エントリー

2021年06月26日の記事は以下のとおりです。

自賠法違反、個人情報保護法違反と

  • 2021/06/26 14:50

任意自動車保険事業は「自賠責事業の情報を、勝手に、悪用目的で抜いて、悪用を禁じられて居ます、自賠責事業は、国の強制補償事業で有り、民間の損保が、自賠責の情報を違法に抜き、悪用すれば、自賠法違反、個人情報保護法違反です」

昨年8月11日午後12時10分頃に起きた、札幌方面東警察署、留置管理担当警察官が、意識を飛ばした運転で、私が運転するトラック、信号を待って止まって居たトラックの後部に、急加速して激突した事件で、私が怪我を負い、治療を続けて来たけれど。

犯罪刑事事件捜査、闇で仕組まれてある、車で人体に危害を加えても、人が死傷する事は無いと、刑事事件捜査を、常時捏造して、送致して、刑事、民亊共、実質無責を常時成功させて有る、この犯罪刑事事件捜査が、常に成功する事も、加害者は警察官です、熟知しているし、加入任意損保、トラックに掛けて有る、任意異動者保険損保も、知悉して居る警察、司法共謀犯罪事件捏造捜査なので。

加害者と、加入任意損保は「車で人に危害を加えても、人は怪我を負わない、こう偽造された捜査記録で送致、刑事責任無しで逃がして有る、何時も通りの警察、司法犯罪、傷害罪抹殺達成済みを用い、賠償ほぼ踏み倒しで逃げられて居る、加害者は警察官、警察官が加害者でも、この傷害事件抹殺、刑事、民事責任も消して有る、に乗って居るのです」

人身傷害特約損保は更に「過去の自賠責情報違法入手にも走り”平成20年10月21日に、後遺症14級が下りていた事は、違法な情報入手で知ったのですが”違法、犯罪で得た情報故、正しく、詳しく自賠責情報を得られず、平成25年12月20日に、右折暴走で突っ込まれて、怪我を負った事件の受傷で、後遺症が下りて居た事は、違法な自賠責情報故、情報収奪出来なかったと言う事実も有ります」

この、違法に自賠責情報を手に入れた任意損保、部署と、違法に自賠責情報を横流しした、損保自賠責部署は「自賠法違反で自賠責情報闇やり取り、個人情報違反、この犯罪情報を使い、恐喝で賠償踏み倒し宣言、犯罪です、これだけの犯罪も働き、自分で犯罪を証明したのです」

訴えを正しく出します、言い逃れ出来ない、証拠が揃っている犯罪ですから、任意損保、自賠責事業部署、自賠責事業、国交省、金融庁、司法が共謀犯、犯罪ですよね?

損保の賠償詐欺、情報入手が不足だった事で

  • 2021/06/26 07:27

車で人体に危害を加えた事件、傷害事件は「車で人体に危害を加えた証拠隠滅、抹殺、故意にこの証拠を揃えない、違法、詐欺事件捜査が仕組まれて居まして、理由は”損保が賠償を、この詐欺捜査記録を武器で使い、恐喝して成功するように”仕組んで有ると言う理由です」

昨年8月11日の、札幌方面東警察署勤務「刑事になる修行の一環で、留置管理に就いている警察官が、意識を飛ばして、トラック後部に突っ込んで、乗員に怪我を負わせた事件でも、上記犯罪捜査で終わらせて、加害者は刑事、民亊とも無責で逃がされて、加害者加入損保は”恐喝も不要で、何しろ傷害事件は、詐欺捜査で抹殺済みだから、賠償する必要も無いので”治療費他、支払いを蹴って通って居るのです」

止むなく、トラックの任意自動車保険、人身傷害特約を使った訳ですが「契約損保も”詐欺事件捜査を承知で、過去の、追突事件で負った怪我で、後遺症14級が下りている情報一つを入手して”鬼の首を取った気になり、昨年8月11日の事件で、怪我を負った事実は無い(確かに有りません、詐欺捜査でそうして有るから)お前の怪我の治療は、平成20年10月21日の、追突事件で負った怪我が、強く残存して居る事が理由だ、自賠法の規定で、これが事実と(国が)決めた」

こう,国土交通省所管、自賠責事業、法律で決定した訳ですが「詐欺刑事事件捜査で、こう捏造して有るのは確かですが”平成25年12月20日に、暴走右折車に突っ込まれて怪我を負い、治療を重ねて治癒せず、後遺症14級が下りて居るんです”平成20年10月21日の、後遺症が下りた怪我は完治した、と認められて」

つまり「人身傷害特約損保は”違法な刑事事件捜査が常時で、車に怪我を負わされた事実は無い”こう、常時捏造調書で送致、刑事責任無で終わらせて有る、この、定番情報は知って居て、搭乗者傷害を適用させた、平成20年10月21日の、私ともう一人が、車で怪我を負わされた事件で、後遺症が下りた事は調べたが、平成25年12月20日の、傷害事件で受傷を負い、後遺症が下りた事は、同じ損保の自賠責部署扱いですが、情報を手に入れられなかったから」

平成20年10月21日の、後遺症が下りた傷害事件を持ち出して「昨年8月11日の追突被害事件で、お前は怪我を負って居ない、平成20年10月21日の怪我が、強く残存して居るのが事実だ、こう、自賠法規定を持ち?決定した訳です”必須情報の入手が、言い掛かりを付けて成功させるには、根本的に不足して居た結果です”」

まあ、言い掛かりでは無いと言うなら「この事実に、合理的、法を持った説明を、合法証明を,文書を出して果たさなければなりません、捜査機関、司法、損保共に、平成20年10月21日の、加害者加入任意損保も、国土交通省自賠責事業部署も、私、国民に対して、文書で合法証明が必須です」

刑法破壊、恐ろしい警察、司法、法務省犯罪

  • 2021/06/26 07:09

昨年8月11日に、札幌方面東警察署留置管理勤務警察官が、昼間に意識を飛ばして、信号を待って止まって居た、私が乗るトラック後部に突っ込んで、私が怪我を負った事件でも。

例によって「東署交通二課は”治療先への、傷害事件と証明する為に必須の、医療証拠を揃える為の捜査を、故意に行わず”としています、札幌検察庁交通部、検事も、何時も通り」

車で人体に危害を加えても、人は怪我を負う事は無い、傷害事件では無かったと捏造捜査記録で送致させて「見事傷害事件を抹殺させた訳です”この手口を、損保、提携弁護士、加害者警察官は、熟知して居ますから”治療費他賠償を、些少払い、大半を踏み倒して、刑事罰も当然無しで、逃げて通って居ます」

留置管理の警察官、警察署、司法が、損保共々「犯罪を成功させて、逃げられて居ます、犯罪国家権力が、警察官、司法ですよ、損保、提携弁護士の下僕に堕ち切った、損保が合法賠償せず、恐喝をおおっぴらに手掛け、犯罪責任を問われず、恐喝が正しいとされて、通せるように、刑事事件捜査で、損保、提携弁護士恐喝の武器作りに狂奔して居るのです」

この、警察、司法が、損保、提携弁護士の下僕に堕ち切って凶行、違法を重ねた刑事事件詐欺捜査が、常に手掛けられて、成功させて有る事を承知の損保、提携弁護士ですから「車で人体に危害を加えても、死傷しないと、詐欺捜査記録が常時作られて、刑事、民亊とも無責で逃がされる、闇の規定と承知ですから、損保、提携弁護士、民亊の裁判官、裁判所は」

対人賠償詐欺犯罪者と、刑事事件捜査で捏造して有る輩に対して、対人賠償詐欺を潰す事のみに、国中で狂奔し捲れて居ます、刑事事件捜査記録が、車で人体に危害を加えても、人は死傷しない捏造捜査、こうでっち上げられて居るのだから「損保、提携弁護士の下僕の警察官、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省らは”人身受傷被害者を偽る詐欺犯罪者”を、叩き潰す事に血道を上げるばかりに走って悦に入って居る訳です」

正義の権力行使集団、気取りなのだから、対人賠償詐欺犯罪者、車で人体に危害を加えられた人は、捜査上怪我を負った事実は無い、捜査捏造でこうしてある、ほぼこう、刑事事件捜査ででっちあげられて、通されて居るのだから、対人事故受傷被害者は、詐病の賠償詐欺犯罪者、と言う事になって居るから、悪は被害者なのです。

車で人を死傷させても、捜査が違法で構成故

  • 2021/06/26 06:50

車で人を死傷させても「加害運転手には、人を死傷させる気は全く無く、刑事罰を科す事は間違って居る”何の悪意も無い運転手、加害者なのだから、原則無罪とするべきだ”と言う、本音は違う、この建前として有ります」

本音は「人身被害者の、傷害事件受傷を、刑事事件捜査で抹殺を常時果たして、この詐欺捜査で送致して、不起訴、軽い罰金程度で終わらせて”この手を常時使い、成功させて、車で人体に危害を加えられた被害者、と言うのは嘘、車で怪我を負わされて、治療を行って居る等、刑事事件の捜査では、無い事だ”こう、常時詐欺捜査で通して、損保、提携弁護士に、写しを提供して、人身被害者を、詐欺犯だ、お前は車で危害を加えられ、怪我を負った事実は無い、この恐喝を、常時成功させて居ます」

刑事事件の捜査で「車で人体に危害を加えても、人が死傷する事は無いと、違法捜査を常時行い、捏造で終わらせて有る事件の山、判例の山を作って有ります”事件後20日以内に捜査を、強引に終えさせて送致”事故時の出鱈目診断書以外、医療証拠を揃えない不文律、が武器です」

この手口が常時凶行されており「車で人体に危害を加えても、人は死傷しない、刑事事件事実の山、これが警察、司法の、実際の悪事です、嘘だと言い張っても無理、人身交通事故事件の、刑事捜査記録を見れば、この記載が事実と分かるから、主治医、医療機関への、医療証拠を揃える為、傷害事件を立証に必須の証拠が、なにも揃えられて居ない現実”が、人身交通事故事件の捜査記録で分かります」

この犯罪捜査証拠を武器とさせて「捜査証拠上、車で人体に危害を加えられても、被害者は死傷して居ない、加害者は、よって刑事、民亊とも無責だ、この刑事、民事事件常時でっち上げで決定、判決が出され捲って居るのです」

この犯罪用に「自動車運転処罰法に、軽微な加害行為は罰する必要無し!との、この規定を常時通す、詐欺捜査とセット、車で人体に攻撃を加えても、詐欺捜査で確定済み、人身交通事故詐欺捜査事件で常時通す、これとの組み合わせで、常時この規定が通せている、規定を付けて有ります」

この詐欺捜査、詐欺不起訴、軽い過料、実際は無罪と、常時捏造決定を、事前に熟知して居る訳です、損保、提携弁護士、日弁連は、闇で警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、金融庁、国交省、医師会らとこの犯罪常時成功、で闇談合して有るんで。

詐欺捜査が武器、傷害事件抹殺を常時

  • 2021/06/26 06:24

今の時代特に、何が事実か、瞬時に広まって行く時代です、大マスコミが、権力談合で情報操作して、恣意的な誘導を、常に成功させられる時代では有りません。

警察の、事件捜査能力の実際も、昔から一部の方々には、知られて居ました「横領、融資詐欺等の経済事犯は、帳簿等を読む能力から無し故、手法を知って居れば、摘発される事は先ず無い、他者を横領犯人に仕立てて、真犯人は逃げる事も、多少経理の知識と、権力を持って居れば、普通に出来て来て居る、数十年前から知られた事です」

捜査機関、職員の、実際の捜査能力と言う、事件の立証を果たす為に必要な、必須の能力が、実際どの程度なのかと言う事です、たかが警察官、法曹資格を取れただけ、世の中の様々な、深い知識が欠落した資格者が、司法を形成して居る上での、捜査担当集団、この構成です、世の中の多様な職業から何から、何が事実か等も含めて、分かる事等ゼロレベルに決まって居ます。

実際の捜査員、警察官らの能力、知識等を前提とさせて、各事件の捜査方法を組んで有るけれど、それで正しく刑事罰則適用、を立証出来る訳では無いと言う、これが実際です。

捜査で証明した?事件を構成、証明した?捜査資料、記録?を、法を正しく踏まえて、刑事罰則を適用出来る、破綻する事は無いか?洗えば「多くの刑事事件、破綻しますよ、刑事罰を科せるだけ、犯罪立証を果たせていませんから、それどころか”刑事罰則適用の要件自体、満たせて居ない”事件の証明が山のように有ると言う」

捜査員、刑事のレベルに、検事、裁判官、弁護士の無知さと言う、どうにか出来るような事では無い、根本的な事情が有ります。

正しく刑事罰則が適用出来るだけ、事件事実立証出来ているのか、これを精査してみれば、呆れ果てるしか無い、江戸時代と大差の無い”お前が犯人だ、吐け!”これで犯罪を成立?させて有る事件の山、と言うのが実際です。

事件を構成する為に必要な要件、これから何も知らない警察官、法曹資格者と言う現実で「合憲、合法な、刑事事件扱いが出来る訳が有りません、傷害事件ですら”損保、提携弁護士が、賠償を踏み倒せる武器用に、傷害被害立証を、故意に潰して有る”現実もある通りです」

傷害事件の立証をせず、損保、提携弁護士、裁判官、裁判所が、違法捜査証拠を武器とさせて、賠償金踏み倒し常時成功、これが出来ています、損害保険金詐欺も、捏造で成立させられて居ます、傷害被害を虚偽と、刑事事件捜査で捏造して有るからです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680390
ユニークアクセス:4855167
今日
ページビュー:555
ユニークアクセス:549
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed