エントリー

2022年08月28日の記事は以下のとおりです。

犯人隠避が目的で、東京海上日動と提携弁護士、従兄の息子が共謀、自家用自動車保険詐欺も

  • 2022/08/28 14:18

従兄の息子が社長を務める会社が、高温焼却炉を購入して、所持して居る事を隠蔽する為、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件の加害者責任を、息子の会社では無く、従兄が、j犯人隠避目論見で、違法に冤罪で加害者責任を負うように、従兄の息子と、従兄が加入する、東京海上日動、札幌損害サービス第4課、提携弁護士連中が共謀して、従兄が加入する、任意自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償を、詐欺で適用させて居る訳です。

この、従兄の息子、経営する会社、東京海上日動、提携弁護士複数共謀犯罪、従兄が加入する自家用自動車保険詐欺、本当の加害者は、法人ですからね、自家用自動車保険、絶対に適用不可能だから、の犯罪は、犯人を隠避する目論見の犯罪です。

従兄の息子、経営する会社が、重過失傷害事件の正しい加害責任者です、この事実を隠蔽して、従兄が機器の所有者で、加害責任者だと偽り、従兄が加入する、東京海上日動自家用自動車保険特約を、東京海上日動、提携弁護士、従兄の息子が共謀犯で、詐欺で適用させて居ます。

死去した従兄は”捜査機関に、機器の購入費は自分が出した、購入者は息子の会社です、息子の会社に、購入費を出資したけれど、息子の会社から、購入費を返して貰って居ないから、自分が所有者として、息子に責任が行かないようにしたいんで”と、正直に認めています、まあ、刑法第103条、犯人隠避の罪ははっきりして居ますし。

刑法第250条、詐欺罪もはっきりして居ます、従兄が加入する、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約を、詐欺で使用に動いたし、東海、提携弁護士も「公式な、犯人隠避、詐欺既遂故、刑法第246条詐欺罪の行為者ですし、従兄の息子も、同様の犯罪行為者です、こいつは、刑法第211条、重過失傷害罪も、経営する会社の責任者で、適用されるし」

この犯罪者連中、己の犯罪行為責任を、次々手掛ける犯罪で隠蔽しようとし続けて、どんどん犯罪の連鎖の泥沼に落ちて行って居ますよね。

でも、次々私によって、犯罪が立証され続けており、犯罪行為者責任が重くなり続けているんです、犯罪を重ね続ける故です。

損保、提携弁護士犯罪を、被害者が捜査指揮して犯罪証明

  • 2022/08/28 10:35

損保、提携弁護士が指揮、実行犯犯罪を、被害者が損保、提携弁護士犯罪を、正しく犯罪と証明する、捜査の指揮を執り、損保、提携弁護士ら犯罪を、証拠とも証明しました。

何しろ警察官、法曹資格者共「江戸時代かそれ以前の捜査?のままで?事件を構成するなら、根拠証拠が先ず必要なのに、損保、提携弁護士がでっち上げた事件構成で、強引に事件を成立させると暴走が常!でっち上げた詐欺等事件を、冤罪被害者に自白させる!自白しなくても、冤罪に強引に落とす、を日常化させて居ます」

この事実は、他の事件でも同様です,事件を正しく構成する、根本からの証拠も無し、カルトに支配されて、傀儡に堕ち切っている政治家と変わりません。

私の正しい、事件を立証する証拠を揃える捜査により、従兄が加害者は虚偽、従兄の息子経営会社が、正しく加害者と証明されて、証拠も、警察、検事が揃えて居る訳です。

この状況なのに「従兄が加害者だと、公に捜査機関、損保東京海上日動、提携弁護士ぐるみでっち上げて突っ走っており、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償を、詐欺と承知で、弁護士法違反も手を染めて凶行も重ねている」

犯人隠避も東海、提携弁護士が凶行、犯罪の数々を、東海と提携弁護士が、従兄の息子と共謀して凶行して居る、公開犯罪ですからねえ、でもこれらの損保、提携弁護士、警察、司法、損保、監督官庁ぐるみ犯罪、日常の犯罪の踏襲と言うのが実際です。

損保、提携弁護士が「損害保険詐欺でっち上げ、正しい事件証拠隠滅、でっち上げた犯罪が正しいとなるように、証拠捏造も常、陥れられる被害者が、これ等の実態を知った上で、正しい事件の証拠から、捜査機関も動かして、揃える事から必須です」

でっちあげただけ、の損保、提携弁護士共謀犯罪だから、正しい事件証拠から揃えれば,この損保、提携弁護士指揮犯罪でっち上げは,潰せるんですよ、損害保険詐欺使用を、東京海上日動、提携弁護士ぐるみ手を染めても、こうして立証出来ているし。

辯護士代理行為、白紙委任状に違法記載で代理行為、でも非弁事業者と、提携弁護士の犯罪

  • 2022/08/28 10:04

昨年5月から、東京海上日動と提携弁護士が「従兄が生きて居る時は”従兄の意思は無視で、白紙委任状に記載、押印しろ!後で弁護士名を書いて、委任者の医師と言う事にして、山本弘明を、言い掛かりで訴えるからな!”」

これを強要したし、従兄が死後は、従兄の息子が、xx故都合良く、東海、提携弁護士に利用?元の性根の発露?で「示談書等は偽造だ、と言い掛り、対人賠償金支払いを潰そう!と、白紙委任状に弁護士名不記載、代理行為成立せず、の実際で、犯罪者で打って出て居ます」

従兄が加入して居る、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約が「従兄の息子経営会社が所有者の高温焼却炉を、従兄が所有者と偽り、従兄の息子が経営した形の、ワイ××商会が購入、所有者との事実隠ぺい!これで従兄が加入の、任意自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償を、東海、提携弁護士も共謀して居る故、差g犯罪と熟知の上、犯罪適用して、損保資金詐欺も働いて居ます」

どう言い訳しても「従兄が加入して居る、自家用任意自動車保険を、従兄の息子経営瑕疵者所有、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件で、弁護士特約、日常生活賠償特約が適用出来る訳が有りません」

無理やり適用させるとしても「自家用自動車保険を、事業者側加害事件で、加害側用に適用は、完全な詐欺犯罪です」

この一連の犯罪、東京海上日動と、提携弁護士連中が直接実行犯です、損保、提携弁護士が、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約詐欺行為に走って居ます。

犯人すり替えも手を染めていて、親犯人隠避も凶行と言う、東京海上日動と提携弁護士犯罪です、極悪非道な、損保、提携弁護士ぐるみ犯罪です。

捜査能力の欠如故、損保、提携弁護士犯罪指揮下に

  • 2022/08/28 09:42

昨年3月29日に起きた、xイxス商会が所有者の、DAITO製造高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件、従兄が加入する、東京海上日動任意自動車保険を、詐欺稼働させた東海、伴が、東署から騙して。

伴、昨年4~5月の捜査指揮ーこの機器は、私が購入した機器なのを、金に困った従兄、xイxス商会社長の父親が,自分が購入者だと偽り、私と共謀して、私が焼却炉を、故意に倒して下敷きになり、私が従弟加入の、東海任意自動車保険に、対人賠償保険金請求している事件だから、山本が詐欺を働いている事件だ、捜査しろ!東署、刑事一課強行犯!

東署刑事一課強行犯刑事∸そうですか、山本が、従兄が機器購入者と偽り、従兄の加入損害保険に、対人賠償金請求して居る、詐欺事件ですね、捜査して認めさせて~~((´∀`))ケラケラ

で「この虚偽の詐欺設定で、昨年12月3日、被害者の私の調書を録る、と言う設定で、刑事が調書取りして”お前が購入した焼却炉なのに、従兄が購入所有者と嘘を吐いて、お前が従兄加入東京海上日動自動車保険特約に、対人賠償金支払い請求した事は、東京海上日動から聞いて知って居る、お前が購入した機器だよな”と、言いがかり追及を行った訳です」

私∸何を言っているんだ、従兄の預金履歴と、DAITOへの機器購入者証明書と,証拠で取って居ないのか?取って居ないって?東京海上日動が言うから、証拠も取らずで事件を決めたって,従兄の預金履歴を取れ、DAITOへの支払い金証拠がある筈だし、DAITOから、機器購入者証拠を取れば、機器の購入、所有者を証明出来るだろう。

翌年、今年1月11日、同じ刑事による、私相手の被害者調書録り時の答え。

xx刑事-山本さんから言われた、従兄の預金履歴と、DAITOから、機器購入者証明を取りました、機器購入費は、従兄が支出して居て、機器購入者は、従兄の息子経営、xイxス商会でした。

xx刑事∸言われるように、この証拠で有れば、従兄では無くて、息子経営会社が、重過失傷害事件加害者ですが”従兄が、息子の会社から、購入費を返して貰って居ないし、息子に責任が行かないように、自分が所有者で良い、自分が責任を負う、と言うので”従兄を加害者で事件を組み、送致します。

完全な?自家用自動車保険詐欺行為で、東京海上日動、提携弁護士が、xイxス商会、社長と共謀の詐欺が、公に証明されて居ます、犯人も違うから、犯人隠避犯罪も、東海、提携弁護士らで凶行しているし。

そして「こいつらが公に共謀しての、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約詐欺も、正しく証明されて居ます、極悪非道な損保、司法、xxxx商会、社長共謀犯罪です」

江戸時代レベルの司法、警察、只の魔女狩り

  • 2022/08/28 06:44

@札幌高検検事長、地検検事正、二階堂郁美事件担当検事、道警本部長、法務省、最高裁他裁判所裁判官、札幌弁護士会会長”昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件”も、損保東京海上日動、提携弁護士の犯罪捜査指揮で構成、これを潰し、事実証拠、証明を果たさせたのは私、告訴に続き出した被害届に絡む、損保東京海上日動、提携弁護士指揮犯罪を、ざっと時系列で記載します、弁護士法第27条、72条から、東京海上日動、提携弁護士は、正しく適用から立証されて居ます

                                  令和4年8月28日
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504
※検察庁、東署には、共栄火災、田中燈一辯護士が、私を虚偽に拠って詐欺に落とす為、札幌地検検事、裁判官、中央署刑事二課平田他の、冤罪捏造捜査証拠も提供済み、記載事件同様の、事実無根の損保、提携弁護士による捜査指揮証拠です

田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美事件担当検事
FAX011-222-7357 犯罪者の捜査指揮で、魔女狩り実行
東京海上日動社長、札幌損害サービス第4課永井啓太課長、木村課長補佐
FAX011-271-7379 保険不正適用、違法な事件捏造捜査指揮
xxxx商会社長xxxx、犯罪責任逃れで実父身代わり、東海と損保詐欺他
携帯080-1881-xxxx,FAX011-791-xxxx
廣部・八木法律事務所 山本繁樹加入自動車保険は不正適用、白紙受任毎犯罪
TEL011-271-9669,FAX011-271-9796
岩本・佐藤法律事務所、札弁連佐藤会長 保険不正で提携弁護士違法代理は犯罪
TEL011-281-3001,FAX011-281-4139
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312損保、提携弁護士が捜査指揮、保険不正でも
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 刑事、民亊共違法令状発行、訴訟詐欺日常
鈴木信弘道警本部長、生活経済、各捜査課、交通課課長
TEL,FAX011-251-0110 正しく事件証拠取得捜査せよ
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 保険不正適用、提携弁護士白紙受任は犯罪
金融庁保険課、損保係池田課長、古村係長 非弁行為は保険不正まで拡大
TEL03-3506-5104,FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室、非弁共謀西村犯罪指揮専門官
TEL03-5253-8586,FAX03-5253-1638
札幌市国保企画課求償担当
TEL011-211-2341,FAX011-218-5182
北海道新聞道警記者クラブ記者
FAX011-210-5592

1、先ず、この事実確認から行います、令和3年3月29日、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件、xxxxが該当機器購入、所有者との設定で、××被疑者として送致、被疑者死亡で不起訴は、確信犯で虚偽が、私が事件捜査で取得させた証拠で、正しく明らかとされて居ます。

(1)この機器、DAITO製高温焼却炉は、平成29年前半、xxxxが費用拠出(息子の会社、xxxx商会への出資)息子の会社、xxxx商会が購入者で購入の機器、昨年12月3日、東署刑事一課強行犯、平野巡査部長に私が指示して、xx氏口座履歴、機器購入者証明を取らせて、令和4年1月11日、二回目の被害者調書作成時に、xx巡査部長は、次の事実を私に答えて居ます。

xx巡査部長ー山本さんから取得を求められた、xx氏の口座履歴と、焼却炉購入者証明を取りました”資金はxx氏が出して、機器購入者は、xx氏息子の会社、xxxx商会株式会社となって居ました”xx氏や、山本弘明さん(東京海上日動伴が、私が購入機器と、虚偽を警察に伝えて、xx氏加入損害保険詐欺を、私が働いた等、嘘の事件を届け出て居た)購入者では有りませんでした。

xx巡査部長-山本さんが言うように”それで有れば、xxxxさんが、重過失傷害事件加害者の設定は違い、息子、xxxx商会社長、xxxxが加害者では?”の指摘は当然ですが、xx氏が、息子の会社から、機器購入費を返して貰って居ないから、息子に責任が行かない為も有り、自分が機器の所有者、加害責任者で良いでしょう、と言うので、息子さんに責任を負わせないと言う、xx氏の意思を汲み、xx氏を加害者と事件を組みました、証拠では、xxxx商会が機器所有者ですが。

※、この事実立証で、xxxx加入、東京海上日動任意自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約は、xxxx商会購入機器による対人加害事件で、適用は不可能です”東京海上日動、提携弁護士、xxxx、経営会社xxxx商会共謀犯罪、弁護士法違反、自動車保険詐欺、犯人隠避が証明されて居ます。

2,この事実証拠、担当刑事の答えの通り”事件原因機器は、xxxx商会が所有者ですから、xxxx加入、東京海上日動任意自動車保険(D035961378)弁護士特約、日常生活賠償特約は、絶対に適用不可能です”東京海上日動、提携弁護士は、違法に弁護士特約を適用とさせ、弁護士法第27条違反、非弁行為者と提携弁護士行為に走り、弁護士法第72条違反で刑事罰が適用ともなる、犯罪も手掛けて居ます、不正使用損害保険で、調査三回、提携弁護士証明分で三回出して居ます。

(1)東京海上日動札幌損害サービス第4課、伴発行、令和3年5月26日付け、xxxx氏宛、上記自動車保険を適用させて、廣部・八木法律事務所宛、山本弘明を訴える為の白紙委任状添付発行証拠、令和3年8月26日付け、xxxx、山本弘明宛、廣部・八木法律事務所発行、上記白紙委任状発行を認める書面証拠。

(2)令和4年6月後半、xxxx代理辯護士を名乗る者が、札幌市国保企画課に架電し、xxxxに、xxが負った対人賠償債務の内、国保立て替え分支払い請求したが、当事者間示談書等は偽造だ、何故請求した、後日、xxxxが委任者の受任通知、委任所写しを送る、と告げている。

(3)東海札幌損害サービス4課、木村課長補佐が、私との電話で”xxさんとは、xx氏の相続人の立場なので、3回協議しており、それを持って辯護士をxxさんに、xx氏加入自動車保険、弁護士特約を使い、弁護士を動かした、示談書は偽造と、損保は扱う事として居るので、この弁護士特約、日常生活賠償特約は、相続事件、工事代金請求事件等、なんでも損保が、弁護士費用を拠出出来る特約です”と認めている、二回目の、違法なxx氏加入損害保険不正適用、違法な東海非弁行為、非弁行為者と、提携弁護士共謀弁護士法違反犯罪、の証拠の一端。

(4)私がxxxx自宅に行き、xx氏が示談書も交わし、数回部分示談による、対人賠償保険金も払って居る賠償金残りと、私が経営する会社が、xx氏に頼まれて実施した工事代金不払い分支払い請求に対して、xxと、xx氏の同級生なる人物が、今年7月後半、札苗交番から小林巡査等を臨場させた事実が有る、小林巡査、xx氏同級生の発言は次による。

xx同級生、小林巡査ーxxxxには、東京海上日動で弁護士を就けて有る、今後この弁護士が、示談書は偽造と証明して、示談書でxxに支払い請求は違法、不法な請求と証明して行く(この先は小林警察官だけ)そんな示談書で請求出来るか、示談書を寄越せ(写しを提供済み、刑事課で真贋捜査も実施)偽造と捜査で証明してやる、今後全て、東京海上が、xxに付けた弁護士が相手だ、示談書で支払い請求に来れば、すぐ臨場して、違法な請求をさせないからな。

(5)先週23日、札幌簡裁書記官から電話が来て”私と経営する会社が、xx相手に起こした簡易訴訟、焼却炉管理費請求、工事代金請求、示談書を交わして有る内、一部対人賠償支払い請求全て、向井諭法律事務所(東京海上日動提携弁護士事務所、東海回答)が”22日付け委任状”で受任して、三事件全て向井諭法律事務所が、xxxx氏の代理行為者となった、等書面を寄越しました”と伝えて居ます。

(6)つまり”上記廣部・八木法律事務所事案も、札幌市国保企画課虚偽を持ち、xx代理人弁護士自称者と、東海共謀脅し行為事案も、東京海上日動と提携弁護士共謀、弁護士法第27条違反、72条で共に刑事罰適用の犯罪”ですし、向井諭法律事務所による、xxxx代理三件(昌城は、東署刑事に、30日に出廷して、三件とも話を纏めます、焼却炉も、父が自分の会社に買ってくれた機器なので、引き取り等をしなければ、等回答、だが、白紙委任状を6~7月前半に取っている東海、提携弁護士が、xxの意思を潰して、白紙委任状に、勝手に弁護士名を書き、徹底的に争うとしている)も、非弁東海との共謀を、違法な損害保険適用、違法費用拠出で行って居る、と思慮すべき、xxに捜査を掛ければ、東京海上日動、提携弁護士が、xxxxと直接共謀して、犯人隠避、損害保険詐欺共々事実立証されます。

※xx自宅の周りは、過去に私が大工工事で建てた家が多いので、xxの行動等(遺産金を巨額持参、損保、提携弁護士と言う巨大な事業者、権力が共謀犯、権力悪用、共謀犯罪隠蔽工作での、犯人逃亡等の恐れが強いので)を見て呉れており、xxは、見る限り先週、日中の外出は無し、お盆過ぎてから、ほぼ引きこもって居る、22~23日に,弁護士事務所に行った事は先ず無し、との事です。

3,二階堂検事他”損保、提携弁護士に、損保犯罪詐欺冤罪も含めて、証拠も無しで強制捜査、冤罪成立も、記載巨大複合犯罪見逃しも、損保、提携弁護士の捜査指揮通りでっち上げで成立させ放題ですが”これだけの証拠、事実が揃えて有るし、別紙の通り、税務署にも、DAITOへ、該当機器購入証明取得も求めて有ります、xxxx、xxxx商会、東京海上日動、提携弁護士複数共謀犯罪は、もう隠蔽等不可能です”私が正しい捜査、証拠取得等を、刑事に求めて、果たしてくれた結果です、二階堂検事、記載事実、証拠を持ちながら、理解出来ないで来た訳ですか?早急なxxからの、必要な捜査、証拠取得等(事実無根で、詐欺冤罪等で強制捜査令状発行、執行もし放題、東署に渡した公式実例通り)を求める、その後、共犯者(従弟の同級生、司法書士、弁護士ら)への捜査も求める。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678341
ユニークアクセス:5842946
今日
ページビュー:1289
ユニークアクセス:1282
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed