エントリー

2023年02月11日の記事は以下のとおりです。

司法冤罪、今度は東京海上日動が指揮

  • 2023/02/11 18:44

東京海上日動は、自家用自動車保険不正適用、会社資金背任拠出がばれて、責任を摩り替えなければ、に狂奔、通常であれば、損保による、損害保険金詐欺犯罪捏造が成功して、冤罪粛清犯人を生み出して、損保自身の詐欺行為、背任行為湮滅に成功します、損保提携弁護士ぐるみ、警察、検事検察庁、刑事、民事裁判官、裁判所、報道愚海の、冤罪捏造テロによって。

ですが、次々東京海上日動、東警察署、札幌地検、二階堂検事、長縄信雄税理士事務所ら共謀、×城も、×樹死去後共謀犯罪者で加担!雇用保険詐欺等犯罪行為者でありながら、冤罪でっち上げにも加担している現実も含めて、この公権力らのテロ行為事実、証拠が、次々この連中の自爆も含めて、公となり続けている訳です。

この犯罪共謀犯、公権力を、冤罪捏造目論見で指揮して、公が下僕で従って、冤罪に落とそうと、権力テロ、犯罪を重ねて居る、憲法、法律蹂躙を公に手掛け捲って、の狂気の現実が加速し続けて居ます。

たかが個人、東京海上日動、極左弁護士等、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所が、冤罪捏造で共謀犯ですから、しくじる訳が無い!と思い上がって来たんでしょうね、東京海上日動が、損害保険違法適用、東海資金背任使用、東海は、重大な違法行為責任を問われる事態なのだから、公権力への後ろ暗い利益提供等を、闇で使う等。

それにより、公開されている、訴訟詐欺や、刑事事件湮滅、犯罪行為、犯罪者責任潰し、警察、検察、検事共謀の、公権力悪用テロも、公開されている通り、凶行。

定番となり果てている、司法極悪テロを、東京海上日動、×城などと言う三流xx者に指揮されて、公権力が凶行三昧を重ねて、東京海上日動、×城の、極悪犯罪隠滅を目論み、権力犯罪を重ねて居るんです、遺産預金強奪司法犯罪、あれの時も同様だったように。

訴訟詐欺実例、証拠の活用

  • 2023/02/11 09:18

札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1932号、民事裁判で「解散済みを隠して、ワイエ×商会(株)が稼働している、訴訟当事者だ!原告、被告で無く、補助参加手続きも取って居ないのに”二事件裁判官が、憲法第76条3項、民事訴訟法第47条1,4項、民事訴訟法第43条を蹂躙して”憲法、法律違反で、裁判当事者だと、合法の欠片も無しで認めて、主張、要求させて、通した、裁判証拠、記録、判決が出来て居ます」

れっきとした、裁判官、裁判所が公認、訴訟詐欺公務実例、証拠複数です「憲法第76条3項で、裁判官は、憲法、法律以外に拘束されない、これが鉄則と、憲法規定から定められているのですが”札幌地裁、二事件裁判官は、憲法から公に蹂躙もした訳ですよ”東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士から、憲法、法律蹂躙裁判を、違憲、違法と承知で訴訟参加もさせろ、主張、要求も認めて、通せ!と要求され、裁判官、裁判所は、この犯罪要求も、受け入れた事件証拠、判決も出来て居ます」

更に「泥棒、強盗が、他者の財物を、他者占有場所で、犯罪強奪しても、泥棒、強盗にならない基準は”立ち入り禁止と掲示が歩かないか”これで強盗、泥棒となる、ならないが決まるんだとも、1930号事件証拠、東署要求で決まって居ます」

これが司法、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、弁護士犯罪者等の、公務犯罪事実です「強盗、窃盗に、他者占有場所から金品強奪してなる、ならない規定だとも、正式裁判手続きで、公の合否判断基準、だと決まっても居ます」

司法犯罪の常套虚言です、合憲、合法とは、これから何も理解すら不可能、法曹資格者、警察官らなので「犯罪事業者損保職員の指揮下に堕ちており、こう言った司法、警察公式テロ、犯罪に、喜んで組して、公務でテロ犯罪を繰り広げて,職権悪用で、犯罪が正しい、と強制決定、判決を下して、更なる犯罪を強要して、犯罪が正しいと、強引にでっち上げで決めて通して居るんです」

今後「何処に対しても”立ち入り禁止の掲示が有る、無いにより、強盗、他者の所有金品強奪で、強盗、泥棒となる、ならないが、公に決まります”ほぼ強盗して、強盗罪不適用だよな、立ち入り禁止の掲示、警察署、裁判所、検察庁他、公務所はほぼ無いし、民間の事務所、倉庫、自宅等にも、ほぼ無いから、ったら壊せば、強盗、泥棒が正しくなるわけだし、判例です、どんどん活用するべきです」

この強盗、泥棒になる、ならない判断基準、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、木村課長補佐、中島桂太朗辯護士、札幌地検、地裁、検事、裁判官、警察に、先ず強盗、窃盗になる、ならないの正しい基準だと、念の為確認を取れば良いです、裁判資料も閲覧下さい。

複数の刑事事件を比べても

  • 2023/02/11 08:24

@損保、提携弁護士が捏造で訴える、た、損害保険詐欺事件、冤罪で訴えた事件は”詐欺の規定にも沿って居ない、詐欺事実も証拠も無い”これで詐欺だ!と訴えれば”詐欺罪が、ほぼ確定だとされて、自白させる事で、詐欺罪等虚偽で、詐欺冤罪に落とせて居ます”冤罪ならまだ良い、冤罪ですら無いのに、東京海上日動伴主任、木村課長補佐、中島桂太朗辯護士、×城らが、でっち上げた詐欺冤罪で訴えたから、を絶対根拠とさせ、詐欺で有罪に落とすと狂奔、これが損保冤罪の常ですから、なぞっただけでしょう。

@一方、東署、北署管内で、複数起きて続いている、連続窃盗事件は”容疑者も一部?特定されているが、確たる証拠が無いからと”未だ逮捕も出来ず居ます、東京海上日動、中島弁護士、×城、札幌地検、二階堂検事、二民亊事件担当札幌地裁裁判官、札幌地裁共謀の、完全な東京海上日動が被害者と、でっち上げで設定の、詐欺冤罪を犯罪を重ね、成立させるべく、のテロ事件経緯、事実証明、証拠、詐欺冤罪でっち上げを成功させる為の、刑事、民事事件犯罪手続き、事実捏造を、連続窃盗事件に反映させれば。

@でっち上げで強引に逮捕して”偽証、自白捏造で強要を成功させて”連続窃盗犯だと、事実、証拠等無視で、陥れられるでしょうにね、江戸時代から不変の、こいつを冤罪に落とす、と決めたからでの”犯罪行為捏造、犯人も、犯人との証拠、証言もでっち上げ、偽造偽証で投獄成功”で通るでしょうに、東京海上日動、×城、中島弁護士冤罪捏造他、司法、警察も冤罪捏造用公務犯罪複数!の手を駆使で。

所で札幌地検、重過失傷害事件の不起訴記録、合理的証拠等、開示等を拒んで逃げて居ます、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任、木村課長補佐、後で×城も共謀しての「東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、×樹が加入のこの損害保険に対して、東海等が違法に稼働させた事実を糊塗するべく、に今は変わり、私が詐欺狙いで違法請求した、詐欺事件だと冤罪を仕組んでいる、多数の公開証明犯罪を重ね続けて」

これ等事実が、不起訴記録を開示するとばれるから、でしょう?異常な裁判所、裁判官、検察庁、二階堂検事他、東署の反応続発です「重過失傷害事件では無く、東海の詐欺冤罪指揮下で、警察、検事検察も、犯罪公務に狂奔、がばれるから?

只の司法が損保の下僕、での犯罪、テロ

  • 2023/02/11 08:03

ワイエ×商会(株)は、昨年7月5日に、3月31日に遡らせて、解散させて有った「違法を重ねた解散で、繁樹が平成28年3月10日、息子×城を、他の事業所で正規雇用させて置いて、社長にこっそり就任させる犯罪行為で設立、この法人は、昨年3月31日付で解散済みでしたが」

東京海上日動、中島桂太朗辯護士、札幌地検、二階堂郁美検事、札幌方面東警察署上げて、×城、雇用保険金等も詐欺受給他犯罪者、と共謀犯で、札幌地裁も、令和4年(ワ)第1930,1932号裁判官、裁判所が共謀犯で加担して「ワイエ×商会(株)は営業しており、×城が社長だ!二事件で、ワイエ×商会(株)解散済み、がばれないように、履歴事項謄本、訴訟参加手続き書面と印紙納付を不要とも、札幌地裁、裁判官複数で。

憲法第76条3項、民事訴訟法第47条1,4項、民事訴訟法第43条蹂躙で、訴訟詐欺と承知で「ワイエ×商会(株)は営業して居て、×城が社長で就任して居て、中島桂太朗辯護士が、×城とワイエ×商会(株)の、双方代理人弁護士だ!と、合憲、合法蹂躙で、法律手続き等を故意に不要とさせて”正しく訴訟当事者であり、訴訟当事者だから、主張、要求等が出来る、認めた!”までの詐欺裁判迄展開させている通りです」

ですが実際は「訴訟の提起は、昨年8月であり、ワイエ×商会(株)は、昨年7月5日に、3月31日に遡らせて、違法な解散を果たして有りましたので、完全な訴訟詐欺を、二事件裁判官、札幌地裁、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、×城、札幌地検、二階堂検事、東署複数課ぐるみ、共謀して展開させた訳です」

ここまでの、公権力が東京海上日動、×城、中島弁護士の犯罪指揮を受けて、唯々諾々と、公権力悪用犯罪に走った事件、犯罪証拠は公に揃って居るので、言い逃れ出来ない、公権力が、憲法、法律蹂躙で、訴訟詐欺まで凶行事件、公開証明された事件、表に出された例は無いでしょうね、同種の司法、警察等が、損保等の下僕に堕ちて、合憲、合法蹂躙詐欺訴訟展開は、無数に起きて、脱法が正しい、との決定、判決を下して、犯罪を惹き起こさせて、正当と偽らせる等、起き続けている通りですけれど。

ここまでの公権力を、損保、東京海上日動、共犯者、弁護士等指揮で公権力も、犯罪に狂奔で刑事、民事訴訟法、事件扱い強引に成功は、日常茶飯事が実際です。

損保、東京海上日動が、でっち上げた詐欺冤罪を、どんな犯罪に酔ってでも、犯罪者、提携弁護士が、警察、検事検察庁、裁判官、裁判所、刑事、民事共を、犯罪正当化でっち上げ目論見指揮!で成功させて有る、事実の踏襲事件です。

法曹資格者が、法律に無知、裁判手続きも無知、な理由は

  • 2023/02/11 07:41

世の中を生きて行く上で、お金を稼ぐ為に、色々な労働、仕事に従事しますが「国家資格を取った所で、仕事が舞い込む訳では無く、仕事の仕方が分かる事も有りません」

仕事に従事する、実務知識の範囲は無限ですから、法曹資格者であろうと、従事する仕事によるのと、受けた事案、事件毎の、詳細な実務知識の取得と、思考、判断能力、調整能力等、無限の知識取得、能力、対応力が、事案、事件、時代毎の変化に合わせて、次々新たな問題点が生じ続け、対応を求められる訳です、が。

法曹資格を得た”だけ”で、弁護士の仕事、刑事民事各事件の扱いや、検事としての公務や、裁判官、刑事、民事事件の正しい扱い等、教えて貰う事と、自分で考えて、調べて、把握、理解し続けなければ、ここの法曹資格者業務、公務、手続きも含めても何も、分かる訳が無いに決まって居ますが。

この国の国民の多くは「思考する事、疑問を呈して、疑問を突き付けて行く事、不整合を正しく気付いて、整合性が取れていない理由等を突き詰める事等から、逃げる事が当たり前と、が実際です、で」

森羅万象全てを見通しておられる、法曹資格者様が、あらゆる事件、事案に絡んで、答えを正しく出して下さる筈だ!現人神で有らせられる法曹資格者様なのだから、と、自己狂信だけして居ますから、現実をまるで見据えず、カルト教祖と信者、の関係性だけで、現実逃避して居る訳です。

憲法第76条3項、裁判官は、憲法、法律以外に拘束されない、逆から言うと「裁判官は、憲法、法律規定に拘束されており、憲法、法律蹂躙訴訟行為、決定、判決を禁じられている、と言う事ですが」

事実として、裁判官、法曹資格者の現実は「刑事も民事も、合憲、合法を果たした手続、事件の事実証明、正しい構成等、ほぼ何も知らない現実の通りです”単なるでっち上げを、偽造捏造、詭弁、虚言、三段論法を重ねて、事実だと、根拠無しで、法曹資格者を、只の独裁国家支配者で、憲法、法r津規程など蹂躙して通る、唯一の存在である!と、捏造でさせて有るだけの、無知無能権力です」

裁判手続きを、合憲、合法に遂行する事から知らず、出来ない、恐ろしい現実です「裁判官、弁護士、検事に”正しい事件の構成とは、事件を正しく証明するには、とか、刑事、民事訴訟法手続きを、合法遂行するとは、とか、教えて居ない、理解する資質、能力等が”の現実を、ちゃんと見て理解すべきなのだけどね」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348346
ユニークアクセス:6501890
今日
ページビュー:490
ユニークアクセス:486
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed