エントリー

2021年06月10日の記事は以下のとおりです。

命に直結

  • 2021/06/10 17:25

人身交通事故事件は「主治医に交通事故で受傷、と治療記録、診断書を作成させない、それを常時実現させる為、捜査機関は主治医に対して、交通事故が原因で怪我を負い、治療を続けて居る事を、絶対に捜査しな事で、常時成功させて居ます」

この犯罪捜査の手で、交通事故が原因で死傷した被害者は、原則居ない,刑事訴訟法犯罪の手でこれのみを、常に確定させて有ります。

ですが、実際には交通事故が原因で怪我を負わされており、治療も続ける必要が有り、日常生活、仕事に元通り復帰も困難な体なのです、が「この犯罪刑事事件捜査、交通事故で死傷した被害者は、偽造捜査で居ないとしてあるので、無理を押して社会生活に、仕事に復帰を強要されるのです」

その結果、不調の体なのですから、別の怪我に見舞われる、事故を起こしてしまう、と言った、加害者、警察、司法が、損保の下僕に堕ちており、ここまでの人権蹂躙被害が原因での、更なる被害、やむを得ずの加害行為を生み出したりしています。

未必の故意、を超えた、確信犯罪が原因です、損保が賠償を潰せるように、警察、主治医、司法がテロを常態化させて居る、これが実際なのですし「更に損保、提携弁護士、法務省、司法は”他の傷害事件でも、個人賠償支払いを潰す目論見で、人身交通事故事件同様の手で、傷害事件加害者は、刑事、民事共に無責だ、刑事罰を受ける謂れは無い、被害者なる輩は、人体への物理的攻撃を受けても、受傷する事は無い、死ぬ事も無いんだ、被害者なる者は、賠償金狙いの詐欺犯だから”被保険者、傷害事件加害者から、人体に物理的攻撃を受けた事で、怪我を負い、治療を行い続けて居ると、法螺を吐いている、詐欺犯なのだ」

こう、損保が加害者、提携弁護士を指揮して、日常的に”傷害事件加害者は、常に無責である、被害者なる輩は、人体への物理的、大怪我を負う攻撃を受けても、人が怪我を負う事は無い”この詐欺事件捜査結果、記録で知って居て?賠償金狙いで、人体への攻撃を受けて、怪我を負った、治療を続けて居ると、詐欺目的の法螺を吐いているのだ!

これが常時、このままでは押し通される日本、を実現されてしまいます「傷害事件も”犯罪捜査が横行”狂い切って居ます、日本の多くの独裁者様方が、損保の下僕に堕ち切って、ここまで日本を腐敗させて来て居るのです」

犯罪を常時成功させて、賠償踏み倒しが日常、他者から怪我を負わされながら、治療費も踏み倒されて

  • 2021/06/10 15:59

一方的追突、交通事故人身加害事件、被害者の被害事実、交通事故で怪我を負った事実を消す為、闇のからくりが仕組まれており、車に突っ込まれたが、被害車両の乗員は「何かが原因で治療を行うようだが、怪我の原因は不明、事故日の、初診時の、定番出鱈目診断で、対人加害交通事故事件、は、実際証拠無く、加害者は対人加害無責で決定、これが常に成功させて有る」

この警察、主治医、検事、裁判官が、損保が任意自動車保険で賠償せず、常に通せる用、犯罪で構成して有る、刑事訴訟法事件捜査、手続き、となって居る、実際は虚偽、証拠偽造捏造、隠滅で成功させる、自動車の事故で死傷する被害者は、このでっち上げ、詐欺犯罪刑事訴訟法捜査記録、決定を多数捏造により、存在して居ない、とされてある、だから。

任意自動車保険、加害者加入損保、提携弁護士は、賠償詐欺犯の被害者に、賠償詐欺を防ぐ為、どんな犯罪でも仕掛け放題が認められて居る、事実がこうです。

当たり前ですが「車に突っ込まれる、轢かれるとされれば、多くの人は、死傷しますけれど”証拠偽造の手で、交通事故が原因で、死傷する人間は居ない”と、公に捏造して有るから、車の事故で死傷する訳が無い、こう、警察、司法テロで決められて居るんです」

でも、車に突っ込まれる、轢かれるとされれば、多くの場合、死傷しますから「長期療養が必要な、交通事故による受賞の治療費他賠償を、常時不当な、上記警察、司法犯罪で踏み倒されて、放り出されて、日常生活をちゃんと送る事も無理な体のまま放り出される訳ですから、別の不当な怪我を負う、事故を起こしてしまう、等も起きます、死ぬ事も起きますが」

損保が正当な賠償を、この警察、司法犯罪によって、常時せず逃げられて居る、これが絶対とされていますので、交通事故で死傷する人間は居ないと、強制捏造を常に確定させて、治療費他賠償踏み倒し成功、被害者を、不当にも、怪我を負い、治療を要する体で常時放り出して、不調な心身故、別の事件、事故で死傷してしまう事にも、実際追い込み捲って居ます。

この警察、司法が、損保の下僕化し来ており、常時凶行犯罪を、人身交通事故事件だけで無く、他の障害、傷害致死事件にも、同様の犯罪を凶行、人は他者から人体攻撃されても、死傷する事は無い、を常時成功させて、個人賠償特約も、踏み倒し常時成功、これの制度化に走って居ます、損保が指揮を執って。

他者を死傷させる犯罪の多くを「損保が損害保険で賠償します、と加入させて、死傷させた被害者を、恐喝等で追い込む、保険料から高額加害者刑事、民事弁護士費用拠出も行い、傷害事件加害者責任は、根拠証拠無しで無い!と、損保が指揮を執り、加害者が傀儡で、実は損保が委任して居る辯護士が、損保の操り人形で、加害者無責、罪は軽く、を成功させられて、と言う現実に」

あせりが生んだと思われる、損保と提携弁護士犯罪

  • 2021/06/10 07:47

損保が行って居る、示談代行、弁護士特約は「明確な弁護士法第72条、27条違反です、損保と提携弁護士は、非弁行為常習者と、非弁行為者との提携弁護士です」

この動かぬ事実が、どんどん拙くなってしまい「表向きだけ、弁護士特約を使う場合”損保が申請して、日弁連で、常に、各損保の提携弁護士を、弁護士特約で出る弁護士を選任した”と、偽装でしていますが」

今回の個人賠償特約適用事件、焦りが大きかった?損保と提携弁護士は「表向きの、日弁連が弁護士特約適用の弁護士を選任、この形も、取らなかったようなんですよね」

で「加害者、被保険者の意思は、何時も通り潰して”損保の指揮で動く、提携弁護士の委任状、白紙委任状で、弁護士の押印も無し委任状を、加害者、被保険者に送り付けて、白紙委任状に署名、押印しろ!と要求して来たのです”」

愚かしい事をまあ、これで「損保と提携弁護士は、恒常的に、非弁行為に手を染めて、提携弁護士が、委任者を傀儡で仕立てて、実際には、損保が刑事、民事事件を、法を犯して指揮して通せている、実例証拠が出来ています」

弁護士法第27条、72条違反の事実証拠も、これで揃って居ます「この、損保が出して来た提携弁護士に、加害者、被保険者は”委任者の意思で刑事弁護、民事弁護を委任する”これを通告した、文書を送った訳です」

損保が実際は、事件を指揮する以外、弁護士特約弁護士を認めない、こう答えれば、破滅必至ですし「弁護士特約刑事、民事委任で”被保険者の意思で、刑事、民事弁護を実施の委任契約で、受任辯護士は活動”となれば、現行の損保と提携弁護士犯罪、警察交通課、交通課検事、裁判官、裁判所は、根底から破滅が、、と、、」

こう言うロジック

  • 2021/06/10 07:32

人身交通事故事件、常時犯罪者実質免責に成功、人的加害事実抹殺、よって対人賠償常時不当踏み倒しが成り立って居る、弁護士特約は「主体が加害者に就ける、損保が非弁行為で指揮を執り、提携弁護士が、加害者を傀儡委任者とさせて、こう言う構図が主です」

;人身交通事故事件は”事実は無視で、打撲一カ月、むち打ち三カ月、骨折六カ月、植物状態受傷一年、各々一カ月だけ余裕を与えても良い?”( ´艸`)これ以外認めない、主治医もこれしか出来ない闇のからくり、が絶対とされています、要するに、これに沿わせた、虚偽の治療記録、診断書しか作らないからくりです。

;常時これが、人身交通事故事件被害者の、一応の受傷の治療期間だが”捜査員は、主治医への補充捜査、受傷、治療原因証明捜査を、故意にしない闇のからくりが作って有るので”受傷、治療原因は、常に不明とさせて有り、交通事故で死傷する被害者は居ない、こう捏造が常時されています。

;この犯罪と、事故状況を、でっち上げで常時軽微と捏造、加害者には”加害責任、賠償責任を、上記犯罪で実際問わないからくり、損保が賠償踏み倒し出来るように”により、形だけ、正式訴追されないから、表向きだけ、刑事、民事責任を認めた形の調書を作らせて、事件後20日位で送致、後は”無責の加害者救済と言う事で、賠償詐欺犯被害者を、正義の損保、提携弁護士、裁判官、裁判所ぐるみ、賠償踏み倒し、詐欺捏造等で、犯罪の限りを尽くして追い込み、潰す訳です。

;加害者は”やらせ捜査で常に、実質無責、冤罪被害者”被害者は、賠償金詐欺犯罪者と常時捏造、加害者に、非弁行為常習者損保は、提携弁護士を就けて、傀儡の委任者、加害者、実際は指揮するのは損保で、被害者に対して、言い掛かりで債務不存在確認訴訟を提起”裁判官は被害者に、理由は不要で訴えられた以上、被害者が反訴して、賠償請求しなければ、賠償は踏み倒しで終わるぞ、反訴しろ!こう強要されるんです。

;で、多くの被害者は”騙されて、罠に堕ちて反訴すると、加害者は債務不存在訴訟を取り下げまして”常時被害者が、加害者相手に損害賠償請求訴訟を起こすと、やらせで証拠が出来ています。

;こう言う訴訟詐欺、司法犯罪、詐欺刑事事件扱い、証拠を常時でっち上げて”損保は、被害者は常時、加害者相手に損害賠償請求訴訟を提起するから”仕方が無いので、加害者に刑事、民事弁護士を就けている、と偽りしてあるんです。

複合犯罪

  • 2021/06/10 06:03

@令和3年3月29日午後発生、高温焼却炉転倒防止策無しが原因で転倒、下敷きになり、年単位の重症者発生、刑法第211条適用傷害事件、加害者加入任意自動車保険事業者と、提携弁護士による、弁護士法第27条違反(恒常的非弁行為、弁護士による、非弁行為者との提携)等を持った、本事件刑事、民事共、事件当事者双方への犯罪による不当介入も含め、必要事項全ての捜査、事実立証を果たした、刑事訴訟法事件捜査を求めます

                                  令和3年6月10日

〒065-0016 札幌市東区北16条東3丁目15番
札幌方面東警察署署長
刑事一課強行犯、xx警部補、xx巡査部長
TEL011-704-0110

本事件被害者、入院中の加害責任者からも、加入損保、提携弁護士からの、事件責任本位で無く、白紙委任状で交戦要求等で心身とも疲弊、同様の求めを捜査機関に願う、との事
                〒007-xxxxxxxxx
                                       xxxx
                            携帯080-
                            FAXxxxxxxx

上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357

※、各損保、刑法適用行為者に、損害保険加入者から”公共の利益のみ”に使う事が条件の資金を、保険金不払い目的で、非弁損保と提携弁護士を、実際は損保の指揮で、法を犯した刑事、民事事件への不当介入、委任者とした刑事事件加害者の意思は無視で”人身交通事故で成功、他傷害事件でも同じ手を成功に、他者に危害を加える、嘱託犯罪も横行して、損保資金で刑を減じる、不起訴で逃げる、人身交通事故の常套行為が、他の傷害事件でも横行しますね
三井住友海上第3サービス、x所長窓口
TEL011-213-3322
FAX011-231-8974
あいおいニッセイ同和損保、担当xx様
TEL011-728-1318
FAX011-728-1658

1.札幌方面東警察署署長、刑法第211条適用、重過失傷害事件(死一歩手前の重症)に付いて、既に証拠も揃えて訴えて有る通り、加害責任者が加入して居る、xx海上xxは、この傷害事件では、個人賠償が適用されるが「加害責任者は示談書一部分も交わし、刑事、民事とも罪を認めているが、東海は、正当に賠償保険金支払いをしたくないから、提携弁護士(廣x・八x法律事務所)を、白紙委任状を送るので署名押印して、委任せよ(弁護士法第27条、非弁行為禁止、非弁行為者との提携禁止、弁護士法第27条)この犯罪行為を実行した、証拠の通りです」

2、本件加害責任者は、昨日提供した証拠の通り(昨日文書、証拠とも、に損保にも提供、本社にも上げて下さい)刑事、民事弁護を、東京海上日動弁護士特約で資金が出る、これを使い、廣部・八木法律事務所、所属弁護士に対して、弁護士の押印、刑事事件担当、民事事件担当、委任者の意思で弁護活動実施等を記載した、弁護士委任状各3通送付を求めて有る、これも証拠の通りです。

3,xx海上xxと、廣x・八x法律事務所の所業は、明白な損保は非弁事業恒常実施(資金は集めた保険料、非弁提携弁護士を、被保険者、刑事事犯行為者に、白紙委任状、損保が事件指揮が条件で斡旋であり、弁護士法第27条(77条3で罰則有り、2年以下の懲役、300万円以下の罰金ですが、人身交通事故事件で恒常実施で、処罰されず、だから個人賠償特約事件でも、同様の犯罪に走って居る)が適用される、非弁行為恒常実施、弁護士は、非弁行為者と提携弁護士の上「刑事、民事訴訟法事件を、法を犯して加害者を傀儡で委任者で立てているが、実際の指揮は、損保が執って居る、本件でも証明の通り、これが実際で有り、違法な刑事、民事事件への、部外者による介入行為と、弁護士法違反行為です、私への脅迫行為、加害者への強要行為共、この事件の捜査も求めます」

4,各損保は「個人賠償特約、日常生活特約でも”人身交通事故事件への介入と同じく、業務上、労災適用、自転車を含めた交通事故事件以外の、器物、建造物損壊、傷害事件に、非弁行為と提携弁護士、損保が実際は指揮で、加害者を傀儡委任者に仕立て、実際は損保が、提携弁護士を送り込み、賠償潰し、不当減額目論見で指揮を執る”保険料資金で、一事件当たり300万円までの弁護士費用拠出で、これを拡充に走って居ます”傷害罪、傷害致死罪事件の多くでも今後、損保から刑事事件加害者に、刑事、民事とも弁護士が付けられて、損保が賠償を踏み倒す目論見を持ち、提携弁護士が損保の指揮で、加害者代理と言う事で、不当活動が常態化する訳です、他者相手の嘱託加害委任、請負も、損保と提携弁護士の暗躍で、不当に不起訴、不当な減刑(被害者、主治医への脅迫等も、人身交通事故と同様、恒常実施も出来るでしょうから、事件証拠潰し、偽造も、人身交通事故と同様し放題)が、人身交通事故事件の現実と同様、今後は出来る訳です”」

5、法務省も「この一連の、損保による非弁行為恒常実施、提携弁護士を、損保の傀儡で、傷害事件(交通事故も含む)加害者の代理、と言う事に、白紙委任状で加害者に就けて、証拠捏造、被害者脅迫、加害者強要(非弁、弁護士法違反に加担強要、犯罪を、刑事、民事とも認めさせない、も)の恒常化を承知ですよね”なお、最近ネット広告等で多く見られる、不動産業者、不動産管理会社が、立ち退き費用等を、提携弁護士を使って安く出来ます”広告と、この行為を、弁護士会非弁調査部所は、弁護士法第27条違反、非弁行為常習者と、提携弁護士で有り、各弁護士会に通報願う、と謳って居ます、元は損保と提携弁護士の、非弁行為常習、約款、広告も打って居る、と、提携弁護士による、損害賠償保険金踏み倒し目論見、非弁行為者と提携弁護士他犯罪です”」

6,ちなみにですが「損保、提携弁護士、弁護士会、法務省、金融庁が手を組んでの”損保は非弁行為常習実施、提携弁護士を、賠償踏み倒し目論見が主なので、刑事事件加害者に就けて、損保が操る、刑事、民事事件共に”が、非弁そのもので、更に、刑事、民事訴訟法事件も、当事者を差し置き指揮して居る事は、司法が傀儡と言う事で拙くなり”損保が差し向ける提携弁護士は、日弁連が送り込んだ、ようにしてあるのですが”この事件では、この偽装もされて居ません、明白過ぎる、非弁行為者と、提携弁護士と言う事件です」

7,今後の問題は「元々非弁行為損保が、加害者、被保険者の意思を踏みつぶして、提携弁護士を白紙委任状で委任せよ、公要求して、提携弁護士から、白紙委任状が加害者、被保険者に送られて来て、委任加害者、被保険者は、この提携弁護士に”刑事、民事事件で別々に、事件別記載、委任者の意思で弁護活動する、等記載、押印した弁護士委任状送付、を求めた”事に、提携弁護士、損保がどう対応するかでしょう”損保の指揮で、提携弁護士の委任以外認めない”も拙いし”委任者加害者の、委任条件である、罪を認めて減刑の為刑事弁護と、被害者に正当賠償して、損保に合法分、保険支払い請求、拒絶する法の根拠証明等も辯護士に担わせる”を請けても、現行の損保、提携弁護士らの非弁行為常時、提携弁護士が、委任者の傀儡で刑事、民事とも法を犯して暗躍、この現実にも、多大な影響が出ます」

8、この巨大事件も、必ず捜査する事を求めます、又「必ず刑法第211条により、正式刑事裁判を行わせる事も求めます、主治医への捜査実施、受傷原因証明の為の捜査、も必ず行って下さい、更に”昨年8月11日の、東署留置管理警察官が加害者、一方的追突人身加害事件(被害者私)この事件での、主治医への補充捜査数度要求したが拒絶、受傷は虚偽、治療費も含めた賠償ほぼ踏み倒しの武器の為?”この事件に付いても、人身傷害適用が、xx海上xxと言う事実が有り、私は受傷の影響が強く残っており、心身に大きく影響が出て居て、治療費他を打ち切りされて、悩み、様々な能力低下に苦しんでいて、転倒事故被害に遭って居ます、この事件も、主治医への捜査と、加害者への捜査等を求めます」

9、加害者が警察官の、一方的追突人身加害事件で「主治医への補充捜査も拒み”私はほぼ受傷して居ない、よって医療費他、支払い拒絶”これで追い込み、賠償詐欺と扱われて居る事で、東署刑事二課、xx警部補に、詐欺か否か、捜査要求を出して有ります、xx警部補とも、捜査に付いて協議等願います”3月29日の事件に絡み、弁護士法第27条適用行為も出ており、この事件も刑事二課扱いですし”」              

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680410
ユニークアクセス:4855183
今日
ページビュー:575
ユニークアクセス:565
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed