エントリー

2021年06月07日の記事は以下のとおりです。

任意自動車保険の特約”弁護士特約、個人賠償特約”は、これだけの特約、特約を跨いでダブル適用は無い

  • 2021/06/07 15:10

損保ジャパン日本興亜に「任意自動車保険に付ける、弁護士特約刑事、民事共、個人賠償特約の、正しい適用を聞きました」

損保ジャパン日本興亜、女性職員が、調べて出して呉れた回答は、次の通り。

損じゃ職員さんー弁護士特約、個人賠償特約は”各々、特約に付いてのみ適用されるので”特約を就けても、別の特約に効力は及びません、ですから”弁護士特約は、あくまでも、元の任意自動車保険契約の内、運転手が起こした事故に付いて”弁護士特約が適用されますが、個人賠償特約適用事件では、弁護士特約は適用されません、各々別の特約です。

損じゃ職員さんー個人賠償特約は”一般生活を送って居る上で、加害行為責任を負い、賠償責任が発生した事への、加害者がった賠償債務を、保険で支払うのです”これ用の特約で有り、弁護士特約は、適用されません。

損じゃ職員さんー自動車を運行して居て、加害事故を起こした場合”逮捕された、起訴された場合に、刑事弁護費用を拠出するのが、損じゃの弁護士特約規定です”けれど”個人賠償責任保険適用事件では、弁護士特約は、適用されません”個人への賠償金支払いだけしか適用されません。

今起きている、個人賠償特約が適用となる、傷害罪事件加害者が加入して居る、任意自動車保険会社の所業、民事、刑事で弁護士特約も使われて居る事も、違法行為では無いでしょうか。

まして「傷害事件、捜査も始まって居ません、それなのに”加害者は刑事、民事とも無責だ”と、争わせて居る、言い掛かりで、xx海上xxと顧問弁護士が共犯で、既にこれを実行して居ます、取り返しが更に付けられない、ですよね?」

さて、しくじり複数で、規模が尋常では無い、巨大損保と顧問弁護士が、共謀して手を汚した、違法な個人賠償保険金踏み倒しを、違法な弁護士民事、刑事とも、付けさせよう共実行済み、どんどん状況が悪化して行って居ます。

警察、司法が、損保、顧問弁護士の指揮下に入り、悪の限りを

  • 2021/06/07 07:43

         @人身交通事故事件、不起訴で処理文書提供の求め

                                   令和3年6月7日

札幌高検検事長、地検検事正御中
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357

令和2年8月11日、現職警察官山〇〇一氏から、一方的追突加害行為を受け、怪我を負い、長期治療して来たが”故意に本人身交通事故事件でも、交通事故が原因で受傷被害を負い、長期治療継続を、違法捜査手法で証明せず、加害者、加入任意損保らに、交通事故で怪我を負い、治療との、刑事訴訟法手続き証明無し、これで治療費他、公踏み倒しを成功させられている被害者

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                           携帯080-

1、上記人身交通事故について”被害者である私が求め続けた、主治医への交通事故が原因で重い怪我を負い、長期治療中との事実証明補完、主治医への捜査拒絶”の手法で、自動車運転処罰法の特例、軽い加害で有れば、加害者無責で処理、これを成功させた上記事件、被害者が交通事故で怪我を負い、長期治療事実は証明して居ない故、対人加害事実無し、と刑事事件捜査で捏造、加害者実質無責決定、不起訴処理、これの公文書、決定証明書発行を求める。

2、この手口により、交通事故事件で被害者受傷被害受け、長期治療事実は証明されず、偽りの怪我、治療と、刑事記録証拠を捏造して、被害者の治療費他、公踏み倒しを成功させたわけですし、他の重症傷害事件、刑法第211条適用、加害者加入、個人賠償特約も、同様に対人加害違法抹殺、賠償潰し事件複数発生次々、加害者の意思を無視で、損保が刑事、民事で、損保の指揮で動く辯護士選任を、加害者に要求も事件、これとも繋がって居ませんか刑事一課強行犯扱いの、傷害事件での損保、弁護士犯罪事件複数発生とも、こちらの事件を主体で、主治医への受傷原因証明、補充捜査を行って頂きます、交通事故事件、受傷、治療事実証明故意にせず、調書の写しも、何れ取る予定です、何を企んで、ここまで被害者不当攻撃を、損保、顧問弁護士共々重ねているのか。

傷害事件でも、損保と顧問弁護士が、加害者無責を事件捜査で捏造させられると

  • 2021/06/07 07:18

人身交通事故事件は「太陽光発電への投資、を謳った詐欺の広告塔、小泉元首相ら、法務省、警察庁、法曹権力等が、損保の支配下にはいり”公の制度作り?に走り、交通事故で怪我を負う被害者は居ない”常時これが成功するように、医証偽造と事実証拠隠滅、交通事故で怪我を負った被害者は、実質居ないと捏造する事が常、と仕組み」

人身交通事故事件の捜査は「被害者が交通事故により、怪我を負い、治療継続中、この証拠、証明せず、事件後20日位までに、上記詐欺で、虚偽だった人身交通事故事件、とした、捜査記録を作成して、送致する不文律の徹底に成功せて、今に至って居る訳です」

通常の、対人加害事件、傷害事件で有れば、次の対人交通事故事件、常時加害者は無責、交通事故で怪我を負った被害者は、実質ゼロで存在せず、と常時捏造して、確定、とはなって居ません。

他者から犯罪を受けて、受傷被害を負った被害者の主治医へ、捜査員が補充捜査も掛けるし、受傷原因にしても、徹底して、怪我を負わせられた正しい根拠等の証明にも動きます、人身交通事故事件のような”交通事故が原因で、被害者が怪我を負い、治療中と、故意に証拠を作らせず、証拠負揃えず”交通事故が原因で、怪我を負った被害者が、実質存在しない事件証拠、記録だけ作り続けて有る、よって加害者は、常に実質無責で決定、正式刑事訴追はしない不文律としてある、被害者は賠償詐欺犯罪者、損保は対人賠償自由に踏み倒して、これを果たす為、詐欺犯被害者に、どんな言い掛かり犯罪攻撃しても、犯罪責任を負わない、正義の損保、顧問弁護士だからだ、これで常時成功とは、出来ないです。

人身交通事故事件は「正しい事件捜査を、故意に、常時しない不文律で、交通二課が捜査を担って居ますが”初めから、交通事故で怪我を負う事は無い、加害者は無責、実質無責だ”このでっち上げを、捜査で捏造するからくりでの、やらせ捜査です、指揮する損保、顧問弁護士が、対人賠償踏み倒しを、公然と果たせるように、が目的の、刑事訴訟法捜査でっちあげ常時犯罪です」

他の傷害罪事件は「今後、損保が、個人賠償適用加害者、傷害罪加害者も、人相手の加害行為で怪我を負う人間は居ない、こうでっち上げて通せるように、加害者に刑事、民事共”損保が弁護士を指揮して、傷害罪加害は虚言、人相手に攻撃を加えて、怪我を負う人間は居ない”ように、刑事一課捜査員に、事件捏造捜査を常時行わせて、傷害罪、傷害致死罪加害者も、常時実質無責、正式訴追せず、被害者は賠償金狙いの詐欺犯罪者と、この手で常時決めて、損保と弁護士、違法で、賠償潰し用追加犯罪で追い込みも、常時成功、こう出来るのか、のスタート時点です」

損保が集めた損害保険料から「賠償支払いを、犯罪によって潰す目論見で、損保の指揮で動く以外認めない、刑事、民事事件弁護士を、加害者に就けて、事件を違法捜査しても居る、極悪非道な現実が、悪化の一途を辿り続けて居ます」

対人加害犯罪抹殺、これを成功させる違法捜査

  • 2021/06/07 06:49

人身交通事故事件の「刑事訴訟法手続きと謳うが、実際は、加害者常時無責と出来るように、自動車の事故で、被害差が死傷する事件は、基本無いと、医証偽造、隠滅を最大の武器として有り、常時、この詐欺刑事事件捜査記録、証拠、交通事故が原因で、長期治療している事実が有る事件は、実はゼロレベル、を常時、出鱈目刑事事件捜査、証拠捏造で、事実は無視で、確定させて来ています」

;事故当時の”受傷原因不明、一週間の加療を要する”これで統一して有る、加害者無責で逃がす用の診断書、治療記録と”交通事故が原因で怪我を負い、治療を重ねている事を、絶対補完捜査で立証しない為に、主治医への捜査を絶対行わない、この手口が常時稼働されています。

;この、交通事故が原因で怪我を負い、治療を重ねている事実を、故意に証明しない警察、司法犯罪の手口を成功させて”事件後二週間以内に、交通事故が原因で被害者が怪我を多い、治療を重ねている事実は無い、と捏造済みの上で、加害者、被害者の、交通事故が原因で、被害者は治療を続けて居る事実は無い、証明して居ない”前庭を持ち、調書を巻いて、交通事故が原因で、被害者がkがを負い、治療継続中と証明無し!事件記録を捏造成功とさせて、送致する訳です、常時この警察、司法犯罪が成功して居ます。

;この犯罪刑事訴訟法捏造で作った捜査記録、事件事実捏造成功調書を用いて”加害者は実質無責、被害者に交通事故事件で、怪我を負わせた事実立証は無いので”絶対に正式刑事裁判とはしない、悪は交通事故で怪我を負ったと、嘘を吐いて,賠償詐欺を働いている被害者だ、の、公式証拠が完成する訳です。

;ここ迄仕組んで有る、交通事故事件で受傷被害を負った被害者は、実際にはゼロレベルと捏造して、確定させて有る、人身交通事故事件の現実なので”加害者は正式訴追される事は無い、交通事故で怪我を負褪せた事実、証拠は無いから”後は損保、顧問弁護士が、培養詐欺犯罪者と捏造決定して居ある、交通事故人身被害者を,賠償保険金詐欺潰しと言う正義の錦の御旗の元、どんな犯罪を仕掛けて、潰しても、刑事事件責任を問われないからくり、が稼働して、常時成功して居る訳です。

;この、交通事故で怪我を負った被害者は、事件事実、証拠、記録上存在しない、と捏造常時を重ねて有り、加害者は常に、実質無責、正式刑事訴追しない事と、事前に決めて有る、それ用の犯罪証拠捏造、隠滅、刑事事件丁稚上げ記録作成、被害者の怪我は嘘、証拠無しで送致、加害者実質、常時無責確定が仕組んで有り”加害者に損保は、刑事、民事弁護用弁護士を、損保が賠償踏み倒し出来るよう、弁護士を指揮する前提”で、就けている訳です、刑事、民事共、加害者に損保が指揮する前提で弁護士を就けて、損保が大っぴらに、上記犯罪刑事事件捜査常時成功、目論見指揮を執れる訳です。

加害者が警察官の、人身交通事故事件でも、交通事故で怪我を負い、治療中との立証せず

  • 2021/06/07 06:26

警察官が、一方的に、意識を飛ばして突っ込んで来た交通事故事件でも「定番となって居る、人身交通事故は、実は存在しない、車の事故で、人が死傷する事は無い、何故なら”主治医の治療記録、診断書を、交通事故が原因で被害者が怪我を負ったとは、主治医は事件を見て居ないから、記載させない手口として有るし”被害者の負った怪我の原因が、交通事故による怪我の強い可能性、これに付いても」

警察、検事は、主治医に対する、交通事故被害者が負った受傷原因の可否捜査を、故意に、余程の対人加害以外、絶対行いません「理由は、交通事故が原因で怪我を負った、これの強いの証拠を揃えない為、交通事故が原因で、被害者が死傷した事件を作らない、人身交通事故加害者は無責、これを常時成功させる目論見で、この詐欺人身交通事故事件は無い、捜査だけに狂奔し続けて居ます」

この、あらかじめ仕組んで有る「自動車が原因の対人事件で、被害者が自動車事故で怪我を負った事件、事件記録、証拠は無いのみを、警察官が加害者、被害者の、対人交通事故事件でも、分け隔てなく、常時成功させて有るんです”自動車運転処罰法規定、軽い加害で有れば、刑事罰を科さない、これを常時成功させて有る、犯罪で構成刑事事件捜査、証拠捏、抹殺が武器で、なのです”」

その内、警察官が加害者の、人身交通事故事件の、上記捏造済み刑事事件捜査記録を取るべきでしょうね、他の傷害事件潰し目的犯罪、こっちとも関係しているようですから。

損保が対人賠償、個人賠償で支払わず通せる、警察、司法が職権を悪用して、対人加害、被害事実を抹殺する前提捜査を、日常的に凶行していて、成功させて有る、この損保指揮、警察、司法犯罪を、個人賠償支払い潰し目論見で、傷害事件にも拡大に走って居ます。

人身交通事故加害者、個人賠償適用、傷害罪加害者に、任意自動車保険金、個人賠償保険金支払い責任、加害行為による、被害者への賠償債務発生の補填支払い責任を逃れる目論見で、損害保険料を納めた加入者のお金を「自動車運転処罰法適用、傷害罪適用加入者を、犯罪によって免責とさせて、賠償潰しを成功させる為、刑事、民事共に、加害者、加入者に、損保が指揮する前提で、弁護士を就けて、事件操作、加害者無責、免責を成功させる、刑事訴訟法手続き乗っ取りを、損保、弁護士が大っぴらに出来るようにまで、実際なって居ます」

対人加害行為犯罪で、加害行為犯罪による受傷だと、故意に証拠を

  • 2021/06/07 06:03

人身交通事故加害事件では「故意に、巧みに?交通事故事件が原因で、被害者が受傷を負った事を”刑事事件記録を良く見ると分かりますが、何処にも交通事故事件が原因で、被害者が受傷被害を負った事を、確信犯で証明して居ません”」

殆どの交通事故事件の捜査記録で、被害者は何かの原因で、一週間の治療を要する怪我を負った、これだけが有るだけです、刑事事件記録には「警察、司法が、損保と顧問弁護士から命じられている通り、交通事故が原因で、被害者が怪我を負った事件は、実は基本存在しないと、人身交通事故事件用、交通事故で怪我を負った被害者は居ない、これが正しいと、常にして、通す為の、でっち上げ刑事事件捜査が仕組まれています」

この、闇の人身交通事故事件は無い、が常時「正しく証明される事と、あらかじめ決めて有る、人身交通事故事件捜査の手口を武器とされて居て、正式訴追は、通常絶対されず、加害者無責、被害者は交通事故で怪我を負った、と、嘘を吐き、賠償金を狙う詐欺犯罪者、悪人なので、損保は交通事故人身被害者、犯罪者を、どんな法を犯す所業で追い込んで、賠償詐欺を潰しても良い、正義の行為だから、損保が被害者居てに、弁護士共々、どんな犯罪を凶行しても、罪に問われる事は無い、とも仕組まれています」

こう言う、闇のからくりだけが、常時成功して居るから、この犯罪刑事事件捜査記録捏造、送致まで、20日位です,事件発生後20日を超えれば、後は損保、顧問弁護士は、人身交通事故被害者、対人賠償詐欺、自賠責保険詐欺犯罪者と捏造して、刑事事件記録と言う証拠を作ってあるから、自賠責、任意対人保険詐欺犯罪者、被害者を、正義の錦の御旗を掲げて、犯罪の限りを重ねて、追い込み捲り、賠償叩き潰しに常時成功しているのです。

交通事故人身被害は嘘、交通事故が原因で怪我を負い、治療を続けて居る事実立証は無い、こう、刑事事件捜査捏造済み記録で証明して有るから、対人賠償請求は、自賠責保険、対人賠償任意保険詐欺で有る、賠償保険金詐欺被害を受けている損保は、詐欺犯罪者である交通事故人身被害者偽装犯に、どんな犯罪を仕掛けても、正義の行いだから、犯罪行為で処罰される事は、絶対に無い、こう言う闇のからくりなのです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680300
ユニークアクセス:4855081
今日
ページビュー:465
ユニークアクセス:463
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed