エントリー

2021年09月13日の記事は以下のとおりです。

士師資格者は、無資格者の指示で資格業務を行ってはダメ

  • 2021/09/13 15:17

士資格者、国家資格者は、無資格者の指示により、自分が持って居る、士、師国家資格者業務を行う事禁止、国家資格に違反します、資格停止、取り消し、刑事罰則適用の扱い対象です。

この法律事実を踏まえて「損保は凄いですよね”法曹資格者、医師を、無資格なのに、下僕で従えて、士資格者に、士資格者業務違反を、指示して行わせて、成功させられて居ますから”医師、弁護士、検事、裁判官が、損保の指揮下に入っており、損保の意思を受けて、国家資格者業務、無資格者の指示に沿った、違法な国家資格業務を常態化させて居ます」

今年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒、所有者で無い人間が下敷き、重症をった、重過失傷害事件の刑事捜査でも「医師法違反そのものの、傷害事件が起きた事を、主治医が医師法を持って証明する為の、刑事事件捜査手続きで”捜査機関の要求を受けた主治医が、患者、被害者からの、診療に関する情報を、捜査機関に提供する為の必須手続き、患者からの合意無しで”主治医は、医師で無い、捜査関係者からの指示を受けて、医療行為を行って居ます”患者を無視してです」

医師法第17条違反、主治医も、です「国家資格者の医師は、医師の国家資格業務の遂行に当たり、医師で無い者の指示を受けて、医療行為を行う事禁止、この罰則付き法律に、見事違反しています、捜査機関と医師共々、医師法第17条違反が適用されて、医師法第32条でしたか、医師は3年以下の懲役、100万円以下の罰金刑が科せられる、医師法の規定です」

傷害事件を、但しく立証、立件するのに必須の証拠、証明は「医師法規定を正しく遵守した、傷害事件だと証明出来る、主治医による、医学的な、傷害受傷被害の証拠証明が、大前提で必要ですが”捜査機関と主治医とで、医師法第17条違反の捜査機関指示による、医師の医療行為で、医学的証明を作って居ます”が」

医師法第17条違反ですから、医学的に合法な傷害事件の証拠、にはなりません、刑事罰則が適用となる、犯罪によって作られた証拠は、証拠価値は有りませんので、傷害事件の証拠は失われますから、傷害事件は立件不可能で終わりです。

傷害事件である医学的証拠、合法に作られた、揃えられた、医学的傷害事件の証拠が失われたら、傷害事件は潰れて終わる、捜査機関と担当の医者、ここから知らない無様さです。

傷害事件受傷被害患者のカルテの写しを、加害者委任弁護士が取り「医師法第17条違反で作られた、揃えられた、医学的傷害事件証拠だと、医師法の正しい知識を備えて証明すれば、傷害事件で起訴して居ようと、傷害事件である、医学的証拠が無効となれば、傷害事件は潰れるんです”患者の意志、ですよ、医師が守らなければならない、傷害事件である、医学的証拠の取り揃え、医師の資格業務で、合法とする為に必要な要件は”」

刑事も、検察庁、検事も、弁護士、裁判官も、医師自身もきちんと理解出来ていない、医師法第17条による合法、違法と言う事です、出鱈目な傷害事件捜査、立証が常、揃って無知だから、今まで医師法違反で傷害事件を、訴追して刑事罰を適用させて来れた、が事実です。

損保が指示して、医師がカルテ偽造他に走って居る、医師法違反で医師免許停止、刑事罰も

  • 2021/09/13 10:47

国と道庁が、元々は公立大学、付属医療機関で管轄下に置いて居た、大学付属医療機関の医師が、損保の言うがまま「人身交通事故受傷患者の主治医と、一括代行損保、加害者側損保だ、と、口頭で言っただけで”患者は後遺症診断書の作成委任も、後遺症診断書作成日の診察受けもしていないのに、患者の意志だと偽って、患者に隠れて”主治医が、医師法違反で、後遺症診断書を捏造作成して、闇で一括代行損保に、医療機関から送られて、闇で後遺症審査を行って居たと言う、事件、事実のようです」

医師で無い者の指示に、自分の患者で無い者の指示に従い、こんな違法な医療行為に手を染めた訳で「この医師、医師法第17条違反が適用されますよ、罰則は、医師法第31条でしたか、100万円以下の罰金、3年以下の懲役刑です、医師免許停止、保険医の資格取り消しでしょう」

医師法第17条が適用される場合の基本は「医師で無い者が、医療行為を行った場合と、医師でありながら、医師で無い者の指示に従い、医療行為を(違法行為を)行った時に、この医師法が適用されます」

損保だ、提携弁護士だ、と、口頭で言う輩の指示を受けて”自分の患者の意志だと、闇で偽り、後遺症診断書を、患者の診察も、後遺症診断書作成に当たり、患者の診察もせずで、損保、提携弁護士の言うがまま、主治医が、患者の後遺症診断書を作成して、こっそり損保に提供して”」

自賠責事務所と損保が共謀して「後遺症審査を行い、結果を、寝耳に水の傷害事件加害者に通知して来た、恐ろしい犯罪行為に手を染めています、一番悪い犯罪者は、主治医です、自分の持って居る、医師の国家資格違反の極致に、良く走るものだ」

この違法な後遺症診断書、患者に隠れて違法作成、患者以外に違法発行は「後遺症診断書作成の為に、患者が受診して、診察等を受けて居ない事実で、正しく証明出来ます、カルテ写しの開示で、主治医の医師法違反が証明出来ます、は、ん、ざ、、いだよ、自覚しろよな、医師免許を危うくする愚かさが、呆れるばかり」

人体の構造は

  • 2021/09/13 08:28

人間の体は「頸部、肩回り、上、下腕、左右手、両手指、腰回り、臀部回り、上下肢、左右足、両下肢指と、ざっと分けるような物では有りませんが、人身交通事故受傷を含めた、損保が被保険者側となったと、口頭で言う事件では、自賠責事業、任意損害保険事業共、上のように、ざっとした、受傷部位で、強引に分けられて居ます」

頸部と言うけれど、頚椎は7個、胸椎が12個、腰椎が5個有りますし、その下に仙椎となって居る、との事です。

頚椎、腰椎に受傷の重い症状が残存して居る、過去の受傷が強く残存して居る、今回の受傷では無い、加重である等、ざっとし過ぎた法螺です。

頚椎7個に付いてだけでも「間の軟骨の損傷の可否も有る訳ですし、頚椎骨か、軟骨の損傷による、神経への影響か等、多様な受傷と原因が有ります、損保、司法、自賠責、任意自動車、傷害加害者債務補填保険による、こんな出鱈目”法を犯した診断でっち上げ”に、医師法、医学根拠による、合法等在りません”」

現行でっち上げで決めて通されている「傷害事件受傷、重い怪我の症状が残存して居る場合の”後遺症の可否審査なる、医師法、医学破壊の、でっち上げ賠償詐欺用診断での決定”は、上記人体の構造も何も、でっち上げ診断で決定ですから、全く無視、医師法、医学的合法等無い代物です」

要するに、損保が合法に、被保険者が負った賠償債務金支払い責任を果たさなくて良いように、医師法、医学から、犯罪によって破壊させて「犯罪診断が正しい、医師の国家資格、医学が間違い、無効と、強制でっち上げだけ強行突破で通して有る、司法、警察、行政が、国家権力悪用テロ、犯罪に走って加担して、これが真実です」

そもそも「傷害事件加害者側の、加害者が被保険者となる損保、提携弁護士だと、口頭で言うだけで”被害者の主治医に先ず、カルテ等偽造を、合法賠償せず通るように、偽造からさせられて居る”この事実だけで、損保、提携弁護士も含めて、テロ犯罪行為事実を持ち、強制捜査、摘発が必須です」 

医師法違反を損保、提携弁護士からの指示でと、医師を教育

  • 2021/09/13 08:01

医師、特に整形外科の医師に「損保、共済、提携弁護士の指示を受けたら、医師法違反から、言うがまま行うように、教育が施されて居ると言う、とんでも無い事ですが、実際の話です」

今日書いた内容が事実でも、今まで山のように、加害側損保だ、一括代行損保だ、提携弁護士だと、口頭で言えば、傷害事件被害者と、主治医に対しても「全能の権力を、法を持たず発揮出来ると、司法、警察、国土交通省、金融庁、法務省等ぐるみ、公式に行えるように、強制的にして来て居ます」

この、犯罪行為の大きな武器に「傷害事件の被害患者の主治医に指示して”法に背いた、カルテ等偽造に従わせられて居る”と言う、医師と言う、国家資格者の権限の破壊を、指示して行わせられる特権があるのです」

傷害事件被害患者の主治医に対して「加害者側と、口頭で言うだけの損保、提携弁護士が”カルテ等を、患者の意志で、医師による、医師法に沿ったカルテ偽造等、一般傷病へとカルテ偽造で、第三者行為傷害受傷の治療抹殺”から、傷害事件加害者側損保、提携弁護士は、強権を持って、行わせられると、法を犯した設定をでっち上げて有り、実際これも、行使出来て居るのが現実です」

傷害事件の加害者が、傷害事件の責任を持ち、被害者に対して負って居る、負い続けて居る(治療継続中はずっと)対人賠償債務を、加害者側損保、提携弁護士と言えば、法に背き、全件を持てたと設定されている、損保、提携弁護士が、被害者の主治医に指示、命じて「カルテ偽造から、公然とさせられて、第三者行為傷害受傷の治療を、一般傷病の治療だと、犯罪で作り変えさせられても居る、医師法の公式証明等、主治医が持つ、医師と言う国家資格者権限共、公に破綻させて有ります」

この、医師法の強制破壊、医師による、医療行為の合法さ破壊、傷病に付いて、合法と証明価値破壊の現実により、傷害罪、傷害致死罪の正しい立証も、実は失わせて有る事等も、公に明らかとなって居ます。

当然ですが「損保、提携弁護士、警察、法曹権力が作り出している、損害保険、対人賠償、補償金詐欺も、合法根拠等無いと言う事です”こいつら自身が、詐欺他犯罪行為者と、完全に、事実証拠で証明されて居ますから”」

傷害事件の被害者の主治医に、加害者側損保、提携弁護士だと、口頭で言えば、被害者の主治医に指示を出して「カルテから、一般傷病の治療と偽造からさせて通って居る、その先には、交通事故労災なら、厚生労働省、労基に対して、健康保険事業、生活保護事業に対して、労災打ち切り強要、健康保険、生活保護詐欺医療費給付要求を出して、要求を受けた労災事業、健康保険、保護事業も、犯罪に走って居る訳です」

傷害事件の被害者の主治医を、加害者側損保、提携弁護士だと、口頭で言うと、主治医にカルテ等偽造から指示して、従わせられて居る事が、ここまでの犯罪を、公に成功させられて居る、絶対の武器です。

診療録から偽造を、医師に教育して有る

  • 2021/09/13 07:37

色狂いのあれが、狂って居る相手の親に関して、アキレス腱断裂?と、診断書も出した主治医も居ます、でも、本当にアキレス腱断裂を、主治医は「労災の適用で揉めているようですが、事実だと、医師が医学根拠を持ち、立証しても居ないようで?勤務先が、労災適用自体認めない、と、対抗して居るとか」

私は確認して居ませんが、旧国公立の大学附属病院、国と北海道庁による、の医療機関の医師が、損保と共謀して、人身交通事故受傷患者の意志と偽り、後遺症診断書を、損保と主治医で共謀して、違法作成して、札幌の自賠責調査事務所も共謀して、違法診査して~~と、情報が届いて居ます。

明白な「医師法違反から、適用される悪事です”患者の主治医と、損保とで、患者が自身の意志で、後遺症診断書の作成を主治医に委任した、と偽り、医師が後遺症診断書を、勝手に作成して、損保に渡して、損保と自賠責調査事務所は、患者、自賠責被保険者の意思による、後遺症審査請求”と捏造して、国の補償事業の審査を行った、犯罪の連鎖ですね」

こう言った、損保が違法な、弁護士法違反等行為による「口頭で一括代行損保だ、と言うだけで”被保険者、対人傷害事件加害者と、法に拠らずなれて、被害を加えた相手の主治医を自由に操れて居る、カルテから、賠償気に法不払い用に捏造も、損保、提携弁護士の意向で、相当部分行わせられて居る”のも実際です」

当然ですが「医師が、自分の患者の意志と偽り、実際は、傷害事件加害者が、被保険者だと言うだけ、の損保、提携弁護士の命を受けて”主治医にとって患者に隠れて、患者の意志により、後遺症診断書を作成して、患者の意志を受けて、加害者が加入して居る、と、口頭で言うだけの損保に、この、違法作成後遺症診断書を送って、悪用させた”行為は、医師法違反から、医師が責任を、患者に問われます」

なお、私が通院して居た医療機関は「患者自身の意志で、主治医に後遺症診断書を、受診した上で渡して、自覚症状の残存等、記載して貰いたい症状等も伝えて、後遺症診断書を主治医に作成して貰い、主治医は、後遺症診断書が出来たら、患者自身に渡す、これを徹底して居ます」

こんな違法作成、違法横流し後遺症診断書で、後遺症審査等無効です、後遺症診断書自体に、医師法上効力無し、出だしで違法ですから。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745692
ユニークアクセス:4919569
今日
ページビュー:2917
ユニークアクセス:2873
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed