エントリー

2021年09月25日の記事は以下のとおりです。

医師法違反、自賠責事業と故意にシャッフル、自賠責事業

  • 2021/09/25 11:49

厚生労働省の事業、労災事業は”表だっては、医師法蹂躙、主治医の医療行為、診断の否定を、主治医でも無く、医師でも無い担当役人が行う事は出来ません、が”一方の、国土交通省の事業である、自賠責事業は。

合法根拠ゼロで「主治医の医療行為、診断を、間違い、違法と否定して、保険金不払いを、強引に潰して通して居ます、医師でも無い、損保、役所の退職者が、国の強制保険事業で、医師法蹂躙から、大手を振って凶行し捲って、通せています」

法の規定上、完全に医師法違反、犯罪ですが「国交省が仕切る犯罪だから、と言う、法律根拠の無い、医師法蹂躙判事です、同様の行為を”柔道整復師、マッサージ師、刺青師、美容マッサージ等事業で行えば”自賠責、任意自動車保険事業と同様の””医学的な所見は見当たらない”等記載文書を出せば、間違い無く、医師法違反で摘発を喰いますし」

自賠責、任意自動車保険事業と同様の「主治医の医療行為、診断を、医師でも無いのに”医学的な、主治医の診断による所見は見当たらない”と、大手を振って否定したら、医師法違反で摘発されて、全国ニュースで流されますから」

私の手元には、自賠責事業による、こう言った文面、医師でも無い素人が「医師法違反犯罪診断を、言い掛かりで下した証拠文書複数が有ります”労災事業も、同様の医師法違反犯罪に手を染めているだのとも、書いて有ります”労災事業は、医師、主治医の医療行為、診断の否定は不可能、医師の医療行為、診断に従う、と答えて居ますが」

自賠責事業、国土交通省共々で、医師法違反犯罪から、国の強制保険事業と、自賠責と故意にシャッフルして、犯罪で成立させて有る、任意自動車保険、傷害保険事業で、上記極悪犯罪三昧としています。

一括代行と言えば、医師法蹂躙から出来る実例、証拠が、国の強制保険事業絡みで、公に表に出されています、医師法違反の基準も出鱈目の極み、の公式実例証拠です。

当然ですが「完全な医師法第17条違反の犯罪です、極悪非道を超えた、国交省、金融庁、司法が損保、共済に認めて行わせて居る、国家権力犯罪です」

自賠責審査は、先ず医師法違反

  • 2021/09/25 08:42

国土交通省、損保、自賠責調査事務所は「自賠責事業は、国の強制保険事業で、労災事業も同じく国の強制保険事業です、自賠責事業が行って居る、事業手続き、支給の可否決定等は、労災に準じた手続きで、自賠責事業が行って居る事は、労災が行って居る内容と同じです、と言い張って来て居ます、が」

;労災事業の場合の”支給可否、後遺症認定可否の、大元で犯せない証拠、根拠は、被保険者の主治医による、第三者行為傷害の治療他事実証拠と、第三者行為傷害受傷に係る医療行為”この診断書、証明書の内容が、労災支給の可否、後遺症認定可否の証明根拠です、表向きは、表立つと、医師法が勝つ事業です。

;一方で”自賠責と任意自動車保険と言う、絶対にごたまぜで、一緒くたに事業実施出来る訳が無い、国と民間の、傷害寺家名会社側債務の補填事業”の場合は”医師法蹂躙、損保、司法でっち上げ診断のみを、法の根拠ゼロで、常時適法診断だと判決、決定して、主治医の医療行為と診断を、犯罪だと強制捏造して、医師にカルテから、一般傷病治療と偽造させて、合法な賠償金支払いを潰せて居る、医師法が正しく稼働して、後遺症に配当傷病も、犯罪診断で強制叩き潰し、後遺症踏み倒し、に成功させて有る、犯罪事業事実となって居ます。

この、二の国の強制保険事業は「司法の正しい遵守による、支給、後遺症認定の可否決定が鉄則、労災事業がこれですが、自賠責事業、支払い限度以降は、任意損保、共済が担当の事業は”犯罪で、医師法蹂躙、犯罪ででっち上げた診断のみ、最後は裁判官が、でっち上げ診断が、法の破壊で正しい判決”こんな司法犯罪医師法破壊、の手で、強制的に、犯罪で賠償叩き潰し捲って居る」

こんなに真逆の、共に国の強制保険事業となって居ます、自賠責事業と、任意自動車保険事業を、闇で一緒くたに、犯罪し放題で行わせられて居る事業となって居る、これが真実なのですよ。

国土交通省、自賠責事業社、損保、共済、司法テロ権力が強弁する”自賠責事業で行ている事業内容は、労災で行って居る事業の踏襲で、共に同じ事業実施であるは”実例証拠の通り、完全な法螺です、当然、自賠責、任意自動車保険事業、司法が犯罪行為者です。

自賠責事業犯罪は、医師法破壊特権を、任意損保、司法に与えて有る故

  • 2021/09/25 08:21

自賠責事業と言う、上限金額が設定されている、国の強制保険事業から、人身交通事故被害者、交通事故労災適用被害者に対して、合法な請求なら、自賠責の規定の範囲で、上限枠迄限定で支払いされる、国の強制保険事業だから「法の規定上は、関係法律全てを、合法である公式証明が果たせる内容で遵守が必須、が、自賠責事業実施の絶対条件です、が」

支払い上限額が設定されている、国の強制補償保険、自賠責保険の実務の現実は「国の自賠責事業の手続きを、国交省が丸投げして居る損保、共済、提携弁護士らに”自賠責上限を超えた、任意自動車保険への支払い切り替え(踏み倒しに切り替え?)と合わせて、自賠責範囲を隠蔽して、民業に切り替えが、公式証明で必要と言う事実も隠蔽して”国の事業実施と、民業でも偽って、医師法蹂躙から何から、国だから関係法律全部、蹂躙して通る、この犯罪行為を認めて有る、現実となって居ます」

ですから「民業である損保、共済、提携弁護士が指揮を執り、一括代行を謳う犯罪民業で、医師法違反から、公然と凶行して”裁判官も共謀犯で、医師法蹂躙、損保、司法犯罪診断が適法で、主治医の医師法遵守治療、診断が犯罪だ、このでっち上げ判決のみ、常時下して”主治医の合法医療行為、診断を、強制的に叩き潰せ捲って居ます」

この、国家公認、損保、共済、提携弁護士、民業犯罪行使、指揮を受けた裁判官、裁判所他も、医師法破壊、犯罪診断が、法の破壊で適法と判決、決定のみ通す以外認めない、損保、共済、提携弁護士司法テロ犯罪を、自賠責と同じく、国の強制保険事業である、労災事業、こっちは支払総額上限設定無しの、国の強制保険事業に対しても『交通事故労災事件の場合、労基が医師法遵守で支払う事を、この犯罪診断、判決を武器で、主治医にカルテ偽造させて、一般傷病の治療、診断だと偽らせて、労災打ち切りしろ!この恐喝、強要犯罪も、日常的に凶行しており」

労基、厚生労働省が「損保、共済、提携弁護士、司法犯罪、主治医にカルテから偽造させて、労災合法給付を打ち切るテロ行為、に担当して居ます、本当に極悪で、とんでも無い、国家権力が、損保、共済の下僕に堕ち切っての、テロ犯罪事実です」

人身交通事故事件発生の場合”も”損保が傷害事件加害者に対して、損害金補填責任を負った傷害事件の場合も「第三者行為傷害であり、長期検査治療が必要な受傷でも”主治医に闇で命じて有る、受傷原因不明、一週間の加療が必要”この、第三者行為傷害で、重い怪我だと言う事実抹殺でっち上げ診断以外、主治医に認めてないからくりも、国中で仕組んで有ります、この犯罪診断ですから第三者行為傷害は嘘で、軽い怪我でしか無いと、刑事捜査証拠だから、闇で決定されるからくりです」

労災事業も、損保一括代行、自賠責事犯罪を組み込んだ、民業と犯罪共謀

  • 2021/09/25 07:56

労災事業と自賠責事業は共に、国が事業を強制実施して居る、関係法律等を、公式に順守が必須で、この二事業が、合法な事業運営されている事を、指摘された問題点?疑問点全てに付いて、適用される法律を示して、合法、適法であると、国として、公文書を持ち、回答が必要で、無回答で逃げる事や、法を踏まえな言い逃れは、当然認められて居ません、当たり前です、が。

現実は「共に法令順守の対局、法令違反処か、犯罪事業で構成して居ます、犯罪を指揮して居るのは、弁護士法違反、医師法違反他犯罪を前提の事業とさせて貰えて居る、一括代行等と言う、自賠責事業を、国交省が丸投げ手続きさせて居る、丸投げに際して”関係法律順守は不要、自賠法も遵守不要、法令違反、犯罪し放題で、合法な保険支払い潰しに勤しんで良し”特権と合わせて、国の強制保険事業を、国交省は損保、共済に、丸投げして有ると言う」

この、犯罪の取り決め理由は「損保、共済は、上限設定されている自賠責事業の手続き丸投げを請けて、国の事業手続きを、国に代わって行うに際して”自賠責上限支払いを超えたら、任意損害保険で、損害賠償請求に応じる訳だけれど、自賠責手続き共々、任意損害保険手続きでも、関係する法令遵守は不要、犯罪を公認特権”も、闇で手に入れられて居ます」

この犯罪特権が得られて居るから「医師法蹂躙で、損保、司法犯罪でっち上げ診断が、常時正しいと、医師法破壊で、主治医の治療、診断を潰せて通せています、当然犯罪ですが、国家から法の破壊特権と、犯罪責任免責特権を、行政から得ると共に、警察、司法との犯罪談合、犯罪行為免責談合も得ており、犯罪診断が、常に強制適法とされて、主治医の治療、診断を、犯罪とでっち上げ決定出来ています、司法ぐるみの犯罪でです」

こう言った、合法な損害保険金支払い潰し放題、犯罪が公認されて居る事で、公然と成功させられて居る、テロ特権を行使出来ている事により「交通事故労災事件の場合は”損保、共済、司法犯罪診断が、常に正しい犯罪診断だと、裁判官犯罪判決が下るからくりも仕組んで有るので”この犯罪診断適法、合法根拠ゼロでの、闇で設定して有る、詐欺判決を、損保、提携弁護士、裁判官は、労基に労災適用を、犯罪によって踏み倒せ命令、恐喝実行に使い、犯罪責任無しまで通せています」

当然ですが、交通事故労災事件で、損保、司法犯罪診断が適法判決のみ、常時下して犯罪の武器をでっち上げて、労基恐喝、強要に走って、労基が犯罪強要を飲んで、従う手は「主治医に、第三者行為傷害治療を、カルテ偽造から命じて手を汚させて、一般傷病の治療だと、犯罪で偽った証拠を作らせて、成功させて居ます」

労基は厚生労働省です、厚生労働省が、国家資格を与えて監督して居る医師に「損保、司法から、カルテ偽造等強要が来た、主治医よカルテを一般傷病と偽造しろ!命令を出して、従わせて居ると言う、言い逃れようの無い、極悪権力が、損保の下僕に落ちて、手を汚して居る権力テロ犯罪です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745667
ユニークアクセス:4919544
今日
ページビュー:2892
ユニークアクセス:2848
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed