エントリー

2021年07月16日の記事は以下のとおりです。

これが違法捜査の理由、結果

  • 2021/07/16 12:06

@金融庁長官、札幌方面東警察署担当課、伝えて有る複合犯罪、損保、提携弁護士が、刑事、民事事件の違法指揮を執り、合法の破壊を武器とさせ、傷害事件被害賠償踏み倒し、人身交通事故、個人賠償適用傷害事件、追加証拠等を送ります、損保、提携弁護士に、犯罪行使特権は有りません

                                  令和3年7月16日

                 傷害事件被害当事者、記載等不当犯罪被害も受けて居る者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-784-5504

〒100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1
          中央合同庁舎第7号館
永見野良三金融庁長官、金融サービス利用相談窓口
TEL03-5251-6811

〒065-0061 札幌市東区北16条東1丁目3-15
札幌方面東警察署署長、刑事一課強行犯山田、刑事二課横田警部補、交通二課
TEL011-704-0110

xx海上xx札幌損害サービス4課、xxxx課長課長他
TEL011-271-xxxx
FAX011-271-xxxx
xx・xx法律事務所
TEL011-271-xxxx
FAX011-271-xxxx
上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局
TEL03-3580-4111
FAX03-3592-7393
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室、上中担当
TEL03-5253-8586
FAX03-5253-1638
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357

1,金融庁長官、札幌方面東警察署、担当各課、別紙の通り、昨年8月11日発生、東署留置管理課勤務、山xx一警察官が、意識を飛ばして私が運転するトラック後部に突っ込み、私が重い怪我を負ったが「違法事件捜査を武器とさせ、傷害事件抹殺、刑事、民亊無責と捏造で逃がして、合法補償、賠償潰し等に走られて居る、複合権力犯罪事件で”違法を重ねての、後遺症認定却下決定に、法に沿った証拠も添え、異議申し立てを出しました”自賠法違反、保険業法違反、個人情報保護法違反を凶行して、合法賠償潰しを謀った事から、証拠を添えた異議申し立てです、国の補償事業、公共性を大前提と謳って居る損害保険事業ですが、重大な法の蹂躙、犯罪が行われて居るのが実際です、東署刑事二課、札幌検察庁、金融庁、国交省”私に賠償金詐欺の嫌疑も、言い掛かりで科しに走っての悪事です”きちんと捜査、監督権限による調査、事実立証、法による処断、処分を求める」

2,今年3月29日発生、高温焼却炉転倒による、人身受傷事件に関して、加害責任者が加入している自動車保険特約、個人賠償特約適用と、該当損保xx海上xxが、弁護士法違反で、被保険者に、実際はxxが指揮を執る、弁護士白紙委任を要求、被害者を、言い掛かりで訴える為を前提として、弁護士の白紙委任状を被保険者に送り付けて来た、刑事、民亊共「刑事訴訟法手続き、捜査方法、加害者有責、無責決定等から、xxが指揮する提携弁護士が、全決定権を持つゆえの指揮、個人賠償支払いを受けたいなら、被保険者は、弁護士ダミー委任、弁護士の指揮実権は、xxが持つ委任に応じろ、保険業法他法律規定、保険約款規定を適用しない、これを飲め、と要求等している事件は」

※金融庁、xx海上xx本社に「これら法を犯す要求を、文書に記載させて、被保険者、傷害事件加害責任者宛に送らせる事”保険業法、保険約款規定も蹂躙宣言まで出して居て、保険業法、約款規定破壊で暴走し続けて居る、金融庁が、故意に監督権を放棄して、法お犯す所業に手を貸しても、と言う事でしょうか”」

3、直接被害者の私は「東海伴担当が、私に通告した通り”私と東海は、一切何の関係も無い”よって、二度と東海から、言い掛かりを付けて来る事も無い、何かの調査等(個人賠償適用関係等)も一切不要、伴担当が通告した通り、東海と私は、何の関係も有りません”」

4、この現実の中で、傷害事件加害責任者、xx被保険者、傷害事件容疑で捜査を受けて居る立場の被保険者から電話が来て、本日xxx担当は「傷害事件加害責任の有無から、被保険者が”被保険者の意思は無関係で、傷害事件刑事、民亊決定権を、捜査機関、司法を超えて持つ、東海提携弁護士を委任して、争え、これに応じないなら、法と約款規定では無く、個人賠償保険金支払いせぬ、加害責任者が責任を認めて、被害者と示談して、賠償責任を果たしても、法と約款規定は関係無しで、被保険者に保険金支払いはしない、全て提携弁護士が決定する、応じろ」と要求を重ねて来た、との事です、これを要求する文書は、違法故出せず、被保険者の意思で、東海指揮弁護士を委任して、指揮権を東海に委ねたとさせろ、との要求です、金融庁、法務省、検察庁も、恒常的加担が有る故では?

5、xx、提携弁護士(違法な白紙弁護士委任要求)昨年8月11日の人身交通事故事件受傷で「複数の、重い障害が、主治医によって証明されています”今年3月29日の傷害事件の遠因の大きな物、所謂素因の競合論?で持ち出す、他の傷害事件被害受傷の残存、この事で、素因の競合原因傷害加害者も、次の傷害事件被害、加害責任も持つ”素因の競合の証明です、伴担当が言い張る”今年3月29日の傷害事件の責任は、他者にも有る筈だ”この言い分の、一部証明です、昨年8月11日傷害事件加害者、山xx一氏相手に、この素因の競合、加害責任一部を負わせる戦い、訴え、今までは、東海、提携弁護士による、言い掛かり、脅し行為だったが、一定素因の競合も証明出来た以上、この素因の競合で争う事も、当然実行しますよね、私が出来る範囲で、協力が出来て、正しく協力を求められれば、協力も考えます、違法な刑事事件捜査が、諸悪の根本原因ですよね」

熱海で起きて居る、違法投棄、堆積物崩落事件原因と、小樽の事件とは

  • 2021/07/16 07:34

熱海市で起きて居る「大規模に、水路である渓を中心としての、産廃等投棄、廃棄物混入土砂の投棄、積み上げが原因での、大規模崩落、山津波発生による、多数の死傷者を生み出して、家屋等被害も甚大となっている事件構図はほぼ、小樽で起きて居る、農水省、道庁犯罪、国有農地、私有地に、違法と承知で廃棄物等と、廃棄物混入土砂を大量搬入させて、違法投棄、違法な急坂国道造成、あの行政犯罪と、構図は基本同じです」

小樽市で起きて居る犯罪では「道庁は”産廃等は見当たらず”と、表面も投棄したコンクリート、他廃棄物で埋めて有る、目視でも分かる現実を、この偽造公文書発行で、全ての責任逃れを果たそうと、暴走して居ます”」

当社は「小樽市幸2丁目18-39民有宅地に、長年違法投棄されて来て居る、多くの産廃、一廃、混入土砂の撤去を、主犯である農水省、道庁責任で果たさせる、これを軸として請け負って居ます、産廃等は見当たらず、違法は一切無い、道庁公文書が有りますから」

札幌市環境局、石狩振興局環境生活課、環境省北海道地方環境事務所等に「警察も交えて、一同に介して”この、自然素材土砂を、小樽から札幌に運び入れて、堆積する為の、合法行為との確認の為の公式協議も求めて有ります、が”」

この連中、廃棄物の違法移動、投棄だと騒いでいます、道庁発行公文書、産廃等は見当たらずも有るし、知事、道議会、道庁は「一廃が見える、撤去せよ指導は蹴り続け、小樽市所管法律での指導拒否、に、違法な国道造成は認められない、撤去せよ、との、開発局、道庁農道整備、道道工事課等からの求めも拒絶して居ます」

これ等事実で分かるように「小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地で起きて居る、廃棄物混入土砂長期に渡って大量投棄、違法な急坂国道造成は、全て農水省、北海道庁犯罪なのです、熱海市の事件以上に極悪な、農水省,北海道庁犯罪なのです、知事、道議会、実行部署、役人、実行犯が公開で手を汚して、責任逃れに走っている、権力犯罪です」

司法、行政、政治、警察、報道カルト、法律家?所謂口だけの専門家、誰も実務で役立ちません、無能な権力集団です。

重量物転倒による、傷害事件の捜査

  • 2021/07/16 07:18

重量物が転倒して、下敷きになり、奇跡的に死ななかった傷害事件、刑事一課強行犯の、事件捜査は、通常の傷害事件で、緊急性が無さそうな事件、と言う扱いで?進んでいるようです。

事件からもう3カ月半経過して居ますが「捜査破綻緒に付いたばかり?事件の裏付け捜査も進めている、ようです、責任の所在の証明も必要と言う、正しい事件捜査です」

翻って見れば「人を死傷させた事件で、人身交通事故事件、労働災害事件もですが、の場合”まあ、呆れ果てるだけ適当、短期間で、正しく傷害、傷害致死事件と立証もせず”刑事事件捜査を終えて居ます」

傷害事件、傷害致死事件で有る事を、主治医等への捜査で、医学的にも立証する等、ほぼしませんしね「傷害事件、傷害致死事件と証明しない、出鱈目な刑事事件捜査が常で、他の必須事実証明も、ほぼされない、出鱈目捜査が常として有ります、理由は」

対人賠償、補償を、正しい事実、立証を持ち、果たす事を潰す目論見、これです、被害者への、合法な傷害事件被害を証明した上での、合法に沿った賠償、補償を潰す、これを成功させるには「正しく傷害事件立証しない事、と言う闇のからくりが有ると言う、傷害事件だと、刑事事件捜査で正しく証明せず、送致して、検事、裁判官、弁護士連中もほくそえみ、これだけを通して居る、弁護士用犯罪、合法賠償常時踏み倒せる、恐喝賠償が常時成功して居る、こう言うからくりです」

人身交通事故事件、労働者が死傷した、労働災害人身事件、個人賠償が適用となる、傷害事件は「保険金支払い責任を負った者、保険事業者等が、対人加害責任を負った結果、賠償、補償金支払い(自賠責、労災保険補償もl含めて)を、合法支払いせず逃げられるように、傷害事件と立証せず、出鱈目捜査で常に終えて有る、これを賠償、補償踏み倒しの武器とさせて有る訳です」

傷害事件の初動段階から、被保険者の賠償債務支払い責任を負う損保、提携弁護士は

  • 2021/07/16 06:56

傷害事件が起きた、初動段階から、加害責任者が負う、傷害事件加害賠償金支払い責任を負う損保、共済、提携弁護士は「個人賠償が適用となる、人身交通事故寺家に害の傷害、傷害致死罪事件でも”合法賠償を潰す目論見で、事件の初動段階から”被害者相手も含めて、刑事事件、傷害事件を抹殺する、傷害事件加害責任者の責任を抹殺する、この目論見で、打って出ても来ています」

損保が合法賠償をせず、逃げられるようにが目論見でです、この目論見を成功させるべく「傷害事件が起きて、加害行為者が負う、人的加害責任が原因の賠償金支払いを”傷害事件自体を抹殺する違法捜査、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、ここは刑事、民亊共事前に、傷害事件の立証をさせない手で事件捜査を終わらせて、刑事、民亊共無責で常時通して居る、こう仕組んで有る、損保が指揮しての、弁護士会、最高裁他裁判所、検察庁、法務省が共謀しての、事前権力犯罪に拠って居ます、赤本交通事故受傷診断、賠償論が唯一絶対、あれに沿って有る訳です」

この黒いからくりは「事件発生後二週間位までに、傷害事件は証明されて居ない、これを前提とさせた、刑事事件捜査、捜査終了、送致実施が、最大の武器で使われる前提とされています、刑事訴訟法手続きで”傷害事件は証明されて居ない”この手を、常時成功させて有るから”打撲一カ月”赤本治療、賠償期間でっち上げ規程も正しいと、詐欺で常時決定する為の期間です」

合法な、人的被害による損害の賠償は「不要と言うからくりを、闇で作り、常時成功させて有るのです、最終的には”民事事件裁判官、裁判所が、損保、提携弁護士の指揮下で”捏造が常の、刑事事件捜査記録、加害者実質無責決定を、絶対の武器で常時使ってです」

実に規模が大きい、権力集団犯罪ですが「手口がまあ、時代錯誤を超え過ぎた古さと来ています”損保の下僕の日弁連、弁護士、の下僕の、最高裁、東京地裁民事27部、裁判官、検察庁、検事、警察庁(無知無能過ぎて、自分達では何も分かった気にもなれない)が、この一連の犯罪の根拠”とさせて有るのは」

上記が共謀して、捏造して有る、赤本人身交通事故受傷毎の治療、賠償期間、これが絶対と、医師法も医学も無効化させて、常時決定して通して有る「医学的証拠?を常時正しいと決定、判決、が根拠です”これと、主治医、医療機関への捜査を故意にせず、傷害事件と立証を、常時していない詐欺捜査”を組み合わせて有る訳です」

自動車運転処罰法で、車による傷害事件の捜査、立件を行って、刑事裁判を行って居る事件記録も見るべきです、どれだけ出鱈目かが、正しい基礎知識を持って居れば、良く分かる筈です。

刑事事件捜査への介入、損保、提携弁護士の通常

  • 2021/07/16 06:30

人身交通事故事件、被保険者、損保、共済加入者である、加入者側である、被保険者、傷害事件行為加害者を「実際は損保、共済と提携弁護士が共謀しており、被保険者、加害者はダミー!の、損保の提携弁護士委任者、この構図で”車で人に危害を加えても、被害者は人的被害を受ける事は無い!”と、違法な刑事事件捜査の制度?が、闇で仕組まれていると、損保、提携弁護士は、熟知して居るから、傷害事件は証明されて居ない、被害者なる者は、車で人体に危害を加えられたことで、怪我を負った(死亡した)との嘘を吐き、賠償金詐欺を働いて居るんだ、こう、常に恐喝に走れています」

車で人体に危害を加えても、被害者は人体に被害を受ける事は無いと「違法な刑事事件捜査を闇で仕組んで有り、常にこれで送致、実質刑事、民事責任は無い!と、刑事事件詐欺捜査で捏造して通して有るから、損保、提携弁護士、民事事件を扱う裁判官、裁判所は”合法賠償を、叩き潰し放題出来ています”何しろ」

車が原因の、人的加害行為は「違法な刑事事件捜査、傷害事件を故意に証明しない”と言う、絶対的武器が有り”起きた証拠の医療証拠は常に無し”と、捏造捜査で常時通して有るのだから」

この大前提が、国中で起きる、起きた人身交通事故事件の刑事捜査で、常時通されて居る訳ですから「損保、提携弁護士、交通事件担当検察庁交通部、検事、裁判所刑事、民亊部、担当裁判官、弁護士会、弁護士は”証明されて居ない、車による人の体への危害行為”なので」

刑事事件捜査段階から「起きて居ない傷害事件、加害者は無責で決定と決めて有る、よって損保、提携弁護士も、人的被害賠償は不要である、事前設定が武器で、刑事事件捜査段階から、被保険者、傷害事件加害者は無責、人的賠償は不要だ、と打って出られて居る訳です」

上級国民さんの、池袋車暴走、二名死去、怪我人数人発生事件も「自動車運転処罰法で扱われた事件です”交通二課が傷害致死事件の捜査主体”あの事件の捜査記録も、どうなのでしょうね?賠償論が前提、車で人に危害を加えても、人は死傷しない、でっち上げで公事件捜査捏造込み”の捜査、は?行われて居ないんでしょうか?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591045
ユニークアクセス:4766973
今日
ページビュー:1967
ユニークアクセス:1948
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed