エントリー

2022年01月16日の記事は以下のとおりです。

人身交通事故事件、労災適用傷害事件共、事件後すぐの、でっち上げ怪我は軽い診断書は拒否から

  • 2022/01/16 14:04

今後、人身交通事故傷害事件、労災適用傷害事件、損保が傷害事件加害者対人加害賠償補填、の傷害事件共、事件後すぐ、主治医が「損保、労災事業が、合法な怪我の部位、怪我の程度、治療が必要な期間、後遺症の残存の有無、これらを、軽微な怪我だと、事件後すぐ捏造した診断、診断書捜査機関宛発効で、違法に抹殺した、公務所発行医証によって、軽微な怪我、怪我自体虚偽、と偽造ででっち上げられて居る、今の犯罪行為に付いて」

きちんと治療を重ね続けて、先ずは「一定期間、傷害事件による怪我の治療を続けてから”怪我を負わされてから、この期間先ず、この受傷部位、こう言う怪我の症状に付いて、治療を重ねて来た”ここまでの、怪我の治療を証明する、今後も治療を継続する事も証明した、公務所宛診断書を作成して貰ったから、治療中だと言う事実証明診断書を、傷害事件の一部証拠で出します”」

この正しい、第三者行為傷害で負わされた、怪我に付いての「ここまでの怪我に付いての、今後も治療が必要、と言う事実も合わせて証明した、捜査機関用診断書を、傷害事件証拠で捜査機関に提供します、とした、正しい手続きを行いましょう」

傷害事件が起きてすぐ、主治医がでっち上げている、軽微な怪我や、怪我は負って居ないようだ?でっち上げ、偽造提携傷害事件用、合法対人賠償踏み倒し目論見診断、診断書で、陥れられる被害者、刑事、民事責任を、常に犯罪で消して貰えて居て。

傷害事件は事実、重い怪我を負わせた、対人賠償も、高額になる、これ等加害者責任を、主治医が先ず、軽微な怪我だと、常時診断、診断書偽造で偽って、刑事事件捜査も、軽微な怪我だと、常時捏造で纏めて送致、合法な対人賠償も踏み倒しが、常に成功させられて居る、挙句、被害者を、対人賠償詐欺犯罪者、加害者は、重い怪我を負わせた傷害事件加害者と、冤罪を着せられて居る、無罪の被害者、こう、常にでっち上げで作り変えられて居て。

加害者を保護して、被害者を、対人賠償金詐欺犯罪者だ、こうでっち上げで、警察、司法、国交省、労災事業、損保事業、主治医らで、常に陥れに成功出来ている、権力犯罪を、被害者は正しく治療を受けて、正しい診断を付けさせて、正しい診断書を書かせて、傷害事件の医証、治療中を証明する医証を、正しい証拠で使わせて、正しく傷害事件被害者としての権利を守りましょう。

先ずは「傷害事件が起きてすぐ、主治医が捜査機関宛に”7日の治療で終わる怪我”こう、何の合法根拠も無しで、常時捏造作成する、公務所宛診断書の作成、発行を潰しましょう、この日数以上治療が必要で、治療を続けたなら、カ月治療を続けて居て、治癒が見込めないなら、ここからゆっくり”捜査機関用、治療中だとも記載した、傷害事件受傷証明診断書を、先ず主治医に貸させて、捜査機関に渡しましょう”」

こうする事で「重い怪我を負わされながら、極めて軽い怪我、怪我は負って居ない、と捏造の捜査機関宛診断書偽造発行被害を防げます”禎心会病院、大場医師も、刑事事件、医証を揃える捜査で、刑事、医療機関弁護士に、怪我の治療がいつ終わるのか等、医学的に分かる訳が無い”見込みで治療の終わりを診断等、医学的証拠になる訳が無い、こうはっきり、医師として断じています」

人身交通事故犯罪賠償崩壊

  • 2022/01/16 13:41

;通常の”人身交通事故事件、犯罪で合法賠償叩き潰しの手口は、出だしに主治医が、怪我は7日で治療が終わる”と、虚偽のオカルト軽症です、診断のみ常時でっち上げた、警察用診断書作成、発行、この偽造医証で、交通事故で怪我は、ほぼ負って居ない事と、常時捏造刑事事件纏め、不起訴処理されて居る。

;で、以前は自己から3カ月、その後は6~7カ月が限度で、交通事故受傷治療費他、賠償は、強制打ち切りされて”治療効果がさほど見られない、訳でも無く、損保命令で、症状固定と診断を付けさせられて”以後の治療は、自費と健保詐欺で継続、これを強要されて、通されて居ます。

;この、でっち上げた”治療効果がほぼ見られなくなった、患者、主治医により、交通事故の怪我の治療は終わりとした”でっち上げの先が、後遺症診断書作成、後遺症審査手続き、医学無視で後遺症却下、主治医が、医学的に怪我の症状残置と診断した内容は虚偽、医学的所見が無いのに、医学的に怪我が残置と、虚偽診断したんだ”と、国交省、自賠責事業が、法の規定、診断権限者?不明で、怪文書で診断を下して居まして、この怪文書犯罪診断で、医学否定、主治医の医療行為、診断は虚偽、対人賠償金詐欺行為、と決定されて通されて居ます。

;で”被害者は、軽症か、怪我を負ったと言う虚偽申告を行い、主治医が共謀犯で、重い怪我を負い、長期治療して来て居る、実際には、重い怪我は嘘、軽微な怪我か、怪我は虚偽だと”債務は存在せず、と、加害者名で、損保、提携弁護士が訴えて来て”主治医の軽微な怪我診断書と、これが正しいと捏造した刑事調書、不起訴処理証拠を主体とされて、加害者、損保、提携弁護士の主張通り、常時定型の判決が下る訳です。

;こう言う、医師、警察、司法、監督官庁共謀極悪犯罪のからくりで、常に犯罪が成功だけする、予定だったのに”一昨年8月11日の、一方的追突傷害事件、捏造医証、でっち上げ刑事事件纏め、送致、不起訴で加害者責任抹殺”事件、平成17年9月12日の、無人車両暴走させて、突っ込ませたが、軽微な事故、被害者は怪我等負って居ない、警察、加害者、委任弁護士、損保、裁判官犯罪と同様に、検察庁が、重い怪我疑い等により、補充捜査から実施が決まった訳です。

;加害者、委任弁護士、加害者、被害車両加入任意損保、加害車両加入自賠責保険窓口損保は既に”怪我は極めて軽微か、怪我を負ったと言うのは、被害者と主治医による虚言、賠償金詐欺狙いの捏造だ、後遺症が蹴られた、自賠責診断で”が証拠だ、冤罪だ、と言った公式主張が出されて居ます、主治医らが、正しく診察、患者の自覚症状の訴え、検査記録も持った、多角的所見により、診断を下した医証を、警察にも提供が必須です、自賠責事業も、自賠責診断を下した方の根拠、診断を行った公権力構成員、国交大臣が最上位の責任者、この証明を持ち、自賠責公式診断書発行、が必須となって居ます、傷害事件は、実際には軽微、重い怪我と偽り、賠償金詐欺を狙って居るのか、主治医他が共謀して、軽微な怪我、賠償などほぼ不要と、でっち上げた診断を下しているが、実際には、長期療養が必要な、重い怪我を負わせたのか?補充刑事事件捜査で、上記に係る医証が作られて、刑事訴訟法手続きにも、使われ出すと?

加害者警察官、委任弁護士、国交省、自賠事業による、冤罪だ主張、証拠は出揃って居る訳で

  • 2022/01/16 07:48

一昨年8月11日昼に発生、東署勤務警察官が、意識を飛ばした運転で、一方的に追突、追突事件は、加害者のドライブレコーダー映像が証拠で使われており、言い逃れは出来ませんが「人身加害に付いては”被害者の主治医が、7日しか治療を要しない、軽い怪我だと、虚偽の警察用診断書を発行”」

この、虚偽の警察用診断書で、7日以降にも、追突で負った怪我で通院治療中とも承知で、東署交通二課、小笠原警部補は、軽微な怪我の事件と、確信犯ででっち上げた事件の纏めで送致、検事も、虚偽診断と、何時も通りの虚偽診断と、司法犯罪マニュアル通りですから承知で送致を受けて、不起訴で処理、これで刑事事件で先ず、軽微な怪我だ、との公式偽造証拠が出来上がりです。

で「飛んで、後遺症詐欺診断で”実際の怪我は、過去に負った怪我が事実で、この追突で怪我を負ったは虚偽、詐欺受傷だ、主治医による医療行為、診断には医学的所見が有るとなって居るが、自賠責、国交省診断で、主治医の診断等は虚偽、実は医学的な所見等無しだと、誰が、何の法律根拠で診断を下したか、一切記載無しで診断を付けて、主治医の医療行為、診断は虚偽と断定、被害者共々、虚偽受傷をでっち上げて、詐欺を狙って居る、と決めつけています”」

国交省、自賠責事業と、刑事事件捜査で共に「軽微な怪我、無いし、怪我は虚偽、対人賠償金偉いの詐欺事件、こう、合法無しで、国家権力を悪用して、決定して、証拠?を作って使わせて有る訳です」

ここまでするのですよ、捜査機関、国交省、自賠責事業、損保事業、監督官庁は、傷害事件で受傷は虚偽、対人賠償金偉いの詐欺と、ここまでの国家権力犯罪証拠が、常時でっち上げられて通されて居ます、恐ろしい構図です、冤罪でっち上げの構図です。

加害側は、追突で重い怪我を負ったは虚偽、軽い怪我か、過去の怪我を今回負った怪我と偽った詐欺、が公式主張

  • 2022/01/16 07:28

@一昨年8月11日発生、東署勤務警察官が、昼間から意識を飛ばし、一方的追突傷害事件を起こしたが、無罪主張を、公式に繰り広げている、この行為の根拠、証拠は、次に拠って居ます。

;この傷害事件、加害者のドラレコ映像が証拠で使われており”追突加害は虚偽、この主張は不可能ですが”主治医が定番の、7日のみ加療を要する”でっち上げ軽症診断書を、警察に発行して有って、警察、検事も共謀して、軽微な怪我、怪我は負って居ないんじゃあ?と、7日以降も治療を続けて居る事も承知で、事件を捏造で纏めて送致、不起訴処理して有り、重い怪我は虚偽だと、刑事事件捜査記録捏造で、公式証拠を作って有ると言う。

;更に”加害者と、加入任意損保、自賠責事業は、事故月のみ、治療費、主婦の労働日額だけの支払いだ”以後の治療費他は、自賠事業も含めて踏み倒しと決定した!こう、公に決定して、一旦は成功させて居ます、実は軽症だった、或いは、追突で怪我をった、は虚偽、賠償金詐欺狙いの犯罪申告、診断だ、この捏造が正しいとなるように、刑事事件でっち上げ調書とも合わせて、不払い事実を、強引に作った訳です。

;そして”被害車両に掛かって居た、東海任意自動車保険特約、人身傷害特約”に、加害側が頼み込み、人身傷害で、補償金支払いさせて、翌年3月23日に、不払いを通告させ、自己負担、健康保険詐欺で治療継続条件で、治療中止、後遺症診断書発行させた訳です。

;この、犯罪塗れ後遺症審査で”過去に負った怪我だ、加重と言う診断を、国が付けた、主治医の医療行為、診断は、全部虚偽だ、医学的所見が有るとの、主治医の検査結果も見た診断は虚偽、医学的所見等無い”国交省、自賠責事業診断?”を下して、誰が、何の法と医学根拠で下した診断か?一切不明の、怪文書診断を付けた、被害者と主治医は、虚偽の受傷を捏造して、対人賠償金詐欺を狙ったと、国交省、自賠責事業で決定した訳です。

;これらの”国交省、自賠責事業犯罪診断も、偽造刑事調書と合わせて有る訳で、加害者と共謀犯連中が、追突は事実だが、乗員は怪我等負って居ない、対人賠償金詐欺を、乗員と主治医で働いた犯罪だ、加害者は冤罪だ”公式主張にも、ここまでの裏付け?公の裏付けが、実際有る訳です。

;で、補充捜査開始が決まった訳で”国交省、自賠責事業、公式な、国交大臣発行診断書と、主治医らが、医学と医師免許に掛けて、作成、発行した診断書、自賠、捜査機関用診断書とで”どっちが合法な診断かから、刑事訴訟法手続きで、白黒を先ず付ける訳です、加害者と自賠事業、国交省、自賠窓口損保が犯罪行為者か、患者と主治医らが、虚偽の傷害事件受傷をでっち上げて、対人賠償金詐欺を狙って居るのかから、正式刑事事件捜査が行われる訳です。

追突傷害事件から一年5カ月、加害者側は”自賠犯罪事業診断”を武器とさせて、傷害事件は冤罪主張

  • 2022/01/16 06:56

;一方的追突傷害事件発生、令和2年8月11日午後12時10分頃、加害者警察官、昼間から意識を飛ばして運転、一方的追突、も分からない、危険運転での傷害事件。

;受診した医療機関、北新病院河野医師”司法他犯罪マニュアルに沿い、事実無根で、一週間の加療と、警察用の虚偽診断書作成、発行”この偽造記載警察用診断書で、一週間を超えてから、通院治療継続と承知で”一週間で治る軽い怪我”と、警察、検事とも偽り、事件を虚偽で纏めて、送致して、軽い怪我、無いし、虚偽の怪我と捏造して不起訴で、傷害事件加害者が被害者‼と、定番の犯罪事件扱い、処理を果たした。

;この、虚偽そのものの傷害事件刑事出鱈目捜査、送致、不起訴で傷害事件、実質抹殺成功と言う、絶対の武器が有るから”加害者警察官、加入任意損保共栄火災、自賠責事業、国土交通省が共謀犯となり”8月中だけで治癒した怪我だ”こう、強制的に捏造で決めて、強制治療潰し、賠償ほぼ踏み倒し、自賠責16条請求も、自賠窓口損保、損保ジャパン、国交省共謀で潰しました、ここまでの権力犯罪により、この一方的追突傷害事件は”被害者と主治医が共謀犯で、虚偽の傷害事件受傷を騙り、賠償金詐欺を働いた”賠償金詐欺事件、と、強制捏造が成功する、予定とされて居た訳です。

;ですが”自賠責事業の法律で認められて居る、16条被害者請求も、国交省が指揮して、自賠事業共々で、自賠法も守る必要等無い、被害者請求も潰す!”宣言もしたけれど、拙い事態に陥ったらしく、自賠事業、裏は国交省で、被害車両が加入、東海任意自動車保険、人身傷害に頼み込んで”東海には、自賠責に請求したら、自賠事業で支払うので、人身傷害特約で、補償支払い頼む”と頼み込んで、補償支払い継続、で、現実として、自賠法第16条請求も、強制的に潰し捲って居る、司法ぐるみの犯罪事実の隠匿隠蔽工作も、公に行った訳だ。

;で、翌年1月から、東海人身傷害も、支払い打ち切りを飲め、と要求し続けて来まして、結果、自己負担と健康保険詐欺で、治療を継続して、医学にも無い、症状固定なる、後遺症診断書用(この用語、治療効果がさほど見られなくなったら、このでっち上げ診断としろ、が基準?で、この事実、症状固定なる、でっち上げ医学とも全く違うと)の文言を記載して、もう治療効果が見られない、訳でも無い、後遺症詐欺診断書が作られて、国交省自賠事業、犯罪で主治医の医療行為、診断否定、国交省診断、過去に負った怪我が原因だ、オカルト診断も加えた、犯罪診断が出た訳です。

;これらの国家権力犯罪診断、を「加害者警察官、委任弁護士らで使い”軽微な怪我か、追突で怪我を負ったと言うのは虚偽、傷害罪加害責任は虚偽、冤罪だ、自賠事業診断が根拠だ”こう、公に主張しており、の現状です、まあ、国交省強制保険事業、自賠責犯罪診断が、実際こう主張出来るように仕組まれて、出て居る訳だから、この公主張も、違法でもないわな、正しい犯罪診断で有るなら」

;この傷害事件、上記経緯が公式に表に出ており”検察庁、警察で、補充捜査を実施する事となり、正しい受傷に係る診断書も、受診した医師から発行して貰い、国交省犯罪診断の、公式国交大臣名診断書共々で発行して貰い”この傷害事件が、主治医の医療行為、診断が正しくて、重い怪我を負って治療を続けたのに、軽い怪我、怪我は虚偽と、出鱈目な事件の纏め、送致、不起訴処理したのか、この事件の纏め、送致、不起訴処理は、国交省診断が正しくて、合法な刑事訴訟法手続きだったのか、刑事訴訟法手続きで、主治医作成医証と、国交省自賠事業作成医証?のどっちが合法な医証なのか、ここから補充捜査が行われる訳です。

;主治医は”治療期間は7日”この虚偽警察提出診断書から、医学的合法証明が求められているし”自賠事業、国交省診断に付いては、国交大臣責任で、合法な診断と、公式立証が求められて居ます”加害者、自賠、任意損保、弁護士は、この自賠責診断こそ合法な診断、主治医と私は、虚偽受傷をでっち上げて、賠償金詐欺を働いて居る、主張ですから。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6152411
ユニークアクセス:5320956
今日
ページビュー:845
ユニークアクセス:844
昨日
ページビュー:2228
ユニークアクセス:2210

Feed