エントリー

2021年07月28日の記事は以下のとおりです。

詐欺の弁護士委任

  • 2021/07/28 12:08

        @本件弁護士委任に付いての、弁護士白紙委任状への事実記載

          追記

;本件、東京海上日動から送られて来た、訴訟委任状での、委任状記載弁護士の委任に付いて、委任者となっている私は、知らないこの弁護士を委任して、xxxx氏相手に、言い掛かりで賠償債務を踏み倒す訴訟を提起する意思も、当然有りません、この白紙弁護士委任状での法律代理行為は、全て委任者となって居る私の意思では有りません、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、警察に伝えて置きます。

 

※この記載は、損保、共済、提携弁護士、法務省、裁判官、裁判所共謀犯罪、被保険者に、弁護士を”委任者には何の指揮権等は与えない、これを必須条件とさせた”弁護士特約なる、損保、共済、司法、法務省犯罪の、事実通りの事を、詐欺弁護士委任状に記載して、弁護士特約での、偽装弁護士委任上に署名、押印して、弁護士が受任する為の、追加の事実記載です。

まあ、ダミーでしか、弁護士委任を認めない、実際は、損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所、法務省、警察が共謀して、合法賠償保険金支払い潰しを、この犯罪を軸とさせて、訴訟詐欺を働いて成功させて居る、事実通りを、白紙弁護士委任状に追加で記載して、ダミーで弁護士の委任を果たす、事実に沿った手続き弁護士委任状を完成させて、訴訟詐欺等にも悪用させて居る、この事実を正しく証明して、白紙委任する手続きです。

受任辯護士は、委任者から正しく委任を受けて、言い掛かりで賠償叩き潰し目的、違法代理行為に狂奔を、きちんとあらかじめ、告知した上で、この一連の犯罪に走れば良いのです「弁護士法違反、完全に犯罪だと、事前に、公に謳った、白紙の弁護士委任、受任事実証拠を作り、白紙委任すれば良いのです。

虚偽、違法な弁護士委任だと、白紙ダミー弁護士委任状に、ちゃんと記載して、白紙委任を常時成功させて、訴訟詐欺等も、違法代理行為で凶行、これが真実です、正しく統一させるべきですよ。

裁判官、裁判所も「ああ、白紙で受任して”委任者の意思と嘘を吐き、言い掛かり、詐欺訴訟提起ですね( ´艸`)”はいはい、受理しましたよ、赤本診断、賠償論で判決って、決めて有る通りです、やらせで判決まで、仕組んで成功させて有る、今回も、同じ事件全部もこうですしね」

と言う事実を、事前に、弁護士白紙委任状へ、事実として追加記載して、委任状に署名、押印して、委任を成功させて、訴訟詐欺、恐喝賠償を成功させて有る、に倣うだけだから、終わって居ます、これで司法、法務省だからねえ。 

訴訟詐欺を、公式制度化して有る

  • 2021/07/28 10:48

訴訟詐欺も、警察と検事が、損保が賠償責任を負う傷害事件は、傷害事件が有った事の証明をしないから、起きて居ないと虚偽事件捜査で終結、を常時成功させて有る、この公式証拠が、絶対の武器となるから、損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所は常時、傷害加害責任は、民事も刑事も無い、と判決、決定を常に下して、通せている。

ここまで大掛かりな、国家権力が共謀した、賠償踏み倒しを常時成功させて有る、訴訟詐欺も滅多に有りません、刑事事件の捜査で、傷害事件が起きた事を、医学的証拠を揃えないから、傷害事件は起きて居ないと、虚偽で事件を纏めて、送致常時、この詐欺捜査記録が、当然ですが、絶対の武器で使えて居て。

傷害事件は起きて居ないから、対人賠償も、当然不要だ、だが「自賠責事業が先行して居るから、起きて居ない傷害事件だが”耳鼻法の規定で、傷害事件が起きた証拠は無いが、自賠責で一定の補償を行う”と、訴訟詐欺で決めて通して居ます、この詐欺補償も、常時蹴れば、損保、共済、警察、司法共謀犯罪が、何れ公にされる危険が大きいから?」

もうこの、巨大国家権力犯罪の、闇のからくりも公に証明して有ります、後の実例、証拠作りは「弁護士特約を適用させて、弁護士を委任して、訴えを提起した、するはずの被保険者が「自分には、言い掛かりで傷害事件被害者を訴える気は無いが、損保、提携弁護士から、自分がダミーで、実権はゼロの条件で、弁護士を委任した事と白、後は損保、提携弁護士、民事裁判官、裁判所が共謀して、人的賠償踏み倒し目的の、債務不存在言い掛かりで訴訟提起、を行い、やらせ裁判、でっち上げた人的被害治療、賠償期間で判決、を果たすから、弁護士をダミーで委任して、一切かかわらせないが、当事者と言う嘘を吐け」

こう、損保、提携弁護士から強要されたから「自分はこの詐欺訴訟提起の意思は無いが、仕方が無いからダミーで弁護士委任して、詐欺訴訟の提起を行う事に乗ったと、ダミーの弁護士委任状にも書いて、弁護士に送り返した証拠、これでしょうか、この詐欺弁護士委任状で、詐欺訴訟提起を、裁判官、裁判所が受け付けて、これ等証拠作りが、今後の、でしょうか」

事前予告し続ければ、損保、提携弁護士指揮、刑事、民事訴訟法破壊犯罪も

  • 2021/07/28 09:48

事前に「正しい刑事事件での捜査、立証等を知った上で、傷害事件が起きた事を、正しく証拠立てさせて、刑事捜査段階で証明を果たさせて置けば”人身交通事故受傷加害事件のような、傷害事件が起きた証拠を故意に抹殺、事件後二十日位で、常時この詐欺捜査で送致、検事もグルだから、刑事、民事とも加害者責任は無い、これで決着させて有る”」

後は「被疑者はもう、刑事責任は問われないから、傷害事件は起きて居ない、刑事、民事共責任は無い、こう詐欺訴訟提起を”合法賠償を潰す目論見、言い掛かりで潰す目論見で、加害側損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所が共謀犯で行い、受理、詐欺捜査記録が絶対の武器で、傷害加害責任は無い”自賠法で、赤本診断、賠償論で、詐欺補償、賠償もしたりする、訴訟詐欺が常時」

この一連の、権力犯罪事実を、起きる都度、公式に、公的機関、実行犯ですが(;'∀')に伝えて行く事と「この詐欺捜査を認めず、正しく傷害事件を、刑事に証明させて、それを持って送致以外、被害者は認めないとも、公式に意思を表明して、法を犯した詐欺捜査を、徹底して潰しても行けば」

傷害事件は証拠が、故意に揃えないから証拠が無い、傷害事件加害、被害は無し、この詐欺刑事事件捜査で逃げられて、被害者を、債務は存在しないと、この詐欺捜査記録が絶対の武器で、訴訟詐欺で訴えが提起されて「実際、刑事捜査記録では”傷害事件が起きた証拠を、故意に無くして有るんで”傷害事件は無い以上、加害者にはm、人的賠償支払い責任も無い訳です」

こんな司法、警察、法務省共謀犯罪が、数十年続けられて、成功させられて来て居ます、が「日常生活、個人賠償が、加害者、被保険者が負った賠償債務補填支払いとして、適用となる傷害事件でも、この犯罪捜査が行われて、傷害事件を消して貰えて、言い掛かり債務不存在詐欺訴訟を提起すれば、合法な賠償支払い、保険金支払いを潰せると、損保、共済、提携弁護士、金融庁、法務省、検察庁、検事、刑事担当裁判官、裁判所が共犯で、思っても居たのです」

この一連の、権力共謀犯罪、犯罪を正しいと公式偽装して、通して有る、刑事捜査段階での詐欺捜査、詐欺送致で無責決定で逃がして居る犯罪も合わせて「刑事段階で、合憲、合法を果たした操作を果たさせる、被害者の権利を守る為に、被害者自身が必要知識を習得して、刑事に合法捜査を果たして貰う、これに向かって動くべきです」

損保、共済が、提携弁護士とも共謀して、合法な人的賠償を、常時潰せている、これを目的とした権力犯罪シリーズ、少しでも多くの人身受傷被害者が、この権力犯罪を知悉して、合憲、合法を持って潰せれば良いですね。

詐欺で構成、司法、警察犯罪事件捜査

  • 2021/07/28 09:01

昨年8月11日に起きた、札幌方面東警察署の警察官が加害者の、意識を飛ばしてトラック後部に突っ込み、トラックの乗員に重い怪我を負わせた事件の、傷害事件を消す、定番の詐欺事件捜査で、事件から二十日位で終結、詐欺捜査記録で送致、刑事、民事とも無責検事が決定で、傷害事件を抹殺達成、これを武器とさせて、対人補償、賠償も、合憲、合法実施を潰して通せている、人身交通事故事件の定番、詐欺捜査の再現事件の証拠と。

今年3月29日に起きた、重量物転倒、人が下敷きになり、重傷を負った傷害事件の、刑事一課強行犯による捜査の現実、事件後4カ月経過して居ますが、まだまだ刑事段階で捜査して居ます、この、同じ傷害事件での、全く異なった捜査実態、まあ。

重量物転倒による、重症被害発生事件も「日常生活賠償が、傷害事件加害責任者に、契約と約款規定により、正しく適用されて、賠償債務金が、法によって補填される筈ですが”損保、提携弁護士は、債務不存在詐欺訴訟を、損保が全面指揮して、言い掛かりで提起する、賠償債務分を支払うかもしれないから、この違法弁護士委任、訴訟詐欺に応じろ、拒むと支払いは、契約も約款規定も、口頭で無効で通すぞ”恐喝ですよね、合法に賠償保険金支払いしない、これを目的とさせての」

人身交通事故事件と同じく「事件後20日位までに、傷害事件である医学的証拠を故意に揃えず、傷害事件は起きて居ないと、故意に偽装して捜査を終えさせて、詐欺送致の手が、日常生活、個人賠償が適用される、傷害加害事件でも、加害者を逃がす為に行われると、損保、提携弁護士が、勝手に決めての、上記恐喝他犯罪行為です」

この一連の警察、司法、法務省犯罪は「傷害事件は起きて居ないように、刑事捜査段階で偽って捜査終結、主事、治療先から、傷害事件が起きた証拠を、故意に揃えないで、速攻で詐欺捜査終結、加害者には、20日位だけだから、傷害加害と、賠償実施を、口だけで認めさせて、送致されると刑事、民事とも無責決定だから」

傷害事件加害責任は、刑事、民亊とも無い、債務は存在しないんだと「損保、共済、提携弁護士、民亊担当裁判所、裁判官が共謀して、訴訟詐欺提起、強制受理、赤本診断、賠償論で判決を常時下して、確定させて有る、この手口が、人身交通事故事件以外の、日常生活、個人賠償特約適用傷害事件でも、同じく成功すると、損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所、法務省が共謀して、決めて有ると言う事です、が」

人身交通事故事件もそうですが、きちんと医学的他、事件を証明する証拠を、きちんと揃えさせる捜査、刑事捜査段階で、きちんと捜査を行わせて、医学的証拠も、長期療養なら、それに沿って揃えさせることも徹底させれば「事件後20日位で、傷害事件抹殺、詐欺捜査で終結、送致、刑事、民事とも無責で処理がなされるから、言い掛かりで債務も無い、認めろ訴訟提起実施を崩されて、この訴訟詐欺提起の時、まだ傷害事件の刑事捜査中なら」

虚偽の被疑者供述刑事調書「傷害行為加害と、賠償実行を、口だけで認めて有る、被疑者調書から、拙くなります、公に、実際は損保、共済が提携弁護士、民亊担当裁判官、裁判所と共謀して、傷害事件に付いて、刑事、民事共、加害者責任は無い事を認めろ、訴訟を提起して居るのですから、刑事調書もこれに沿い、作り変えが必要となり、刑事事件の扱いも、正式刑事裁判を行う事件が、膨大な件数出ますし」

刑事捜査自体、合法捜査実施に変えるしか有りません、今行えている、傷害事件抹殺前提、詐欺捜査は、とても拙くなります、訴訟詐欺も同じく。

伝達

  • 2021/07/28 07:18

@金融庁への訴え、東京海上日動に対しての、日常生活賠償支払い請求、三回目も込みで、弁護士特約適用は、弁護士法第72,27条適用、犯罪が前提事実の調査、回答の求めに、日常生活賠償は、不払い、詐欺前提の特約故、被保険者には、公式保険金支払い請求手続き無し、この件への回答の求め、日常生活賠償適用、傷害事件刑事捜査の経過を伝えます

                                  令和3年7月28日

                      傷害事件被害者、刑事事件捜査中
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-784-5504

本件を、日常生活賠償適用、被保険者、被疑者からも伝達を委任された各先

上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、司法法制部黒山他担当
TEL03-3580-4111
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
※法務大臣、最高裁長官”弁護士特約での弁護士委任は、委任者権限ゼロが条件で白紙委任”実際の指揮は損保、共済、明白な弁護士法第72,27条適用です
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室、上中他担当
TEL03-5253-8586 一括代行は、自賠法を順守の上、国の補償事業
FAX03-5253-1638 を、国として代行、弁護士法違反も、国の犯罪
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
TEL011-231-4200 人身交通事故事件、債務不存在確認訴訟は、損保
FAX011-271-1456 提携弁護士と裁判官が、弁護士法違反も承知で実施
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子札幌地検検事正
TEL011-261-9311 人身交通事故事件捜査は、主治医への医証を故意に
FAX011-222-7357 揃えず送致、他の傷害事件は、主治医への捜査も実施
三井住友海上札幌第3サービスセンター、林所長窓口
TEL011-213-3322
FAX011-231-8974 
あいおいニッセイ同和損保、窓口鈴木担当、上司が回答予定
TEL011-728-1318
FAX011-728-1658
廣部・八木法律事務所
TEL011-271-9669 これから白紙委任して、訴訟詐欺を提起して、承知で
FAX011-271-9796 札幌地裁が受理するのか?弁護士から回答願うとの事

1,今年3月29日に発生した、重量物転倒による、第三者下敷き、重症傷害事件、加害責任者から、金融庁、東京海上日動宛に送った書面写しを添付します「この事件では、加害責任者、被保険者に対して”東海が指揮を執る、被保険者に一切当事者、被保険者権利を与えない、東海提携弁護士に、白紙委任を行え、日常生活賠償は適用するが、被害者を言い掛で訴える、東海、提携弁護士が仕切って、この賠償特約は、法に背き、合法請求手続きから無くしてある、契約、約款規定遵守も拒否、根拠無く、賠償債務補填、債権金支払い金請求にも応じず”これ等事実による、東海への支払い請求と、金融庁への、法を犯す事業、行為に対する調査、回答の求め、の文書です」

2,この事件の刑事捜査は「主治医への、文書での医療証拠を揃える捜査等は、人身交通事故事件と違い、実施済みと、主治医、担当刑事から聞いており、カルテ開示で証明出来る、傷害事件を証明する、主治医への医療捜査実施事実です、被害者の私は、受傷が悪化した事で、更なる長期治療が必要となっており、刑事から、受傷悪化に付いて、追加の診断書提出も求められて居ます、まだ悪化部位に付いて、一定症状が固まって居ないので、診断書も当分作れない事は、刑事に伝えて有ります、この傷害事件の捜査終結は、まだ先と言う事です」

3、昨年8月11日発生、加害者警察官が一方的加害責任者の、人身交通事故事件でも行われて居る、傷害事件を故意に証明せず、基本事件後20日位で、傷害被害は無しと虚偽捜査終結、刑事、民事とも無責と、検事が虚偽処理、この詐欺捜査証拠が絶対の武器で、対人補償、賠償を、常時踏み倒しも成功、警察官、共栄火災もこれを成功済み事実と、全く異なる、刑事一課強行犯による、傷害事件の捜査です”又、私が指摘して有る、他の事件発生要因、遠因?の一つも、私から、国の機関の担当役所に連絡を入れ、後日刑事から、法律問題の答えを得る捜査実施、補充捜査も行われる事となって居ます”以下に人身交通事故事件捜査、以後の刑事、民事事件扱いが出鱈目、詐欺捜査で構成されて居るか、この二件の傷害事件捜査でも、明白化されています。

4,昨年8月11日に起きた、札幌方面東警察署警察官が、意識を飛ばして突っ込んで来て、私が重い怪我を負わされたが、違法を重ねた捜査、刑事、民事とも、傷害事件の証拠を故意に揃えず、被疑者無責捏造処理事件の捜査記録写しと、今年3月29日発生傷害事件の捜査記録、医学的証拠を一定、主治医への捜査実施で揃えて有る、追加の受賞診断書も、証拠で揃えて行く捜査、傷害事件の遠因が有りそうなので、監督官庁への捜査も実施、捜査記録の写しと、両方何れ揃えて、刑事訴訟法捜査詐欺、警察署交通二課、検察庁、裁判所交通部犯罪、交通事故での傷害事件証拠を揃えず、傷害事件を、刑事、民事共消す違法捜査資料を武器とした上で、損保、提携弁護士、民事、刑事事件担当裁判官、裁判所が共謀して、賠償、補償詐欺を成功させて有る、この国家犯罪証明にも繋げられると思って居ます。

5、記載先「人身交通事故事件も、日常生活、個人賠償特約適用傷害事件も”正しく傷害被害事実を、主治医、治療先への医学的証拠等を揃える捜査、重い怪我なら数か月は、医療証拠を揃えるにも必要”これを守り、科学的、医学的、各適用法律に沿った事件要因捜査を徹底させれば”言い掛で、損保、提携弁護士、民事裁判官、裁判所が共謀しての、傷害事件加害者が、弁護士をダミー委任させられて、被害者への人的賠償を踏み倒す目論見、根拠無しでの債務不存在確認の訴え提起、受理、傷害事件被害者一方的追い込み、賠償踏み倒しに常時成功は、困難となるでしょう」

6、傷害事件の、刑事事件詐欺捜査を、医学的証拠を故意に揃えず、事件後一カ月もせず送致して終えさせる前提で、刑事捜査で適当に罪と賠償実施を認める捜査実施、この詐欺捜査で終結前提で、被害者相手に、言い掛かりで傷害加害は無い、被害者に倒して、債務不存在確認訴訟提起の手は”今年3月29日発生傷害事件と同様に、合法に、傷害事件である医学的証拠も揃え続ける、数か月はかかる捜査を実施すれば「被疑者が、傷害事件加害は無い、傷害被害は嘘、賠償責任は無い”言い掛かりでこう訴えて、訴訟提起、受理、賠償詐欺も、成功は困難となって行きます”刑事捜査でも、被疑者は傷害加害責任無”主張と、傷害事件責任無し主張、捜査が長期に及ぶと、刑事調書の偽造、虚偽の傷害加害、賠償責任の認めの嘘が発覚するのでですから、刑事、民事とも無責刑事捜査でも主張、正しく整合性を取った、無責主張で送致故、正式刑事裁判が必須と変わります」

7、記載先「傷害事件が起きた場合、傷害の正しい程度等を、長期治療を経た上で、刑事訴訟法による捜査で証明して、送致する、合法捜査、送致を徹底すれば”違法捜査で速攻送致が崩れる訳で、送致前に、言い掛かりで債務不存在確認訴訟提起恒常化、刑事捜査で罪と賠償責任を認めさせた上で、民事の詐欺訴訟提起、傷害事件責任は、刑事、民事共無しと、言い掛かりで訴訟提起、受理、傷害事件抹殺刑事捜査記録が前提のからくりは、大きな矛盾を生んで行きます”今年3月29日の傷害事件でも、被保険者、加害責任者に、ダミーで弁護士委任、東海、提携弁護士、札幌地裁、裁判官で、傷害事件の捜査中に、傷害事件責任は、刑事、民亊とも無し、債務不存在を認めろ、との訴え提起、受理、訴訟詐欺凶行”を実行に走って居ますが、これからでも詐欺訴訟提起、受理、強行開始しますか?”告訴人から、自分の意思では無い訴訟提起、東海、提携弁護士から強要されて、ダミーで弁護士委任、訴訟詐欺提起強要、違法不払いを続けられて、支払いするかもしれない、東海指揮、提携弁護士、札幌地裁、裁判官による、訴訟詐欺実施を飲めと強要が重ねられて居ると、事前に書面も出ていますが」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703123
ユニークアクセス:4877459
今日
ページビュー:129
ユニークアクセス:129
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed