、口頭弁論開始の一時間少し前に、私の自宅に到達させる手も使った証拠、虚偽主張と自分達で証明証拠です」

2,上記等、巨大疑獄犯罪が前提で起き続けており「当社が償却資産届け出手続きを行うには”先ず、ワイエ×商会(株)分脱税事項、千眞年単位脱税、相続遺産資金返還等も処理完遂全て、山本×樹の相続遺産合法処理、合法徴税数千万円全て、山本×城が詐取した雇用保険等公金、法人資金等不法取得、使用等、所得税脱税分徴税、焼却炉が妻所有地に有る問題解決、当社にワイエ×商会が、焼却炉をリースで貸している等主張の事実立証、長期リースは、一旦買い取って顧客が償却資産納税、証拠で証明焼却炉はどれで、妻所有地の焼却炉が何なのか、刑事事件捜査事実、×樹自供しか公式証拠無し、国税が悪質巨額脱税事件として、検察等と共に、刑事記録も調べなければこの件の解決なし”でしょう」

二、に付いて。

1,札幌市役所職員の協力を得て、次の”現在はコピーサービス名目、ノンバンクとの違法融資契約、ファイナンスリースなる、詐欺貸金契約コピー機”4台に付いて、先ずコピー機所有社、償却資産税納付の有無調査、証明、納税事実の可否回答を求めます。

富士フィルムビジネスイノベーション、コンタクトセンター(石原さん)
TEL0120-069-114
※経理から連絡が来るはず、です。

(1)市庁舎二階、市街地整備局、開発指導課審査係部署に設置コピー機
 ASB7080N
 261-510
(2)市庁舎五階、都市計画部都市計画課に設置コピー機
 A5B708CN
 261-541
(3)市庁舎十三階、環境局事業廃棄物課に設置コピー機
 D6C371DF
 161-267
 A57080R
 261-510
(3)共通TEL0120-069-114

2,この問題は過去当社で詳しく調べ上げて、添付の通り他多数の証拠も持って居る、国家権力による、ノンバンクが舞台の違法貸金融資を、物品リースと偽った、複合詐欺事業です「証拠の通り、オリックス、民亊裁判官も”ファイナンスリースは貸金事業で、物品リース偽装動産を、ノンバンクが購入、所持、資産登録、償却資産税納付無し、等認めています、正しい知識を持ち、証拠を読めれば分かります”」

3、過去、秋元市長事務所事務局長も、国会議員(石狩振興局選挙管理員会で政治資金収支報告書を取れる国会議員、事務所分)も、証拠も持ち、政治資金収支報告書に、コピー機器リースと虚偽記載、償却資産税納付無し、違法なノンバンクとの融資契約締結等を、札幌市庁舎電話機器(区庁舎一契約2,000万円単位、市庁舎3,700万円以上、NTT東丹保寧業課長に見せて、二倍以上違法取得を市ぐるみ証明、次の契約から、機器買取偽装、契約額半額以下、ノンバンク縄張り決め談合入札も潰えた他)コピー機詐欺リース多数も含め”認めています、徳永エリ事務所政治資金収支報告書も、この証拠の一つです、地検は当方からの、指示資金規正法違反告発も、不法に潰して居ます。

4,札幌市も含め、ファイナンスリース契約は、購入費融資受け契約、機器は市の購入動産です、コピーサービスと名称を変えた事で”コピー機は、何処かの法人が所有、償却資産登録、機器が有る市町村に償却資産税納付か、拠点が市町村に無いなら、一旦顧客に買い取らせて、民が顧客なら民が納税、公務所は議会棟を通し、一旦機器購入費拠出”が必須です」

5、なお、過去の調査では「根室市公立病院、帯広市市立病院等に“MRI、CT,レントゲン等、数億円~十数億円する機器を、ノンバンクが所有と言って、ノンバンク本社から、償却資産税と言って、見知らぬノンバンクなのに、金が市に振り込まれる、と答えて居ました”恵庭市は、古謝氏課長が過去、公共事業請負土木建設業者の、ナンバー無し重機数千万円機器を資産登録させ、償却資産税納付させ、リース社名目ノンバンクに、経緯説明、償却資産税長期脱税に回答を求めたが、全社回答無しでした、留萌市は、この違法に気付き、全て買取に変更して居ます」

6、現在、当社でこの犯罪、脱税調査を求めた、札幌、近郊市役所合わせて8市役所市税課の内、現在も在籍している、岩見沢市税務課又村課長が、思文電話機器、コピー機ファイナンスリース、コピーサービス契約、岩見沢市立病院高額検査機器に付いて、所有社、償却資産税納付事実調査等を行っています。

7、この二題に付いて、先ず一報を送ります、恐らく知識量が、当方とはけた違いで、複雑な専門知識が多岐に渡って必要なので、理解自体無理だと思うので、北税務署担当、国税庁、岩見沢市又村課長等と、必要実務知識の取得から行ってください、調査と合わせて、不明部分は、当社に公文書等で問合せ下さい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452917
ユニークアクセス:6604618
今日
ページビュー:210
ユニークアクセス:210
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed