エントリー

2021年09月05日の記事は以下のとおりです。

国民、大和民族を舐め切って来た

  • 2021/09/05 16:36

;先代のx后は、キリスト教に帰依して居る、神道の頭の片割れは”神道等元々信仰しても居ない”昭和天皇は、結婚後も聖書”しか?”読んで居ない事を怒っていた”と、神道の頭、神話でしか無いが、天照大神の依り代?一族のトップの嫁は、神道など元から信仰もしてないで、崇めさせられて来た、詐欺処では有りません、連れ合いの愚かさも、極まり過ぎています、崇めるような連中では無かった、凡人以下のxxでした(# ゚Д゚)

;この夫婦の息子、次男には”母親のxxの血を引いており、xxxx夫のxでは無い”と、かつてから言われて来て居る、そもそも、継げる資格自体無い人間だと、又、色狂いのこの男の同類伴侶は、祖父が隣国の人間だと言う”大和民族では無い血統と言う、崇める対象では全く無い!

;この、x狂い両名の一番上の、両親(大学内でも、x狂い行為を重ねていたとか?)と同類のx狂い、こいつは、統一教会系の大学に行っている、神道など信仰外が事実が”策謀を重ねて囲い込んで来た、無能なぼんくら、あれは自分等何も無い、x狂いの策謀の手ゴマでしょうは”隣国の血統で、自分でも、キムと公称して来て居る、x狂いは、母親の血統が合う訳でしょう、崇め奉る対象外、でしか無い。

;x狂いが囲い込んで来た”ぼんくらの母親(と息子?)は、天皇の上に立つと自称して居る、大山ねづの会の信者で”色狂いが、ぼんくらの所に押し掛けた後は、この危ない新興宗教に乗り換えて、広告塔の役割を担い”神道の頭の家系を、この危ない新興宗教の下僕に落とす”x狂いの両親ぐるみの策謀?上x、上x后、現天xも共謀して、現れている結果がこれ。

;色狂いが縁を結ぼうと、x狂い両親他と策謀の家系は”隣国系の血筋で、日本最大の暴力団に係る身内が居るし”この連中自体も、暴力団と直接つながって居ると言う、x族が、反社勢力とも、じかに縁を結び、乗っ取らせる算段迄、当然、反社にも、血税が流れ捲る訳で。

こんな腐敗した一族を、大和の民は”洗脳宣伝で騙されて、崇めさせられて、食い物にされて来たし、命を賭して当然だ、と、戦場に送られて、命を懸けて戦争させられた訳です”このままのさばらせて置けば、民族の破滅に持ち込まれてしまうでしょう?

司法犯罪潰し、預金泥棒潰しと基本同じ、実行犯に犯行を止めさせる

  • 2021/09/05 15:21

司法犯罪を潰すには「犯罪適法判決を、常に下す司法テロ権力、弁護士が指揮して、刑事事件で検事が、犯罪事実証拠抹殺、裁判官が、犯罪適法判決を下して、正しい犯罪だと偽りで決める、この司法テロ犯罪のからくりが、常に正しいとなるように、関係する所が、犯罪に走り、司法犯罪が正しいように、犯罪で偽装するからくりです」

他者の預金泥棒、遺産預金泥棒犯罪、司法犯罪は「他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを、口座名義人で無い人間が手に入れられれば”預金者、生きて居る預金者、死んだ預金者問わず、口座名義人が、自分の手で預金を引き出したと、預金先金融機関に、警察、司法、監督官庁、法務省から、犯罪により、こう偽り、預金泥棒を成功させろ!と、闇で命令が出ており”金融屋が、常にこの、預金泥棒正当化用犯罪に、進んで手を染めている故です」

遺産預金泥棒に至っては、死人が死後も、裁判所で相続手続き中も含めて、死人が預金を引き出し続けたように、弁護士と裁判官の共謀公務犯罪で、遺産預金を泥棒出来る都度、遺産目録を偽造して、盗めた遺産預金を、遺産から強制抹殺して居ると言う、正気さも失った、狂い切った司法テロが行われています。

この犯罪実例、証拠を、金融機関からの協力も得て、手に入れて、金融機関一部に、再犯を止めてもらう等に成功もして、逆恨みを募らせた法曹権力は「合法を果たした犯罪者と、何の正当性も無い、完全な言い掛かり判決にまで走ったが、国の上が、この司法犯罪を、強制禁止して、どうにか収まった、一連の事件公開が有る通りです、正気さも見当たらない、法曹権力のテロ事実です」

第三者行為傷害抹殺、この犯罪判決を常時下すと、主治医が犯罪診断適法判決に合わせて、一般傷病の治療と、カルテから偽造して、損保が合法賠償せず、逃げられて居る、この司法犯罪も「先ずは、主治医が司法犯罪診断適法判決が出ても、医師法蹂躙、カルテ偽造で一般傷病の治療でっち上げ、公的資金詐欺で医療費7割回収犯罪、この犯罪に手を染めない事、ですよ、そして」

傷害事件の刑事捜査で「第三者行為傷害抹殺目論見、医師から傷害事件による受傷の治療を行って居る、この必須証拠を、故意に取らない、揃えない司法犯罪捜査指揮の恒常化で、傷害事件を抹殺のみ捜査で送致、この詐欺刑事訴訟法手続きを認めさせない事です、主治医と捜査機関共に対して」

このように、司法犯罪制度は「犯罪が正しいように、闇ででっち上げた答えを設定して有り、関係する事件が起きると”司法犯罪が正しいとなるように、犯罪に手を染めさせて”司法犯罪が正しい、を演出出来る、闇の権力犯罪で成功させて有るだけです、フィクション小説を、ノンフィクションだと、司法が指揮を執り、犯罪で事実証拠捏造を重ねる手で、でっち上げて有るだけです」

辯護士、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所による、刑事、民事事件扱いは「やらせ、でっち上げた司法犯罪制度が正しいと偽れるように、犯罪の限りを、関係先に命じて尽くさせて、成功に持ち込めている、これで成功させて有るだけ、この犯罪のからくりを、公式実例証拠を揃えて表で証明して”主犯に犯罪を止めさせる事”これで司法犯罪は、強制成功とならない訳です」

医師に、損保指揮、司法犯罪診断が正しいように、カルテ他偽造をするよう、

  • 2021/09/05 14:00

私ー主治医は”6月の診察の時に、損保、司法が、犯罪診断を出した後、医師がそれを受けて、合法な司法診断となるように、カルテから偽造して”司法犯罪診断が正しいように、常時犯罪で加担して居る、これを私から指摘もされた事で、7月の診察の時、偉く気にして、色々言って居ましたよ。

東署刑事ーカルテ偽造をして居なければ、気にする事も無いですよね、気にする理由は、カルテ等の偽造から手を染めて来て居るからで、自分達が悪い訳ですよ。

私ー司法犯罪診断適法判決が出れば、カルテから偽造して、一般傷病だと証拠偽造で偽って、犯罪が正しいとなるように、研修医時代等に教育を受けて居るから、言われるがまま、医師免許にも関わるし、刑事事件にもなる事も考えず、日常的にカルテ等偽造に手を染めて、司法犯罪診断が正しかったように、証拠の法を偽造して、成立させて有る、医師免許剥奪行為を、悪いとも考えず居る結果ですよ、今の主治医がどうと言う事では無くて、若い医局派遣医ですし。

刑事ー判決等で、傷害事件の受傷を切る判決が出たからと、カルテなどを偽造して居る訳で、分からない筈は無いでしょう、国家資格者の医師なのだから。

私ー医師が、司法犯罪診断が正しい判決が出されたら、カルテ等を、この犯罪診断が正しい判決に沿い偽造して、判決による診断が正しかったように、国家資格を悪用して、偽造するには”これに逆らうと、司法、警察等が、医者と医療機関を、賠償金詐欺や、医療費詐欺冤罪に落として、潰して、言いなりにならなければ、どっちにしても抹殺だ”と、実例で脅迫等して、言いなりにさせて来た事実が有るからです、司法、警察等が、司法犯罪診断が正しいとなるように、医者にカルテ等偽造を強要して、逆らうと冤罪で粛清の、見せしめも作って、強制的に従う道を取らせて来た結果です、厚生労働省も、法務省も共謀してです。

刑事ーそう言う過去が有って、カルテを偽造するようになって居たんですか。

私ー司法犯罪はどれも同じです、弁護士がしのぎを得られるようにと、犯罪が合法だと、でっち上げで制度を、闇で作って、犯罪が正しい筈は無いから、必要な部分で、犯罪に手を染めさせて、司法犯罪が正しいように、強制偽造して有るんです、他者の預金、遺産預金泥棒司法犯罪で、口座名義人、死人が預金を引き出したと、金融機関に、手続き書類偽造に加担させて、証拠ビデオ隠匿させて、預金泥棒が正しいと強制でっち上げて来たし、遺産預金は、死人が預金を引き出した、これの偽装と、盗めた遺産預金は、弁護士と裁判官が共謀犯で、盗めた遺産預金を、盗む都度、遺産目録偽造で、遺産から抹殺して逃がす犯罪を、裁判所挙げて成功させて来たのですし、犯罪が正しいように、悪行三昧を重ねて、正当化して居るんです、司法犯罪では。

皇族と法曹資格者は、同じ生き物、飾りで中身無を、周りが万能と捏造、実際は空っぽ

  • 2021/09/05 08:30

皇xの連中と法曹資格者連中、見事に同じ生き物、程度ですよね「インターネットが普及する前まで”神を超えた全能の存在、正義の体現者、神を超えた崇高な存在、現人神”だと、法螺で喧伝して、お言葉を発した、平民は恐れ入ってお言葉を賜り、疑いを持つ事を禁じるから、無条件でお言葉に従え!”こう、大マスコミなる、我欲だけの国家権力の一つが、虚偽を持った洗脳喧伝して、成功させて来ただけです」

現実の皇x、法曹資格者は「世の中の正しい理から何から、ほぼ何も理解すら不可能が実際の、ドンガラ、飾りの生き物集団です」

この連中を、他の国家権力が、法の破壊も含めて、絶対神、全能の存在、一切疑いを持つ事を認めない、全てを受け入れて、崇拝せよ!と、洗脳でっち上げ喧伝して来たのが真実で、実際には、中身が無いドンガラ、飾りの集団です。

前の天x、x后も含めて、この一族みな「実際には、神処か俗物以下が実際です、何の判断能力も、正しい決定能力も、己が処理すべき事柄の処理能力も、全く備えて居ないのが実際です、法曹資格者なる、全能の神との設定の、国家資格者もほぼ同じ、ドンガラでしか、実際有りません」

ですがこの国家権力集団、私利私欲に関しては、与えられて居る独裁国家権力を、好き放題悪用、法の破壊、犯罪の凶行、犯罪責任抹殺等に行使し捲る人間性です。

己らの無能無知さを糊塗する為にでっち上げ、司法犯罪制度、これで判決、決定を出すと、事前にやらせ設定済み、演劇,芝居が常の刑事、民事事件扱い、皇xは神、神々しい存在等と言う法螺で平民を騙して来て居るが、実際は、ギリシャ神話の神々以下の、ねたみ嫉み、嫉妬、他の同族を、卑劣な手段で蹴落としに走る事も常、神の依り代など、この連中自身から信じても居ない、神道の教育すら施されても居ない事実通り、が実態の、独裁国家支配権力と思い上がり切った集団ですが、実際には、私利私欲の為以外、公徳心等無く、行動でも顕せもして居ません。

あの、色狂い皇族と家族の所業は「ひも親子の差し金はほぼ無しで、色狂いが指揮して、両親、祖父母、政府、宮内庁らが色狂いの狙いを、権力悪用で果たして来て居る、が事実と持って居ます、あの親と子、祖父母の尚寧を見ると」

ひも親子は「単なるうましかで、何も先も含めて考えても居ない、そんな頭も無い、単なるひも親子でしょうね、色狂いに囚われて、言いなりになって居るだけなのと」

多少犯罪によって、金を得るのに役立って貰って居る、色狂いと両親、祖父母に、が実際だと思って居ます、あのひも親子、xx者としても、最底辺でしょうから、色狂いと両親、祖父母が実際には、黒幕、頭でしょう。

色狂いの言いなりのひもは、実際にはほぼ何も、自分で決めて居ないし、黒い行動も取って居ません、あのひもは、何も入って居ない、最低の人間だろうから、色狂いの言いなりで、血税供給等、恩恵を受けて居るだけが真実でしょう、あのひも、実際には、今後も含めて、何も使い物にはならない人間でしょう。

今後も、実際には色狂いと両親、妹弟、祖父母が、皇統乗っ取り、独裁支配者に君臨等を狙い、国の破壊に、と思います、現在の天xも、基本同類と思えます、こんな連中に、民族と国の命運等、託す方が愚かと言う事です「この一族は、昔から”民族独裁支配を目論んで、潰されて来て居ます”今後又、内部で独裁支配を狙い、民族と国家破壊が、色狂いを中心として、起きるでしょうね”親の闇資産相続争い共々、弟、妹らや、現在の天x家との間で」

警察からの要請も出ている、傷害事件加害者の意思偽装で、刑事、民事責任無しで訴え提起の根拠

  • 2021/09/05 08:02

現在捜査中の、今年3月29日、高温焼却炉転倒、第三者が下敷き、奇跡的に生き延びたが、年単位の重傷を負った、重過失傷害事件で「加害責任者が加入して居る、任意自動車保険の特約、日常生活特約と、弁護士特約の適用が出来ると、加入東海が、提携弁護士を、被保険者に実権無しで、白紙委任させて、東海と提携弁護士で、合法無しの言い掛かりを、被保険者が自身の意思で持ち出して付けて、刑事、民事とも争う、この悪行が、被保険者が、この言い掛かり犯罪を拒んだ事で、崩壊して居ます」

言い掛かり理由の一つが「被保険者、傷害事件加害者の、責任逃れの言い掛りとして”被害者は昨年8月11日に、東署勤務警察官から、一方的追突加害を受けた事で、重い後遺症も含めた怪我を負って居る”この加害者警察官が、今年の傷害事件に関して、5割以上加害者刑事、民事責任を負って居るんだ、こう言う」

被保険者、加害責任者は、そんな言い掛りなど、微塵も付けて居ないのに「加害責任者が、東海提携弁護士を委任して、この言い掛かりを持って、刑事、民事共、公式に争うんだと、実際に、被保険者にも、これを飲んで、やらせで提携弁護士委任しろ!と要求して居る訳です、当然ですが、この完全な言い掛かりで、刑事、民事とも戦うとしているのは、東海と提携弁護士、事件担当裁判官が、裁判所で手ぐすね引いて、この詐欺司法業務請けを待って居る、と言う状況です」

つまり「全部が詐欺、犯罪で構成されて居るんです”傷害事件加害責任者は、自分の意思で詐欺診断、言い掛かりで、弁護士を委任して、刑事、民事共公に、公式に、責任無を、刑事、民事とも勝ち取る為戦うと、損保、提携弁護士、闇で受ける予定で待ち構える裁判官、裁判所、こう言う犯罪が仕組まれて、被保険者が、公式に手を打ち、拒絶した訳です」

で「捜査中の警察は”東海と提携弁護士は、どういう合法理由、法理論と根拠が有って、この一連の犯罪を仕組み、被保険者をダミーで立てて、刑事、民事共、公式に争うとして来て居るのか”文書に、持ち出して居る、言い掛り診断等が合法との法理論記載と、被保険者、傷害事件加害責任者が、弁護士を自身で委任して、持ち出して刑事、民事共、公式に、免責を通す為打って出る”こう捏造に走った合法根拠も合わせて記載した文書を、刑事事件捜査にも必要なので、出すべき、と求めて居るんです」

幾つの刑事罰則適用犯罪が、今の段階まででも、手掛けられて居るんでしょうか、でっち上げを持った捜査妨害行為も含めて、極悪の極みですよね、これが日常と、司法犯罪でして有る一件ですから。

多数事件を扱って居て、思考、判断力を備えて居れば、司法犯罪に強制当て嵌め鹿、とはならない

  • 2021/09/05 07:37

まともな思考力、判断力、想像力を備えた人間であれば「司法犯罪制度でっち上げなどしませんし”合憲、合法が犯罪、間違いだと、司法権力の悪用で、完全なでっち上げで判決、決定を下して、司法の闇の制度化として有り”刑事、民事事件を扱う時、この司法犯罪でっち上げ制度に、強引に当て嵌めて」

辯護士、刑事、民事扱い裁判官、検事、警察等が「司法犯罪が正しいとなるように、犯罪を重ねて事実から捏造、闇の権力犯罪で、第三者行為傷害受傷被害抹殺用、司法犯罪制度も、損保が合法賠償せず、逃げられるように仕組まれて居ます」

この、赤本診断、賠償論と、訴因の競合犯罪診断を主張すれば「主治医は、闇でこの犯罪診断が正しいように、カルテから偽造するように、医者に教育を施して有るから、司法、警察の、犯罪診断以外通さない、闇の権力犯罪に、主治医は無条件で従う設定にもして有るので」

裁判官は「赤本診断、素因の競合犯罪診断が正しいとの”損保が指揮、提携弁護士による、でっち上げ診断を、常に、法に拠らず正しい診断だと”判決、決定を下す闇設定が仕組んで有ります」

この、医師法蹂躙で、犯罪診断が正しいとの、恒常的提携判決、決定は「主治医がカルテから、司法犯罪診断通り、偽造する事が、闇で強制的に仕組んで有り、医師が従うから、これと”以後も、第三者行為傷害受傷の治療が必要な被害患者の場合は、健康保険、生活保護事業も共謀して、公的資金で医療費詐欺を働く設定”迄仕組んで有るから、こんな犯罪診断常に適法判決も、常時下して責任転嫁を、強制的にさせられて居る訳です」

今、この司法闇で仕組んで有る、第三者行為傷害加害者責任、犯罪を重ねて抹殺にまっしぐら事件で「共x火災、東海、提携弁護士連中、今年の傷害事件担当検事等が、定番としてある、傷害事件加害者刑事、民事責任犯罪により抹殺の悪行、刑事、民亊担当裁判官、裁判所も、この犯罪用判決を下す為、手ぐすねを引いて待って居るであろう、司法他犯罪実例事件で”刑事事件捜査中に、素因の競合等、司法犯罪診断を、損保、提携弁護士らで持ち出して来て”医師法、主治医の医療行為を、犯罪、出鱈目だと、刑事、民事事件で主張に走って居る”加害者の意思との嘘で」

この事件事実に「第三者行為傷害被害者の主治医は”司法犯罪診断、素因の競合犯罪診断が、医師法上正しいか、犯罪、言い掛かり行為か”カルテ記載、診断等で、医師法を持った証明を、先ず刑事事件の捜査に対して、果たします」

赤本犯罪診断、素因の競合犯罪診断共に「主治医がこの犯罪診断に従い、カルテ等偽造に走り、一般傷病の治療と捏造して、犯罪診断が正しいと偽る大前提で、犯罪診断が正しい判決、決定を下すと、闇で、芝居で仕組んで有るから、今まで通りに、犯罪診断が正しいと判決が出た、主治医もカルテを偽造して、倣った、第三者行為傷害加害責任は、刑事、民事共抹殺に成功した、この未来予想は、崩壊して居る訳です」

神様ごっこです、実際の法曹権力のして居る事は

  • 2021/09/05 07:08

法曹資格者は現人神、全能、万能の存在、森羅万象全てを、たちどころに見抜き、合憲、合法を常に備えた答えを出す、神を超えた存在、嘘の極みです、実際の弁護士、検事、裁判官は「扱う事件、ほぼ意味も不明ですよ、当然ですが、合憲、合法に沿う等、ほぼ何も知らない事件扱いです、出来る道理も有りませんから」

この国家権力、国家資格者達が仕切る、刑事、民事事件の扱いは「芝居、演劇と言うべき代物です、事前に”合法、真実から分からないで、でっち上げた筋書き、判決、決定をでっち上げて有り”それをなぞっているに過ぎません、ドラマのような”裁判の中で、真実が証明されて、逆転劇が生まれる等、初めから有り得ないのです、やらせ、演劇、芝居なのだから”法を備えて、証明された真実を持ち、合否を決めて判決を下す等、元から有り得ない設定です」

知らない事件で、合憲、合法を正しく証明、理論構成して、合法、違法を理解して、理論構成を果たして、それを持って辯護士、検事、裁判官が、合法を導き出して、合法を持った判決、決定を下して居る、知らない事件で有り得る道理が無いです。

基本、この国家資格者、国家権力による、刑事、民事事件の扱いは「法曹資格者が最も意味すら不明と言う現実を持ち”司法犯罪制度を多数でっち上げて有り”これに扱う事件毎に、強引に当てはめて、芝居を演じて居るに過ぎません、やらせですよ、つまり」

私が被害者の、3件の第三者行為傷害受傷事件で「自賠責事業、国土交通省、損保、弁護士らが”赤本診断、賠償論、素因の競合診断、これすら蹴飛ばした、損保独善第三者行為傷害加害者責任を、合法無しで、主治医も司法犯罪診断に、カルテ他偽造で従う、闇の犯罪設定が成功する、事前の想定も有るから”けっ飛ばして通って居る、損保提携弁護士、その先は、刑事、民亊担当裁判官、検事も共謀犯で」

この一連の、3件の傷害事件を絡められた「素因の競合犯罪診断で”起きた傷害事件加害者責任は、過去の同じ被害者相手の、傷害事件加害者が、後の第三者行為傷害加害者責任、刑事、民事責任を負うんだ、これを、損保、自賠責事業、国交省、法曹権力が、法の破壊で共謀犯となり、成功させて、損保が合法賠償金支払い逃れ出来るように、悪の限りを尽くし捲って居る”とんでも権力犯罪にしても」

この国家権力共謀「刑事、民事事件司法、警察、合法、真実無関係で、司法犯罪制度に合わせて、演劇、芝居を仕組み、なぞって居る結果です”刑事事件捜査中で、主治医による、カルテ他、この犯罪診断が正しいように偽造はしない、合法な診療、治療、診断を、刑事事件捜査での、医療証拠捜査でも果たす”今の状況は、起きない筈の合法証明だったのです」

法曹資格者の無知無能、思考、判断能力欠落事実に合わせた「司法犯罪制度をでっち上げ続けて、扱う事件を、どれかの司法犯罪制度に、強引に当て嵌めて”演劇、芝居として”やらせの事件組み立て、扱い、判決、決定を下す、恒常司法犯罪は、刑事事件捜査で、合法を正しく、証拠を揃えて法理論を組まれれば、破綻する代物です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745708
ユニークアクセス:4919585
今日
ページビュー:2933
ユニークアクセス:2889
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed