エントリー

2021年07月29日の記事は以下のとおりです。

次々損保、司法犯罪が

  • 2021/07/29 15:22

@今年3月29日に起きた、重量物転倒による、人が下敷きになり、年単位の重傷を負った事件で、加害責任者が被保険者資格を持ち、日常生活賠償から、負った賠償債務金が支払われるが”該当損保、提携弁護士は、言い掛かりで被害者、捜査機関相手に、被保険者の責任で、理由無く無罪、無責を主張させて、実際は損保、提携弁護士の独善で”戦う、弁護士特約適用強制条件に関して、被保険者は、自分の意思では無い弁護士委任他を、白紙委任状に書き加え、署名押印して、提携弁護士に返送します、最近弁護士費用拠出特約を加えた、共済、通販損保は”同様の言い掛他犯罪行為で、弁護士費用は出さず、他答えて居ます

                                  令和3年7月30日

              本件伝達他を、加害当事者から委任された、本件傷害事件被害者
                〒007-xxxxxxxxxxxxx
                                       xxxx
                            携帯080-
                            FAX011-xxxxxxxx

〒100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1
          中央合同庁舎第7号館
永見野良三金融庁長官 御中、金融サービス利用相談室
TEL03-5251-6811
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室、上中担当
TEL03-5253-8111
FAX03-5253-1638 訴訟詐欺も自賠事業ぐるみ
〒065-0061 札幌市東区北16条東1丁目3-15
札幌方面東警察署署長、刑事一課強行犯山田警部補、刑事二課、交通二課
TEL011-704-0110

上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、司法法制部黒山他担当
TEL03-3580-4111 遺産泥棒、法に拠らず合法も、弁護士委任状
FAX03-3592-7393 偽造で詐欺訴訟、犯罪合法判決でしたね
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子札幌地検検事正
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
xx海上xx火災札幌損害サービス4課、xxxx課長
TEL011-350-xxxx
FAX011-271-xxxx
三井住友火災海上札幌第3サービスセンター、林所長窓口
TEL011-213-3322
FAX011-231-8974
あいおいニッセイ同和損保、鈴木担当窓口
TEL011-728-1318
FAX011-728-1658
xx・xx法律事務所
TEL011-271-xxxx
FAX011-271-xxxx

1,今年3月29日に起きた、重量物転倒による、人が下敷き、年単位の重傷を負い、所有者、傷害事件加害責任者は、加入して居るxx海上xx、任意自動車保険の特約、日常生活賠償適用と、保険金支払い責任を認めた事で、弁護士特約も適用と、xxは認めていますが「加害者過失10割、刑事、民事共、加害責任者も認めるこの事実を持ち、加害責任者は、刑事、民事とも無罪、無責と、言い掛かりで刑事、民事共、当事者権限ゼロを条件で、xxの提携弁護士を白紙委任しろ、これが弁護士特約で費用を拠出する条件で、日常生活賠償での、保険金支払いを認めた上で、言い掛かりで保険金支払いを、一切しない、これを、被保険者に強要して居る、伝えて有る通りです」

2、加害責任者は、一部示談も交わして、賠償債務支払いも行い、法による、保険金支払い請求、債務補填による、賠償債権取得での、合法保険金請求も行って居るが、法の順守を拒否で不払い、xxはこれも通している通りです。

3、被保険者は、xxが送って来た、白紙弁護士委任状に「この訴訟委任状での、弁護士委任実施、代理行為には、別紙委任状写し下記記載の通り、事実に沿い、委任者の意思は一切入って居ない弁護士委任、受任辯護士の代理行為、他を追記して、委任状に署名、押印して、xx提携弁護士、違法委任を強要辯護士?に送って有る、との事です、その上で、記載先にこの通知を送って欲しい、と求められた訳です、損保が提携弁護士、裁判官、裁判所と共謀して、日常的に行って居る、違法な弁護士受任、訴訟詐欺の再現証拠です」

4、割と最近、弁護士費用拠出特約を加えた、自動車共済、通販系損保、下記記載先へ、本件「損保、提携弁護士、裁判官、裁判所は”交通事故事件、日常生活賠償適用傷害事件で、加害者責任10割の時、賠償支払い理由無しで拒否と、理由無しで傷害事件刑事、民事責任は無いと、被保険者、加害責任者には、一切権限を与えない条件で、提携弁護士を白紙委任させて、実際は損保、提携弁護士、裁判官、裁判所ぐるみ、詐欺訴訟も提起、受理されて訴訟詐欺が行われて居る、これ等事実を伝えて、弁護士費用拠出特約をどう扱って居るか確認しました、答えは共通でした」

;国民共済、マイカー共済部署、後藤担当、内部に確認しての答え。
TEL0120-80-359
;ソニー損保、福田担当
TEL0120-919-928
;JA自動車共済部署、北札幌坂本担当
TEL011-781-4121

共通の答えー自動車共済、保険の特約、弁護士費用拠出特約は”被保険者、被害者過失0の時、被保険者、無過失被害者に、弁護士費用を300万円まで拠出する特約で有り、共済、損保が、加害者不払いに走られても、出られないので、不当な不払いを防ぐ目的で、弁護士費用を拠出します”被保険者が過失10割なら、言い掛かりで弁護士を就けさせて、共済、損保が仕切り、賠償を言い掛で踏み倒す訴えを提起に、弁護士費用も拠出、は行いません。

5、この調査結果によると「昔から任意自動車保険、自賠とも一括代行を行って来た損保各社が”弁護士会、提携弁護士、裁判所、裁判官と共謀して、被保険者、加害者過失10割なら、一括代行特権で、自賠、任意共不払い(昨年の、警察官加害者とxx火災実例等、言い掛かりで踏み倒して通る)被保険者の意思は一切聞かない条件で、提携弁護士をダミーで委任させ、損保、共済、提携弁護士、裁判所、裁判官が共謀して、言い掛かりで債務は不存在訴訟提起、受理、刑事も無罪で、損保が弁護士費用を拠出して、根拠無し(傷害事件抹殺で送致、刑事記録が武器、記載先にも、事件記録写しで、故意に傷害事件証拠無し、で送致確認を求めて有ります)で、無罪主張で、損保、提携弁護士が、合法賠償踏み倒し目論見で戦って居る”と言う事でしょうね」

訴訟詐欺と事前に、違法な弁護士委任状に追加記載で

  • 2021/07/29 09:19

少なくとも今は「損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所が共謀犯で”虚偽の弁護士委任者の住所、氏名、押印で訴訟代理実施や、委任者の意思を却下、で弁護士委任、これで詐欺代理行為実施”は、元々法律で禁じられて居る、犯罪行為ですが、おおっぴらにこの犯罪代理行為が、法の破壊で公認されて来て居るのが現実で、通せて来た事は、表向き禁止の筈ですが、恒常実行されていますね、未だに」

法律家は「委任者の意思を受けて、合法の範囲で”委任者が求める事案を、受任出来る範囲で受任して”法律行為の代理人活動が出来るので有り、弁護士の委任状、委任、受任が、委任者をダミーとさせた、委任者の法による意思を、全部事前に却下する条件で、白紙で弁護士を委任させて、実際には、損保、提携弁護士、詐欺訴訟と承知で常時受理、訴訟詐欺に狂奔裁判官、裁判所、この一連の司法他犯罪が、日常的に、詐欺犯罪と承知で凶行され、成立させられて居ます」

極悪非道を超えた、司法他が手を汚し捲って居る、訴訟詐欺犯罪事実です、事前に損保が指揮を執る、ダミーの弁護士委任、被保険者にこれを行わせて居る、違法弁護士白紙委任の委任状に「自分はダミーの弁護士委任者、受任辯護士が行う、法律代理行為全ては、委任者となって居る者の意思に拠って居ない、これを違法委任状に、追加で記載して、弁護士に送って、法務省、司法、警察等に通知して置く、これから取る予定の手続きですが、さて、損保、金融庁、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省は、どう対応を取りますやら」

法律規定上「法の範囲で”弁護士を委任する者は、委任した弁護士に、代理行為の方針、行為を支持する権限を持って居ます”法律行為のみの代理行為者、ですから当然ですが、実際には、委任者の法に沿った委任行為の意思は、全部却下を受け入れる事が絶対条件、実際の詐欺訴訟は、損保と提携弁護士、詐欺訴訟と承知で受理、訴訟遂行裁判官が、確信犯で訴訟詐欺を凶行して、犯罪で成功させる以外認めない、が実際と言う、公式実例が作られて、事前予告もして置いて」

定番となって居る、違法な、ダミーが条件での弁護士委任者が条件としてある、訴訟詐欺の提起と、詐欺と承知で受理、詐欺訴訟遂行、犯罪が正しいと、常に法を犯して判決の、事前通告、弁護士委任状にこれ等も記載して、弁護士を白紙委任、どんどん被保険者、賠償債務責任者達も行うべきです。

傷害事件責任も、この一連の犯罪証拠で、免責と出来るしね、傷害事件は証明されて居ない、よって起きて居ない、と捏造を成功させるんです、刑事上も冤罪で通せます。

訴訟詐欺も日常、他者の預金、遺産預金泥棒司法犯罪と同様

  • 2021/07/29 08:21

訴訟詐欺も、日本の法曹権力、法務省、警察などが直接法を犯して共謀行為に走っており、日常の権力犯罪で凶行され、法に背いて正しいと、でっち上げた判決、証拠隠滅と偽造で合法化達成、常なる司法、法務省、警察等ぐるみの権力犯罪事実です。

人身交通事故故受傷を、医学的証拠を故意に揃えない、詐欺事件捜査を闇で仕組んで有り、常時この詐欺捜査で終結、送致、この詐欺捜査記録が絶対の武器で、人身加害、被害は証明されておらず、不存在を、公にでっち上げで作り上げて有るから、対人賠償、補償は詐欺故不要、で常時判決、決定、極悪非道な司法、法務省、警察他犯罪です、違法捜査、犯罪抹殺目的、犯罪証拠隠滅と、犯罪合法捏造証拠作り、これで犯罪こそ正しい、との判決だけ、常時下して通せている。

他者の預金泥棒、遺産となった預金泥棒、司法、警察、法務省、金融機関、監督官庁犯罪も同じく「他者の、遺産となった預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入っている預金を、預金者と偽れて盗めて、窃盗出来た預金は、泥棒が所有権を得たと、金融機関、監督官庁、警察、法曹権力、警察ぐるみで捏造、証拠隠滅、脱税公認で判決、決定を重ねて来て居る」

遺産預金泥棒に至っては「遺産、遺産預金を盗めた都度”調停、裁判等が行われている途中の泥棒でも、遺産目録から、盗みに成功した遺産を、次々、裁判官も共謀犯で、遺産目録偽造で抹殺して、証拠偽造でこの泥棒を消して、成功させて、合法な泥棒で通して有ります”」

犯罪者が法曹資格者、司法機関職員、法務省職員、警察官等、金融機関職員、監督機関職員と言う現実なのです、国税職員も、直接共謀犯です。

人身交通事故事件では、被疑者の傷害加害行為は、刑事事件捜査で、故意に傷害事件である、医学的証拠隠滅、抹殺を常時果たして有るので「刑事、民事共、加害者は冤罪、責任は無くさせて有りますから」

完全な言い掛かりで、被害者を相手取り、被疑者をダミーの弁護士委任者に、権限ゼロ、が条件で仕立てて、仕切るのは債務支払い責任損保、弁護士法他と承知で違法受任辯護士、詐欺訴訟と承知で受理常時裁判官、裁判所の構図で、賠償恐喝、詐欺で踏み倒しが正しいと、あらかじめ判決も組んで有る、訴訟詐欺を、やらせで展開、事前に仕組んで有る判決通り、赤本診断、賠償を軸とさせて判決、訴訟詐欺が成功させられる闇のからくりも、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒司法他判事と、同様の権力犯罪が武器で成功、と言うからくりです。

訴訟詐欺の恒常化、法務省、司法共謀犯罪

  • 2021/07/29 07:38

損保、共済が、傷害事件加害責任を負った、被保険者の賠償債務保険金支払いを、法に背いて踏み倒せるようにと、医師法破壊、赤本人身交通事故受傷診断、賠償期間でっち上げを制度化して、この犯罪診断、犯罪賠償だけを、常時成功させる目論見で、被保険者、傷害事件被疑者を、ダミーの弁護士委任者に、被保険者には、弁護士委任に付いて、権限ゼロ、を強制的に飲ませる条件で、弁護士を、ダミーで白紙委任させて。

実際には、損保、共済が、合法な対人賠償踏み倒し目論見、債務不存在確認訴訟を、白紙委任で受任、弁護士法第27条適用、提携弁護士に、賠償踏み倒し目論見、言い掛かりでの詐欺訴訟を提起させます、仕切るのは全て損保、提携弁護士で。

この詐欺訴訟を受けて居る、裁判官、裁判所も、この訴訟詐欺を、弁護士法違反、民事訴訟法違反等と承知で、国中で行わせて、賠償犯罪踏み倒しを、常に成功させて、確定させて居る法務省も、共謀犯ですから、詐欺訴訟なのは、当然熟知して居ます。

この訴訟詐欺、弁護士を、委任者の権限は一切与えられない条件で、違法な白紙委任を強要されて、応じた被疑者は「自分の意思は、全く無い状況での、詐欺訴訟提起です、裁判官も、当然この一連の犯罪のからくりも何も、知った上で訴訟詐欺を受理して、詐欺訴訟を遂行して」

赤本犯罪診断、賠償論で、常に、合法は無効とさせて、判決を下し続けて居ます、人身交通事故の賠償を、詐欺、恐喝で踏み倒しに成功させて有る、債務不存在確認訴訟の、裁判資料と、証拠で出されて居る、詐欺傷害事件抹殺、刑事捜査記録の写しを検証もすれば、事実と証明出来る事です。

人身交通事故事件被疑者、加害者に、過失10割責任が有るが「事実を、正しい証拠で証明して有れば、完全な言い掛かりで、違法な刑事事件捜査記録が常時捏造で作られる、傷害事件事実証拠抹殺で送致が常、とされて有るから”加害者過失10割は、無い事と捏造されて有るから”被疑者は、被害者に倒する、傷害事件加害責任、賠償責任も、一切無い、この訴訟詐欺も、被疑者はダミーの弁護士委任者、仕切るのは損保と提携弁護士で、裁判官、裁判所も共謀犯、赤本診断、賠償で、常に法に拠らず判決、確定、詐欺、恐喝賠償犯罪訴訟、判決が、常に成功させて有ると言う」

この類の詐欺訴訟の記録、証拠の刑事記録も合わせて検証すれば、事実が正しく証明される代物です、日本の訴訟の多くは、詐欺犯罪で構成されて居る、この事実の一例です。

人身賠償踏み倒し用、詐欺訴訟、実例証拠の山

  • 2021/07/29 06:47

人身交通事故被害者への、対人賠償、補償もですが「言い掛かりで踏み倒す為、詐欺、恐喝訴訟が常時行われて、赤本犯罪診断、犯罪賠償で、常に決定されて、通されています」

交通事故加害者は「賠償金支払い、被保険者が負った賠償債務の補填責任を負って居る損保が、合法を守り、対人賠償支払いに応じた、応じるからと言って、何の異議も有りません、当たり前です”合法に沿い、傷害事件被害者に対して、対人賠償債務の支払いを行う”近代法治国家の必須遵守事項ですからね」

所が実際には「日弁連、弁護士、刑事、民事事件担当裁判官、最高裁以下裁判所、最高検以下検察庁交通部、担当検事、法務省、警察が共謀して”対人合法賠償を、常時潰せるように、複数の賠償踏み倒し用の武器作り、これを果たしてしまう、不都合な証拠抹殺、隠滅工作を、常に行っており”日弁連、この連中がでっち上げただけの、赤本人身交通事故受傷の治療、賠償期間でっち上げ規程で、強制的に居ん新交通事故受傷の治療費不払い、賠償金踏み倒しを強制実行出来るように企んで有るのです」

これを「正しい医学、損害賠償だ、と捏造で、常時確定とさせて有るのが、訴訟詐欺、言い掛かりでの、債務不存在確認訴訟の提起、受理です”加害責任者が負った、傷害加害行為での、賠償債務補填を、合法に実施せず、踏み倒せるように”加害者の意思で、言い掛かりによる、被害者相手の債務不存在確認訴訟の提起を行ったと、損保、共済、提携弁護士が、賠償債務を負って居る加害者に、一切権利を与えず、この詐欺訴訟提起を、損保、提携弁護士、裁判官、裁判所で、詐欺と承知の訴訟を行い、赤本診断、賠償に沿ってのみ、治療、賠償期間を、医学的合法根拠無しで決定して、判決を常時下して居る」

最初から、詐欺、恐喝の裁判です、合憲、合法等、こう言う手合いに理解から出来る訳が無い、こう言う人間が、国家独裁権力を手に出来て、合憲、合法破壊に走って通せて居るから、無敵の無差別テロ、犯罪国家権力集団化して居ます。

初めから、損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所他が、この犯罪を常に実行して、法の破壊で決定させて居る「交通事故で人に危害を加えても、人は死傷しない、刑事事件捜査で常時捏造されて居る、公式詐欺事件記録、これが最大、絶対の武器で、この賠償詐欺が、常に正しい事で通されています」

加害責任者はきちんと「自分は、言い掛かりで怪我を負わせた被害者に対して、合法賠償を潰す訴訟の提起意思は無い、と、白紙委任状に事実を書いて、白紙委任するべきです」

損保が合法賠償を潰す為を目的とした、偽装の弁護士委任者とされた、加害者の自分には権限無し、詐欺訴訟の指揮は、損保が提携弁護士と取る前提、弁護士白紙委任、偽装委任者を蚊帳の外に置き、賠償踏み倒し目的、詐欺訴訟提起、展開、詐欺、恐喝賠償踏み倒しが正しいと、合法無しで常に判決、こんな訴訟詐欺、恐喝が常時合法と虚偽で判決確定に、加害者の自分は関わって居ないと、白紙委任状に書き加えて、白紙委任するべきです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703257
ユニークアクセス:4877593
今日
ページビュー:263
ユニークアクセス:263
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed