エントリー

2021年06月12日の記事は以下のとおりです。

損保の賠償潰し、これが目論見の全て、詐欺傷害事件捜査、加害者無責捏造捜査

  • 2021/06/12 17:26

人身交通事故事件に続いて、個人賠償が適用される、業務上、労災以外の傷害事件でも、損保が賠償せず済むように、加害者無責を通す為に、損保が指揮を執り、提携弁護士が暗躍して、加害者が弁護士を委任した、ように偽装して、実際は損保が弁護士を送り込み、費用を、保険料から拠出して、刑事、民事事件に、加害者無責、被害を与えて居ないと「事実は無視、加害者の意思は却下、これで打って出て、通しに走る状況が生み出されています」

人身交通事故事件で、交通二課、検察庁交通課、裁判所交通事件部署が、主治医も共謀させて、交通事故で死傷する事は、事件の証拠、記録上原則無い、故意に交通事故が原因で死傷した証拠は無い、と捏造して、常時通して有るから「これを常に事実と偽るように、医証を捏造、受傷原因、治療継続証拠、証明せず、この詐欺事件捜査を武器とさせており、交通事故事件で被害者は、死傷して居ないし、長期治療を受けている証拠も無い、常時これを成功させて有るんです、が」

この詐欺犯罪、傷害事件は無かったと、常時捏造を果たす手口を、人身交通事故事件で常時成功させている実績を引っ提げて?他の傷害事件でも、個人賠償支払いを潰す為、損保が指揮を執り、加害者に提携弁護士を、刑事、民事共に就けて”実際は損保が指揮を執る条件で、加害者の意思は蹴って通さず”違法弁護活動を条件とさせて。

加害者の意思、と言う形で「加害者は刑事、民事共無責である、無罪を主張して、全面的に、根拠は無しで戦う!これを、損保が指揮を執り、加害者を傀儡の損保提携弁護士の委任者、刑事、民事共委任者、と偽装して、実際は損保が仕切って、加害者責任で戦わせる、併せて被害者を、損保が脅迫も」

これが凶行も、人身交通事故事件同様に手掛けられて来て居ます「この損保、提携弁護士犯罪を成功させるには”傷害加害で、人は死傷する事は無い”これの捏造、主治医に加担させる、捜査機関は、故意に主治医に捜査を行わず、傷害事件で被害者が死傷した、との証拠は無い、との捏造傷害罪事件証拠抹殺、捜査記録捏造を仕組む必要も有ります」

恐らく損保、提携弁護士、法務省、金融庁は「他の傷害罪事件でも、人身交通事故事件同様に、傷害加害で被害者が死傷した証拠、捜査記録証明は無い、これが捏造出来て、常時成功して、個人賠償から支払いせず、が通ると思って、凶行に走って居るんでしょうね、人身交通事故事件で、完全に制度化して、常時通って居るからと、他の傷害事件、傷害致死事件の捜査は、交通二課では無くて、刑事一課強行犯が捜査担当、なのですが」

国民は、人身交通事故事件証拠抹殺、刑事記録捏造、でっち上げによる、被害者が交通事故で死傷した事実は無い、常時これで成功の手口を、他の傷害罪事件でも、常時成功させられて、損保が個人賠償不払い常時達成に持ち込まれないように、備えて置くべきです。

40万円の罰金刑に処された、人身交通事故事件では

  • 2021/06/12 16:30

警察による、定番となって居る「交通事故事件で、被害者が怪我を負った事を、警察の捜査では、実際には何も無い、故意に主治医に交通事故により、被害者が診察、検査、治療を受けた、治療を続けて居る、これの裏付け捜査をしない、この手で、警察の捜査から、交通事故で被害者が怪我を負い、治療を続けている事件は、原則無い、これのみ常時捏造され、決定されて居る、現実です」

この、でっち上げ、出鱈目、初めから「交通事故事件で、被害者が怪我を負う事は無い、この捏造して有る答えを、正しい事と偽る目論見の、警察の証拠隠滅、捏造、事件記録でっち上げで送致、この捏造事件記録で、常時不起訴、やらせで軽い過料制裁、警察、司法が、損保と提携弁護士の下僕に堕ちている故、常時これを成功の中で」

まともな検事、副検事が、奇跡的に居た事で「この、定番としてある、損保、提携弁護士が、常時”交通事故で怪我を負う、治療を続ける事は無い、の公式証拠捏造、警察調書、検事が捏造調書で不起訴”事件を、この警察の捜査内容はおかしい、この捜査内容は間違いだと、検事、副検事が気付いて」

検事、副検事が、警察に実況見分やり直しをさせたが、警察は、違法行為責任を取らない為、次々出鱈目な自供見分調書作りに走った、犯罪隠蔽の為、犯罪を重ねる、常なる行為です。

でも「副検事、検察事務官が、主治医に医療調査を掛けて、一定の”交通事故事件が原因で、被害者が怪我を負い、治療を受けて居る事を証明して”略式起訴に持ち込み、不起訴処理を覆して、40万円の罰金刑に処した、この一連の記録も持って居ます」

お判りでしょうか「主治医への、警察、検事による医療捜査を行う事で、交通事故が原因で、被害者は怪我を負った、治療を続けて居る事を、一定証拠として、揃えられるのです」

この、捜査機関による、主治医への医療捜査実施で「受傷原因は不明、一週間の加療を要する、この闇で決めて有る、やらせ診断のみ、証拠にもならないが、使っては有る、人身交通事故事件用の手口は、崩壊させられるんですよ”車の事故被害で、カ月単位治療を続けて居る”これも証明されます」

この実例でも分かるように「主治医への、捜査機関による、医療証明捜査実施を、人身交通事故被害者、今後は他の傷害事件被害者も、実施させるよう、捜査機関に要求して、実施しない限り、調書録りに応じない事です”これをしない事で、交通事故で死傷する被害者は、医証拠上居ない”と、常時捏造して、成功させて有るのだから、刑事事件捜査証拠、捜査資料で」

で「対人加害は虚偽、立証されておらず、無かった、よって加害者は無責、たまに”形だけ過料制裁”正式刑事裁判は、行わず逃がす、被害者が、どれだけ交通事故で重傷を負って居ようと、医証を残さない刑事事件やらせ捜査、事件記録で、交通事故で重い怪我をった、治療を長期続けて居る事を、消して通されて居るのだから」

理由は「損保が合法な賠償を、何時もせず逃げられるように、これが目論見でです」

人身交通事故事件は、捜査記録上無いを、他の傷害事件にも、損保が賠償を潰す為

  • 2021/06/12 07:59

対人賠償を常時潰せるようにと「人身交通事故事件の捜査では”交通事故により、被害者が怪我を負い、治療を続けて居る事を証明しない”詐欺捜査、立証の手が、常時使われており」

事件後二十日過ぎると、交通事故で怪我を負った事実、証拠は、物理的、医学的証拠は無い、こう偽った刑事事件捜査記録を、検察庁に送致して居ます「加害者が、被害者も、交通事故で怪我を負わせた、負ったと、口頭で言っただけで、医学的等証拠は無し、故意に捜査せず、医学的、物理的証拠を作らず、事件後二十日過ぎまでに送致、これを常態化させて有るのです」

で「不起訴、軽い過料制裁、加害者が、人的加害を認めて居る事で、対人加害証拠は無いが、全件不起訴だと、国民も、この”損保が対人賠償を、常時踏み倒せるように、交通事故で死傷した事実無し偽装”警察、司法他が、損保と提携弁護士の支配下に堕ちて、共謀行為に走って成功させて有る、巨大詐欺に気付く恐れが有るから”多少は軽い過料制裁に、と言うだけです」

この詐欺捜査が常時なので「加害者が、送致後居直り”正式刑事裁判で、最高裁まで争う、と、検事に通告すれば、過料の簡易裁判で通告して、認めないと事前通告すれば”正式な刑事裁判等、こんな詐欺捜査内容です、正式刑事裁判に臨める訳が無く、不起訴で終えられます、詐欺で捜査を終えて有るからね、正式刑事裁判等、成立させられる訳が有りません」

この手口を、交通事故対人加害事件以外の「傷害罪、傷害致死事件でも、個人賠償不払いを常時成功させる、この黒い目論見で、損保と提携弁護士(当然法務省、金融庁らも共謀犯)が、加害者に損保の指揮が実際ですが、加害者の意思で刑事、民亊とも弁護士を、損保が費用を拠出して就けて、加害者は刑事、民亊とも無責と争わせる」この犯罪にも走って居るのです。

但し「自転車を含めた人身交通事故事件と、業務上、労働災害該当以外が個人賠償適用の、傷害事件の範囲ですが”この場合の事件捜査担当は、交通二課、自転車を含めた交通事故事件担当の、詐欺捜査専門のここでは無くて”刑事一課強行犯が、傷害事件の捜査を担いますから」

常時「傷害加害行為で、被害者が怪我を負った、死んだ医学的、物理的証拠は無いと、あらかじめ主治医への補充捜査せず、この違法捜査の手で、出鱈目証拠無し、事件捜査を終えて送致の手は、通常使われないですから」

この詐欺捜査を常時実行で、事件後二十日経過後位で送致完了、対人加害事件は、証拠上、捜査結果上無かったが、加害者が対人加害を、証拠無しで認めて居るから、だけとさせて送致、不起訴勝ち取り、時々軽い過料制裁、正式刑事裁判は、出来ないからくりなので、正式刑事裁判を求められれば、不起訴で逃げている、人身交通事故事件詐欺、捏造捜査、送致方法は、今の段階では成功が難しいでしょう「幾ら損保が指揮を執り、費用を出して、加害者の意思と偽り、刑事、民事弁護用弁護士を就けて、理由は損保が賠償せず済むように、加害者は刑事、民亊とも無責主張で争う」

この、人身交通事故事件と同じ手を使っても「一般的な傷害事件で有れば”傷害加害行為で怪我をった証拠は、作らないから無い、加害者、被害者の供述だけしか無いと、違法捜査で捏造して、事件後二十日過ぎまでに送致、加害行為無し故加害者無責決定”とはならないですし」

人身交通事故事件以外の傷害事件、傷害致死事件で「人身交通事故事件と同じ、損保と提携弁護士が指揮するが、表向き加害者が刑事、民亊とも弁護士を委任して、加害者刑事、民亊とも無責で戦うと、正式刑事裁判が必須で、詐欺捜査では拙いですから、きちんと傷害被害、治療状況等捜査、証明もなされます」で、訴追されて、正式刑事裁判が行われると言う、加害者は加害責任を、正しく問われます。

人身交通事故事件の刑事記録写しで、この警察、司法犯罪層を証明出来ます

  • 2021/06/12 07:42

人身交通事故事件、の筈の「刑事事件捜査記録の写しを検証すれば”何処にも交通事故事件が原因で、被害者なる者が怪我を負わされて、長期治療中だと、証拠等は存在しない訳です”つまり、個通事故が原因で、被害者が怪我を負った事実は無いし、交通事故で負った怪我で、長期治療している証拠も、一切無くさせて有る、これが人身交通事故事件の刑事捜査記録の常です」

これを常時成功させて有る、一番の詐欺捜査手法が「主治医に対しての、交通事故によって被害者が受傷を負い、治療を重ねて居る事の、補充捜査を絶対行わない手口、これを最大の武器としてあるのです”この手口により、交通事故被害者が、交通事故で怪我を負った証拠は無し、長期治療を受けている証拠も無し”この詐欺刑事事件捜査成功、としてあるんです」

交通事故事件で、被害者が怪我を負い、治療を受けて居ると言うのは「根拠証拠ゼロで、被害者、加害者が要って居るに過ぎなくさせて有り”自白の強要が問題視されて居るから、当事者調書は、原則証拠とならない”刑事訴訟法の手続き、仕組みと今して有り、加害者が交通事故で、被害者にけがを負わせました、と言う加害者調書は、証拠価値が無い、こう言う罠も仕組んで有るので」

主治医への、捜査機関による、受傷原因、治療状況証明補充捜査せず、これが常時としてある、理由は「交通事故が原因で被害者が怪我を負い、長期治療を受けて居る事を、刑事事件捜査で証明しない、この手で交通事故では、死傷する被害者は、証拠上居ないと捏造で決定常時を成功、これの為と言う」

交通事故対人加害行為者、実は加害者加入任意損保が「合法な事実証拠、証明により、対人加害責任を証明されて、正しく賠償責任を果たす必要が無くなるように”上記、人身交通事故用、交通事故で怪我を負った、死んだ被害者は、刑事事件捜査証拠、記録上居ない”これを常時捏造して、成功させて有るんです」

刑事事件の捜査、証拠隠滅、捏造で「交通事故で死傷する被害者は居ない、証拠上居ないと、常時でっち上げを成功させて有るのですから”民事で対人賠償が、正しく行われる訳が無いんです”」

この事実は「人身交通事故事件の捜査記録写しを取り、検証すれば、事実だと証明出来ますよ、詐欺捜査、決定刑事訴訟法手続き、凄い強力な武器です、加害者無責、加入損保は常時対人賠償踏み倒し、これが目論見です」

卑劣な手段を、国家権力闇談合で構築して有る

  • 2021/06/12 07:03

人身交通事故事件、対人加害、被害が発生した「物理的、医学的な証拠、証明を、常時無くさせて有るけれど、被害者は気付かないように、どうせ素人ですから、警察、司法、金融庁、法務省、主治医が共謀しており、常時この手が成功して居ます」

被害者は「自分は交通事故により、怪我を負い、治療しているし、加害者も自分に車の事故で怪我を負わせた、と認めて、加入する任意損保が代わりに賠償に応じる、こう認めているし、ちゃんと人身被害の賠償が受けられると、騙されて居る事も気付かず、この詐欺捜査で送致されて、その後、人身被害は無い、よって対人賠償はしない、公一方的に告知されて、兵糧攻めでも追い込まれる訳です」

この手が常時成功して居る、理由、原因は「何処にも交通事故事件で、被害者なる者が、交通事故によって怪我を負った、治療をこう言う内容で重ねていると、主治医への捜査を故意にせず、被害者なる者が、怪我を負い、治療して居る原因を、故意に証明しない手と、主治医には”受傷場面を見て居ないのだから、受傷原因に触れるな”と因果も含めて有るし、事故が原因で負った怪我に付いても、事故日の出鱈目診断以外、一切触れないよう、因果を含めて有るんです」

で「加害者には”事実立証をなくさせて有る上で、言葉でだけ、対人加害責任を認めた、ような調書を録り”事件後20日を目途に、上手い事送致して、不起訴、車の事故で怪我を負わせた証拠無し、故の措置か、加害者が医学的根拠証拠も無いが、対人加害を認めて居るから、一応軽い過料制裁、これで常時通して有ります」

これまで成功させて「あとは”車が原因の事故で、被害者なる者が怪我を負い、治療している事実、証拠は無い、賠償詐欺で有り、加害者加入損保、加害者には、対人賠償に応じる責任、理由は無い”こう宣言して、通せる訳です」

刑事事件の捜査で、証拠捏造、隠滅、事件でっち上げして有り、車の事故で被害者が死傷したと、何の立証も無い、これで常時成立させて有るから「加害者、加入損保には、対人加害行為は無く、賠償責任は当然無い、こう仕組んで有るのです、これを常時成功させて有る、刑事事件でっち上げ、交通事故で死傷した被害者は、原則居ない、刑事事件捜査証拠、事件決定の積み重ねとされています」

ですから「人身交通事故受傷被害者は、ほぼ全員賠償金詐欺犯、で陥れられるからくりです」

ここまで大掛かりな「損保が賠償を自由に潰せる、犯罪刑事事件捜査常時は、警察庁、法務省、金融庁、法曹権力が共謀して、医師会、厚労省も共謀させて有るから、常時成功させられて居る訳です」

zxcvb

  • 2021/06/12 06:31

    @令和3年3月29日、高温焼却炉転倒による、重症被害事件、中間請求の件

                                  令和3年6月12日

本件賠償責任者

〒xxxxxxxx
          xxxx様
携帯090-

                          本件賠償請求者、被害者
                〒xxxxxxxxx
                                       xxxx
                            携帯080-

1,この事件に関しては、別紙文書の通りの対応策を講じて有ります「なお、この事件での賠償は”貴殿が被害者の私に、現在の所は毎月毎の請求分支払い、債権譲渡を果たして債権者となり、個人賠償特約に請求”損保はこの手続きを取られると、理由が無ければ、30日以内の支払いが、契約と約款規定で責任づけられて居ます”被害者は契約が無し、損保は支払い責任が生じない、こう言う理由です」この方法を潰して、保険金踏み倒しする為に、貴殿に損保が指揮する弁護士を、損保が費用を出し、刑事、民事ともに付けて、理由無く加害責任刑事、民亊とも無し、で争わせて、貴殿に重い刑事責任を負わせて、何年も争わせようと謀ったのです。

2、別紙の通り私から、賠償責任者加入、適用が決まって居る、任意自動車保険、個人賠償特約損保と提携弁護士が、貴殿に、貴殿の意思を潰して要求して来た、刑事、民事共に、損保が弁護士を、費用とも出して、貴殿に、実際は損保の指揮で動かす弁護士なのですが、貴殿自身の意思で、弁護士共々、加害責任、賠償責任を認めず、刑事、民事共に、無責主張で争う(当然ですが、正式刑事裁判になり、理由が賠償逃れなら、罪は重くなる)これに従わせようとした件は、貴殿が拒んだ書面を証拠として、損保、提携弁護士は、弁護士法第27条違反(非弁行為者と提携弁護士、弁護士法第77条3により、2年以下の懲役、300万円以下の罰金刑)損保職員による、私への直接脅迫行為、貴殿に対する、上記悪事は強要の罪で告発して有ります。

3、私は、昨年8月11日午後、東署警察官から一方的追突交通事故被害を受けており、違法捜査により、受傷事実を消され、医療費を含めた賠償潰し等被害を受けて、怪我がまだ重い状態で賠償、補償を潰された心身の状態で、日常生活、仕事に戻れないまま放り出され、今回の事件被害(判断力等の著しい欠落)に遭遇しており、この不当な傷害事件の扱いに付いても、本件被害の一因と考えており、数か所の医療機関から診断書も取り、補充捜査も行わせ、本事件捜査記録に入れさせ(情状酌量証拠)ます、貴殿は自身の責任に付いて、自身で責任を果たす動きを取るべきです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680408
ユニークアクセス:4855181
今日
ページビュー:573
ユニークアクセス:563
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed