エントリー

2021年07月03日の記事は以下のとおりです。

長期療養による

  • 2021/07/03 14:25

傷害事件で怪我を負わされた「加害者が被保険者、損保に賠償債務支払い責任が生じている、警察、司法が損保合法賠償を、犯罪捜査と言う、禁じ手の極致を凶行して、過去からずっと潰す武器作りに勤しんで来て居る”主治医への、傷害事件を証明する為の、医療捜査を故意に、絶対せず、傷害事件は証明されて居ない”と、違法捜査だけを、故意に、常時行い、送致して、これで送致させて」

傷害事件は証明されて居ない、よって「傷害事件は不起訴、免責、当然、民事責任も免責と、常時捏造事件捜査を武器とさせ、決定して、通して来て居ます、警察、司法がこの犯罪を、常時凶行しているのですから、賞ファイ事件の被害者は、常に陥れられて終わる訳です、損保、共済は、。この犯罪捜査、証拠と言う武器を、常に作って貰えるから、合法賠償は不要、トンデモない事実です」

私も、この警察、司法が、損保の下僕に堕ち切って居るから、傷害事件抹殺犯罪事件捜査で、傷害事件被害を虚偽と捏造されて、人身賠償踏み倒し被害に落とされそうになって居ますが「合法な医療証拠も作って頂いたし、人身傷害特約損保が”虚偽以外無い、傷害事件で受傷を負ったは嘘”と、自賠法で決定を出したが、虚偽である証拠が有り、言い逃れ出来なくなった、補償踏み倒し詐欺犯罪立証も出来たので」

多分、賠償、補償を、犯罪で潰す黒い目論見と「賠償詐欺犯罪者に、犯罪で仕立て上げようとの黒い思惑潰しも、果たせると思います,マフィア以上の極悪非道振りが、公に、損保、警察、司法犯罪として、立証されています」

傷害事件を起こした加害者は、警察官です、警察官の加害者、傷害事件を起こした加害者を「傷害事件を犯罪捜査で消して、刑事、民亊とも無責で逃がそうとの、警察、司法極悪犯罪、国家権力犯罪立証と、人身傷害特約損保、警察官が加入する、対人賠償賠償損保犯罪の立証を果たしました、極悪非道すぎます」

これで法治国家の警察、司法、法務省

  • 2021/07/03 07:56

憲法、法律破壊、賠償論で医師法を破壊させて有る、損保、共済、提携弁護士、民亊の裁判官、裁判所が「犯罪人身交通事故、傷害事件被害者への、合法賠償踏み倒しを、常に成功させられて居る、絶対的証明公文書、詐欺で構成刑事事件捜査記録、賠償論が正しい医学、であるかのように、闇で仕組まれて居る、合法な医学的、傷害事件と証明する、医療証拠を故意に揃えない手で」

この詐欺捜査恒常実行で、車で人体に危害を加えた、損保が賠償債務補填する傷害事件の場合も「人の肉体に危害を加えても、被害者は死傷しないように”刑事事件詐欺捜査、医学的傷害被害証拠を、故意に揃えず事件捜査終わらせて送致、傷害事件は立証されておらず、加害者は刑事、民亊とも無責確定、刑事事件捜査による”このオカルトを、常時正しいと捏造させて有ると言う」

正気さの欠片も見出せませんが「この詐欺事件捜査恒常実行、常時成功を武器とさせて”自動車運転処罰法特例、軽い被害であれば、刑事罰の適用を逃れる”この特例だけを、基本適用とさせて有ります、傷害事件は無し、よって加害者は、刑事、民亊共無責と公式捏造、決定”後は」

この、詐欺刑事事件捜査証拠、無責決定証拠を、損保、提携弁護士に差し出して「民事の裁判官、裁判所ぐるみで”傷害事件被害は嘘だ、刑事事件捜査証拠で証明されて居る、賠償詐欺だ!”この司法詐欺も成功させて有る訳です」

公権力が、憲法、法律蹂躙刑事、民事訴訟法、事件犯罪扱いに常時手を染めて、傷害事件被害者に対する、対人賠償踏み倒しを、加害者責任抹殺と言う、捏造証拠作りと悪用を持ち、常時成功させて居ると言う事です。

賠償論が絶対の医学、医師法は無効だ、正気の沙汰では無いけれど、これが現実です、法務省、司法、警察が、損保、共済、提携弁護士の、対人賠償踏み倒しが常時成功する、捏造証拠作りと悪用、常時成功とさせて居る、現実に行われて居る、権力テロ実態です。

他者の預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒適法と捏造常時、相続遺産分割除外説でっち上げで、この犯罪合法化が果たせた、との法螺で、他者の預金薄み放題、遺産、遺産預金盗み放題を、一昨年暮れまで国中で凶行、金融機関、監督官庁、国税、報道カルト、法務省、法曹権力が、本気で凶行、この犯罪を正しく暴いて証明して、再犯潰し、金融機関からこの犯罪を認めた証拠も、私は入手、どうにも出来なくなり、一昨年暮れに、強制的に止めた、司法他犯罪共々、これがこの国家権力の実態、犯罪恒常実行集団の実態です。

どうやって、何処から?

  • 2021/07/03 07:35

平成20年10月21日の、居眠り運転でトラック後部に突っ込んで来た、人身交通事故事件加害者乗車車両に掛かって居た、任意自動車保険会社三井住友は、次の疑問を発して居ます。

三井住友札幌第三サービス署長ー山本さん、人身傷害損保は”どうやって、何処から、平成20年10月21日の追突事故で、山本さんが怪我を負って、後遺症が下りた情報を手に入れたんでしょうか?古い情報で、自賠責審査に使った情報は、恐らく無い筈ですし、ああして持ち出すなら、全部の審査情報が必要なんですから?どうやって揃えたんでしょうか?当社は揃える方法が分からなくて?”

山本-人身傷害特約損保は”平成20年10月21日、平成25年12月20日、令和2年8月11日、この三件の、人身交通事故事件で、私が怪我を負い、自賠責審査を受けた全情報を持って居る筈だよ”人身傷害特約損保から、写し全部の提供を受けるか、何処から入手したか、聞いて揃えれば良い事だよ、国交省、自賠責事業、金融庁も、当然手を貸すから、警察、検察庁も”昨年の追突事件で、私が怪我を負ったか、賠償詐欺か、送った診断書の主治医への捜査も行い、合法証拠で決めるだろうし、昨年の傷害事件、加害者は警察官で、刑事、民事責任実質無責で逃がされて居る訳だから、ここまで揃っている以上、闇に葬る事も難しいだろうから。

損保が「何処から、どうやって”平成20年10月21日の、追突事件で怪我を負い、自賠責審査を受けた証明書”を、人身傷害損保は手に入れられたのか?全資料が審査には必要だけど、十二年以上前の、自賠責審査書類全てが残されて居るのか?と疑問を発して居ます、又」

何故「平成25年12月20日の、人身交通事故事件で怪我を負い、自賠責審査を受けて、後遺症が下りた事実、証拠を持ち出して居ないのか?当然の疑問も口に出して居ます」

車で人体に危害を加えても、人は死傷しない、賠償論を絶対と偽り、医学的証拠を、刑事事件捜査で故意に揃えず、これのみ常時捏造して有る、刑事事件捜査記録、加害者は刑事、民亊とも無責とこの偽造捜査資料で常時決定、これでこの事件も、成功させられる目論見だった、加害者警察官、加入任意損保が、刑事、民亊共無責だとして、逃げて通っている通り、と想定して、でしょうね。

被害者の防衛策は

  • 2021/07/03 07:15

損保、共済が「賠償債務者を被保険者とさせて、賠償債務の補填責任が生じた、傷害、傷害致死事件の場合”警察、司法、法務省は、闇で損保、共済が、合法賠償を逃れられるようにと言う、とんでも理由で”被害者が第三者行為傷害被害を受け、死傷した、との医学的証拠は、主治医への捜査せず、傷害事件被害の部位、症状等が、どうなっているかの、検査等による証拠を、傷害事件を消す為に、こうに揃えない手を、国中で使い、傷害事件は起きていないと、捏造事件捜査を重ねて有ります」

傷害事件が起きた事は「傷害事件被害者が診断、治療、検査を受けて居る主治医、医療機関に、刑事訴訟法手続きによる、医療証拠を揃える捜査を掛けなければ、傷害事件が起きた事は立証出来ません、傷害事件加害者は、傷害事件を起こしたとの証拠無し、よって、刑事、民亊共無責と、この詐欺刑事事件捜査で、公式証拠作りに勤しんで有ると言う事です」

この、過去からずっと成功させて来てある「傷害事件抹殺詐欺事件捜査のみ、常時成功させて、加害者刑事、民亊とも無責証拠で確定させて有る、刑事事件捜査記録、決定と言う、法務省、司法、警察共謀捏造証拠で、人身被害者は”賠償詐欺行為者、怪我を負ったは嘘、詐欺犯”と、公式捏造されてしまって居ます」

本当は「傷害事件で、傷害事件加害責任者、賠償債務を負った、損保にとって被保険者を、100パーセント、全部の傷害事件で無責と決定させて”被害者の負った怪我は虚偽、賠償詐欺犯罪者”と、詐欺傷害事件捜査により、決定させて、詐欺で摘発、賠償一切支払い不要( ´艸`)と、損保の支配下に居る法務省、司法、警察は、して通したい、損保の命令を受けて、なのでしょうが」

さすがにそこまで捏造ですると「いくら無知で愚かしい平民でも”詐欺で傷害事件捜査が、常時凶行されて居る事に気付くだろうから”受傷原因不明、一週間の加療を要するとの、やらせ診断書に沿い?多少の掴み金を投げ付けて、大半の合法賠償を踏み倒して居る訳です」

損保が合法賠償せず、おおっぴらに恐喝を成功させる為の武器作り、詐欺捜査、この武器作りを被害者は、先ず知って、正しい傷害事件で負った受傷、この医学的証拠を、出来るだけ多く、カ月治療、検査を受けた後、揃えて、傷害事件捜査させなければなりません。

目論見は

  • 2021/07/03 06:44

昨年8月11日に起きた、札幌方面東警察署留置管理担当警察官による、昼日中に意識を飛ばして、信号を待って居る車列後尾に居た、私のトラックに、急発進、急加速して追突した事件、私が種々受傷を負った、主治医複数の診断で証明されて居る事、この傷害事件、関係先の、合法破壊による黒い思惑は、それぞれ次の通り。

;刑事事件捜査を担った、札幌方面東警察署交通二課、札幌検察庁交通部検事の、法を破壊しての黒い狙いは”この傷害事件で、被害者は怪我を負った、との医学的証拠は無い”と、あらかじめでっち上げ設定して有る、車で人体に危害を加えても、人は死傷しない、オカルト医学設定、賠償論を絶対と捏造した設定通り、日本中で、同じ犯罪事件捜査と決めて有る通りを踏襲して、主事らへの、医学的証拠を揃える捜査をせず、車で人体に危害を加えたが、怪我を負った医学的証拠は無しと、捏造事件捜査で終えて送致、刑事処分は、傷害事件は証明無し故不起訴、多分、この詐欺捜査記録、決定写しを、加害者警察官が、白紙委任した、加入任意損保、弁護士に提供も?賠償踏み倒し用、公文書偽造証拠と言う。

;加害者警察官、加入任意損保、提携弁護士は”上記詐欺犯罪傷害罪抹殺警察、司法犯罪闇で恒常実施”を熟知して居るから、傷害事件は起きて居ないと、常時捏造で捜査終了、実質処分は、傷害事件は無いからされず、些少金を投げ付けて、後は賠償踏み倒しで、詐欺事件捜査証拠が絶対故逃げて終わり、で実際通せています、見習いましょう不特定多数の、車で人に危害を加えてしまった方々、国家権力犯罪で、日本中闇でこれで通されて居るのだから、警察官も実践している通り。

;トラックに掛かって居る、事業用任意自動車保険、人身傷害特約は”平成20年10月21日に、追突されて怪我を負い、後遺症認定が下りている、この時の怪我が強く残存して居る、検査記録上も、一歳以上は見当たらない、所見を出した者不明で”こう、言い掛かりで怪我を消す”後遺症却下決定”を出した訳です、が。

;私は平成25年12月20日、右折暴走車両に、乗車車両の横っ腹に突っ込まれて怪我を負い、後遺症も下りています、つまり”平成20年10月21日に負った怪我、後遺症は完治して居る”と言う公式証拠が有るのに、人身傷害損保は、この情報自体、知らないで却下決定した訳です。

;又”検査を受けた主治医複数から、頚椎変形、急激な視力低下、昨年1月、裸眼で運転免許更新済みと言う事実あり、髄液漏れの疑いあり”等の診断が下りており”医師法違反の、人身傷害特約損保の誰かによる、何の異常も無い検査結果が贈答で、もう外、医学的に証明されています”

;当然”軽微な被害だ、自動車運転処罰法特例、軽微な被害は処罰を逃れる”規定を、加害者に適用させて、刑事上も無責と決めた、検事決定も、詐欺行為と言う事です、主治医への、医療証拠を揃える捜査故意にせず、この手で傷害事件抹殺、加害者刑事、民亊とも無責を、刑訴法詐欺手続きから、捏造して、悪用させて有る、動かぬ証拠実例です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591240
ユニークアクセス:4767163
今日
ページビュー:2162
ユニークアクセス:2138
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed