エントリー

2021年06月24日の記事は以下のとおりです。

反社会的

  • 2021/06/24 19:56

;人身交通事故事件、個人賠償適用傷害事件は”捜査がでっち上げ、詐欺で構成されて居る、闇のからくりとなって居ます”損保、提携弁護士、裁判官、裁判所、民亊もが、闇で仕切り、傷害事件は起きていないように、医療証拠を偽造、証拠隠滅、証拠を故意に作らず、人体への危害攻撃で、人は死傷しないように、刑事事件捜査で偽装が常時行われています。

;この、巨大な国家権力テロ、犯罪の被害が、この事件では、ほぼ常時、闇のからくりですから、凶行されますから”被害者は自己防衛が必須なのです”事件により、怪我を負わされた後、被害者自身で、カ月単位、怪我の実際の程度、治療事実等を、医療証拠を作って貰い、捜査機関に出し続ける必要が有ります。

;一方、傷害事件の加害責任者は「損保、提携弁護士が、賠償踏み倒しの為、裁判官、裁判所も共謀犯ですから、傷害事件で有る証拠隠滅、抹殺、証拠を故意に揃えず、により、傷害罪刑事、民事責任共、根本的に抹殺して、加害者責任を消して逃がしてくれています」全ては”損保が合法賠償せず、逃げられるように”を目的とさせて、ここまでの捜査からでっちあげ、詐欺が仕組まれています。

;損保任意自動車保険、個人賠償特約で、法律を犯して設定されて居る、弁護士特約なる代物は”損保が合法賠償を、損保、提携弁護士が仕切り、潰す目的で”設定されて居まして”委任者の意思で、弁護士が活動する事は無いです、弁護士法第27条違反他、の犯罪です。

;こう言う、真っ黒い権力犯罪が仕組んで有りますので、これに該当する、傷害事件の被害者は”自分で自分を守る”これが必須、一方加害者は”損保が集めた保険料資金で、弁護士を就けてくれるから”傷害罪抹殺、賠償責任抹殺の恩恵を、目一杯受けられます。

真っ黒い損保、提携弁護士指揮、傷害事件の根本から、刑事事件捜査で抹殺と言う、近代法治国家で絶対認められない、テロ事実です。

根本から犯罪事業化し切った?

  • 2021/06/24 18:51

車で人体に危害を加えても、人が死傷する事は無い、ように「刑事事件の捜査で、医療証拠の偽造、証拠隠滅、証拠作り拒絶を根本の武器で使い”刑事事件捜査記録上で”捏造して有る、この武器を、損保、提携弁護士に、写しで差し出して、脅迫、恐喝を正当とさせて有る」

極悪非道を超えた、損保、提携弁護士が、犯罪指揮を執って居る、人身交通事故事件、そして「同様の犯罪に走り出して居る、個人賠償適用、傷害事件、まあ”人身交通事故事件も、当然傷害罪、傷害致死罪事件なのですけれど”共に損保、提携弁護士が、賠償を大手を振って踏み倒し出来るように、刑事事件捜査、捏造捜査の指揮を、と言う?」

この一連の犯罪被害を、セットで受けさせられて居ます、他者による、人体への危害被害を「刑事事件捜査の捏造と言う、極悪な傷害事件抹殺手法を使われて、傷害事件、被害は無い!と、損保、提携弁護士の為、事件捜査でっちあげが、定番通り凶行されて、定番通り、脅迫、恐喝が起きて」

車による、人体への危害事件は「医療証拠偽造、抹殺、故意に作らずの手を、損保、提携弁護士用の武器で、捜査詐欺で作って有り、損保は”大手を振って、この犯罪捜査証拠が、常に出来て居るから、賠償踏み倒しで逃げられて居る”加害者は警察官の事件です、警察、司法、損保共謀犯罪と言う事」

人身傷害特約損保は「上記犯罪で構成、事件捜査捏造が常、を承知なので”昨年8月11日の、追突事件で受傷したは虚偽、平成20年10月21日の、追突事故の受傷が強く残って居る、これが事実だ”よって、昨年8月11日の追突事故では、怪我を負ってはいない、こうでっち上げで、自賠法による決定だと、任意事業ででっち上げ決定していますが」

平成25年12月20日に、暴走右折走行車両から、乗車車両横っ腹に激突された事件で、後遺症認定が、20年に続き、下りていますので「人身傷害特約損保、でっち上げ以外の答えが無い、損保事業で詐欺を働いたと証明されています、これは明確に、犯罪ですから、加害者と、加入任意損保共々」

皆様方「自動車で加害も含めて”他者の人体に危害を加えた、傷害事件加害者は、こうやって”傷害罪を、賠償責任も合わせて逃れさせて貰って居ます、これがこの国の、刑事、民事事件の実際の扱いです、警察、司法、金融庁の、実際の国家テロ事実です」

法的根拠

  • 2021/06/24 13:07

損害保険商品、生保もですが「そもそも、被保険者に対して、調査を行う権限から、法律的に有るのか、と言う、根本問題です」

自動車保険事業の場合は「人身加害、被害の場合、国の補償事業である、自賠責保険事業が、任意自動車保険に先行して適用される、こう、国の補償事業に関して決まって居るし、民間の損保、共済事業者が、国の補償事業である、自賠責事業の業務を、国から委託されて行って居る事に乗じて、任意自動車保険、対人賠償、人身傷害共、示談代行だ、弁護士特約だ、違法行為をやり捲れて居る”国の補償事業の一環だ”と強弁して、通されて居る、と言うからくりです」

ですが「他の傷害保険等は”自賠責事業で補償を受ける”とはなって居ないので、基本、保険商品が認可で認められて居る業務を、認められた範囲で行う事、これしか出来ません、相手方と被保険者を,言い掛かりで賠償詐欺犯の一角だ、と言えば”事実、証拠偽造他の手を稼働させて、陥れられて居る?事実、合法を持ち、個人賠償特約、任意自動保険に付けてある特約も、合法化は全くレベルで、実際に恐喝、脅迫、強要犯罪を、個人賠償特約損保、職員、提携弁護士で、凶行三昧を」

被保険者、加害責任者への、一定の調査は「合法か否か、境目より黒い所業で、一定の調査を行えても、賠償債務者に、この、法律、約款規定に拠らないで、賠償請求権者側に”強制的に調査をさせろ!”こう恐喝、脅迫、強要犯罪を一定重ねても、法に沿い、刑事罰則適用の、強い疑いも、証拠が有ってもですが、詐欺刑事事件捜査証拠、賠償詐欺踏み倒し用、犯罪領域ででっちあげ、の恩恵が不足_も合わせ、違法な調査も、もうまともには出来ないでしょう。」

個人賠償責任保険は「自賠責保険は適用されません、ですから”そもそも、自賠責自動車保険事業で、法律を犯して、合法を問わず、強引に認めて有る各犯罪行為は、元々再現出来ないのです”」

個人賠償損害保険、特約は「被保険者である加入者側が、損保に対して、個人賠償特約が適用となる事件、加害責任者となって、負った賠償債務金に付いて、損保に、合理的理由を持ち、請求を行い、支払いを受ける、賠償債権者に渡す前提、賠償債務を支払い、債権譲渡を受けた分の請求を行い、支払いを受ける、と言う保険金請求手続き、支払いです」

犯罪マニュアル通りに、人身交通事故事件詐欺捜査が

  • 2021/06/24 07:44

損保が合法賠償せず、常に通せるように、人身交通事故事件の刑事捜査は、刑事事件扱い全般、これを武器とさせた、民亊の賠償までですが、損保が合法賠償せず、常に通せるようにを目論んでの、犯罪で構成して有る捜査とされています。

これを成功させて有る武器が「車で人体に危害を加えた事件だが”被害者の主治医に、実際の怪我の、考えられる原因は、見て居ないから書くな、実際の怪我の程度は無視で、常時一週間の加療と、実際の怪我の程度は関係無く、診断書を統一で作って、警察の捜査証拠で出させろ”この手で、車で人体に危害を加えても、人は死傷しては居ないと、強く推察出来る、車が人体に被害を与えた事件は、証拠が無く、傷害事件と正式扱いは、出来ないからしない、これを常とさせて有る訳です」

刑事事件の捜査段階で、車で人体に危害を加えても、人は死傷しない、人が死傷した証拠は無いと、故意に捏造させて有る、損保が合法賠償を潰せる武器用に、この犯罪捜査が、長年常時凶行されて、成功し続けて来た事で。

損保職員、提携弁護士、弁護士会、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所は「車で人体に危害を加えても、人が死傷する事は無い!これこそ正しい医学、科学であると、オウムを超えたカルト集団故、自分から真っ先に洗脳して有るんです」

カルト特有の思考、人間性のこの連中です「偽造を常時の刑事事件捜査の手口が、正しい額、医学的証拠だと、自己狂信しても有り”人身交通事故被害者は、全員怪我を負ったと偽り、賠償詐欺狙いの犯罪者だ”と、被害者を正しい自分が追い込んで、犯罪を潰す正義を行って居る」

こう、カルト特有の、自己の正義に狂奔し捲って居ます、こう言う手合いは「話が通じる事は有りません、オウムの連中と同様なので、自己狂信以外、受け入れる事は無いから」

人身交通事故事件、被害者になったら「このネット情報を、是非生かして下さい、後の祭りで無きを見ますよ」

損保、提携弁護士犯罪の為に、人的被害事実を抹殺、刑事事件捜査で

  • 2021/06/24 07:20

損保、提携弁護士、裁判官、裁判所他共謀犯罪の裏、闇を、詳しく「損保の職員、共犯の医者等が集い、本に纏めたのが、交通事故診療を巡る諸問題です」

人身交通事故事件の場合”3週間以上の治療期間で診断書を出すと、正式な刑事裁判になる恐れが大きいと、損保の顧問弁護士が言って居るから”実際の怪我の程度は無関係で、警察用診断書は、一律一週間程度に留めて有る( ´艸`)

この、警察用の診断書は(警察も含めて)誰も信用して居ない、別に、本当の怪我の治療用に、診療記録から写した診断書も作るけれど”警察用診断書を、送致後写しで手に入れて、この警察用診断書を武器で使い、思いっきり賠償を短くさせられて居る”( ´∀` )

この手口が、人身交通事故被害者とされて、怪我を負わされた患者に、ほぼ全て、悪事目的で使われています「人体に車で危害を加えた、人身交通事故事件の刑事事件捜査証拠、記録を確認すれば、上記医療証拠から偽造が常時等が、正しい事実で確認、証明出来ます」

車で人体に危害を加えても「人は死傷する事は無いように、刑事事件の捜査段階で、医療証拠偽造、故意に実際の怪我の程度、原因等を、確信犯で揃えず送致、車で人の体に危害を加えた、事件の証拠は無し、これで事件を確定と、常時させて有ります」

この「警察、司法、主治医との共謀犯罪が、常時凶行され、成功させられて有るから”損保、提携弁護士は、対人加害運転手は、自動車運転処罰法、傷害罪事件、民亊の対人賠償責任共、刑事事件捜査証拠、記録、捏造事件構成で決定済み”と言う、絶対の武器を、常時使い、通せるから、対人賠償踏み倒しし放題、加害者刑事、民亊とも実質無責で勝利も常」

こう出来ています「刑事事件の捜査を”損保が賠償を潰せる武器用に、医療証拠偽造、抹殺から常時行って有る”車で、人体に危害を加えた事件は、医療証拠を偽造させて、死傷した医療証拠無し、と、常時捏造させて有るんです、損保、提携弁護士、検事、裁判官共々、この詐欺が事実と、カルト犯罪者です、狂信して居るんですよ、今ではもう」

ようやくここまで

  • 2021/06/24 06:19

@一部には昨日、電話で伝えた、小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地での、道庁、後志振興局が、環境犯罪行為者と組み、廃棄物入り土砂で、違法な国道造成に、小樽署がきちんと捜査を入れる、道警本部とも事実を持ち、協議する回答の件です

                                  令和3年6月24日

小樽市幸2丁目18-39民有宅地地権者から、この環境犯罪、土地不当侵奪被害回復に付いて、必要事項を請け負った会社、公が行為主犯と言う事件
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-784-5504

農林水産省 国有農地管理課本間担当、農地政策課成山課長補佐
TEL03-3502-6445 国有農地は国民の財産、私有宅地は個人
FAX03-3592-6248 財産、道庁と共謀して民に何をさせて居る
鈴木道知事、道議会、振興局生活環境、農務他
FAX011-241-8181
FAX011-232-1156 環境犯罪実行犯が、法を所管出来る矛盾
秋元札幌市長、市議会、総務局法制課、会計、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 遺品整理屋犯罪に、じかに加担他
FAX011-218-5105 環境局、遺品整理屋と共謀、地裁犯罪追認
迫小樽市長、市議会、建設部水上、塵減量森建設課井上主査他
FAX0134-32-3963 各先配布願う
仲村裕之衆議院議員小樽事務所河仁担当
FAX0134-21-5771
道地方環境事務所 資源循環課板倉課長補佐他
FAX011-736-1234 資源循環、廃棄物道路増設で、開発局に提言を
北海道新聞小樽支社 報道部
TEL0134-22-6171
FAX0134-33-0726

1、一昨日、昨日、小樽警察署生活安全課、油川警部補と電話で話して、小樽世生活安全課として、小樽市幸2丁目18-44国有農地、18-39民有宅地に、廃棄物混入土砂を、道庁、後志振興局が、地元民に大量搬入させ、急坂違法国道を、勝手に造成、使用させて、道庁が撤去、是正拒絶で通している事件に付いて、次の答えを得て有ります。

小樽署生安油川警部補ー何よりも、民有宅地への、廃棄物混入土砂の撤去は絶対必要です、地権者が不当に、処理に大金を投じさせられますから、国有農地への違法投棄は、先ず置いておくにしても。

油川警部補ー昨年、ハウスリメイクから通報を受けて、警察官が現地に行き、国有農地にコンクリートが流されて居る、廃棄物等瓦礫が敷き込まれて居る、民有地のり面にも、コンクリート等瓦礫等が投棄、埋設されて居る事は確認済みで、後志振興局が、産廃等は見当たらないと、公文書を出して居る事整合性が取れない事は、昨年調べて承知して居ます、国有農地にコンクリートを流す等、違法ですから。

油川警部補ー小樽署として、この事件の捜査をきちんと行います、18-44国有農地、18-39民有地に、何が投棄されて居るか、きちんと捜査して、近隣にも、違法投棄者の情報を確認しますが、道庁が関与しており、立件は期待しないで下さい、道庁、後志振興局、小樽市塵減量推進課が、廃掃法違反としない、としてしまえば、廃掃法違反で立件は不可能ですから。

油川警部補∸小樽市役所、塵減量推進課が、森課長等で現地で目視確認しても居る、一般廃棄物投棄、流したコンクリートにも混入事実により、道庁、後志振興局に、一般廃棄物違法投棄を確認、国有農地管理者責任により、撤去を求めると、公式に動いてくれれば解決に向かうのですが。

油川警部補∸ハウスリメイクさんが、道警本部生活経済課にも、この事件の情報を提供してくれたと言う事なので、今後小樽署、道警本部でも協議して、この事件に付いて、警察で出来る対応策を考えて行きます、他の署から、廃棄物不法投棄事件の捜査で、この事件との整合性等を問われれば、道警とも協議して、対応を取って行きます、実際に、大量に廃棄物混入土砂を投棄し続けて来て、違法な国道を作って使わせており、言い逃れ出来ませんし、先ず民有地への違法投棄の撤去、崩落防止工事が必要ですから。

2,こう言った、警察としての、今後の捜査、対応等を約束して頂いて有ります「知事、道議会、農務、生活環境、小樽市長、塵減量推進課、法を所管しながら、法律違反を共謀実行、公認で有れば、法の所管権限を国に返すべきです」各々が、法を所管して居る責任を自覚して,出来る事を果たせば解決する事です。

3、xx先からの情報「xxxxxxxxが入って居る方(遺品整理こころ周辺の方)xxxを、一応止めた形になって居て、遺品整理業者の所で働いている、との事”本当に遺品整理業者って、xxxがxxxにしている仕事?何ですね”」まあ、札幌市保護等も、引っ越しの大地等、企業舎弟に税金等を流して居た通りですから、官も含めて同罪です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680396
ユニークアクセス:4855171
今日
ページビュー:561
ユニークアクセス:553
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed