エントリー

2021年07月11日の記事は以下のとおりです。

違法な代理行為

  • 2021/07/11 17:57

損保は、提携弁護士を使い、虚偽の弁護士委任の手で「所謂、弁護士特約なる、弁護士法第27条が適用される、無資格辯護士、提携弁護士を動かして、辯護士代理行為に明け暮れています、損害保険が適用となる、損保に取って被保険者を、実権無しで、ダミーの弁護士委任者に仕立てて、提携弁護士、裁判官、裁判所、法務省、警察、金融庁も、公式な共犯で。

損保が、合法な補償、賠償せず、賠償を、法に背いた所業によって踏み倒す目論見で、ここまでの弁護士法違反行為も、国中で凶行を、おおっぴらに繰り広げられて居ます。

弁護士特約、正しいのは「被保険者が、自分の意思により、自分が”法に沿って果たす目的の為、弁護士を、刑事、民亊共、委任して、委任者の、法に沿った範囲での、弁護士に代理人行為を行わせる”これが正しい弁護士の委任と、弁護士の動かし方です」

ですが、実際に行わせている、損保、共済が謳う、弁護士特約の手口は、損保、共済の狙う、正しい賠償、補償を潰す目的で「被保険者には、一切弁護士を動かす権限を与えない前提、全て損保の指揮しか認めない前提で”被保険者を、弁護士を委任する委任者、と偽り、被保険者に対する債権者を、不当に攻撃して、合法賠償、補償を踏み倒して通す為”損保の提携弁護士に、刑事、民事事件担当裁判官、検事、検察庁、警察、金融庁等、国家権力が、公然とこの、弁護士法違反他犯罪、合法賠償も公に踏み倒し常時成功も、国中で凶行して、通せています」

完全に、違法を超えた「損保、共済による、非弁行為の山に、提携弁護士、司法、法務省、警察共謀犯罪です」

個人賠償特約が適用と決まって居る、公開済みの事件で、xx海上xxと、提携弁護士連中は「被保険者が”上記非弁行為のダミー、損保の提携弁護士を、自分の意思で、自分の求める結果を生み出す為、弁護士特約を使い、弁護士を委任する”こう偽る強制条件を突き付けて来たが、被保険者は拒み」

被保険者、弁護士を委任した被保険者、傷害事件加害責任者が負った、傷害事件加害行為者責任による、合法な賠償金支払いを、損保、監督機関、法務省、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所共謀犯罪を武器として駆使して、強引に成功させる、これが唯一の目的、これを成功させる事が全て、の結果なのです。

刑事事件捜査、立証が出鱈目故、司法犯罪も成立出来ている

  • 2021/07/11 08:02

人身交通事故事件の詐欺捜査では、ブレーキとタイヤの制動距離数値は、1960年から不変、証拠の沙汰では無い事実です「この詐欺捜査で、実際の事故速度より、数分の一の速度で起こした事故と、常時捏造して有ります、事故は軽微,怪我を軽い、こうでっち上げて有る武器です」

この、でっち上げの刑事事件、車による傷害事件詐欺捜査に加えて「実際の車での、人体への危害の程度を隠蔽する目論見で”主治医、治療先医療機関への、傷害事件と証明に必須の捜査を、司法が強制的に、故意に潰して通して居ます”この犯罪で、傷害事件の立証はされておらず、傷害事件加害は無いように、刑事、民亊とも偽って有る訳です」

司法、警察犯罪制度の定番「犯罪を隠蔽、抹殺する為に”正しい証拠隠匿、隠滅を先ず果たさせて”犯罪が正しいように捏造、捏造証拠を常時作って、正しい証拠と嘘で通す、上記制動性能虚偽の手に、傷害事件の初めに”受傷原因は、主治医は事件を見ておらず不明、実際の受傷程度は、カ月は経過も見なければ、正しい怪我の部位、程度、症状は判明しないが”事故の初めに、いい加減に決めて有る、一週間の加療を要する診断書”を発行して、正しい医学的証拠、と偽って有り」

この出鱈目、捏造刑事事件捜査を武器で、刑事事件は傷害事件は証明無し故無責か、適当に、言った言わないで過料制裁程度で逃がして。

民事の対人補償、賠償は「傷害事件は証明無し、よって合法補償、賠償は不要、虚偽の傷害事件被害受傷で有り、賠償詐欺行為で投獄も出来ている、こう仕組まれ、国中で通って居ます」

人身交通事故事件の刑事記録、刑事裁判ごっこ、大きな死亡事件の裁判記録共、きちんと検証すれば、本当に飛んでも刑事事件捜査、刑事裁判が、冗談以下のレベルで凶行されて、正しい決定、判決が出る訳が無いとの証拠により行われ、決定させて有る事が分かります。

他者の預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒の制度化、司法、警察、法務省、国税、金融機関、監督官庁、報道カルト等犯罪とも同じ「犯罪を制度と偽って、正しい証拠隠滅、抹殺、犯罪が正しいと、証拠偽造、刑事、民亊共、人身交通事故詐欺事件と同じ、これが司法犯罪の常套手法です、事件記録、裁判記録を正しい知識、判断能力を備えて、検証すれば分かる事です」

色に狂った皇x親子等による「皇統乗っ取り者の言うがまま、無能を極めた”現人神一族が実際と立証”と、こいつらが結託して居る、弁護士連中の無能振り、あれでも分かるように”実際の頭はうましか、知識と判断力欠落の極致、まともさ欠落し切って居る現実と、司法犯罪の実際は同じです」

全能の現人神と、嘘の積み重ねで偽って、喧伝して、平民を洗脳して、隷属させて来ただけが実態です、現人神の血統だから、全能の一族だ、法曹資格者、司法機関、法務省職員だから、合憲、合法全てを理解出来て、守って居る、どっちも嘘以外、こいつらの所業で答えは無い、と証明されている通りです、無知無能、犯罪者性質の独裁テロ国家権力、これが正解です、無い物は発揮出来る訳が無い、無い金は出せないのと一緒です。

司法犯罪が成功する理由は、合法捜査、証拠を故意に無くさせる事で

  • 2021/07/11 07:39

司法極悪犯罪が成功?出来ている理由は「犯罪の捜査を、強制的にもしない手口が武器です”刑事罰が適用される、極悪な犯罪、司法犯罪はこれですが、故意に、強制的に、犯罪と立証する捜査をしない事”で、司法極悪犯罪が立証、立件されないからくりです」

この大前提が先ず有って「司法が犯罪を、制度化して弁護士利権を生み出す、と闇で決めたら”犯罪捜査を絶対行わない大前提に加えて、司法犯罪が正しとなるように、関係する公的機関、国家資格者、報道カルト等が、犯罪に手を染めて、適法な犯罪?と偽装に走る訳です”」

犯罪を隠す為に、ここまでの権力共謀テロ、犯罪が行われています、ここまでしてようやく、司法犯罪が正しいように、報道カルトのデマ報道等も有り、捏造出来る訳です「最も重要な事実は”弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、書記官、法務省の役人、他の士資格者揃って”己らが組織犯罪集団である事実から、何も無知無能故、永遠に気付けない事です」

人身交通事故事件抹殺の手「傷害事件と言う事実隠ぺい、抹殺の、刑事事件捜査で常時悪用されて居る手も”個人賠償特約が適用となる、交通事故事件以外の傷害事件も含めて”損保、提携弁護士、検事、検察庁、刑事、民亊事件共扱い裁判官、裁判所、法務省、国交省、金融庁が共謀犯となっており”主治医、治療先への、傷害事件を立証する、医療証拠を揃える捜査をしない手」

この手口を常時使い、傷害事件は起きていないように「刑事事件詐欺捜査で捏造して、傷害事件の加害者を、刑事、民亊とも無責で逃がして有るから”損保、提携弁護士の黒い思惑、他の国家権力も共謀、実行犯です、の手で、傷害事件は起きていない、よって傷害事件被害は無く、賠償、補償は不要”賠償詐欺で投獄も、この犯罪手法を武器で使って出来ている」

こう言うからくりとなって居る通りです「人身交通事故事件、個人賠償適用傷害事件、刑事、民事事件、保険適用?証拠と合わせて検証すれば、この狂った司法、警察他犯罪事実が分かります」

このように、司法、警察犯罪制度でっち上げは、刑事事件捜査から、犯罪で有る証拠隠匿、隠滅と、犯罪が正しいと、根拠無しで決定、判決を下して通す、犯罪を隠蔽して、犯罪が正しいように、犯罪を重ねて事実を捏造もして、で成功させて有るに過ぎません、何処にも合憲、合法等無いですから、これが弁護士、検事、検察庁、裁判官刑事、民亊共、裁判所、法務省、警察、報道カルト等の実態です「司法犯罪が正しい?きちんと裏を取れば、犯罪以外答えは無いです」

法曹資格者、役人に、正しい判断能力、知識は無い

  • 2021/07/11 07:07

司法犯罪各種が、闇で捏造されて、常時法の破壊、司法犯罪だから適法だ、憲法、法律が間違いだ、こう、狂った法曹資格者連中の、狂った思考、頭が正しいと、全く合憲、合法根拠も無いが、捏造で司法犯罪が制度化されて、強行突破で常時成功させられている理由には「司法極悪犯罪制度を、正しい司法犯罪だと、職権を悪用させて、犯罪こそ正しいように、警察、行政、政治、報道カルト等が、合法破壊で捏造に走っている故です」

司法極悪犯罪の一つ、遺産預金泥棒に成功すれば、泥棒が盗んだ遺産預金を「共謀犯弁護士、裁判官、裁判所共謀犯罪、相続遺産分割除外説、でっち上げた、遺産、遺産預金泥棒は正しい説?により?盗めた遺産は、遺産目録から、公の刑事、民亊司法手続きでも抹殺し続けて、合法泥棒だと決めて有る、この司法他犯罪、が武器で成功させて来ました。

同様の司法他犯罪、他者の預金泥棒に成功すれば、泥棒が盗んだ他者の預金の所有権を「国税も共謀犯だから、無税で得られて来た、この犯罪も、無知無能な司法、警察犯罪を「金融機関、法務省、金融機関監督官庁、国税、報道カルトが、泥棒である証拠隠滅、泥棒事件闇に隠匿、帳簿から偽造、犯罪利得への徴税逃れ常時に手を染めて、成功させて来たと言う構図です」

この一連の犯罪を「私が、金融機関から、預金泥棒、遺産預金泥棒である証拠も、司法犯罪への追従に拒否を意思表明した、正しい本当に一部の金融機関から、預金泥棒、遺産預金泥棒である証拠も提供して貰い、公開で、犯罪と立証した訳です”これで逆上、逆恨みに走った司法、警察は、合法を正しく証明して、再犯を防ぎ、司法悪を公にした私を”」

正しい行為が犯罪だ!と、判決まで下して、冤罪粛清しようと謀った、伝えて有る通りです「合憲、合法とは、も何も、判断出来る資質、知識、まともさが見事に備わって居ない辯護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、報道カルトと、公に、実例証拠で証明されて、犯罪者特有の、逆恨み、逆上、己らの犯罪隠蔽目論見での、冤罪粛清テロ、に、何時も通りは知ったけれど。

もっと上の意思?が、強制力も付いて出たらしく、冤罪粛清、この犯罪続行目論見も、潰えたと言う「理解出来た訳では無いですよ、法務省の役人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所職員、警察官連中、報道カルトには”事の正しい理解、判断能力、知識、資質は備わって居ないから”永遠に己らが、どれだけ極悪な権力犯罪集団か、理解もせず、他の司法犯罪でっち上げに走るだけです」

法に沿った判断能力無し

  • 2021/07/11 06:45

刑事、民事事件の手続きに、行政手続きも重なりながら「公然と、生活保護受給者が、保護事業、司法、警察と公式結託して、生活保護費に充当する、相続人4人中2名が生活保護受給者の、相続遺産を、司法犯罪、相続遺産分割除外説、遺産は盗めれば、泥棒が無税で遺産の所有権を得て、通されて居る、司法書士、弁護士用の犯罪、この犯罪をなぞり、根こそぎ、保護費に充当せず、させず、公式刑事、民事事件手続きを経て盗めた」

阿部xx、xx氏の、この夫婦の子、いい年の子供相続人と、保護受給者の息子らに、ここまでの犯罪を、刑事、民事事件手続きも経させて、犯罪を免責だと、法を犯して決定させて、成功させて居ます「当然ですが”この一連の事件、刑事、民事事件手続き証拠も有ります”札幌市秋元市長、市議会、保護事業らも、公の共謀犯です」

この犯罪”も”司法極悪犯罪、犯罪を、司法、警察、法務省の連中、合憲、合法破壊を公言して、国家テロに狂奔集団が、闇ででっちあげて、凶行三昧を重ねて来て居る、遺産泥棒入手制度が、常時「犯罪そのもので、捜査件、司法権限の悪用、合憲、合法破壊を強制的に成功させると言う、国家権力テロによって、何処にも合法なく、成功させて来ているんです、が」

先日「同じ札幌市役所、保護事業で”保護費詐欺と言う、司法、行政、地方政治共謀犯罪、保護費詐欺も法に拠らず、適法とでっち上げで決めて、通して居る”公開実例、証拠を闇に消して、保護費詐欺容疑で二名を逮捕して、実名報道すると言う、司法犯罪遺産、遺産預金、他者の預金泥棒適法強制決定を、泥棒扱いへと、司法犯罪、行政犯罪隠蔽で変えた所業と同じく」

司法、警察、保護事業、地方の首長、地方議会他、公の犯罪、保護費詐欺を、保護受給者に入る遺産窃盗、闇隠匿犯罪とも絡ませて凶行、保護費と遺産とも、詐欺、窃盗で合わせて入手、公の刑事、民事手続き、行政手続きを経て、この犯罪も、公開的法で逃がして通して居る、権力犯罪事実を、無い犯罪とさせて。

スケープゴートで「遺産年金も”保護費詐欺と合わせて、刑事、民事事件手続き、行政手続きも経て、共に強制的法捏造で逃がした事実、証拠も無い事と捏造して”いきなり、適法と刑事、民事事件手続き、行政手続きで認めて押し通した、権力ぐるみ犯罪を闇に隠して、札幌で保護受給の二人を、保護費詐欺容疑で逮捕です”」

阿部氏の遺産窃盗、保護費詐欺込み犯罪は「巨額の遺産窃盗、詐取、保護費詐欺事件です、ここまで極悪な犯罪国家権力なのです、警察、司法、法務省、国、地方行政機関、政治権力の実態は」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591228
ユニークアクセス:4767151
今日
ページビュー:2150
ユニークアクセス:2126
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed