エントリー

2022年08月14日の記事は以下のとおりです。

何故従弟の息子、東京海上日動に支払い請求しないのか?

  • 2022/08/14 14:52

先日、札幌簡易裁判所、少額訴訟事件にも「札幌弁護士会佐藤会頭からも助言されたし、追加で上申書に書いて、上申して有るけれど、この上申書にも書きましたが、何故に従兄の息子、ワⅩエⅩ商会社長の、従兄の息子は、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償特約に、支払い請求を行わないんでしょうか?」

従兄は、私のxxに、愚痴、?相談していたと言う事で「東京海上日動への、支払い請求手続きを重ねる事を、しなければならないけれど、ある程度支払い請求して、請求を重ねていない、これから請求手続きを再開する」

と言っていたとか、生前、息子は「支払い請求手続きをせず、詐欺賠償手続きだだの、請求相手の東京海上日動の手ゴマ?になり、でっち上げて居る訳だ、何故支払い請求せず、詐欺賠償だ、捏造当事者間示談書取り交わしだ、従兄が支払った、対人賠償金は、実は貸し付けた金だ、等と嘘を吐き、札幌市国保企画課を、犯罪実行者を使って脅したのか?東京海上日動と共犯で」

しかも「東京海上日動、こいつ共々”従兄が数回、東京海上日動に対して、日常生活賠償保険金支払い請求を行った事を、隠匿して”犯罪者を騙して脅させて居ると言う、脅す犯罪者もまあ、屑ですけれどね」

従兄の息子と東京海上日動、どう言う犯罪者同士の共謀犯罪、を企んで居て、犯罪を重ねて居るのか?疑問が湧くばかり、ですが、簡単に考えれば従兄の息子、頭の、があれだから?東京海上日動に、都合良く利用されて、気付く事も出来ないとか?今更もう、都合良く利用されて来た事を無くも出来ない訳だし、遺産金泥棒も隠せないし、脱税もばれているし、、。

こいつと手を組んで居る筈、の、従兄の同級生は、悪事を糾弾されたあの、息子の下僕で草取りなど、の時の、私からの悪事の指摘、警官臨場、犯罪者擁護が警察の常、の後、全く下僕として、雑用に来て居ないようです。

犯罪行為の指摘に関して、心当たりがこいつにも、で、逃げたんだと思えるんですが、遺産預金高額窃盗、詐取、横領も、今は金融機関から、過去の預金履歴も、税務署にも出されるから、発覚する訳だし。

もう今は「盗めた遺産金、遺産預金は、遺産目録を偽造すれば、遺産から消せて、犯罪利得への課税も逃れられる、とも行かないしね、裁判所に今は、偽造遺産目録を根拠で、相続完遂証明を出して、盗みに成功した遺産金を、遺産から除外、脱税も成功させる公式証拠、とも、でしょうし」

犯罪で構成して有る事が暴かれて、刑事、民事訴訟法手続き、自賠責等手続きどれも

  • 2022/08/14 08:27

安倍氏が銃撃されてすぐ、衆議院議長と、自賠責後遺症審査を非膣の手続きで、二か所に出して、その後数回、追加で出して有ります、が。

極悪犯罪事実、実例証拠が揃った、衆議院への請願と、自賠責事業名目、民間詐欺審査請求手続きなので「民間が、国交省による、自賠責強制保険事業での、医学的根拠を持っての、後遺症の審査で有る!と、嘘で構成して有るこの事業への、後遺症審査請求手続きに関して、一カ月を優に超えていますが、後遺症審査受付しました、との通知も来ないままです」

折角「安倍氏を歓迎する為に?手製の花火発射装置と、手製の火薬を用いて、花火に発発射した事件にも”医学的な証拠って、医師でも無い誰かが、診断をでっち上げれば、主治医の診断と異なってりゃ、主治医が偽造の診断を下した、と強制確定されて、素人犯罪診断が正しい!ないし、警察、司法が事前にでっち上げて有る、傷害致死傷事件、殺人事件の構成、捏造構成に沿わない、医学と医師法に適った診断は、虚偽、偽造と断定して潰せる!”この司法、警察テロ方法を、山上氏が冤罪に落とされるかも?の武器と出来るように、自賠責後遺症審査犯罪も、衆議院への請願と組んで出して有るのにねえ」

と、ここで佐藤札幌弁護士会会長の証言、偽造、でっち上げた公務所宛診断書作成、発行が、刑事、民亊共、日常的に凶行されて、通して有る証言、これが大きく生きて来ます、偽造させた診断書、を、合法な証拠と、嘘と承知で常時採用のみ、これで刑事、民事訴訟法手続き実行が常、訴訟詐欺で有り、法曹資格者犯罪だから。

ここ迄つまびらかにして有る、警察、司法、行政、報道カルト共謀のテロ犯罪事実、何処が「裁判で判決が出た、絶対の合法事実だと、判決で決まった、大嘘だとも、公式に証明されて居ます、司法の無謬、絶対正義、嘘も極まって居る訳だ。

法律を武器で、強権を持てて発動出来る筈、の警察、司法、行政、政治揃って、只のカルトテロ犯罪常習者と、もう言い逃れは無理で証明されて居ます。

只の司法恐喝、これで傷害致死傷事件、加害者責任抹殺も常時成功

  • 2022/08/14 07:51

傷害致死傷事件が起きたら、損保が、対人賠償債務補填支払い責任を負う事件はほぼ絶対「警察、司法も共謀犯罪を日常的に凶行、が実態で”主治医に事実無根で、軽微な怪我ですよ、大きな対人加害事件はほぼ全権、軽微な怪我だ等、加害者の刑事、民事責任抹殺を成功させる為の”偽造した、公務所宛診断書だけを偽造で発行させるからくりとして有ります」

全ては「対人賠償を、犯罪で踏み倒す目論見に拠って居ます、合法な対人賠償を、犯罪で潰す目論見が、司法、警察、行政が、損保の下僕に堕ち切った現実、が有るから、これ等国家権力ぐるみのテロ、犯罪を重ねて、対人賠償を、犯罪によって踏み倒し捲れて居るのです」

刑事も民事も共に「対人受傷被害者の主治医に、軽い怪我だ、受傷原因は、人体への危害行為が原因とは証明出来ない、と、常に偽造記載診断書だけ、捜査機関、刑事、民事裁判証拠、自賠責、労災、損保に医師が、偽造して発行するだけとされて居ます」

これが真実だから「佐藤弁護士も認めているように”起訴理由、告訴理由の真偽から争う訳に行かない”弁護士は、絶対に起訴理由、告訴理由の真偽等で争わない、弁護士の考え!合憲、合法では無くて、弁護士の考えで争わない”事として有ります、と、事実通り認めた訳です」

偽造させて、公務所に発行させた、傷害致死傷行為を証明する医証、等の偽造、でっち上げ証拠?で刑事、民事訴訟法手続きを取ってる、弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事、ですからね、起訴理由、告訴理由の真偽から争う事とすれば、凄まじい件数、司法冤罪が噴き出るでしょうし。

辯護士は積極的な、司法極悪犯罪でっち上げ犯の一角ですから「違法な、でっち上げで構成して有る起訴事件の合否争いしないし、でっち上げた告訴事件の、告訴提起の合否争いもし無いと言う、極悪な、司法やらせ刑事、民事訴訟法手続きです」

ここまで詳細に、司法テロ犯罪、刑事、民事訴訟法手続き共に、あらかじめでっち上げて有る、犯罪が正しいとさせた答えのみを、犯罪で事実、証拠を捏造した決定、判決以外下さない、司法テロ犯罪国家事実、誰でも対人受傷被害を加えられたなら、これ等の国家権力テロ、犯罪凶行被害を加えられて潰される、司法、警察ぐるみのテロ行為、誰でも自由に活用出ますよ、加入損保に、一連の犯罪を、警察、司法、行政に、損保が命じて手を汚させる、手掛けさせるのが筋!

損害保険加入者特権で、公式にこれ等犯罪を、犯罪を日常として居る国家権力、医師に行わせて、加害者責任逃れを成功させるべきだ!!

国が行って居る、只の極悪テロ強制賠償事業、これも破壊済みの事業だから、自賠責事業の現実

  • 2022/08/14 07:33

人身交通事故事件が起きたら、自賠責、交通事故労災なら、労災保険も、と、任意自動車保険、加害側対人賠償、被害側、人身傷害特約が共謀して「被害者の主治医に、公務所宛診断書他医証を、軽い怪我だ、受傷による治療の原因は、交通事故と証明は無いと、事実無視で、常時でっち上げさせて有ります、対人賠償を、好きなように踏み倒す事が目的の犯罪です」

当然ですが「刑事訴訟法手続きから、虚偽で軽い怪我しか負って居ない、交通事故で怪我を負ったとは言えない、対人賠償金狙いの詐欺の疑いが?!これらでっち上げた診断を闇で主治医が付ける手と、身分不詳の誰かが、重い怪我だの嘘だ、主治医が後遺症が残存する怪我だ、と診断した場合も含めて、軽微な怪我だ、重い怪我との主治医の診断は嘘、捏造だ!と、犯罪者診断をでっち上げて、合法な医学的証拠を、強制抹殺成功させて有ります」

これ等の司法他、国家テロ権力犯罪の理由は「自賠、労災、任意損保が、合法に沿った対人賠償をせず、賠償踏み倒しを常時成功させられるように、が理由の国家権力犯罪です」

これ等の、一連の司法、警察、行政が共謀、国際的テロ犯罪事実立証を果たして居て、佐藤弁護士も、道警本部、中央警察署、札幌地検特別刑事部の、上記権力犯罪は事実と証言を出して居る事を鑑みて佐藤弁護士も、同様の、司法犯罪、警察犯罪で、傷害致死傷罪、過失致死傷罪事件、出鱈目な医証を主治医に作成、発行させて、加害者の刑事、民事責任抹殺を成功させて有る、この犯罪を成功させて有る武器は、医証の偽造が最上位とも、佐藤弁護士も認めています。

自賠責事業、実態は民業損保が、自衛隊、国、地方自治体役人、損保職員で退職者を使い、後遺症が有ると、主治医が診断した事等を「対人賠償金詐取狙い、医師の後遺症あり診断は偽造だ!と、犯罪者でっち上げ診断を付けさせた事として、国の強制負賠償保険、自賠責事業、労災事業も、対人合法賠償潰しも、常に成功させて有る訳だ」

と言う事なので「一昨年8月11日昼過ぎ発生、山本巡査が一方的加害者傷害事件、後遺症却下を認めない、再度の審査請求を出して有るが、なにも答えを返さず逃げています、料率算出機構、調査事務所とやら?犯罪行為者等は」

佐藤会長の証言は、刑事も民事も同様と言う事、やらせ、法の蹂躙を問わない

  • 2022/08/14 07:15

札幌弁護士会会長である、佐藤弁護士が証言して下さった、次の事実は、刑事に限らず、民事訴訟法手続きも同様、ですからね。

佐藤弁護士∸起訴事件で、被告人の弁護に就いた弁護士は”起訴理由等で争わない、弁護士の考えとして有るので”起訴が正しいかどうか、争いません、被告人の利益に反して居る、、と言う指摘に付いては、、、(;'∀')

この「苫前町農協、冤罪業務上横領事件、起訴事件で、被疑者とでっち上げでされた、xxに就いた、国選弁護人笠Ⅹ弁護士が、大騒ぎして、被疑者を従わせて、投獄を成功させた”起訴された理由、事実の合否で争うな!起訴された事が事実かどうかだけで争え”!逆らうなら弁護を降りるぞ、良いのか!!で従わせて、冤罪で投獄成功((´∀`))ケラケラ」

この実態、刑事だけで無くて、民亊も同様ですよ「佐藤弁護士は、刑事と民事共、合憲、合法に沿わせた裁判、訴訟手続き等では無い、とも答えている通りです」

加害側は実は、一円の対人賠償金支払いもして居ない、被害者側が加入して居る、任意自動車保険、人身傷害特約から、自賠基準に準じて補償金支払いしただけ、が真実なのに「加害側は、自賠責基準額を超えて、こんなに対人賠償金を支払って居る、支払い過ぎだった、もう債務は存在しない事を、裁判官、認めた判決を出せ!この訴訟詐欺も、定型としている司法詐欺犯罪裁判事実です」

絵に描いたと言うべき、司法詐欺訴訟です、人身交通事故事件が起きた後、刑事、民亊共、加害者の刑事、民事責任合法に負う事を潰す為、常時主治医に公務所用診断書を、事実無視で、軽い怪我だ、受傷原因は、交通事故と証明出来ない、等偽造作成、発行と、司法、警察、厚労省、国交省、保健所らで、この加害者責任抹殺用、対人賠償違法手段で踏み倒し、を常に成功させる為の多重犯罪、繰り広げているのだし。

刑事、民事訴訟法手続き共、犯罪で事実を捏造させて、加害者責任刑事、民亊共抹殺成功、が司法犯罪事実です、佐藤弁護士も証言している通り。

この司法他、国家権力共謀テロ犯罪事実、証拠実例無数、の通り、近代法治国家の法曹資格者、司法手続き遂行、も大嘘で、只のオカルト宗教裁判のなぞり、が真実です、頭は損保、自賠責、労災事業と。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678358
ユニークアクセス:5842963
今日
ページビュー:1306
ユニークアクセス:1299
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed