エントリー

2022年11月15日の記事は以下のとおりです。

ファーストペンギンのドラマで描かれて居る

  • 2022/11/15 03:48

ファーストペンギンと言うドラマで描かれて居るのは「魚がどんどん取れなくなり続けて、衰退するばかりの僻地の漁港を再生させようと、女性が考えて、漁師らの意識改革を目指して奮闘するけれど、既存利益を失うと畏れる、漁協ら組織は、現行利益を護れれば、近未来の事はどうでも良いから、変革を潰そうと謀略を尽くす、何処も変わらない構図が描かれて居ます」

司法が合憲、合法の対局、この事実、真実、実例証拠にしても、同じ構図なのです「司法悪を自覚して、認識して、合憲、合法に切り替えるとなれば、先ずは「合憲、合法とは?これを正しく理解出来る必要が、弁護士、検事、裁判官、法務省、警察組織の構成員に求められますが」

社会常識、社会の無数の規範、正しい常識外の彼らには、これを満たす事は至難の業、実質不可能だから、司法犯罪増殖も、この根本原因が理由ですから。

例え合憲、合法に背いて居て、社会秩序破壊を招く司法犯罪で有ろうと「法曹資格者が、これで正しい答えを、楽に導き出した事に出来る、となれば、合憲、合法等どうでも良い訳です、そんな事は、多くの資格者が理解も不可能だからね」

法曹資格者全てが、正しい答えを出せる司法犯罪制度だ、と出来れば良いだけ、だから司法犯罪は、犯罪で有ろうと増殖して居るのです。

ファイナンスリースは「物品を購入せず、所持せず、貸出せず、資産登録せず、償却資産税を納めず、これでリースは成立する事業である、これで司法、行政機関、警察、大企業、監査法人、弁護士会らに講演して、稼いで来れても居る、冗談にもならない現実ですが」

楽なのですよ、こんな詐欺融資が正しい詭弁で、融資を受けられて、荒稼ぎ出来て、裏金作り出来て居る訳だから、司法犯罪化出来た理由もこれです、東京海上日動、提携弁護士、被疑者の息子ぐるみ犯罪隠蔽に悪用も、同じ理由です、合憲、合法等どうでも良い、黒い自己利益が全て、犯罪者の所業、性質、行動原理そのものです。

損保、司法犯罪の状態化から目を背けて、自分が思った事以外拒絶

  • 2022/11/15 03:31

司法犯罪が増殖の一途、一番の理由は「刑事、民事訴訟法手続きの当事者らが”合理的、論理的な思考から持たず”自分が勝手に思った事以外、事実であろうと受け入れ拒否する人間がほぼ、裁判で真実を明らかにって、自分の勝手な思い込み通り、判決が出るだろうと言う、錯覚だけでは?」

自分の実体験で言うと『正しい真実を、合理的、論理的に、破綻無く証明して、刑事、民亊で突き付けると、多くの場合、しくじった事実を証明された、法曹資格者、警察組織等は、逆上して、真実を正しく、言い逃れ出来ないまで証明した側を、司法、警察権力悪用で、合憲、合法に背いて潰しに走ります」

逆に言うと「裁判で真実が明らかとされた!発表も、合理的に真実が正しく証明されたのかどうか?検証して見なければ、分かる訳でも無いと言う見方も出来ます」

真実、合法を正しく証明出来るかどうかと、合憲、合法を示されて、理解して、適用出来るかどうか?が大元の問題なのです、それを理解出来る、踏襲出来る法曹資格者、警察官、警察組織が、どれくらい存在するのか?これが肝心なのです。

事件、事例毎に「現行、どう言う答えを出せば、出された合理的事実証拠、証明を正しく踏まえて、現行どう言う答えとするべきか、なのでしょうが”独裁国家権力側に居る人間の多くは、自己利益が最上位で他は無い”人間が多い訳で、事実に沿い、正義実現を果たして、司法悪を表に晒す事等しないから、自己利益喪失になるし、責任も降って来る恐れが大きいから」

公権力の犯罪を暴かれれば、権力を不正手段で護る、群集心理が最上にとなる、過去からの常だから、誰しも手にした公権力を、不正だろうと失いたくない訳です、楽だしね、常に正解、正義実現を目指して考え、判断せず居られて、司法犯罪の守護、これで一生生きられるから。

詐欺貸金も、楽なのですよ、不正な資金調達、闇資金作り等が楽に出来て、公権力も何処も。

裁判官が真実を万能神で見出せる、訳が無いし、弁護士にそもそも合法から備わっても

  • 2022/11/15 03:11

辯護士、検事、刑事、民事事件担当裁判官に、合憲、合法を正しく理解出来る資質、知識、能力が備わって居る、訳では有りません「間違った事を、正しく論理的に証明等されて、気付くかどうか?を問うしか有りません、正解を自分で証明、構築して、裁判に持ち出して問う、この結果で、裁判官、検事、弁護士が、正しい答えを理解するか否か?ですよ」

多くの場合、特に司法犯罪を、犯罪だと論理的、事実証拠に法理論を添えて、公に司法犯罪を指弾すれば「法に背いている司法、を証明された逆恨みで、真実を公に、司法犯罪権力に言い逃れの余地が無くなった事の自覚、畏れにより、司法犯罪を公にして、逃げ道を潰した側に対して、司法カルトは、冤罪抹殺、合法を明らかにした罪で敗訴!に走ります、独裁国家権力の常套手段ですから」

山本巡査による、一方的追突加害傷害事件でも「赤本診断、賠償論!これで加害者責任抹殺、合法な対人賠償叩き潰しを成功させる処か”対人賠償金支払いゼロで、189万円も(被害車両が掛けていた、自動車保険人身傷害特約が)金を払った、30万円過払いだった、もう対人賠償債務は無いと、虚言で、訴えの正しい証拠等無しで訴訟提起、違法、虚言を証明したら、口頭弁論一回で、審理せず結審、原告無条件勝訴判決!実例も、この司法犯罪事実の一例です」

司法による定番犯罪、テロを暴かれて、逆上して、司法テロ判決に走った実例です、控訴して、人身傷害特約損保東海から「189万円は、東海人身傷害で、対人補償金を一定額仮支払いしたお金で、加害側は、一円も対人賠償金支払いして居ないから、立て替えた対人補償金を、法廷内外で、加害者と加入損保から取り立てる、との証拠文書も出て、証拠で出して有る通りです」

自賠責後遺症審査結果、後遺症に該当する医学的根拠証拠は「複数の主治医が、後遺症12級、9級に該当する障害有り、と、検査結果も鑑みて診断して居るが、素人犯罪診断で、主治医の診断を否定した診断を付けて、後遺症却下した、この犯罪事実も、司法、行政、損保共謀の、定番犯罪ですしね」

刑法第160条適用、医師の犯罪診断書公務所に提出、医師法第17条違反事実を不問として、犯罪診断が正しいと、日常的に司法ぐるみ、判決を下して居る訳です、司法犯罪制度を持って、真実を明らかにするとは?法廷で真実を、法曹資格者が、委任弁護士が明らかにしてくれるって、カルト信仰の類いだと。

司法に合憲、合法が有る訳では、弁護士が正義実現、の法螺と合わせて

  • 2022/11/15 02:48

司法は正義、刑事、民事裁判の実際を検証すれば、法曹資格者が行って居る、訴訟手続きごっこに合憲、合法等見出せません、只の法螺話の羅列です。

裁判で真実を明らかにする!良く聞く、事件の真実が不明だからと、被害者側からの、定番の文言ですが「事件の真実を明らかにしたいのであれば、時間とお金を投じて、事実を洗い出す能力等を備えた上で、ですよ、明らかにしたい真実、とやらを正しく見いだせた上で、合理的、論理的な真実、をきちんと推察して、理論構成等して、真実を明らかにして行かなければ駄目に決まって居ます」

辯護士が報道機関の前で「委任者は、法廷で真実を明らかにしたい、捜査結果等に不満がある故、訴訟で真実を明らかにする、等、決まり文句で言うけれど”占いごっこの類いでしょうね”司法手続きで、真実を明らかにする等戯言です、提示出来る真実、を、自分の側で揃えて、訴訟手続きに出して、が当然ですよ」

何十年もずっと「捜査結果等に不満が有るので、弁護士を立てて記者会見して、訴訟で(自分が思う真実で、事実とも限らない)自分の代理の弁護士が、自分が思う通りの真実?を明らかにする!このパターンを繰り返して居るけれど、信仰と相似形では?」

多くの人間、合理的な事実をきちんと理解等出来るのか?自分で思い込んだ事と違うと、不満だ、理不尽だ、等考えるのが、では?正しくない捜査結果で、正しい答えを見出したいなら、論理的、合理的に、捜査の結果に不満がある、の理論構成等を、整合性を持って自分が先ず構築出来なければ駄目、弁護士、検事、裁判官に、そんな資質、素養等は無いから。

傷害致死傷事件で「医学無視の犯罪者診断が、正し医証とだとでっち上げで、刑事、民事訴訟法手続き共、常時公にも通されて居るけれど、多くの被害者ら、正しい医学的証拠とは?から理解もせず、が実際でしょう、正しい真実を、と言うなら、論理的、合理的に正解を見出す資質が備わって居なければ、只の不満です」

警察官、弁護士、検事、裁判官にも、正しい医学的根拠証拠とは、も含めて、合法な知識等備わって居ない訳d、裁判で真実を、委任した弁護士が明らかにしてくれる、訳が無いですよ、群盲象を撫でる、あれですから、つまりは、象がどう言う生き物か知らない輩が集ったって、更に民衆も同様なのに、正しい答えが裁判で明らかと出来る、訳が有りません。

私は「公にしたい事実、真実を”犯罪者側から引き出す為の手”これを無数の手を嵩じて、犯罪者側の自白、犯罪事実証明させる事等を、明らかにしたい真実とはこう言った証明でしょう」

裁判で決まる、合憲、合法度外視の、カルトの経典の踏襲ですが

  • 2022/11/15 02:27

ファイナンスリース、物品等購入資金の融資、ファイナンス貸金からの融資受けを、物品リースと偽る貸金詐欺、が真実、顧客が分割で購入代金支払い、当然ですが、物品は顧客が所有者ですが、貸金が所有者と偽って、割賦で支払いが終わったら、貸金が物品所有者との法螺で、顧客の所有動産詐取、ノンバンク融資詐欺。

知人が、この融資詐欺の物品詐取被害者から、詐取された分割支払い購入電話機器の所有権を譲渡受けして、NTTファイナンスに対して、詐取した電話機器の返却を求めた訴訟で、詐取したNTTファイナンスは「自分達はお金を貸しただけ、電話機器の事は知らない、その電話機器は、GMO(の筈、コミュニケーションテレコムの資産等移動法人)が引き下げた筈、等答弁して」

判決は「NTTファイナンスは、電話機器を原告に引き渡せ」と出た訳ですが、NTTファイナンス、GMOは、敗訴して、引き渡せと判決が出た電話機器を、引き渡さず逃げて終わりでした。

詐欺、窃盗して、詐欺、窃盗を認めて、敗訴判決で、引き渡せとも判決が出ても、盗品引き渡しせずで、刑事、民事的責任は負わず通って居る実例です。

ワイエ×商会が、重過失傷害事件原因焼却炉の所有者だ、この焼却炉は、原告に貸したんだ、ワイエ×商会は、リース契約を解除した、全て根拠証拠無しだが、ワイエ×商会が言うから正しい、焼却炉は、リース契約を解除したので、原告妻所有地から窃盗に出向いたが(東海下請けでしょう、××は自宅から逃げており、元々何も出来ない、しない屑ですから)立ち入り禁止の掲示が有り、泥棒せず居る、原告、泥棒に加担して、窃盗を成功させろ!札幌地裁令和4年(ワ)第1930号、被告準備書面、××の答弁、言い草と言う設定。

上記貸金融資詐欺で、日常的に、司法ぐるみで行われて居る、動産詐取、窃盗行為のなぞりだから、詐取、窃盗しても、詐欺、窃盗罪も適用されない司法犯罪、が大元に有る訳だ「泥棒に行かせた運送業者?が、泥棒を拒んだ結果なだけで、窃盗してりゃ、焼却炉はワイエ×商会の機器だと、虚偽を事実と強引に作り替えられる予定だった訳でしょう」

で「被疑者××に、重過失傷害事件刑事、民事責任は無い!と、事実を強引に捏造して、被疑者が焼却炉購入者で管理責任者、よって本人も、刑事、民事責任とも認めて居て、示談金も、部分示談分毎に払って居る事実も抹殺出来る、予定だったと、共謀犯公権力は、捜査機関も含まれていると」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678386
ユニークアクセス:5842991
今日
ページビュー:1334
ユニークアクセス:1327
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed