エントリー

2022年08月11日の記事は以下のとおりです。

損保、司法犯罪マニュアル記載の、医証偽造の手口は、傷害致死傷事件全般に蔓延

  • 2022/08/11 17:43

山上徹也氏、阿部氏の演説中に、手製の花火を二発発射!阿部氏は「物理的な証拠無しで、失血死、と言うけれど”16リットルも輸血したから、死因も特定不可能、失血死の原因とされて居るのも、主治医の診断は、心臓に大穴が開いた事で、失血死、失血って、何回人間の体内の血液分、失ったんだ?”と(;^_^A」

解剖所見では、左上腕部に二か所穴が開いて居て、動脈切断されて居た事で失血死、との所見、、、16リットルも、実際にはほぼ即Ⅹして居たのに、生きて居ると言う形を取った、心臓と上腕部に穴が開いた、心臓の穴の原因は、銃弾も貫通して居ないし、体内にも無いから不明、と言う状況で、穴が開いたのは、7月8日の午前11時半頃、死亡した事としたのは、午後5j過ぎてから。

この状況ですよ、殺人罪は、法律を正しく適用させれば不可能ですし、傷害致死傷罪も、この事実、証拠無しでは、法を正しく適用させる事と、弁護士が正しく、被疑者は原則無罪前提で、上記を正しく追及して、刑事裁判を戦えば、立件出来ない状況でしょうね。

この事実、証拠状況に加えて「司法、損保犯罪手法、傷害致死傷事件が起きたら、加害者の刑事、民事責任を抹殺させる為、ぐ法な対人賠償せず、踏み倒す事が実際の目的の、傷害致死傷罪を正しく証明する、医学的証拠の偽造、司法、警察、厚労省、国交省、法務省がこのテロ犯罪を指揮して、これ以外認めない、闇の制度構築、と言う現実が有る訳です」

山上氏は、政治がカルト教団に乗っ取られて居る、売国政治権力他!報道カルトも同様、の現実を、二発の手製花火発射により、国際社会に知らせたんですよ、国士と言うべき、凄い功績を。

彼を正しい根拠、証拠も無いのに、安倍氏を銃殺した犯罪者、と魔女狩り裁判で罪に不当に落とす事は、日本国憲法、法律規定では、絶対に認められないのです、が、どうでしょうか?

所で「天Ⅹって、本当に只の飾りですよね、一族、かも疑問のこの連中、カルトに乗っ取られて居る政治と手を携えて、神道の元締めと言う設定で、もうここまでカルトの支配、も表に出されて居る訳で、大和民族の象徴だの、法螺で王侯貴族気取りの、血税巨額浪費、我欲しか無い、等不要の極みだと、この連中も、カルトのxx化が加速の一途、大和民族の祖伸の血族だの、もう冗談のレベルで」

分かった気の範囲しか、司法犯罪が常の日本はこれが理由、法曹資格者、法務省、司法機関職員の程度による

  • 2022/08/11 09:15

司法犯罪でしか、刑事、民事訴訟法手続きごっこを遂行、成功させられない、だって「正しい憲法、法律の理解力から、絶望的なまで無知、子供でも分かる事すら、本当に理解不可能なのが実際です」

こんなのが、刑事、民事訴訟法手続きごっこを仕切ってりゃ、合憲、合法等、絵に描いた餅になるに決まって居ます、扱う事件、ほぼ実際には、理解も何も出来ないんですからね。

うましかレベルの、オカルト司法犯罪制度をでっち上げて、神の絶対の制度だ!と、カルト特有の思考、意識と行動に走って「カルト教本が常に正しいように、犯罪、脱法を重ねて、国家権力悪で捏造して、決定、判決を下して居ます、ですが”まともな、これ等事件の根本からの正しい事件構成からの知識、構成要件は何か、を熟知した人間であれば”司法犯罪等、只のでっち上げた犯罪だと、当然事実証拠も持って理解出来ます”」

事件を構成する、証明する事実、証拠等を使わせない、抹殺する、これを強制実行して、司法犯罪が正しいと、虚偽設定をする以外認めない不文律です、この司法でっち上げ犯罪制度のみ、常時成功させる為の、他の手が。

司法犯罪制度が正しいとなるように、事実、証拠をでっち上げる、偽造する手です、どの司法犯罪制度適用事件でも、これ等の権力テロ、犯罪が武器で使われて、合憲、合法の破壊実現、司法犯罪が常に正しと、権力犯罪で、強引に捏造されて、決めて通されて居ます。

この司法犯罪の一つが「他者の肉体に危害を加えた事件が起きた場合”被害者の主治医に、偽造の公務所宛診断書を作成、発行させて居る、刑法第160条、医師法第17条違反犯罪医証を証拠として居る,テロ行為事実です」

この医証偽造は「加害者の刑事、民事責任を、偽造させた医証で抹殺成功と、加害者とした人間を、合法無しで、偽造、でっち上げ医証を証拠とさせて、有罪に落とす為の両方に悪用されて居ます」

つまり「法曹資格者、警察、司法機関が頭で共謀して、司法でっち上げ犯罪の答えが正しいと、医証記載傷病事実偽造、医学的証拠捏造と採用、を主武器で、常時でっち上げで決定、判決根拠として有る、と言う事です、札幌弁護士会現会長、佐藤弁護士も認めている事実ですし、道警本部、中央署、札幌地検も認めている事実ですし」

司法冤罪は、事前に闇で設定されて居ると言う事で、司法冤罪が正しいとなるように、必要な証拠は、真実が証明される証拠は不採用、抹殺、司法犯罪用証拠は偽造捏造、これで司法犯罪が、常に正しいように捏造して有るんです、と言う事だから「司法犯罪制度の一角弁護士も”起訴の根拠証拠は虚偽、不適当、捏造だ、と事前に承知の上で、起訴、起訴根拠とも合法で正しい、と偽る以外、しない不文律として有る訳だ」

司法ぐるみの訴訟詐欺、テロ司法手続きです、この犯罪で、司法でっち上げ犯罪制度が、状に正しいと捏造で決定、判決を下して通せて居ます、が、合憲、合法は無いから、事実で争わせる訳に行かないと言う、司法の強権発動が常に、この程度なのですよ、実際は。

刑法第160条適用、公務所に虚偽医証発行、医師法第17条違反、この二つの犯罪

  • 2022/08/11 07:56

札幌弁護士会現会長、佐藤弁護士も「札幌禎心会病院二名の医師、道警本部、中央警察署、札幌地方検察庁特別刑事部と同じ内容の、他社の肉体に、犯罪行為で危害を加えた事件の場合の、証拠の医証の偽造、捏造証拠を主治医に書かせて提出させて、違法証拠と承知で、合法な医証と偽り、刑事訴訟法手続きも遂行して居る、等認めています」

この司法犯罪は「刑法第160条不適用の徹底、公務所に医師が、虚偽を記載した診断書、検案書、死亡診断書を提出した場合、医師は3年以下の禁固刑、30万円以下の罰金刑に処す、と言う刑法規定と、医師法第17条違反に対する罰則、医師法第31条1、この刑事罰則を、共に科さない司法の闇の取り決め、警察も行政も共謀して居る取り決めが大前提とされて居ます」

この、医証偽造、行使、刑事、民事訴訟法手続き、自賠責、労災事業手続き証拠用の、偽造医証作成、行使の状態化、公権力の側も、偽造医証を医師に作成、発行を指示、強要して居る事実、理由は「合法な対人賠償、補償を潰す目論見、が最大の理由での、公権力犯罪です」

ここまでの、司法、行政、警察共謀のテロ犯罪、権力が損保の下僕化して居る事実が大きい故、損保の命を受けた司法、行政、警察が、被害者の主治医を軸とさせて「合法な医証を作成、発行させず、加害者の刑事、民事責任抹殺が果たせる、偽造医証作成、発行を命じて有るから、常に事実無視で、軽い怪我だから、刑事、民事責任はほぼ免除で通せて居る、ここまでの司法犯罪が、常時成功出来て居る訳だ」

で「この極悪国家権力犯罪の手法を”他者の人体に、損傷を与えた事件全般に、止むで設定して有る判決、決定が正しいと出来るように、主治医に医証の偽造捏造をさせて、公務所に発行させて居る”この犯罪も、常とさせて有る訳です」

この事実、証拠が山のように、刑事、民事訴訟法手続き事件記録、証拠にも揃って居る訳で「この医証偽造、偽造医証を、偽造と承知で正し医証とでっち上げで常時決めて、判決根拠?にもして居る、訴訟詐欺事実を、絶対に弁護士、検事、裁判官、法務省、厚生労働省等行政機関、医師会、保険者、保健所は、公式な刑事、民事事件捜査、証拠で使わせない事の徹底、を重ねていると言う」

冤罪が当たり前処か、冤罪、犯罪で刑事、民事事件構成、証明?ばかりを公式に糾弾させれば、こいつら揃って討ち死にだから、そうなれば、実際の犯罪指揮、損保が破綻を、国家権力そうなれば、闇利得の提供が失われて(-_-;)。

悪行三昧を警察、司法、行政が、損保の犯罪指揮を受けて凶行、それがどんどん範囲を広げて、この事態まで来ていると、冤罪事件?冤罪の類いが常、が実態です、警察、司法、行政、弁護士の共謀犯罪国家故。

苫前町農協、冤罪業務上横領事件で、弁護士が頭で”冤罪証拠の使用潰しに狂奔”は、起訴理由等を争わない、弁護士、司法の闇不文律が

  • 2022/08/11 07:27

苫前町農協、冤罪と始めから、苫前町農協、山下部長も証言していた事件で、弁護士の告訴状と、意見書!で、結局有罪に落として投獄に成功!この事件等「事も有ろうに、判例になって居ると言う、理由は”一旦不起訴で終わったが、正しい根拠ゼロ、と言うか、横領犯の共犯者の女性職員二名が、xxが証拠の一部を、自分達に破棄させた”と証言したから?」

山下部長は初めから私に「損害保険金を貰うには、横領事件と言う事にして、横領犯を仕立て上げて、その上で損害保険金請求が必要なので、xxを横領犯と言う事にしただけ、xxが、横領犯にならないように、証拠は全て事前に破棄して、その上で横領事件と言う事にして、警察に訴えた、証拠は全て破棄して有るのに、何故xxが逮捕されてしまったのか分からない、xxは横領などして居ない」

こう答えて居ました、民事裁判の記録、提出証拠には「身元信用保険金詐欺だと言う証拠が出されているし、xxが証拠を、自分達に破棄させたと、虚偽証言した女性二名の証人尋問調書も有り、警察には、自分達で証拠の一部を破棄した、と証言したが、警察からは、何も言われて居ない、とも証言して居ました」

このでっち上げた業務上横領事件、初めの設定は「xxが、預金者の預金を違法解約して、一件100万円以上の金の横領も、xxが、裏の金庫から金を抜いて横領した」

こう言う設定で、横領犯はxxだ、と言って起訴した訳ですが「私が上申書で”金融機関は、100万円を超える預金の引き出しの場合、上司が金庫を開けて、100万円を超えるお金を、預金引き出し者に渡す手続きが鉄則、xxが、後ろの金庫を開けて、100万絵に上の預金横領は出来ない”とも伝えたら」

無知でこんな冤罪設定して居る弁護士、検事、裁判官は焦り「いや、窓口担当女性の足元には、実は個々に付いて、200~300万円位金が入った金庫が置いて有り、xxは、この金庫から金を横領した、証人の女性職員二名が、xxが足元の金庫から、金を横領する場面を見た、と証言した」

こう、起訴後変えた訳です、出鱈目の極みですが「元々がでっち上げと偽造、偽証で構成ですから、xxを横領犯と決めて、有罪判決を下す以外、初めから答えは出さない事となって居た訳だ、司法冤罪の常だから」

逆に言うと「起訴事件の多く、横領、詐欺、窃盗、傷害致死傷事件等、起訴した根拠証拠を、違法、虚偽と正しく糾弾されれば、多くの起訴事件、潰せると言う事です、何故出来ないか、刑事弁護人も共謀犯で、合法を証明した、刑事裁判を強引い潰す共犯だから、ですよね、佐藤会長さん」

司法は絶対神!常に合憲、合法のみ実現、の大嘘も暴き続けている

  • 2022/08/11 07:09

札幌弁護士会現会長である、佐藤弁護士の証言「起訴された事件で、被告人の弁護に就いた時、弁護士は”起訴理由、根拠に付いて、争わないと言うのが、弁護士の考え、弁護方針です”」

この証言と「対人加害事件の医証、医学、医師法第17条に沿わないと承知で、虚偽の治療終わり時期記載診断書、症状固定なる、オカルト診断記載診断書?等を主治医に作成させて、公務所、捜査機関に発行させて、あたかも、この虚偽、でっち上げ記載診断書が、対人加害事件の正しい証拠だ、と偽り、当然ですが、検事、裁判官、も、弁護士共々、合法な医学的証拠にあらず、と承知の上で、刑事裁判ごっこ、詐欺刑事裁判も、日常的に行い、判決を下して居ると言う」

要するに「闇であらかじめ設定して有る、やらせ判決が正しいと出来るように”医学的証拠も、こうして都合に沿わせて、偽造捏造する事も常態化させて有る訳だ”全部やらせと言う」

初めに「事実、証拠度外視で、結論を設定して有り、その闇の決定が正しいように、不都合な事実抹殺、不都合な証拠は揃えず、でっち上げて有る答えが正しいように、事実、証拠偽造捏造が日常行為、と言う事です」

法曹資格者、司法の正義等、全くのでっち上げだと言う事です「起訴事件の有罪率が、99,9パーセントで、日本の警察、司法は成果一優秀だ( ´艸`)!!やらせで構成して有る訳で、そらほぼ有罪に出来て当然だよな(;'∀')」

辯護士は、被告人、依頼者の為に尽力する、正義を実現させる存在だ!大嘘ですよね「でっち上げた起訴事件、冤罪と証明されて居る起訴事件も何も”起訴理由で争うな!やったかやらないかだけで争え!”これ以外、被告人とされた人に、認めないのが弁護方針!の理由も、良く理解出来ますね」

苫前町農協、虚偽の業務上横領冤罪事件、起訴事件等、典型的な「冤罪だと証拠も揃って居るが、冤罪証拠を採用させず、横領したかしないか、根拠証拠を使わず争え!と、被告人に弁護士が強要して、愚かしくも飲み、投獄されたと言う」

山本巡査は逆に「軽微な怪我しか負わせて居ないと、偽造した診断書で偽って貰い、刑事、民事責任抹殺させて貰えた、自賠責を超えて、189万円も対人賠償金を支払った、30万円弱、過払いだった、示談しろ、示談しないから、債務不存在確認訴訟提起だ、裁判官は、審理潰しして、正しい訴訟提起、提起内容だ、と判決!刑事、民事手続き共、警察、司法詐欺で逃がして貰えて居ると言う」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678267
ユニークアクセス:5842872
今日
ページビュー:1215
ユニークアクセス:1208
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed