エントリー

2021年07月04日の記事は以下のとおりです。

弁護士犯罪国家日本

  • 2021/07/04 08:12

まともな思考、知識を持って居れば「車で人体に危害を加えても”損保、提携弁護士が、賠償踏み倒しを常時成功させられるようにと、人体に危害は加えられる事は無い”等、警察、司法、法務省が、闇ででっち上げ刑事事件捜査手法を捏造して、常時この傷害事件抹殺刑事事件捜査、詐欺捜査を成功させて有る事が、テロ行為と理解しますが」

正義等と、本気で、己らの所業に付いても、正しく認識する思考力と知識、まともさを欠いた弁護士集団は「まるで理解、判断も出来ないでいます”傷害事件、傷害致死事件で有る事を先ず、医学的に立証せず、傷害事件、傷害致死事件で扱える訳が有りませんが、本当にこの大前提も、分かる頭が無いのです」

交通事故事件の正しい捜査、立証も、まるで出来る知識、思考力、判断力から欠落して居る、警察官、弁護士、検事、裁判官、法務省役人「でっち上げた事故状況、ブレーキとタイヤの制動性能は、1960年から不変だ!本気でこの、事故状況捏造常時に走っているし、被害車両の乗員が、怪我を負った事の立証に必要な、主治医、医療機関への”長期治療なら、カ月かけての医療証拠を揃える捜査実施”これも、故意にせず」

傷害事件の捜査と言うけれど「事件の立証は出鱈目、科学的な合法事故事実証明無し、捏造捜査による、事件確定に、医学的な、傷害事件で有る立証無し、これですからね、事故証明は間違い、傷害事件との立証されておらず、も合わさって居ますから”これで正式刑事裁判を行っても居る”カルト宗教裁判、裁判ごっこでしか無いです」

多くの刑事事件捜査で「刑事罰則適用を、正しく果たせる捜査など、行われて居ませんよ、刑事、法曹資格者に”刑事罰適用事件毎に、正しく事件を立証して、齟齬を来さない、合法を果たした刑事事件立証捜査など、ほぼ無いのが実際ですから”」

刑事訴訟法適用事件、と言うけれど「捜査担当刑事、検事、裁判官、弁護士連中には”何を、どう立証すれば良いか”等、多くの部分で知りません、分かりません、証明が必要な事項を、正しく答えられる、証明出来る先に、刑訴法照会を掛ける、捜査に行き、証明を得る等、何もせず、間違った捜査で終わらせて、送致して、出鱈目な刑事事件処理を恒常実行して居る、事件の捜査記録で証明出来ています」

知らない事は「分かる先、相手に確認して、自分も理解しなければ、刑事罰則を正しく適用出来る捜査完遂など、果たせる訳が無いです、当たり前の事です」

そう言えば「紀州のドンファン事件、殺人事件だと言う証拠も無く、強引に逮捕したけれど”長期交流して、自白させる以外、殺人事件だと、強引に通せる証拠も無い”が証明されているようですね、でしょうね、遺産目当てでも無いしね、後妻業とも出来ないし」

傷害事件抹殺、刑事事件捜査の常套行為

  • 2021/07/04 07:44

交通事故で怪我を負い、治療を受けた主治医、重量物転倒、人身事故事件の主治医に「傷害事件の被害者の治療を行って居る立場だけど、傷害事件で有る事を、医学的に証明するのに必要な、刑事、検事による、医療捜査当事者になった事が有りますか?と聞いた答えが」

主治医-自分は一回も、傷害事件を証明する、医療捜査を受けた事は無いですね、医療機関に刑事、検事が、傷害事件の裏付け捜査に来る事は、先ず無い筈です。

こう言う答えを得て有ります「傷害事件で有る事を”医学的証拠を、故意に揃えない手口を武器と、闇で仕組んでしてある”これが実態です」

警察官、弁護士、検事、裁判官、法務省の役人、報道カルト揃って「傷害事件”も”何を証拠として、傷害事件と立証出来るか、も何も、理解する頭も持ち合わせていないと言う事です」

この、刑事事件詐欺捜査の恒常化が有るので「刑事訴訟法手続きで、傷害事件と立証して居ないと言う武器の写しを使い、民亊で”傷害事件、加害行為は無い”と主張して、詐欺捜査記録写しを武器とさせて、傷害事件無し、賠償責任も無い!」

これを常時成功させられて居ます「江戸時代から、このように何も変わって居ないのが実際です、刑事、弁護士、検事、裁判官、法務省役人、報道カルト他、事件が何を持ち、正しい事件の証拠、証明を持ち、刑事罰則の適用となるか、ならないか、全く理解不可能と言う現実なのです」

刑事が一定、傷害事件を立証する為に必要な、被害者主治医への医療証拠を揃える捜査が、そもそも一番先に必要と知って居ても”検事、裁判官、弁護士には、何を言って居るかから理解も出来ないのが現実”正しい傷害事件を立証させる、主治医、医療機関への捜査など、潰されるでしょうから。

人身交通事故事件、傷害事件、の筈の捜査記録を見ると分かるように「傷害事件で有る事自体”主治医、医療機関への、医療証拠を揃える捜査せず”傷害事件は無くさせて有るから」

この現実が有るのだから「刑事、検事の取り調べに、弁護士が立ち会えるようにさせる、札幌弁護士会の言い草には”正しい理は無いです”犯罪抹殺、犯罪制度化で弁護士がしのぎと出来ている、言い掛かりで冤罪捏造等々、この現実が、最大の問題でしょう」

合法と犯罪、正しく理解出来ない頭故、連綿と同様のテロが

  • 2021/07/04 07:05

人身交通事故事件、傷害事件、他の「損保が加害行為者、賠償債務者が負った、賠償債務支払い責任が、損害保険契約により、生じる傷害事件も合わせて、この傷害事件、傷害致死事件を取っても”損保、提携弁護士が、傷害事件は証拠無し、よって刑事、民亊共、加害者は無責だ”と、常時違法捜査で捏造する不文律と言う、合憲、合法根こそぎ破壊、テロを行使して有る現実も」

損保、提携弁護士が「この犯罪事件捜査証拠で、常に合法対人賠償踏み倒しに成功するように、憲法、法律破壊で凶行されて居る、警察、司法、法務省他共謀テロ犯罪です」

合法な、傷害事件で有る事を証明しての、刑事事件捜査を故意に、強制的に行わない闇の不文律、が仕組まれて居るのです「被害者の主治医、治療先への、傷害事件で有る事を証明する、医学的証拠を揃える捜査を、損保、提携弁護士が、傷害事件は無かった、傷害事件と証明出来ていない、と捏造が常、の事件捜査資料、不起訴、軽微な、出鱈目処分記録を提供されて、恐喝を公に実行出来て、成功させられて居る、裁判官、裁判所も、事前の段階から共謀犯で」

極悪非道を超えた「損保、提携弁護士が、公に、詐欺刑事事件捜査証拠を使い、恐喝を常時成功させて居る、絶対に合憲、合法にならない”傷害事件を、違法捜査で抹殺を常時、警察、司法、法務省共謀、闇の権力犯罪”の現実、事実です」

昨年8月11日の、札幌方面東警察署所属、留置管理課勤務、警察官による、意識を飛ばした運転で、トラック後部に激突して来て、乗員が怪我を負った事件でも「この違法捜査と、違法捜査証拠を使った、恐喝が働かれています”怪我が重く、複数現出して居る症状の原因、治療方法を探す検査を、複数の医療機関を受診して、重ねて居たら”加害者警察官、加入任意損保(身元し尿保険金詐欺主導の)は”治療費も含めて、賠償踏み倒しに走りました、受傷原因不明、一週間の加療を要する、この定番詐欺診断書だけで、傷害事件は証明されて居ない、加害者は刑事、民亊とも無責と捏造決定して有るから”」

そもそも「傷害罪の適用が消されており、賠償の必要は無くしてある、違法な刑事事件捜査と言う、警察、司法、法務省他、国家権力テロ、闇の仕組みの踏襲で”この前提を、警察官、損保、提携弁護士を含めた、司法カルト、法務省は、この犯罪を仕組んだ当事者です、事前に結果まで、仕組んで有るから分かる訳です”」

辯護士が、刑事、検事の取り調べに立ち会う「大前提として”刑事、弁護士、検事、裁判官が、ほとんどの刑事訴訟法手続き事件も、理解も何も出来ない現実”で、冤罪創出最大権力弁護士が、取り調べに立ち会う等、事態がよりこんがらかるだけでしょう」

もしかして「多くの弁護士犯罪共犯、実行犯、弁護士を逮捕しない闇の取り決めで、平民だけ逮捕事件で、弁護士犯罪を話されて、拙い事態が多数出て?が理由では無いのか?」

多くの冤罪事件と、多くの弁護士共謀犯罪事件が出ている通りです、弁護士が正義、冤罪に立ち向かう立場だの、法螺以外無いです、先ず必要な事は「各事件を、正しく法を適用させて,正しく刑事罰則の適用証明を果たせるようにさせる、弁護士でっち上げ冤罪を潰すにも、これが必須です」

事件毎の理解、これが見事に欠落、犯罪かどうかから分からない現実、これが根本

  • 2021/07/04 06:39

札幌弁護士会、親権規定法律”も”全く理解も不可能で、幾つもの弁護士用犯罪を捏造、法務省、司法、警察、報道カルト他が共謀して、犯罪が正しいと捏造、の元締め組織が”警察、検事の取り調べに、弁護士を立ち会わせるよう、要は”無知蒙昧さを横に置き、新たなしのぎを作れ”と騒いでいますが、冤罪捏造国家権力の頭です、この連中は、事件を正しく理解から、全く出来ない事が最も問題なのです。

弁護士連中が、親権は神話だ、だの、札幌弁護士会所属、内田弁護士らが、未就学児誘拐に直接組して、親権は神話だだの戯言を吐いたら、道警、検察庁、検事、裁判所、裁判官、法務省、報道カルトがこぞって「正しい”法の無効化論?だ”民法第818,820,821条は間違い、親権は神話で無効な法律規定だと、左の弁護士連中の戯言も、合否判断する頭、資質、知識が欠落して居るから、狂った頭でこの国家権力が、揃ってテロに加担して」

親族と司法、警察による、狂い切ったテロ、未就学児誘拐制度を、親権は神話論?でっち上げを武器とさせ、国中で展開し捲った、発祥は札幌の辯護士、弁護士会、未就学児、親族と司法、警察誘拐で、もっと弁護士が荒稼ぎしたくて「身代金目的、未就学児親族と司法、警察、報道誘拐に格上げを目論み、誘拐実行、共謀する警察、司法、報道が、単なる身代金目的誘拐を、職権悪用で支援、最高裁も」

栃木県益子町在住、土建業を営む祖父母が、娘さんの家、道内の家に押し掛けて来て、下の娘、孫を誘拐、婿を殴り倒して誘拐、最高裁まで刑事裁判が上がって居て「親族と司法、警察、報道他ぐるみ、単なる未就学児誘拐、犯罪を”身代金目的誘拐に格上げさせる為の武器”とするべく”娘の婿の借金を、義父が払った事も有る、未成年者略取誘拐罪は免責、と最高裁が決定した、今後未就学児を、親族に誘拐されても、未成年者略取誘拐で告訴するな!と、最高裁刑事裁判で、狂い切った判決を予定しても有った事件」

私が「種々、元々この犯罪のからくりも、知って居たから、未就学児を誘拐された親権者から頼まれて、ここまで狂った、弁護士用犯罪、未就学児身代金目的誘拐、司法、警察、法務省、報道カルト他テロ犯罪の、闇の犯罪を暴き出して、合法手続きを重ねて、誘拐された子が死にかけて、返されて、未就学児身代金目的誘拐事件を、合法を武器として駆使して、潰しました、この、カルト司法犯罪でも分かる通り」

辯護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、報道カルト、法務省役人は「合法と犯罪を、正しく判別も出来ない、オカルト国家権力なのです、常識から欠落し切って居る、オウムがまだましと言える、カルトテロ国家権力です」

最大の問題は「事件を正しく把握、理解出来る資質、知識、判断力から、警察官、法曹資格者、法務省役人連中他が、全く備えていない現実、これが最大の問題です、無知無能な警察、司法、法務省、報道カルトが、犯罪合法制度と、冤罪捏造で強制投獄を、国中で凶行しているのだから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591077
ユニークアクセス:4767004
今日
ページビュー:1999
ユニークアクセス:1979
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed