エントリー

2022年11月03日の記事は以下のとおりです。

自己責任、当然です

  • 2022/11/03 15:58

事件番号 札幌地方裁判所令和4年(ワ)第193  号

原告 山本弘明
被告 山本〇〇

                                  令和4年11月3日

札幌地方裁判所 民亊第  部  係書記官御中

TEL011-
FAX011-

原告 山本弘明

            原告準備書面第   回

1,甲第  号証~甲第   号証、原告と訴外山本〇〇間の、当事者間示談書証拠に、示談書に沿えた、請求証拠を、各号証に加える、なお、原本は、納税手続き、帳簿処理に使用しており、写しを証拠で加える。

2,甲第  号証、当事者間示談書に加える、示談金支払い根拠証明書には、事件原因焼却炉が転倒状態であった為、焼却炉購入、機器管理者山本〇〇の了解を得て、原告が経営法人により、クレーン車を頼んで焼却炉を起こし、別場所に移動させ、仮設置した作業に要した、クレーン費用請求証明書も入って居る。

3、甲第   号証として、当事者間示談締結により、山本〇〇が原告に、示談済み分金員を、原告預金通帳に振り込んだ証拠、令和3年3月29日~9月30日までの分と、令和3年12月1日~令和4年1月31日まで山本〇〇が原告預金通帳に振り込んだ履歴、預金通帳履歴を、証拠に加える、山本〇〇が、機器所有、管理責任者として、正しく事件原因焼却炉移動等、作業費用を支払った証拠である。

添付証拠

甲第  号証  原告預金通帳履歴、山本〇〇が示談金を振り込んだ記録  原本

全ての法律行為は、合法、適法と証明が必要、脱税など認められないし

  • 2022/11/03 09:18

この国で行われて居る、刑事、民事訴訟法手続きの実態は「合憲、合法等理解も不可能、オカルトで構成されて、通されて居るのが真実です、悪行三昧で構成されて、通って居るのです」

一昨日行われた、札幌地裁令和4年ワ、第1932号、損害倍書請求事件、民事裁判、一回目の口頭弁論だけでもまあ、多数の損保、司法、警察犯罪事実が、被告委任名目、東海と弁護士法違反、背任で弁護士費用拠出等、犯罪代理行為者辯護士が、犯罪自白を重ねて呉れましたから、有り難い事だと(-_-;)

世の中、法曹資格者で、税理士資格も併せ持って居る立場との、正しい自覚と、資格者として必須の、必要な実務法律知識を備えた上での発言、行動が必須、の筈が、昨日と今日の文書の記載が実態だと。

一昨日の口頭弁論一回目で「従兄の息子、多重x罪者は、更に窮地に追い込まれて居ます、こいつの悪事、犯罪が、日々確固たるx罪に”東京海上日動、提携弁護士向井諭事務所、弁護士、裁判官により”公式立証されて行って居ます」

公の国の公務、民事訴訟法法定手続きで、巨額の、複数の脱税目論見犯罪への共謀事実を、東海提携弁護士が、法廷で証言だの、脱税を認める裁判官発言だの、刑事訴訟法に証拠でも出されて居る、当事者間示談書、加害者の筆跡が偽造だと、虚言で弁護士が言いがかるだの、とんでも裁判が、公式に行われて居る事は、司法、損保犯罪の詳細な立証で有り、他には先ず、実例等無いでしょうから。

税務署からも,法曹資格者で、税理士資格も併せ持つ、弁護士と裁判官なのに、脱税への共謀証言、脱税はどうでも良い証言に付いても、東京海上日動、提携弁護士が、ワイエ〇商会社長、被疑者相続人と共謀して、脱税目論見の犯罪に手を染めて居るとの、弁護士の法廷での証言に付いて、脱税目論見犯罪を、殿事件で、どう行ったか等、実行犯らに詳しく証明させて欲しいとも、今日の準備書面記載の通り、要請も出て居る訳です。

脱税にも加担、法曹資格者で税理士資格者ぐるみ

  • 2022/11/03 09:01

税務署からの指摘「法曹資格者は税理士資格も持って居る、脱税に加担して、逃がす事も認められない、脱税への加担部分、脱税の内容、金額等、全て実行犯、共犯に答えさせて貰いたい」

当たり前の事です、法曹資格者なら特に「公務である、裁判においてまで、脱税へも組して、通そうとして居る等、絶対に認められる訳が無いのです、東京海上日動も同じです、被告が主犯であろうとも、まあ、あんなx、利用されて、乗っただけ、巨額脱税出来そうだし、高額賠償も、犯罪によって踏み倒せそうだからと」

しかしまあ「違法に自家用自動車保険を動かして、違法だから当然、背任行為で事業資金を違法拠出して、提携弁護士を、被告に違法に就けて使い、非弁行為者東海が、提携弁護士と共謀して、違法な弁護士活動を、法廷内外で凶行、弁護士も東海も、この違法の積み重ねも認めた上での、弁護士法違反、民事訴訟法違反行為事実です」

しかも「提携弁護士は、弁護士法違反代理行為を、東海共々行っている事実も認めた上で、被告と共に、東海、提携弁護士が共謀して、巨額脱税に走って居ると認めているし、損害保険金詐欺冤罪でっち上げで訴え、当事者間示談書は偽造とも、虚偽で訴える等、犯罪を重ねて居る事も、証言して居る訳です、法廷で、更に」

法曹資格者で、税理士資格も併せ持っている裁判官共々で「脱税事実も同でも良い、合法な納税などどうでも良い等も、公の法廷で証言しても居ます」

ここまで公に、多数の犯罪自白、犯罪事実証言をしてくれた事は、感謝すべきなのでしょうか?(;^ω^)この連中、自分の立場も理解出来て居ないし、公に言うとどうなるか、これへの自覚も全く持って居ない、愚か過ぎる連中です。

まあ、法廷でも、公に自白、証言した事実で、裏付け証拠も有る事だから、今更もう、無い事にも出来ませんしね、法曹資格者犯罪、司法、損保冤罪や、脱税や、賠償を犯罪で踏み倒せて居る、損保、警察、司法犯罪の手口事実証明や、多数公に出来て、犯罪証明出来ています。

法曹資格者は、税理士資格も併せ持つので

  • 2022/11/03 08:41

@昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件に係る、今月1日の公判での弁護士自供、被疑者の息子、東京海上日動、提携弁護士等犯罪、脱税も巨額等に付いて、脱税に東海、提携弁護士も関与した弁護士証言を、脱税項目毎に、実行犯らが詳しく証明する事、脱税は辯護士、裁判官も含め認めないから、等も記載、準備書面を送ります

                                  令和4年11月3日

                 〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                                       山本弘明
                             携帯080-6092-
                             FAX011-784-5504

戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
葉梨康弘法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査課、交通課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、刑事一課山田、二課小林警部補
TEL011-704-0110
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357
金融庁保険課、損保係池田課長、古村係長他
FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官
FAX03-5253-1638
FAX011-218-5182 札幌市国保企画課求償係
FAX011-622-5168 市保健所医療政策上野他
FAX011-271-7379 東海社長、札幌損害4課
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長
FAX011-271-0003 三井住友社長
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-0965 共同通信社記者
FAX011-281-4139 札弁連佐藤会長

1,一昨日行われた、札幌地裁令和4年(ワ)第1932号、原告私、被告山本〇〇の裁判中に、中島弁護士が証言した、被告、東海、弁護士ら犯罪複数に付いて、税務署からの求め、脱税への共謀の詳細犯行者からの答えの求め等記載、準備書面を送ります「法曹資格者は、税理士資格も有しており、脱税等に加担等認めない、徴税面でも当然の事です」

今月一日の裁判での

  • 2022/11/03 06:41

札幌地方裁判所 令和4年(ワ)第193  号

原告 山本弘明
被告 山本〇〇

                                  令和4年11月3日

札幌地方裁判所 第  民亊部  係 御中

TEL011-
FAX011-

原告 山本弘明

            原告準備書面 第   回

1,一昨日行われた、令和4年(ワ)第1932号、原告、被告同じ事件で、被告代理人設定弁護士、向井諭の事務所所属、中島圭太弁護士の証言に付いて、2日付け準備書面の記載に載せて居ない、中島弁護士からの重大な証言事実に付いて、札幌地方検察庁二階堂郁美検事、札幌方面東警察署刑事一課強行犯山田警部補、刑事二課小林警部補、地域課鈴木警部(山本〇〇、原告間で交わした示談書の真偽捜査担当)秋元札幌市長、保険企画課、札幌北税務署、金融庁も、直接関わって居る、重大な法令違反、犯罪事実の証言故、追加の記載等を行う。

2、中島弁護士の、山本〇〇と東京海上日動、中島弁護士が共謀して、山本〇〇、ワイエ〇商会の脱税を共に手掛けて居る、この、1日行われた口頭弁論での証言に付いて北税務署から、東京海上日動、中島弁護士が、山本〇〇と、どの脱税項目に付いて、どう言う関与をしたか等、行為者からの答えも出して貰いたい、との求めが出ている。

3、又、薮田裁判官が、法曹資格と、税理士資格を持った立場でありながら「山本〇〇が、原告に既払いした、損害賠償金に付いて、損害賠償金支払いか、根拠証拠無しで被告が、貸付金と主張している事実に付いて、原告が、徴税問題も有る、損害賠償金支払い、貸付金、どちらが証拠により、正しい資金扱いか、徴税も絡むので、証拠を持ち、はっきりさせる必要が有る」と求めた事に対し薮田裁判官は「徴税はどうでも良い」と答えた事実に付いて北税務署は「損害賠償金なら無税、貸付金との証拠が有れば、被告が納税すべき、未回収の相続遺産金(示談書が、刑事事件捜査で偽造、偽造犯が原告、山本〇〇共犯なら、贈与資金)」となる訳で、どうでも良い資金では無い、この資金も、合法により、資金の性質をはっきりさせる事、との求めが出ている、示談書が偽造との、被告の主張が有り、刑事事件捜査が必須の事項の一つである。

4、中島弁護士の証言は「被告山本〇〇、被告が社長の法人、ワイエ〇商会(株)と、東京海上日動、中島弁護士が共謀して、相続遺産金、遺産預金窃盗他により隠匿による、相続税脱税、焼却炉購入費の拠出先隠蔽による脱税、この機器を、ワイエ〇商会が所有の機器、だが、ワイエ〇商会が、この機器を購入した資金の出所隠匿で、ワイエ〇商会が、DAITOに機器代金等支払い、山本〇〇が、同じ機器の購入に要した費用拠出は、山本〇〇の預金履歴で証明されて居るが?この状況で、ワイエ〇商会が機器購入費拠出、機器はワイエ〇商会が所有の機器と主張するが、償却資産登録せず、購入費の出所等不明事実による脱税、償却資産登録せず、償却資産税脱税、山本〇〇が、原告に既払い済み示談金は、実は貸付金だ、と訴訟で主張、相続税対象資金と主張、山本〇〇が、山本〇〇からカードを預かり、複数年、私的に〇〇の資金贈与受け隠蔽による脱税」

5、札幌北税務署は、上記脱税、納税せず事実に付いて、各脱税、納税せずへの、東京海上日動、中島弁護士による、山本〇〇、ワイエ〇商会による脱税への関与の詳細を、個々に証明する事、との求めを、原告経由で先ず、出された事実を伝える。

6、山本〇〇の遺産預金、投資資金、死去時に所持して居た遺産現金の内訳と、東京海上日動、中島弁護士が関与した、脱税目的のこれ等遺産資金窃盗他で隠匿に付いて、詳細な、窃盗への関与方法、窃盗資金隠匿の内訳、金額等に付いて、共犯者からの証明が欲しいとの事、焼却炉購入費は、中島弁護士の証言、被告名での書面によれば、山本〇〇、ワイエ〇商会が、同じ金額の機器購入費を、DAITOに共に既払いとなるが、山本〇〇が支出した機器代金は、ワイエ〇商会への貸付金(相続税対象)ワイエ〇商会が支払いと主張する機器購入費は、使途不明資金で徴税で良いとの答えを、共犯者共々出す事、被告が複数年、山本〇〇のカードを所持して、私的散財した”贈与税対象分金額と、共犯者が関与した部分の証明を出す事、山本〇〇が、原告に既払い済み資金が、示談書が偽造故、損害賠償金では無いとの、被告、東京海上日動、中島弁護士が、刑事事件での、示談書が偽造、偽造犯は誰、等捜査させて証明の上、未払いの相続税対象資金、贈与資金をはっきりさせる事、これ等の求めが、札幌北税務署から出ている。

7,中島弁護士は「被告名準備書面の記載で”今年6月後半、山本〇〇との、法定外代理行為者受任契約も無しで、東京海上日動からの、実際は委任を受けて、札幌市国保企画課に、山本〇〇の法定外代理行為者辯護士、と身分を名乗り(違法な代理行為)、示談書は偽造だ、示談金は貸付金だ、何故山本〇〇に、第三者求償金請求を行った”等、違法な脅しを、中島弁護士が行った事実を認めているし、又、今月一日の口頭弁論の中で、原告からの確認下記に、東京解呪日動札幌損害サービス第4課、木村課長補佐から答えを得る事、と答えた事実も有る」

原告-私は、今年8月末に、甲第23号証で出した、札幌地検から取得した、山本〇〇が捜査機関に証拠で出した内の、焼却炉をワイエ〇商会に届けた納品書等3通を取得するまで、この機器がワイエ〇商会に納品された機器、とは知らなかったが、東京海上日動、中島弁護士は、事件原因の焼却炉は、ワイエ〇商会に納品された機器だから、山本〇〇が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約は不適用と承知で、この特約を動かしたと言う事だな。

中島弁護士ーこの自動車保険は適用出来ない、と知って居て動かしたのは事実です。

原告-それで有れば、東京海上日動は、違法な損害保険資金拠出で、保険業法違反だし、背任行為だし、東京海上日動の資金を違法に使い、弁護士を山本〇〇の代理として就けて、中島弁護士らは、弁護士法第27条が適用、非弁事業者と提携した弁護士活動で、弁護士法第72条違反で、共に刑事罰適用対象となる、これを承知と言う事だな、山本〇〇から、3件の事件の委任費は出て居ないだろう、東京海上日動が、違法に弁護士費用を出して、受け取った事は確かだな、東京海上日動、木村課長補佐も、原告に認めた事実だから、違法な代理人活動と言う事だ。

中島弁護士ー回答はしない、木村課長補佐から答えを得れば良いです。

原告ー山本〇〇と原告間で交わした示談書は、被告が原告に届け等示談書だと、被告から聞いて居なかったのか?山本〇〇は、購入した焼却炉を合法に使用する為、原告の息子行政書士を頼み、古物商許可を得て居た事も聞いて居なかったのか?

中島弁護士∸知りませんでした、色々知らなかった事が有ります。

原告-東署刑事一課、平野巡査部長と山田警部補は、昨年12月3日、今年7月11日に、原告に”東京海上日動の伴から捜査指揮を受けて居る、山本弘明は、自分で買った焼却炉なのに、金に困った山本〇〇から頼まれて、山本〇〇が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険に山本弘明が、保険金目的で詐欺請求した事件だと、伴から聞いて知って居る、これは詐欺事件だ”と言って来て、原告から、私は被保険者不該当、〇〇は億近い資産を持っており、金に困って等居ない、私は賠償金を、〇〇から貰う、東京海上日動とは無関係だ、と伝えて、証拠も刑事は見て、この詐欺設定は虚偽と理解した、被告準備書面の記載で今度は”山本〇〇を原告が騙り、東京海上日動に詐欺請求した”と変わって居る、どう言う事だ?違法な告訴、事件捜査だと言う事だな?木村課長補佐は、中島弁護士には、山本〇〇が東京海上日動に、複数回損害保険金請求を行った事実を隠して居ると、私からの電話で答えて居るし、どう言う事だ?

中島弁護士∸無言

原告ー東京海上日動、山本〇〇、ワイエ〇商会社長、中島弁護士は、〇〇の生前から「事件原因の焼却炉は、ワイエ〇商会が所有の機器だから、山本〇〇が重過失傷害事件の被疑者、この設定での刑事事件の扱い、捜査は出鱈目、〇〇は冤罪と承知で、〇〇が死んでから、この主張を持ち出したと言う事だな?、であれば、東京海上日動、中島弁護士は、犯人隠避の罪も科せられるが、何故ワイエ〇商会が購入した機器だと、証拠も持参して、東警察署刑事一課強行犯、二階堂郁美検事に訴え出なかったんだ?

中島弁護士-山本〇〇の生前から、被告も東京海上日動も、山本〇〇は被疑者では無い、と知って居て訴え出ませんでした、訴え出なかった理由は答えません、自分も受任後、山本〇〇は重過失傷害事件の被疑者では無い、ワイエ〇商会が機器の所有者だから、等知って居て、訴え出ませんでした、ワイエ〇商会が機器の購入、所有者との証拠は、これから出します、犯人隠避の罪は、科されないと思います。

8,被告らの主張に付いては「刑事訴訟法による捜査、立証が必須であり、法曹資格と税理士資格を、裁判官、弁護者は併せ持ちながら、事件毎に適用される各法律に対して、合否を立証した証拠と法理論も無し、徴税の合法実施も、徴税対象資金窃盗等で隠匿、犯罪による多重脱税等に手を染めて遵守せずを、法曹資格者で税理士資格者ぐるみ実行、、これ等事実、証拠の山で、被告委任弁護士も、違法な損保弁護士委任、費用違法拠出で違法弁護活動、これ等事実、証拠に執り、何の合法も存在して居ない以上、被告の主張等は何らの効力も無いので却下して、合法な証拠、主張を揃えた原告の訴えを認めよ」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678400
ユニークアクセス:5843005
今日
ページビュー:1348
ユニークアクセス:1341
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed