エントリー

2023年02月05日の記事は以下のとおりです。

場当たりで、弁護士と犯罪判決談合が日常の結果

  • 2023/02/05 08:54

佐藤××氏が、人身交通事故加害者で、須川××氏が被害者、佐藤氏は、熊谷建吾辯護士が、三井住友提携弁護士で就いて居て、須川氏は、控訴で探した、丹羽錬弁護士。

で、この弁護士連中が認めている事の一端が「須川氏は一審で、本人訴訟なのに付け込んで、熊谷弁護士と裁判官、談合して”三井住友、加害側損保は、一定額支払う、と言っていたが、強引に裁判を、不払い判決と出鱈目に決めて、須川氏の訴えを潰した”と、事実通り答えて居まして」

丹羽錬弁護士は「控訴事件、札幌高裁令和4年(ネ)第153号事件で”も”熊谷弁護士、裁判官と、丹羽弁護士で、闇談合して、やはり三井住友は、一定額支払う、と言っている事も無視で」

丹羽弁護士は須川氏から、着手金二十万円を得ており「1~2回で控訴裁判も、不払いと熊谷弁護士が書面で出して、不払いで正しい!と判決を、出鱈目に、弁護士と裁判官談合で下す!と闇で決めてあっただろう、札幌地裁令和4年(ワ)第1932号判決の、当事者と証人が集い、加害者が被害者に”賠償金支払い責任は無視で、金をくれて安井氏を持ち、金を渡した以外不払いで良し”」

「この判例を踏襲して、先ず加害者、被害者側弁護士が、法廷外で協議して、支払う額に付いて、佐藤氏と須川氏双方に、支払う金額の内訳も理解、納得して貰えれば、示談が正しく交わせて、適法な対人賠償金支払いとなる、手続きは、談合で決めた事と違うから、丹羽錬弁護士は”談合破りには従わない”等答えている訳です」

司法はこのように、合憲、合法も何も、ほぼ分かる事が無い故、合憲、合法破壊、刑事事件も同様に、犯罪判決用談合で、出鱈目判決を下す事にも狂奔が真実と。

弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事は「裁判手続き、審理、主張、証拠?も何も、合憲、合法の可否も分からない強みで、談合で出鱈目な判決、を決めて下して居ます、損保の言う事も、実際には聞いてすらいないと言う」

秋元市政の愚かさ、雪捨て場週二回休み、も

  • 2023/02/05 08:27

札幌市内も、前期の冬場の大雪により、道路も寸断処か、まともに走れる道路が極少ない状態でした、排雪作業は、ほぼ道路の車が動かず、雪捨て場も運ばれてくる、大量の雪の処理が追い付かず、特に平ボディーのトラックは、雪捨て場から排除されてしまいました。

平ボディー排除の理由は「前任の市長と、現在の市長秋元ら一派(野党が支持、つまりそう言う)が、雪捨て場の予算を先ず削り捲り”下ろした雪の処理を行う、大型ショベルの台数も、思いっきり減らしたから、ある意味積み上げた雪の先から、雪を下ろすダンプ”と違い、平らな場所に、手作業で雪を下ろす、平ボディートラックの下ろした雪を、埋まり切る前に処理するショベル、削られてほぼ居ない雪捨て場になったから、ですよ」

除排雪”も”経費削減出来るんだ、雪捨て場の整備用に、何台も大型ショベルを置くなど無駄だ、減らせば経費削減出来る、流石”国政では野党”は頭が良い、与党も相乗りしたりしているけれどな。

こう言った、物理的な理由により、札幌市の雪捨て場は、平ボディートラックは、多くの場合、雪捨て場搬入を拒まれて居ます。

更に「秋元市政で”雪捨て場の受け入れを、週二日休日にする政策”としており、更に雪捨て場の利用が、非常に厳しく、困難となって居ます」

現実が全く見られず、一方向だけを、合理的な根拠も無しで、上田市政時代からずっと、見たと錯覚して、どんどん雪処理事業も、現実として破綻して行って居ます。

今度又、大雪に見舞われたら札幌、歩行する以外、動く方法が無くなるでしょう、そこら中が、今でもそこら中の市街地の道路、凄い状況に陥って居ます、さほど降り積もっても居ない今年でです。

まあ、この状況と、油代、機械代、人件費が高騰が加速して行けば「除排雪請負作業、まともな金額になって行くでしょう、今の”言い掛かりがざらで、ボランティア料金”状況が改善されるでしょう、大赤字で、危険できつい請負で、言い掛かりがざら、の危険で重労働で、安い単価の多重苦労働ですから、除排雪請負は」

司法犯罪用”犯罪は正しい”合法破壊判例は、経過証拠を故意に無くさせて、宗教の手口

  • 2023/02/05 08:09

桶川ストーカー事件の裁判資料も、破棄してから分かったとか、まあ「判例?の正当性の有無、これの正しい懸賞潰し、では無いでしょうか?」

この事件の、刑事裁判記録の破棄事実が知らされて「まともなコメントが”事件の裁判の経緯証拠が有ると拙いから”だろう、判例など、事件の経過証拠を無くさせて、何でこの判決が下ったか、証明出来なくさせた代物、事件の経過証拠が無ければ、判決を下した内容が、正しいか否か不明で、判例とやらを、自由に扱えるだけだから」

こう言ったコメントも出て居ました、その通りです、裁判の経過証拠が残ってりゃ、判決が正しい事実証拠から、正しく導き出されたか否か?全く証明出来ません、つまり「正しい事実証拠で、事件の経緯が証明出来て居て、その正しい事件の証拠証明事実を持ち、下した判決で有り、合法による判決だなのか?事件の経緯証拠と全くそぐわない、事件の経緯証拠と全く無関係の、只の宗教論作文でしか無いのか?事実立証出来なくさせる手の最高位が」

裁判経過事実証拠抹殺しての「判例でっち上げなのです、合憲、合法の破壊を”裁判の経過証拠証明抹殺して、犯罪は正しい!合法無し判決を、只の民間の判例集に載ったから”犯罪が適法化された!こう、強引に捏造して、押し通す司法テロを重ねて居る訳です」

判決を、同様と言える事件で「判例だ!として、同様の判決を下せ!と、刑事、民事訴訟法手続きで求めるのであれば、裁判の経過証拠が必須ですが、判決の合否を正しく、事件の経緯化証拠で洗われれば、何故この事件の経過証拠で、こんな判決が出るんだ?と、多少理解力が有れば、多くの判例なる司法詐欺雛形で、疑義が呈されてしまう代物なのです」

法曹資格者なる、カルトの幹部連中(神では無い、只の犯罪者事業者等の木偶人形)による、判決に書いて、犯罪が正しい事と、強引にすり替えて通す手口は「裁判の経過証拠を抹殺させてや、裁判の経緯証拠と、判決とを突き合わせて、を潰して、犯罪を適法だ、とでっち上げ判決を、根拠等無しで下して有る、これが事実です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452897
ユニークアクセス:6604598
今日
ページビュー:190
ユニークアクセス:190
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed