エントリー

2021年09月29日の記事は以下のとおりです。

時代錯誤を極めすぎ

  • 2021/09/29 18:10

自賠責事業、任意損保事業、ごたまぜにした、自賠法の悪用目論見、一括代行、弁護士法違反、医師法、医療法、健康保険法蹂躙、犯罪で構成して有る、事も有ろうに「国の強制保険事業!犯罪で構成して有る、国の強制保険事業です、自賠責事業なる強制保険は」

所で、もうわかった方も、それなりにおられると思うのですが?『交通事故労災事件の場合”無限支払いの労災事業は、支払い上限が設定されている、自賠責事業に対して、労災で支給した額で、自賠責から回収出来る金額までは、労災事業から、自賠責に対して、自賠責支払い上限、を限度として、資金回収します、国の強制保険事業にか所から、二重支払いが起きない為の手続きです、あくまでも”国の強制保険事業にか所から、同様名目の支払いが起きないように、が原則の手続きです”で、自賠責上限まで、労災が回収した時点で、この求償は、基本終わりで」

後は、主治医の治療、診断に沿い、粛々と、労災は支払いを続けて行く、こう言う法律手続き、が合法なのですけれど、労災事業と、自賠責事業は傀儡で、一括代行任意損保で、自賠責支払い上限を超えているのに、労災は求償実施、任意損保は、ある程度求償に応じている、現実となって居ると言う?

この、自賠責事業、任意損保事業対?労災事業に係る「法の正しい適用から、共に知らない愚かしさが、この愚かしさに、法曹権力も直接加わって居ると言う、更なる法の破壊の現実が有るから、十和田労基、損保委任提携弁護士恐喝、強要実行犯罪、も起きた訳です」

訴訟詐欺を提起して、詐欺判決以外出さない事は、闇で設定済み故、犯罪診断が適法と、犯罪で構成された判決が、闇の設定通り下った、労基、合法な労災支払いを潰せ、カルテを偽造させて、犯罪診断判決期間に合わせて、交通事故受傷の治療と言う事実を、一般傷病治療と捏造で作り変えろ!カルテを一般傷病治療と偽造で作り変えさせて、賠償詐欺事件をでっち上げて、支払金回収しろ!この直接恐喝、強要犯罪も、起きた訳です。

任意損保事業は「労災と自賠責事業間で行われている、無限支払い労災から、支払い上限設定、自賠責事業に対して、二重支払い防止が主の、求償手続きのみ、なのだから、自賠責上限支払い以降、何の求償を要求される謂れも有りません、この法律手続き、意味も知らない愚かしさが、言い掛かりだけの、損保、提携弁護士共謀、理由無しで労基恐喝、強要犯罪発生、を生んだんです」

損保からの回答他

  • 2021/09/29 14:26

@東京海上日動損害サービス4課、任意人身傷害担当澤戸氏から、自賠責調査事務所による、医師法違反診断事実確認後の回答が来ました、又、澤戸氏は”無限支給労災が、二重支給が起きないように、国の強制保険事業、上限設定自賠責から、自賠上限まで求償を掛けて回収する、国の事業に、任意保険は関与権限無し、任意は自賠法も、実は扱えない、等答えて居ます

                                  令和3年9月29日

〒060-0908 札幌市東区北8条東4丁目1-5
北新病院主治医殿
TEL011-792-1211
FAX011-792-1220
診察券番号58780
札幌市中央区南1条西14丁目
社会医療法人医仁会 中村記念病院主治医殿
TEL011-231-8555
FAX011-231-8385
診察券番号20079307

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

田村憲久厚生労働大臣 自賠事業の医師法違反、損保も回答
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室上中、関根、斎藤係長他
TEL03-5253-8586(直通)
FAX03-5253-1638
上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、司法法制部
FAX03-3592-7393

1、東京海上日動札幌損害サービス4課、澤戸氏からの回答を、先ず伝えます。

昨日の、澤戸氏の答えー山本さんの後遺症審査は、北新病院分しか審査して居ません、中村記念病院、渓仁会病院の診断書、検査記録等は、後遺症審査には一切使って居ません、ですから、頚椎変形、神経症状、視力急激低下、0,2以下に低下は、9級より上ですが、後遺症審査対象除外としました、理由は不明です。

澤戸ー自賠責調査事務所からは、顧問医が在籍しており、顧問の医師が、後遺症審査医療情報の診断を下している、医師が診断して居るから、正しい審査結果と答えて居ます、医師法第17,20条違反ですか、明日、自賠責調査事務所に連絡して、顧問医の氏名、資格番号を確認して、伝えます、医師法違反なら、教えないかも知れません。

澤戸ー任意自動車保険事業は、自賠責、労災事業とは、法律上関われません、民間の保険事業ですから、共に国の強制保険である、労災と自賠責事業に係れません、実際には、ですから交通事故労災事件で、無限支払いの労災が、支払い限度が決まっている自賠責に、国の事業で二重支払いが起きないように求償を掛けて、国の事業同士で、資金回収されれば、任意自動車保険は、既に任意から仮支払いして居ても、自賠責から回収出来ないんです、ですから任意事業は、労災が、自賠から求償してしまわないか、びくびくして居るんですよ。

澤戸-実は、任意損保の事業は、自賠法も適用等出来ません、任意保険事業社ですから、任意保険事業で、自賠法の規定と使う事は、実は認められて居ません。

本日、澤戸氏から出た回答ー札幌自賠責調査事務所に”顧問医が居て、後遺症審査で診断して居る件”を確認しました、自賠責調査事務所の答えは”顧問医が、後遺症審査で送られた診断書、検査記録等を見て、診断を下して合否決定して居る”医師の氏名、資格番号は秘匿で教えないが、後遺症審査、診断、合否は、顧問医が医師の資格で診断、決定して居る、と答えを得て有ります、医師法第17,20条違反に付いては、答えが出て居ません。

2、こう言った回答が、東京海上日動損害サービス第4課、澤戸担当より出ています、北新病院主治医殿、中村記念病院主治医殿、私共々医師法第17,20条違反行為により、自賠責調査事務所、顧問医を、厚生労働省に先ず告発が必要です。

3、厚生労働省、国土交通省、法務省”自賠責事業は国交省の事業、医師法、医療法、健康保険法、弁護士法違反事業を、国交省が自賠責事業、任意自動車保険事業(非弁行為の一括代行で、自賠法も適用と、国交省答え)で認める事は禁止です”厚労省、法務省、所管法律に拠る、調査、告発、処分を求める。

医師の裏切り、カルテ、診断書偽造で、第三者行為傷害抹殺は

  • 2021/09/29 08:31

患者とすれば、主治医が自賠責事業、労災事業、任意損保事業が、合法な損害賠償保険金支払いせず、逃げられるようにと言う理由で「患者のカルテ、診断書を偽造して、第三者行為傷害受傷の治療なのに”一般傷病の治療ですよ( ´艸`)と、カルテ、診断書の偽造犯罪を、日常的に行って、賠償潰しの武器作りして居る事の意味は、正しく理解出来て居ませんよね”」

主治医による、医師免許と言う巨大な武器、特権を、患者を裏切り、陥れる、医師の国家資格を悪用しての裏切り行為です、ちゃんと理解出来れば、とんでもない悪行被害を、患者は被らされているんです。

国家資格を得たから、得た国家資格による業務を、合法のみに使う事を制約して、医業に従事して居るにも拘らず「カルテ、診断書偽造、行使を当たり前とさせて有る、本当に極悪非道な、医師免許剥奪が相当の、極悪犯罪行為ですよ」

自賠責事業、任意自動車保険事業、労災事業との共謀、司法テロ権力との共謀も含めた、医師による、患者の診療情報偽造、行使、違法横流し等犯罪は、事実証拠も持って、先ずは厚生労働大臣に対して「医師法第17条違反ですから、医師法第31条1項を適用させて、刑事告発せよ、と求めて有るし」

この一連の犯罪に、医師、医療機関共々、労災事業、レセプト審査機関等も「合法支払いを潰す武器で悪用させる、確信犯罪目的で、守秘情報横流しし捲っても居ますから、この犯罪も、厚生労働省は、所管法律に拠り、監査、検査を行い、犯罪は告発して、横流し先損保に、次に手を入れて、告発せよ、と訴えても有る通りです」

厚生労働省も、カルテ、診断書偽造、医師法違反犯罪診断、違法な医療関係の、守秘情報横流し、悪用、労基を損保、提携弁護士が、言い掛かりで恐喝等々を「医師法、医療法、健康保険法、労働者災害補償保険法蹂躙を認めて、公開犯罪に格上げさせるなら、今後傷害事件は立件不可能、医療過誤も不成立他、が当たり前となる訳です」

情報守秘も犯罪不成立、違法入手情報を使い、自己利益の為恐喝、強要、詐欺も適法、となる訳です。

カルテ偽造、診断書も偽造が当たり前となって居るから

  • 2021/09/29 08:08

第三者行為傷害の怪我は「合法な賠償金支払いを潰す目論見で”主治医にカルテ、診断書偽造、行使させる、が当たり前となって居ます”この結果”合法な、第三者行為傷害受傷の治療行為、合法治療証明方法が、医師にも分からないと言う、恐ろしい現実を生み出して居ます”」

第三者行為傷害の受傷の場合は、特に自賠責事業、損保事業が、被害者に負わせた対人賠償金補填支払いが必要の場合は特に、自賠責事業、労災事業、損保事業が命じる通り、犯罪診断が通った判決が下った時も、犯罪診断適法判決通りに、カルテ、診断書を、医師が偽造して、一般傷病の治療ですよと、虚偽を捏造する、医師の国家資格を、傷病原因捏造の証拠作りに悪用させて有る、極悪非道な現実なのです。

当然ですが「法律規定上、この、医師によるカルテ、診断書偽造、傷病原因等を、自賠責、労災、民間損保事業が、合法な損害保険金支払いを潰す目的の為、第三者行為傷害による、傷病の治療と言う事実を、一般傷病の治療だ、と虚偽で証拠作り行為は、犯罪で有り、法を適用されればですが、先ず医師が処罰されます、が」

法務省、厚生労働省、国土交通省、司法、警察、都道府県庁、医師会等等が、直接この犯罪を命じて居る訳で、医師は、カルテ、診断書の偽造行為責任は、問われる訳が有りません、問えないのが真実です、が。

自賠責事業、労災事業、任意損保事業が「合法な賠償金支払いせず、逃げられるようにと言う目論見で、カルテ、診断書偽造、行使と言う、最悪の犯罪を、国中で、国家権力が頭を張り、主治医に命じて手を汚させて居る、狂い切った国家です」

この記載も含めて、裏付け証拠も持って居る上で、公開犯罪証明を続けて居ます、昭和44~45年頃に、この犯罪の手をでっち上げており、以後ずっと、基本同じ犯罪を凶行させて、成功させて来ています、時代錯誤を超え過ぎた、国家権力共謀極悪犯罪を、今の時代でも、犯罪と承知で続けて居ます。

自賠責事業からして、犯罪で構成

  • 2021/09/29 07:45

自賠責調査事務所には「医師で無く、医療機関でも無い調査事務所なのに、身分不詳の医師が在籍して居て?後遺症の審査で、送られた治療に係る情報、検査記録を診断して居る?医師法第17,20条違反だけど、これが行われている?調査事務所から、私の後遺症診断を行った、医師の氏名、資格番号を聞いて、伝えますと、東海から答えを得て居ます」

;医師法第17条で”医師で無ければ、医業を行えない”と規定されていますし”医師に係らず、国家資格者が、資格業務を行うに際して、無資格者の指示を受けて、資格事業を行う事を禁じて有ります”無資格者から指示されて、医師が医業を行うと、共に医師法第17条違反が適用されて、医師法第31条1項、3年以下の懲役、100万円以下の罰金刑に処されます。

;医師法第20条で、診察して居ない医師は、診断を下してはならない、これに違反すれば、医師法第32条2項で、30万円以下の罰金刑に処す、と規定されています。

;現在では”医師であろうとも、扱う診療科目に付いて、都道府県庁に届け出が求められており”あらゆる医業を行える訳では有りません、一定の研修等が責任づけられて居る、ですよね?扱える診療科目に関して、整形外科が診療科目で、眼科、脳神経外科を診療科目とは、出来ない筈です。

自賠責事業、任意損保事業の実態は「法令違反で構成されており、犯罪で成り立たせて有る、とんでも事業が実際です、医師法第17,20条違反、弁護士法第72条違反、提携弁護士は、弁護士法第27条違反、医療法違反、健康保険法違反、個人情報保護法違反、詐欺行為、恐喝、強要行為常習事業等等、犯罪事業が実際です」

この、犯罪で構成事業は「今日の文書送付先全て他、が、犯罪に与して成功させて有ります、法を正しく扱うべき、公的機関、国家資格者が、職権悪用、犯罪に走り、自賠責事業、任意損保事業、犯罪の数々を、適法犯罪と、合法潰しで偽る事と、犯罪共謀行為を持ち、犯罪事業を成功させて有る訳です」

ここまで犯罪のみ、凄まじい事実です、法治国家の破壊、これを目論んだ、テロ国家権力集団による、巨大テロ事実証拠証明です。

対抗策を、私は構築して、公開しています、犯罪ですから、合法を武器とさせて、対抗出来るけれど、一気に合法化は、こんな規模の国家権力テロ、犯罪で有り、無理と言う現実です、が、手は有ります。 

医師による、合法な証明書作成方法は?と

  • 2021/09/29 06:34

@昨年8月11日午後12時過ぎ発生、東署勤務警察官による、私が乗るトラック後部追突人身交通事故事件受傷に関して、自賠責事業、任意保険事業で、主治医の医療行為、診断を、医師でも無い誰かが、平成20年の追突事故受傷、既往症が強く残置が正しい等、医療費、賠償詐欺と”診断”した事件、主治医らに、医師法遵守による、犯罪診断否定証明書、診断書作成を依頼したのですが”医師法違反診断を、医師として否定する”証明書、診断書作成内容問い合わせ等返って来ており、合法証明とは、等、別紙で助言しました、厚労省、医師にカルテ他偽造教育、が実態ですか?

                                  令和3年9月29日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

田村憲久厚生労働大臣 医師が医師法による証明は?と問う現実
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463労基調査せよ)
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室上中、関根、斎藤係長他
FAX03-5253-1638 自賠事業で医師法違反、厚労乗っ取り
上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、司法法制部
FAX03-3592-7393 医師法第17,20条違反禁止
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 法曹資格で医師資格事業否定不可
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 医師法蹂躙判決で、症状は消えず
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357
※自賠、任意損保が、合法支払い逃れ用武器提供、カルテ偽造、診療情報恐喝用提供
北海道厚生局医療課、松本課長補佐他
FAX011-796-5133
北海道労働局長、労災補償
FAX011-737-1211
道庁国保医療課小野係長、田中課長他(25-805)
FAX011-232-1037
札幌市保健所医療政策課坂上、河村他担当
FAX011-622-5168 自賠、民間損保に医療情報大量、違法
協会けんぽレセプトグループ安田課長補佐他
FAX011-726-0379
北海道国保連合会振興係竹中係長、岡村課長
FAX011-231-5198
札幌市役所保険企画課求償係松本係長、杉本担当
FAX011-218-5182
日弁連会長
FAX03-3580-9840
札幌弁護士会会長
FAX011-281-4823

1,昨年8月11日、東署勤務警察官が、私の乗るトラック後部に突っ込み、重い怪我を負わせた傷害事件で「後遺症審査手続きを取った所”自賠責事業職員、元損保、役所職員らが、違法な診断を、闇で、医師も加わり?(東海回答、医師名、資格番号は、調査事務所から聞き、医師法第17,20条違反で告発証拠とさせる、との事)主治医による、合法医療行為、診断の否定、犯罪診断で否定した、医師法違反行為、犯罪診断”を、主治医らに、この犯罪診断情報も提供して、医師の国家資格により、犯罪診断否定、合法な、受傷等証明書、診断書作成依頼した、再審査用証明書作成依頼した訳ですが、医療機関から問い合わせが来て、別紙回答しました」

2、医療機関からの問い合わせは”医師法第17,20条違反の、自賠事業、任意損保事業による、犯罪診断の否定記載は?どう書けば良いでしょうか?医師も、医師法第17(向こうで、医師も違法診断に加わって居れば、医師は、医師法第17,20条違反)条違反は分かるが、証明記載が分からないとの事で”との問い合わせです、私が助言した内容、補記、自賠、任意損保に追従した、労基、レセプト審査機関等犯罪伝達等は別紙通り。

3、普段から記載先に追従して”カルテ、診断書、レセプト偽造が恒常化して居る故”医師法第17,20条違反犯罪診断を、医師の国家資格業務事実を持ち、否定する診断書、証明書作成方法等不知”が現実です”主治医の医療行為、診断を、違法診断で否定、過去に負った怪我が、既往症で強く残置、昨年の交通事故受傷の治療では無い、過去の怪我が10、昨年の同じ部位の怪我は10以下だが、追突受傷と虚偽診断、治療との、犯罪診断です、医療費、賠償詐欺診断で、摘発されると伝達”既往症の怪我の治療事実無し、昨年8月11日、追突による受傷の治療、との診断書、証明書が必須、詐欺冤罪防止の為にも”と助言。

4、東京海上日動、人身傷害の担当から聞いた事実「調査事務所には、医師法第17,20条違反責任逃れの為、身元不詳の医師もおり、調査事務所の指示で、資料で診断等下している、医師の氏名、資格番号を、調査事務所から聞き、伝えますが、医師法第17,20条違反に問われるなら、調査事務所は教えない可能性が」「山本さんの後遺症審査は”北新病院からの情報以外使って居ません”中村記念病院、渓仁会病院発行診断書、検査記録等不採用です、ですから”頚椎変形、これによる神経症状も、後遺症認定等級9以下、一眼の視力0,2以下に低下診断等も採用して居ません、不採用の合法根拠、法による根拠は、分かりません、整形外科で、脳神経外科、眼科領域診断は、不可能は事実ですが」「今後、医師法違反診断で、後遺症否定が出る都度、医師に医師法違反診断否定証明書、診断書の作成と、医師法違反告発を行うんですね、調査事務所に伝えます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837990
ユニークアクセス:5010828
今日
ページビュー:652
ユニークアクセス:650
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed