エントリー

2021年07月15日の記事は以下のとおりです。

常識段階から論外、司法犯罪

  • 2021/07/15 15:24

常識も全く備えていない、弁護士、検事、裁判官カルト集団の実態、弁護士会がでっち上げただけ、の、赤本人身交通事故受傷の治療、賠償、補償期間、医学を破壊させた、この詐欺司法診断が唯一絶対と、人身交通事故事件が起きると、被害者の受傷の”診断、司法強制犯罪診断のみが、強制適用されて、押し通されています”医師もこの司法犯罪に、司法、警察が損保、共済の下僕に堕ち切っており、逆らうと医療費踏み倒し、言い掛かりで賠償詐欺に落とされる、司法、警察テロも仕組まれて有り、従わされています。

当たり前ですが、こんな司法がでっち上げただけ、の犯罪受傷治療打ち切り期間で、怪我が治癒する訳が有りませんし、初めから「きちんと、車に人体に危害を加えられて、怪我を負った事の検査、検査と自覚症状を持った診断、治療、一定治癒するまでの期間を割り出す等は、故意に果たされて居ませんから」

車で負わされた、長期間かかる怪我の治療や、神経症状、体の機能喪失等被害は、強制泣き寝入りを決められて、加害を消され、逃がされてお終いとされています。

この司法、警察テロ、犯罪を、常時合法と偽り、成功させる黒い目論見の為に、赤本なる代物で、交通事故受傷毎の、治療期間でっち上げ、これ以外認めない、司法犯罪を行って有り、交通事故が原因で、どう言う怪我を、実際負ったか、強制的に、刑事事件捜査で抹殺して有るのです「傷害事件は証明しておらず、無い事件であると、常時捏造して送致、司法が決定、判決を重ねて来て有ります」

これ等事実は、人身交通事故事件の捜査記録、立証?していない事実が分かる記録と、こんな詐欺捜査で司法が刑事訴訟法で扱って、出鱈目決定、判決を常時下して居る、判決、決定を見れば、一目瞭然です。

こんな司法でっち上げ診断で、現実に車で負わされた怪我は、治療を終えられる訳も有りませんし、元通りの体に戻る事も有りません、こいつらテロ集団の狙いは、損保が合法賠償を潰す事、この犯罪で浮かせられた金を、損保、提携弁護士、天下り国家権力等で山分けする、これが目論見の全てですから、被害者等怪我が治らず、自殺でもすれば良い、これしか考えて居ないんです、或いは「冤罪で粛清して潰すか、テロ国家権力の、これが真実です」

小樽で起きている行政犯罪は

  • 2021/07/15 10:10

@熱海市で起きた”違法堆積、廃棄物混入土砂大量流出、山津波発生による、死傷者発生、住宅等崩壊、人災による大規模災害事件”に付いて、静岡県知事は、この土石流発生原因解明と、行為許可を出した、違法に付いて指導した経緯等に付いて、隠さず事実解明して、発表する、との事です、小樽市幸2丁目18-44国有農地、18-39民有宅地で起きている、同様の農水、道庁犯罪責任は、虚偽公文書一枚発行で逃げる気ですか

                                  令和3年7月15日

赤羽一嘉国土交通大臣、公共事業企画調整課、高原他担当
TEL03-5253-8111(24-523)
FAX03-5253-1551

               上記民有地地権者、行政犯罪被害者から委任を受けて居る会社
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-784-5504

農林水産省国有農地管理課本間、農地政策課成山課長補佐
TEL03-3502-6445
FAX03-3592-6248
鈴木道知事、道議会、環境生活、農務国有地管理、農道整備、道路課
FAX011-241-8181
FAX011-232-1156 環境生活
秋元札幌市長、市議会、総務部法制課、会計課、道路工事課、宅地課
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 環境局清水部長他
迫小樽市長、市議会、塵減量森、都市計画水上
FAX0134-32-5032 記載先配布
仲村裕之衆議院議員小樽事務所、河仁担当
TEL0134-21-5770
FAX0134-21-5771
環境省北海道地方環境事務所、資源循環課板倉課長補佐他
FAX011-736ー1234
道労働局、労基、中央労基音頭副所長経由、小樽労基へも
FAX011-737-1211
小島裕史道警本部長、生活経済
TEL、FAX011-251-0110
北海道新聞小樽市局、記者各位
TEL0134-22-6171
FAX0134-33-0726

1,熱海市で起きた(バックに大東建託、元監査役弁護士他がと)廃棄物、廃棄物混入土砂大量投棄、積み上げが原因での、巨大規模土砂崩れ事件で、静岡県知事は「この大惨事、人災が起きた”土木工学関係の”原因解明と、この行為許可を出した、違法と指摘されて、行政指導を行っては居たらしい、過去の各役所、部署の対応等に付いて、役所の責任も含めて、全てをつまびらかにして行く、等、報道発表して居ます」

2,この事実を踏まえて記載先、小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地への、長期に渡る”道庁公文書だと、産廃等混入無し、自然素材で違法な急坂国道造成、農水、道庁が、民間に行わせて来た”この行政犯罪に関して、次の法律問題に、記載先は公式法を持った協議を無し、法を持った、公文書による回答を各々、18-39民有地地権者の代理、当社に対し、今月中に果たす事を求める。

(1)国土交通省、鈴木知事、道議会、小樽市長、小樽市議会”この、廃棄物混入土砂の大量違法投棄、違法な急坂国道造成に付いて”民有地違法侵奪、廃棄物混入土砂法投棄分を先ず、農水省、道庁は、何処の行政機関の、どの部署に、この廃棄物混入土砂、長期間に渡って大量投棄、違法な国道拡幅土木工事実施を、法に沿って申請を出し、申請が認められて(民有地幅何メートルまで違法侵奪申請、違法な国道造成に、法を持って許可出しされたかも、正しく記載の事)続けられて来たのか、公文書で回答せよ。

(2)当社が請け負って居る、小樽市幸2丁目18-39民有宅地への(へも、が正しいですが)産廃、一廃混入土砂を、長期に渡って大量投棄、違法な国道拡幅を、知って認めて来て居る農水省、道知事、道議会、小樽市長、市議会、関係部署は、何の法律に拠り、産廃、一廃混入土砂長期間、大量投棄、違法な国道拡幅許可を申請、許可出ししたのか、工事目的申請書、工事許可証写しも添えて、公文書回答する事を求める。

(3)国交省、環境省に回答を求める、農水省、道知事、道議会らは「産廃、一廃、これ等混入土木掘削土砂等で”国道下地造成して合法”と、上記実例も持ち、強弁して居ます、この実例、違法な国道造成共々、廃棄物、掘削土砂(廃棄物混入)で国道造成が合法と言う、国道造成基準も示した、国道、公道造成工事基準証拠も添えた、公文書発行を求める”現実の実例に沿っての、公式回答の求めです」

(4)秋元市長、市議会、環境局、環境省道地方環境事務所、道知事、道議会、環境生活、道警本部「小樽市で起きている環境犯罪で”目視でも、産廃、一廃が見えて居る現実を糊塗すべく”道庁、知事らは、産廃等は見えず、この所業に違法は無し、と、捏造公文書を出して、責任逃れを通して居ます、承知の通り”この事実も合わせて、18-39民有地に投棄されてある、この自然素材土砂?を、年内に札幌に搬入、堆積します、埋設されて居る、土砂以外の回収物も、事前に各先に持ち込み、事実を伝えて有る訳です、廃掃法違反は一切無し、記載先各書も確認済み人工物は、全て廃棄物にあらず、熱海で埋まって居た物品とも共通だが、廃棄物非該当物、回答済みの答えを得て有る訳ですが、熱海の件が出ており、廃棄物と言いがかられる危険が大きいので、道庁公文書回答が合法、廃棄物は無しとの公文書を、各々機関毎に、記載先同士で相互に”合法と”確認し、当社に公文書回答するよう求める」

(5)労働局、労基「小樽市幸2丁目18-39民有地に”土地所有者は、違法投棄された”と訴えて居る、上記廃棄物混入土砂を、実行犯、主犯の同知事、道議会、道庁犯罪主犯部署は、18-44国有農地に、私有地地権者の費用全額負担で掘削、積み上げしろ!と命じています、だ規模崩落が起きる強い危険性、も承知で、この数字災害発生を惹き起こす、危険な土木工事実施命令を出して居ます、大規模崩落が起きれば重機オペレーター、土木作業員も巻き込まれるのですが、人死にを出そうがやれ、道庁は金も出さぬし、何の行為者、管理責任者、各法律所管権限者責任も負わない、こう嘯き、人命と個人財産(崩落が起きる危険が有る土地建物、重機等)を逸失させようとしています”労働者も、この殺人工事、農水、道庁犯罪の処理目的、土木工事に従事します、当然ですが、安全対策など取れる訳が有りません、農水、道庁が、労働者を死守させる、個人財産の破壊を引き起こさせるテロ行為強要に付いて、法を持った合法根拠、災害が起きて、労働者が必然で死傷した後からの、当社の責任無しを、農水、道庁に確認も行い、公文書で回答せよ」

医師法の強制無効化、医師が正しい訳でも無いけれど

  • 2021/07/15 07:22

人身交通事故事件ではっきりして居る「医師法破壊、日弁連指揮、赤本ででっち上げて有る、人身交通事故受傷被害者の怪我に付いて”医師法破壊で、日弁連監修?赤本に書いて有る”人身交通事故受傷の治療、賠償、補償期間を、警察、法務省、司法は、闇で絶対の、人身交通事故受傷治療期間の、絶対の診断根拠だと、医学、医師法等理解も出来ない頭だから、法曹資格者、司法権力は」

こう言う闇のからくりを、絶対の「人身交通事故受傷患者用の”正しい?治療期間の診断規程だと”司法が常時でっち上げで決めて、成功させて有る、医師の多くも、医者で有りながら、先に立って踏襲した、出鱈目診断を日常で付けていますし」

この、司法犯罪診断絶対、闇規程を常時成功させる為に「人身交通事故が起きたらすぐ”実際の怪我の程度等が、正しく証明されない、事故当時に、事実無視で、受傷原因は、主治医は見ていないらか不明、医学的に正しい根拠は無いが、一週間の加療を要する”この、闇で決めて有る、出鱈目人身交通事故受傷用診断だけを用いて」

事故から二週間前後で、刑事事件傷害罪捜査?を、正しく医学的証拠を揃える、等捜査を故意にしない前提の、交通二課が、検察、刑事裁判扱い裁判所部署と共謀してですが「上記出鱈目診断書だけで”事実として、車で人に危害を加えた事件だが、被害者は怪我を負ったとの、医学的証拠も無いから”傷害罪は無責であると、あらかじめのでっち上げ設定通り、常時刑事事件詐欺扱いを成功させて有るのです、これで赤本人身交通事故治療、賠償期間が、常に正しいと捏造出来ています」

損保裏マニュアル、交通事故の調査、照会の留意点に記載されて居る「交通事故で負った怪我の、予後の経過は、事故後3カ月を超えなければ、正しい受傷等は分からないが、そんなに賠償して居られない、だから”社会的な正しい行為として、交通事故受傷被害者の治療、賠償を(赤本基準で)打ち切れば良い”この記載でも、実際の交通事故での受傷で、重い怪我の実際は、事故後どの程度の期間で現出して来て、自覚症状で表れて、自覚症状による検査を経て、事故で負った怪我による、様々な症状が証明される、この事も、現実通りと証明されています」

そもそも「整形外科だけの受診、治療では”頚椎、腰椎等の変形、損傷、それによる神経への影響、他神経症状、視神経、目への重大なダメージ等は分かりません”時間の経過で出てくる、様々な自覚症状を持ち、必要な診療科での、必要な検査、治療が必要と言うのが実際です」

赤本犯罪診断を、闇で絶対と偽り、通して有る、法を犯した刑事事件詐欺捜査を武器とさせて、極悪極まって居ますね、警察、法務省、司法、裏で指揮して居るのは損保と言う、提携弁護士を動かして、賠償踏み倒しを常に果たす為の、ここまでの権力犯罪を仕組んで有ると言う。

無い思考、判断能力、必要知識は、発揮出来る訳が無いのは当たり前

  • 2021/07/15 06:51

日弁連、弁護士連中、最高裁以下裁判所、東京、大阪地裁民事27部等裁判官、高検、検察庁上、警察庁上が集い「日弁連監修?赤本の内容を、次はどうするか等、協議を行って、人身交通事故事件詐欺捜査、傷害事件である証拠の根本、被害者が受診、検査、治療して居る主治医、医療機関への、医療証拠を揃える、傷害事件の捜査で必須で当たり前の、この捜査を故意にせず、傷害事件を刑事事件で消し続けさせてある、を続行」

この根本司法、警察犯罪を武器とさせた、日弁連赤本人身交通事故受傷「医師法破壊、司法でっち上げ診断、打撲一カ月、むち打ち三カ月、骨折六カ月、各々一カ月治療、賠償、補償期間延長、これが絶対の”人身交通事故受傷被害者の、医学的?治療、賠償、補償期間だ”この期間を超えた、人身交通事故受傷被害者への、交通事故受傷の治療、賠償、補償は犯罪と強制捏造して、犯罪でも扱う事も闇で決めて有り、この治療、賠償、補償期間以外、絶対に、警察、法務省、司法が認めない闇の制度が絶対とされて居る」

こう、実際闇ででっち上げで決めて有り「この警察、法務省、司法ら犯罪、仕切って居るのは日弁連、弁護士連中”警察官、検事、裁判官の頭では、この闇のからくりが、何の法律を犯して、犯罪が凶行されるから成功させられてあるか”等、何も理解も出来ないので、弁護士に縋って、従って居ると言う」

この、真っ黒い警察、司法、法務省テロ、犯罪「人身交通事故での受傷の治療、賠償、補償期間を、医師法から破壊させて”日弁連が闇で仕切り、捏造して”刑事事件捜査捏造、捏造捜査で送致、詐欺刑事事件司法扱いで、常時正しい医学的治療期間、治療打ち切り期間だ”と、犯罪で刑事訴訟法事件の扱いを、常に凶行、成功に持ちこんで有る、真っ黒い国家権力犯罪、赤本ででっち上げた人身交通事故受傷毎の治療、賠償、補償期間が唯一正しい医学的根拠だと、司法他で常時強制でっち上げ、成立には」

傷害事件である事を、被害者の治療先への公式捜査実施を果たして、医学的に、傷害事件の立証、証拠の取り揃えを、刑事事件手続きで果たす訳に行かないんです「赤本診断と、被害者の主治医の診断、検査結果と”刑事事件裁判で先ず、真っ向対決”からを実施は、司法、法務省、警察が破滅するので拙い訳です、赤本診断に、医学的根拠、医師法に合致は無いから」

人身交通事故事件、警察の捜査記録、傷害事件である事の証拠の有無も含めて「特に加害者、被害者は”当時者の権利です、調べるべきですよ”合法な傷害事件立証は、故意になされて居ない、この詐欺事件捜査で、違法送致が常、加害者には傷害罪責任は無い、傷害罪被害者は存在して居ない、こう捏造されて有ります、まともな知識を持ってりゃ、刑事事件捜査記録、刑事訴訟法手続き記録で分かる事です」

普段から思考力、必要知識、判断能力等が備わって居ない、権力の一員気取りの輩は

  • 2021/07/15 06:29

まだ7月ですが、道内で起きた、羆による人身被害事件の、被害者の人数は、9人に上って居るとか、今年一年だけで、一体何人羆の犠牲になるのか、何人も死人も出て、人が食料にもされていますが、羆愛好?の連中等からの「羆が住んでいた北海道に、和人が侵略したのが悪い、羆は悪くない(人間が食い殺されても、自分達には関係ない、と言う思考)と、抗議されるのが嫌、正しく反論する何物も持ち合わせていない故、まともな思考力、判断力も何も、根こそぎ欠落した、対応すべき側、公権力集団故、実効性を持った対応策も何も、全く取る事も出来ないままです」

道庁、道警等の上が集い、対策を協議して?出した答えが「羆出没情報を、広く持ち合いましょう( ´艸`)と言う、冗談以下の結果が公開されています」

普段から、何の事件、事案に対しての、出来る限り正しい、実効性を持った対応策を取る事から逃げ回るばかり、それで責任逃れ出来て来たので、何の能力も持って居ないから、実効性を持った、人命を守る対応策等、出せる訳がそもそも有りません。

この「対策会議メンバー?も”羆を守れ、道民が羆の餌食になろうとも、羆愛好団体、報道カルト等から、人を襲った羆は悪くない、羆の生息地に侵略した、和人が悪いんだ”この、まともさの欠片も無い”抗議?”に”人命が第一、人を襲った羆は、次の犠牲者を出す前に駆除が必須”と、当たり前をぶつける頭もない輩ばかりと言う事です」

普段から、なにも正しく思考せず、正しい現実対応も、出来る知識も資質も判断力も備えておらず、周りが「高い見識、必要知識、判断力全てを備えた、立場に相応しい権威者と、事実無視で”担いで、事実と偽って、本人も付け上がらせて来ている”から、こう言った現実への正しい対応など、出来る訳が無くて当たり前です、無い能力、知識、判断力は、発揮出来る訳が無い、常識以前ですから」

先日の、東区に出没した羆の事件、義理の身内のすぐそばにも出没、地下鉄駅側で、札幌の街中にも出没しました、私の自宅も、さほど離れて居ないし、高級住宅街と、昔から言われて来た自宅も近いと言う、、。

昔から高級住宅街、と言われて来た、丸山、宮森、山の手等も「定山渓から山、森が続いていて、森が切れた側です、羆出没が普通っぽくなっている地域です、羆駆除を早急に決めて、大規模に実施しなければ、札幌中心街に羆が出没して、大惨事に陥る日も、でしょうね、東区の事件、たまたまあの程度で済んだだけですし」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591212
ユニークアクセス:4767135
今日
ページビュー:2134
ユニークアクセス:2110
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed