エントリー

2021年09月04日の記事は以下のとおりです。

法律で合否を、司法犯罪はこれを逃げた代物

  • 2021/09/04 16:09

八百長は認められない、相撲の戦いや、競馬競輪、競艇、オートレース、アマチュアの試合、野球等は、一応こう言う決まり事になって居ますよね、決まりは。

プロレスは、試合を事前に組み上げて有り、が、今では知られています、八百長と言うのとも違います。

賭け博打、裏の賭け博打も「任侠映画で見る限りは、ばれる八百長は、凄く拙いようですね、外国のカジノでも、ばれる八百長は、命が掛かる事のようですし?」

一方、日本の司法権力による、刑事、民事訴訟法手続きなる代物、憲法、法律に従い、合否を正しく証明して、法により合否を決める、判決を下す、事と表向きされていますが、現実は「八百長どころでは無い”ある意味、国民をたばかって有り、演芸、演劇で仕組まれて居ます”当然ですが、八百長処では無い現実です」

この現実は「弁護士、検事、裁判官、法務省職員、警察官らの頭、知識、思考力等では”扱って居る事件のほぼについて、何の事件なのか~,良くか、ほぼと言うか、理解も出来ないと言う、笑えない、恐ろしい事実が、この八百長、詐欺司法他、犯罪を生み出させて居るのです”」

多様な刑事、民事事件の扱い、両方絡む事件も膨大で、扱って居る、国家権力を、強権発動権限を持てて、強制扱いで来ているけれど、ほぼ全ての事件に付いて、何が何だか、法を持った理解も何も、無知無能ですから、出来ないのです。

この現実が有る事を、平民に隠して、全能の神様ごっこに興じる為に、司法犯罪制度でっち上げ、これを重ねて来て居ます「合憲、合法破壊、司法でっち上げ、犯罪で成立させて有る、犯罪制度が、合法を犯罪化させられて、正しい答えで通せる、唯一の答えだと、犯罪を重ねて、正しいと偽装させて、成功させて有るんです」

現実に、司法犯罪制度で、犯罪が適法、合法だ判決を重ね続けて居る、親権強制無効判決事件、遺産預金、他者の預金泥棒が合法判決事件、赤本診断、賠償、素因の競合診断が合法、主治医の医療行為、診断等はでっちあげ、合法無し、赤本、素因の競合診断が、適法だ、医師法は無効だ判決、決定事件記録、証拠を検証すると、司法犯罪に、合法等何も無い事実も含めて、立証出来ます。

憲法、法律に沿い、合法、犯罪を正しく判断して、判決、決定を下さなければならない、法定代理行為を行う以外認めない、犯罪立証を、正しく果たさず、送致受け、起訴する事は認めない、これを正しく果たさせれば、法曹資格者、刑事、民事訴訟法手続き、破滅しますよ、八百長処では無い現実には、これしか出来ないと言う、切実な理由が有るんだから。

赤本診断、素因の競合診断が合法なら、被害者の主治医が、医師法により、第三者行為傷害受傷、検査等結果について、赤本診断、素因の競合犯罪診断と合否決定させて、結果を正しく、法を持ち、出せば良い事です、そもそも、合否で争えるか、医師法規定、合法な医療行為対、赤本診断、素因の競合診断で、刑事訴訟法手続きも合わせて、争える訳が無いです、司法犯罪で有ろうと。

過去の傷害加害事件に関して、同じ人間が以降受けた傷害事件で、過去の加害者を持ち出すと言う

  • 2021/09/04 15:04

今起きた傷害事件で、同じ被害者に、過去に傷害事件加害行為を加えた加害者を、今回の傷害事件加害責任も、お前が負うんだと、自賠責事業、任意自動車保険事業が、被害者が、今負った傷害事件受傷で「損保が、過去の傷害事件で、自賠責、任意自動車保険補償、賠償対応した情報を持って居て、今の傷害事件受傷の加害責任者として、過去の傷害事件加害者を、名指しして、素因の競合と言う、年月を飛ばした、傷害事件加害責任者だ、と指弾して居る」

当然ですが「医学的な、今起きた傷害事件受傷なのを、過去に負わされた傷害事件受傷被害が、今も強く残存して居るんだ、等と言う、合法証明も無しでです、それはそうでしょうね”主治医としても、今傷害事件被害受傷を負わされて、治療を受けに来た患者を見て、この怪我は、今を去る事x年前に、第三者行為傷害加害行為を受けて、負った怪我が強く残存している怪我だ”等、骨折が治癒した後や、縫合された傷跡等でも無ければ、そんなオカルト診断、出せる訳が無いです」

この所業、信用棄損、名誉棄損の罪でしょうし「傷害事件と言う、刑事事件で、加害者法に拠らず捏造と、被害者が負った受傷を、虚偽を道、他の受傷、受傷原因だと、でっち上げで摩り替えようと謀って居る、犯罪行為です」

この、一連の司法、警察他共謀犯犯罪、昭和40年代に、自賠責、任意自動車保険が、合法な賠償、補償保険金支払いせず、賠償詐欺、闇恐喝で逃げられるようにと、合法無しで仕組んで、悪逆を募らせて、成功させて来た、国家権力犯罪を、今も悪化させながら、常時使い、犯罪が正しいと、法を破壊させて、判決を下す事しかしていない、司法、警察、行政等共謀犯罪です。

古い司法、警察、法務省他共謀、権力犯罪なので、今の時代に、こんなテロ犯罪が、適用出来る筈が無いのですが、損保、自賠責事業、司法、警察、法務省らの頭、思考力欠落、法知識欠落事実ですから、合法に背き続ける以外、無能さ故出来ないままなのです。

傷害事件の刑事捜査を、医師法の正しい遵守を必須とさせて、医師法、医学に沿った、正しい第三者行為傷害被害受傷の立証、これを証明させて「長期療養が必要な、重い怪我で、怪我の部位の証明等が、日数を経なければ一定証明出来ない、複数の傷害受傷の恐れが強いなら、カ月単位、刑事事件捜査を重ねさせなければなりません、損保、提携弁護士、共謀犯裁判官らが、でっち上げ診断で言い掛かりを付けて来る場合も多数、その間に出ても来ます、それが出たなら、補充捜査を加えさせれば良いのです」

医師法に適って居るか、犯罪診断を持った言い掛りが、刑事事件捜査で、これも公式捜査させれば良いのです「過去に同じ被害者に、傷害事件加害行為を加えた加害者の傷害事件を、素因の競合で持ち出してくる場合も出ます。

長期事件捜査を、法に拠りさせて居れば、素因の競合診断を出して来て,過去の傷害事件加害者が、今起きた傷害事件でも、加害責任者だ、と持ち出してくれば「名誉棄損、信用棄損罪の適用も視野に入ります、捜査妨害もです」

医師法を正しく踏まえた、損保賠償が必要な傷害事件の扱いも、法曹権力には出来ない、診療記録等を見ても理解不可能

  • 2021/09/04 08:08

司法犯罪が国中を席捲、理由は単純です「法を下敷きとさせて、合否を判断するとされれば”弁護士、検事、裁判官の頭、無能さでは、殆どの刑事、民事事件を、合法を持って判断等出来ません”」

この現実が大前提であるから「法曹資格者と言う、無知無能、正しく事件を理解、判断等出来ない”表向き、全能神国家権力集団の中でも、最底辺の連中も、正しく判断が出来た、かのように偽装する為の手が、司法犯罪制度なのです”」

実際に行われて来て居る、刑事、民事事件手続き書類、証拠資料を「まともな頭を持ち、検証すれば分かります”弁護士、裁判官、検事連中、小学生でもわかる程度の、合否判断問題から、本当に、判断出来る証拠等が、きちんと揃えられて居るのに、何も意味から理解出来ません”」

これが実際ですから「第三者行為傷害事件を、主治医による医療行為を、根本の合法根拠、証拠と、法によってさせて、刑事、民事事件で正しく扱い、合法根拠を備えて判決、決定する事等、出来る道理が有りません」

法曹資格者なる連中の大半、カルテ他、診療に係る記録や、各種検査画像と、画像から導き出した、診断結果を見たって、何も分かる訳が無いんです「主治医にしても”検査技師や、検査結果を、担当から聞いて、そうなんだろうな”と思って居るのが、多くの場合、実際です、弁護士、検事、裁判官等に、カルテ他医療記録、各種検査記録映像と、検査技師が見出した傷害に関する診断、治験データ結果が、分かる訳は無いのです」

医療に付いても、実際には、何も分かりもしない、これが法曹資格者の実際だから「赤本診断、賠償論だの、素因の競合でっち上げ診断だのを、常に持ち出して、刑事、民事事件で通せと要求して、検事、刑事、民亊担当裁判官連中も、医師法規定から理解不可能故、損保の闇式だからと、常に医師法破壊で通して居るだけです」

これで通せている理由は「医師に、司法犯罪診断通り、事前想定、犯罪診断期間通りも含めて”主治医に、第三者行為傷害の治療等医療行為なのを、カルテから偽造して、一般傷病に対する医療行為だと、偽造、健康保険等、公的資金詐欺に走らせる大前提が闇で作られて有るから”」

つまり、主治医は常に、司法犯罪診断に合わせて、第三者行為傷害の治療等医療行為を、一般傷病だったと、カルテ他偽造を、常時する前提の犯罪が仕組んで有る、これが大前提で、司法犯罪診断を、判決、決定で、常時下して成功させられて有ると言う事です「これ以外、弁護士、検事、裁判官連中には”合法な診断とは”も全く意味不明です、これが合法だ共、実際思って居る訳でも無く、主治医が偽造で合法化するから、だけで司法犯罪を重ねて居るんです」

多分初めての、医師法破り司法犯罪の合否証明事件手続き

  • 2021/09/04 07:32

私が受けた、3件の第三者行為傷害、重い受傷被害事件が絡んだ、司法犯罪、実際は、司法、警察を謳うだけの、損保の下僕、法律等何も理解も出来ない故、損保の犯罪制度用公的犯罪機関化して居る、司法、警察による、3件の第三者行為傷害被害事件での、重い受傷に付いての、刑事、民事責任を、犯罪、言い掛かり、医師法破壊、主治医による、合法な医療行為を出鱈目、犯罪と、強権発動を武器とさせて、でっち上げで決定して、通しに走って来て居る、傷害事件加害者責任を、この一連の犯罪で、刑事、民事共、司法犯罪で抹殺して、損保の賠償金支払い責任を、法の破壊で消しに走って居る、刑事訴訟法手続きから、これが企まれている事件なのですが。

私の打って居る手複数も功を奏しており「医師法破壊、主治医による、第三者行為傷害受傷の治療、検査と結果、診断等、合法行為、証明と、損保が実際は総指揮、提携弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省、国土交通省、金融庁他共謀、素因の競合でっち上げ診断捏造で、合法な医療行為と証明抹殺目論見、権力テロと、どっちが合法なのか、刑事事件段階で、白黒が付く状況に持って来れて居ます」

流石にここ迄、刑事事件捜査の段階で「損保が指揮、司法でっち上げ、素因の競合診断で、損保が合法賠償支払いせず、逃げられるように企んで、成功に持ちこもうとの、損保、提携弁護士ら、司法犯罪テロ集団の思惑に、主治医も従わないでしょうから”青森の事件、通勤災害人身交通事故受傷事件で、損保が持ち出した、犯罪診断通り、犯罪常習裁判官が、判決を下して、医師法、主治医らの合法医療行為、労災給付を、違法、犯罪だと、合法無しで判決で下して”これを携えさせて、厚生労働省、労基に、提携弁護士を差し向けて、この犯罪診断判決後の、十数年支給し続けて居る労災給付金、医療費他給付金を、詐欺として全額回収しろ!と、合法無しで恐喝、強要に走らせた、損保、司法犯罪事件で」

私が手も打ち、厚生労働省、労基は、医師法に拠らない、司法犯罪診断判決に、合法は無いから、聞き入れる必要無し、これで、恐喝、強要を蹴って居ます。

この司法犯罪に応じるには「過去十数年に遡り、担当した主治医全員に”一般傷病による受傷の治療だったと、カルテから偽造して貰う必要が有るんです”5年保存のカルテです、多くが処分済みですし、国保に、過去十数年遡らせて、医療費詐欺を働かせるにも、カルテは失われているし、請求時効は二年だから、不可能です」

この、公式実例も、主治医に渡して有ります、ここまでの状況で、刑事事件捜査も、主治医に入ります「一般傷病だったと、診療記録から偽造する事は無いでしょうし、素因の競合犯罪診断が正しい等と、刑事、民事で打って出る訳にも、東海と提携弁護士、もう出来ないでしょう」

素因の競合診断が正しいと、自賠責事業が、国として、医師法等蹴った、診断記載文書を出し手も居ます、それ以外の重い受傷も、主治医らから出されて居る事と合わせて、国の責任で、合否を公式に付ける必要も有るし。

医師法規定の破壊、これで犯罪診断だけが正しいと、合法無しで、刑事、民事手続きでも常時でっち上げ判決、決定を下して居る「通常は、これを出すと、主治医が、一般傷病でしたと、カルテから偽造に走り、司法犯罪判決、決定が合法なように、証拠捏造して、成功させて有る、医師法破壊の合否も、併せて白黒が付くでしょう」

医師法が根拠では無くさせて来てある

  • 2021/09/04 07:10

医師法による、主治医の医療行為、カルテの記載、診断、検査記録結果が、実は「司法犯罪で、無効化されて通されています、じゃあ”何が根拠なのか?”となる訳ですが、法律に沿った根拠は、司法犯罪には御座いません、出鱈目な答えを、判決で下すと、主治医が阿吽の呼吸で、カルテから何から、傷害事件なのに、一般傷病の治療等行為だと、偽造して、司法犯罪が、医師法、医学的にも正しと、国家資格者犯罪で、捏造するからくりとされています」

嘘、でっち上げ、捏造を、合法と、国家権力犯罪により、強制的に作り替えて、司法犯罪こそ正しくて、法の規定、医師と言う、国家資格者の資格者業務が犯罪、出鱈目だと、司法テロで、強制力行使で、でっち上げて通して有ります。

これが真実ですから「司法犯罪診断が、医師の医療行為、検査記録結果、診断等叩き潰せて、唯一正しい、この法螺判決、決定には”主治医が診療録等の偽造に手を染めて、検査記録映像による、正しい診断も、間違いだと、司法犯罪診断でっち上げ判決、決定に合わせて、虚偽診断に変える”この、一連の犯罪が必要です」

主治医が、司法犯罪、でっち上げただけの診断が正しい判決、決定に従わず「第三者行為傷害が原因の医療行為で、怪我を証明した、検査記録映像である、この合法診断を変えなければ”司法犯罪診断が適法だ、等と言う判決、決定に、一パーセントの合法も生じません。
青森の労災適用、通勤災害交通事故事件の、医師法破壊で合法無く、下した判決を見ても、労災事業、厚生労働省相手に、犯罪診断判決を携えて、強要、恐喝に手を染めた損保、提携弁護士、背後で支援法曹権力犯罪 でしたが「私が手を打ったことも功を奏して、医師法から何も備えて居ない、法を持たない、でっち上げただけの、素因の競合診断ですから、厚生労働省、労災事業は、結果として、損保、司法言い掛かり強要、恐喝を蹴りました、合法等何も無い、司法犯罪判決ですから」

主治医がカルテから偽造に手を染めて、司法犯罪が正しいと、証拠の犯罪偽造に走る以外、成功は果たせない実例証拠です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745528
ユニークアクセス:4919405
今日
ページビュー:2753
ユニークアクセス:2709
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed