エントリー

2023年03月07日の記事は以下のとおりです。

報告事項

  • 2023/03/07 16:14

人身交通事故事件、被害者である須川氏が、加害者佐藤××氏、実際は三井住友札幌、始めはおがた担当が「佐藤氏は弁護士特約を付けていないのに、違法に弁護士費用、裁判費用等を拠出して、債務不存在確認訴訟を提起、須川氏は本人訴訟だったからと、三井住友委任、熊谷弁護士と、一審裁判官が談合して、不払いと決めて須川氏敗訴」

須川氏控訴、裁判所がうるさいから、丹羽錬弁護士を、二十万取られて委任、丹羽弁護士、熊谷弁護士、高裁裁判官が談合して「丹羽弁護士の意向、二回で、不払いで結審で談合済み」

が崩壊して、裁判官が後遺症を認定して、一定額、損害賠償金を支払うと、裁判官後答えて、一回目の和解案を提示までに持ち込めた、丹羽弁護士は,1969年頃でっち上げた、賠償論以外、理解した気になれず。

須川氏に「自分ではもう、どうすれば良いか分かりません、イレギュラーが続き過ぎて、今後は自分で交渉等して下さい」

と、無きついて来たとの事、まあ、この弁護士「どうせ一円も貰えない、争っても無駄です、と言い張って居た訳だから、理解も不可能ですよねえ、賠償論手法が全て、法律で思考して居ない訳だから」

高裁事件担当に、電話で伝えて置きました、裁判官、違法な弁護士費用拠出も伝えて有るから、国税が、佐藤氏から回収するよう指示、もなので、出来るだけ早く、和解で納めるでしょうから、後は、三井住友が払う、と伝えた金額は?

三井住友、自賠責窓口東京海上日動に、訴訟告知したとか、裁判官が後遺症等級を認めて、賠償金額を決めて、合意すれば、三井住友は、自賠責に回収手続きを取る為です、後遺症却下決定した、東京海上日動自賠責窓口に、出鱈目すぎるよなあ。

損保の背任、違法な事業資金拠出問題、詐欺代理常態化に、不法に事件参入

  • 2023/03/07 09:43

損保は日常的に、法曹権力、検察庁、裁判所、検事、裁判官等と共謀して「違法に損害保険を適用させて居る、事業資金を違法拠出して居ます、元々損保、自賠責、任意自動車保険事業”特に公共事業土木建設、除排雪公共事業を行う中で、対人、対物、対家屋加害行為を起こすと”多遺物、対家屋なら、対物、対人加害事件であれば、自賠責、任意自動車保険、対人を、工事請負作業中の事故でありながら、適用不可能と承知で、自賠責、任意自動車保険を、違法適用させて来ています」

この事実が有るから「違法であろうとも、違法と承知で”損害保険を、適用不可能と承知で、適用させたとして、事業資金違法拠出を常態化させており”違法と承知で、自賠責、任意自動車保険、損害保険から、弁護士費用、裁判費用も、違法に、背任で拠出して居るのです」

自賠責保険、火災保険、自分側に支払われる損害保険、弁護士費用拠出特約、無いですから、又「法人が加害責任者なのに、個人が加入、損害保険、自動車保険、特約は適用出来ないです、逆も同様で、これを承知で、違法に、被保険者である筈が無い者に、弁護士費用、訴訟費用、保険金を拠出して居る行為も、背任行為、犯罪事業資金拠出です」

この犯罪に手を染めて「訴訟詐欺も日常的に凶行、153号事件、一審とももこれです、1930,1931,1932号民事裁判でも、被告×城の法定代理、国保相手の脅迫、恐喝実行役代理人弁護士費用を”東京海上日動は、事件原因焼却炉は、ワイエ×商会、とっくに違法解散済み法人に資産登録と証拠も出されている機器”が原因の、重過失傷害事件で、違法に×樹加入、死後は×城が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約を、違法適用させて」

×城を被保険者と偽って、この東海事業資金、違法拠出を重ねて、訴訟に弁護士が出て来て居ます、背任罪で東海は、これら事業資金拠出して居てです、札幌市国保相手にも,言い掛かりと裁判居証拠も出して、自分達で証明しながら。

国保で立て替えた、×樹が返済を約した、国保建て替え医療費脅迫、恐喝踏み倒し実行も、犯罪東海、×城、弁護士が共謀して、手を染めて居ます。

只の国家権力が、民業損保に支配されて、犯罪を指示されて、従い、権力犯罪を重ねて居る、国家マフィアと、下僕国家権力の構図(;´Д`)合憲、合法の真逆の権力ぐるみテロ、犯罪が証明されています。

焼却炉強奪も、只の犯罪だから出来ないまま

  • 2023/03/07 08:55

札幌地裁令和4年(ワ)第1930号、一切乙号証無しで、焼却炉はワイエ×購入、所有の機器だ、リースで貸していたが、口頭でリース契約解除した、裁判官、この事実無根、嘘を認めて、法廷外で焼却炉を、ワイエ×、実はとっくに違法解散済み、営業して居る、とも法螺を吹いての犯罪要求、判決と、1932号事件の訴状、被告答弁書、1932号事件、控訴理由書第八、九回書面に記載した内容、1930,1932号とも、×城、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士等犯罪を、正しく立証して有る、甲、乙号証共々これを立証済み。

挙句「東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士、二事件裁判官等が共謀犯で”東京海上日動ぐるみ、×樹加入東海自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、背任、横領事業資金、弁護士費用、調査費背任で拠出”詐欺裁判代理、犯罪主張、要求も立証されている、×樹、×城、長縄税理士、後で中島弁護士、東海、二事件裁判官も共謀、違法な法人設立、違法に部外者×樹が、違法入手法人口座悪用、資金洗浄、脱税等を共謀犯で」

この、国際的金融犯罪、×城が主犯、実行犯は×樹の犯罪、長縄信雄税理士も直接共謀の犯罪にも、東京海上日動、中島弁護士、二事件裁判官、札幌地裁、札幌地検、二階堂検事、地検上層部、道警等、与して居る訳です、司法、捜査権限を悪用して、この国際的金融犯罪にも与して、闇に葬ろうと画策して居ます、警察、司法でありながら。

1930号事件で「完全に確信犯での嘘と承知で、東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士、担当裁判官ぐるみ”焼却炉はワイエ×所有、他社公開株を売った資金で購入、所持の機器、原告にリースで貸した、税理士も証明して居る、焼却炉を裁判官、法廷外でワイエ×に返却させろ!焼却炉が置かれた原告妻所有地に、立ち入り禁止等掲示が有って、盗めなかった、裁判官、この(虚言)主張を認めて、焼却炉をワイエ×に、法廷外で引き渡せ、と指揮を執れ!”とも、被告準備書面と、中島弁護士が、口頭で要求して」

裁判官も同調しました、狂って居ますから。

裁判官ー原告、被告のこの主張を認めて、焼却炉を引き渡さないんですか?

私―裁判所で泥棒に与しろ、と命じられるとは思わなかった、刑法第235条、242条が適用される犯罪で、私は犯罪に加担して、犯罪責任を負わされる気は無く、飲む積りはない。

結局この、×城、東海、中島弁護士、長縄税理士、裁判官、警察犯罪も”1932号に乙号証で出した、一連の、被告がは自分で犯罪を証明した証拠を出して、ワイエ×は、とっくに解散済み、も現在事項謄本で証明したし”未だに不法投棄されたままです、これで法曹権力による、国の裁判、ですからねえ。

司法手続き、刑事も民事も共に出鱈目、権力犯罪で構成

  • 2023/03/07 08:17

全て裁判だ、裁判で判決が下されれば、全能の現人神による、絶対の決定となるんだ!!但し「憲法第76条3項、裁判官は己の良心に従い、憲法、法律以外に拘束されず、訴訟を行える、この、大鉄則から実は、遵守等せず、只の、合憲、合法を、正しく揃えられて居る証拠に沿い、合理的理論構成を持って、正しく遵守は、していないが」

と、既に実例、証拠、証言を正しく揃えて証明して、公表して有る通りです「憲法第76条3項”から”遵守せず、当然、他の適用される憲法、法律規定も、まるで遵守せず、これが法曹資格者が指揮、の形、実際は、多くの事件で違っており、損保や犯罪者に指揮されて従って居る、が実際と、多数の事実証拠、証言で証明済みの通りですので」

法曹資格者、裁判官は、全知全能の現人神で、刑事、民事の法律手続き、裁判等手続きも含めて、全て合憲、合法に沿わせられて居る、法曹資格者による、事件を扱っての決定、判決も、全て合憲、合法を備えて有る、は大嘘、法曹資格者、司法手続きによる決定、判決に、合憲、合法が備わっている訳では無いから。

法曹の法律行為は全て、合憲、合法を正しく備えている、この大前提が破綻して居ると言う事です。

この通りが事実だ、と言う事は「刑事、民事訴訟法、裁判の一式書類を、提訴、訴追、裁判進行内容書面、出されている証拠、決定、判決文を通して、合否の有無を精査すれば、多くの法律手続きで、合憲、合法を蹂躙している事から、正しく証明出来ます」

最も分かり易い、実例による、法曹資格者、裁判手続き、裁判事実証拠として「札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1932号事件、訴状から、裁判進行の経緯証拠、判決までと、1932号事件、控訴理由書第八、九回書面の記載により、この二事件、どう言う犯罪が行われて居るか、東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士らの犯罪、犯罪に与している札幌地裁、裁判官、この事実が、証拠によっても、正しく立証されていますから」

法曹資格者等は「完膚なきまでに、司法犯罪、損保指揮下での犯罪、×城のような、犯罪者に指揮されての犯罪凶行を暴かれ、立証されると”自分達の日常司法犯罪毎、根こそぎ破壊に走ります”この事実も、正しく深い知識が有れば、この二事件を通して、正面、証拠を理解して、精査すれば分かります」

事件を正しく構成する為の、基本知識が先ず欠落

  • 2023/03/07 07:51

@山本×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約に関して、東京海上日動、×城、廣部・八木法律事務所、向井諭法律事務所、所属弁護士連中、中島桂太朗辯護士、道警本部、東警察署地域課、生活安全課、刑事一課強行犯、刑事二課知能犯、刑事三課盗犯、警部、警部補ら、二階堂郁美検事、札幌地検上層部、札幌地裁、複数事件担当裁判官は”正しいこれ等特約の適用の可否から知らない頭だった”これが先ず、動かぬ事実です。

(1)重過失傷害事件原因焼却炉は、山本×樹が自己資金で購入の機器、彼が加害責任者”先ず、この設定でも、山本×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に関して、被害者は被保険者不該当”で、基本的な扱いは、加害者山本×樹が、賠償金を支払った限度で、損害賠償債務を、東京海上日動に対して、債権とさせて持った、×樹はこの、債務を支払い、東海に対しての債権を、東海に行使出来る権利を持った、これが正しい、契約、約款規定、適用される法律も踏まえた正解です。

(2)つまり”重過失傷害事件被害者を、でっち上げた詐欺冤罪、被害者が東京海上日動相手に、山本×樹加入自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、詐欺狙いで請求した、被害者を詐欺犯とでっち上げた詐欺事件”この詐欺冤罪告訴は、根本から成立して居ない訳です、被害者には、加害者加入、この損害保険、特約への、請求権が無い訳だから、この事実も知らず、東京海上日動、×城、中島弁護士、道警、東署、札幌地検、二階堂検事が共謀して、こんな詐欺冤罪をでっち上げて来た訳です。

(3)そして”×樹が捜査機関に渡した証拠の数々と、東京海上日動に堕した文書の記載、証拠と、×城、東京海上日動が、裁判にも出した証拠”と、ワイエ×商会現在事項謄本記載、全て公式に、刑事、民事訴訟法手続きに出されている証拠の通り”山本×樹が書面に記載して居て、証拠も添えて、東京海上日動にも送って有り、東海が受領印を押して、証拠で出した公式証拠とされている、一連の証拠の通り”事件原因焼却炉は、×樹の自己資金で購入後、ワイエ×無関係の×樹と、長縄信雄税理士の共謀で、ワイエ×に資産登録されていますから、山本×樹個人が重過失傷害事件加害責任者、の事件”で、×樹加入、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、適用、稼働は違法で不可能だった訳です。

(4)この犯罪者連中、×樹が死んだ事に付け込み”焼却炉はワイエ×所有、他社公開株を売った資金で購入、所持している機器だ、原告にリースで貸した、税理士も認める事実だ、×樹、ワイエ×、×城は刑事、民事とも無責だ!原告が違法請求した、ワイエ×に、ワイエ×所有焼却炉を、裁判官、職権行使で引き渡させろ、示談書を偽造故無効と判決を下せ”と、全くの虚言と言う、甲号証に加え、この犯罪者連中自ら、乙号証を出して、この主張、要求は虚言です、ワイエ×も、違法を重ねてこっそり解散済みで、焼却炉は、原告妻所有地に不法投棄のままの通り、虚言主張、虚偽要求です、と立証を果たして居る訳です。

根本から知らないで、国家権力悪行使、法曹資格者、司法機関の実態

  • 2023/03/07 07:30

事件を扱っているけれど、扱う事件どれに付いても「根本から、正しく事件を組み立てられる、必要な、正しい知識から備えて居ません、法曹資格者、刑事も同様に、この現実が大前提で有ります」

事件を正しく扱える、基本的必要知識等、多様な事件を扱う国家権力構成員、弁護士、検事、裁判官、裁判所、検察庁、法務省職員連中、学んで居ないですからね、どの事件もほぼ、正しく事件を組み立てて、事件を正しく立証出来る証拠を揃える事から、無知だから出来ません、強制的捜査権限を持てているけれど、強制捜査件、正しく行使出来る、根本的必要知識が、先ず備わって居ませんから。

だから「損保の下っ端職員や、昌城程度の犯罪行為者の指示通り、犯罪が正しいように捏造すべく、国家権力悪行使、に走れるんです”損保の下っ端職員、昌城から指示された、合法を隠蔽して、虚言で犯罪を正しいと捏造する為”の、国家権力を悪行使しての、犯罪を正しいとでっち上げで、国家権力悪用で、正しい事実証明、法理論無しで、強制的に、合法を隠蔽して、でっち上げた犯罪正当化を、正しい事実だ、と決定、判決を下す暴挙を重ねられる訳です」

二日分の、札幌地裁令和4年(ワ)第1932号事件での「公開されている、訴状、被告準備書面の記載事実、甲、乙号証で証明されている”昌城、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士の犯罪”を、公開されている、これ等証明資料の正しい事実証明、を使い、×城、東京海上日動、中島弁護士、長縄税理士の多種の犯罪、札幌地裁、複数事件裁判官、道警、東警察署、札幌地検、検事ら共犯事実を証明して有るのです」

動かぬ、この犯罪行為者等の犯罪、国家権力悪行使テロを、公式とされて居る訴訟資料、証拠を、正しく各々示して、犯罪者に唯々諾々と、無知さが極まっている故従い、犯罪者の犯罪行為責任抹殺、犯罪者がでっち上げている、事実捏造、犯罪正当化の為の、国家権力悪行使テロに走り、犯罪が正しいと強制でっち上げ決定、判決に狂奔、事実を、正しく証明、解説、証拠の数々を持って証明して有るんです。

憲法第76条3項、裁判官が先ず、この憲法規定を正しく遵守して、×城、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士等犯罪を、この連中の虚言主張書面、甲、乙号証を正しく理解出来て、正しく事実を認定出来て居れば、ここまでの国家権力が、損保、×城らに権力犯罪指揮されて、唯々諾々と、テロ凶行を国家権力悪用で実行、は起きて居ないんです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年03月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433625
ユニークアクセス:6585703
今日
ページビュー:959
ユニークアクセス:936
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed