エントリー

2022年11月27日の記事は以下のとおりです。

警察による、犯罪者逃亡幇助と、見張りと

  • 2022/11/27 13:48

多数の犯罪に手を染めて来ていて、私が暴いて居る、極悪犯罪行為者の山本xxに付いて、現在こいつは、東京海上日動と提携弁護士、札幌方面東警察署刑事一課強行犯が、犯罪の隠蔽、犯人冤罪でっち上げですり替え、犯罪の手助けに走ると合わせて、こいつを逃がし続けている状況です。

自動車保険犯罪適用、遺産金高額隠匿、巨額脱税、雇用保険金詐欺、組合健保不正加入による、医療費給付金詐欺も実行中、何度も重ねて来て居る、これ等の犯罪、厚生年金、労災にも違法加入、これ等か入保険料を、労働者と偽り正規雇用させて、半額詐取も数度、虚偽告訴も含めてもう、犯罪の数が凄まじい訳です。

これ等の犯罪行為事実が、暴かれ続けて居る上で、東京海上日動、提携弁護士、刑事課は、こいつを逃がし続けて居ます、公共職業安定所から、告発するよう求められて居て、告発済みですが、こいつ等で犯人逃亡を手助け迄。

今日、札幌方面東警察署地域課、札苗交番に電話しまして「こいつの家を巡回して貰って居る、焼却炉再度窃盗、を起こす可能性も強いから、巡回して貰って居るんですが、今後の巡回で”こいつがこっそり家に戻るから、戻った事が確認出来れば、東署に通報願います”と連絡を入れて、了承を得て有ります」

何時までこいつの犯罪多数、を見逃して、逃亡を続けさせるのでしょうか?札幌地検へは今日、捜査の求め手続きを取った訳だし、犯罪者と共謀して、犯罪を手掛けさせているし、犯罪隠蔽工作も幾つも共に手掛けて居る訳で、とっくに犯人隠避、共謀行為等で摘発、捜査実行対象の筈なのですけれどね。

自家用自動車保険は適用不可、法人に納めた焼却炉だから、この事実を承知で、自家用自動車保険不正稼働を重ねる東京海上日動、嘘と承知で、被害者が詐欺目的請求したとも、被疑者、加入者から請求を受けて居て、嘘を吐いて被害者を詐欺犯に、冤罪で落とそうとも謀って来て居る、犯人を逃がし続けているし、焼却炉窃盗も手引き?悪の損保、提携弁護士犯罪が、今も重ねられている現実です。

損保が指揮、警察、司法が下僕で損保用犯罪支援、危険過ぎる現実

  • 2022/11/27 09:44

従兄弟と息子の犯罪に付いて、東京海上日動、提携弁護士、警察が結託して、犯罪行為隠蔽工作と、被疑者、多数の犯罪行為者を逃がし続けて居て、こいつらが共謀の犯罪を、被疑者に自白させないように謀っても居ます。

出だしに根本の、自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約違法適用させて、稼働させてしまった事を、東海、犯罪職員、提携弁護士、警察が共謀行為犯故、損害保険金詐欺冤罪を、被害者に着せて責任逃れに走り続けている、その内に次々、加入者と息子の、公的資金詐欺等が次々明るみに出て来てしまって、こっちの犯罪への共謀犯にもなり果ててしまって、東海、提携弁護士、警察が揃って、多数の公的資金事業を悪用した犯罪に、直接加担までしてばれてしまって居て、更に逃げ道を失い切り。

犯人を逃がし続けると共に、被害者を、でっち上げを重ねて、整合性の欠片も無くなるまでの、東海、提携弁護士、警察が、被疑者と共謀犯罪に走り続けて居る事を隠そうと謀り、被疑者を、今では公に匿い続けて居る訳です。

雇用保険金詐欺で告発済み、複数の雇用保険金詐欺で告発済み、雇用先も騙して?違法加入手続きさせて、公的保険制度に加入させて、雇用先事業所にも、保険料半額詐欺負担させても居る。

雇用保険金詐欺と合わせて、組合健保にも違法に加入させて、詐欺で医療費給付もさせて居る、これも詐欺行為と言う。

父と息子、経営法人が共謀犯で、父が職探しと偽装して、雇用保険金詐取犯罪も表に出されているし。

巨額の遺産資金を隠して、巨額脱税にもこいつらが共謀して走って来ているし、公的資金詐欺利得の没収も有るし、焼却炉窃盗事件も公に出ているし、自家用自動車保険不正稼働、適用犯罪も立証されているし、犯罪の件数、数十件に上って居ます、ここまでの大規模犯罪を、東京海上日動、提携弁護士、警察が共謀犯で続行、犯人共々隠して居ると。

提出証拠

  • 2022/11/27 08:40

札幌地方裁判所 令和4年(ワ)第1932号
損害賠償請求事件
原告 
被告 

                                 令和4年11月27日

原告 

原告提出証拠

甲第33号証   札幌地検、恒川検事正、二階堂検事宛、捜査の求め   写し
甲第34号証   被告が別事件、1931号に提出、準備書面第一回   正本

どんどん暴かれる、損保、提携弁護士、警察ぐるみのテロ犯罪

  • 2022/11/27 08:25

札幌地方裁判所 令和4年(ワ)第1932号
損害賠償請求事件

原告 
被告 

                                 令和4年11月27日

札幌地方裁判所 民亊第1部2係 内海書記官御中
TEL011-290-2330
FAX011-281-7747

原告 

           原告準備書面 第二十四回

1、原告は、添付証拠甲第33号証、札幌地検恒川検事正、二階堂検事に宛てた、被告らによる多数の、公的事業も被害に遭わせて居る詐欺他犯罪事実を持っての、捜査の求め書を提出した、添付証拠は、甲第34号証、被告同じ事件、札幌地裁令和4年(ワ)第1931号事件(原告は、原告経営法人)に被告が出した、被告準備書面第1回と、この裁判居原告が提出した、準備書面第20~23回と、甲第7,30,31号証1~3である。

2、被告は現在も、東京海上日動、向井諭法律事務所、東警察署刑事一課強行犯の共助を得て、被告が手を染めて居る、複数の詐欺、脱税等による、職業安定所、北税務署、厚生年金事業、組合健保、被告が労働者と偽り、犯罪に手を染めさせて、公的保険料半額詐取等した、正規雇用事業所等から逃げ続けて居るのが現実である、原告は札幌地検宛捜査の求めの他、被告の雇用保険金詐欺、組合健保医療費詐欺、脱税、犯罪利得への課税、没収等を求めて、刑事二課知能犯、北税務署等への訴えも提起済みであるが、被告が数十もの犯罪(労働者偽装で正規雇用一件で、最低7の犯罪実施)に手を染めながら、今も身を隠して逃げられて居る事態は、異常を超えている。

何処まで犯罪への加担が

  • 2022/11/27 07:35

@複数の犯罪行為と、犯罪行為者を逃亡させて居る、複合犯罪事件に関して、捜査実施を求めます

                                 令和4年11月27日

捜査を求める相手
〒006-0042 札幌市中央区大通西12丁目
札幌地方検察庁、恒川由理子検事正、二階堂郁美検事殿
TEL011-261-9313

刑法適用複数犯罪捜査を求める者、犯罪被害を受けて居る公務所からも、告発と、被疑者の行方を問われている者
                〒007-0862 札幌市
                                       xxxx
                            携帯080-
                            FAX011-

@現在までに、表に出ている被疑者の身元と、犯罪各種。

;被疑者 札幌市xxxxxxxx丁目x番xx号
 ワイxx商会(株)代表取締役、xxxx
 携帯080-1881-xxxx

@現在までに判明して居て、告発を求められて居る等犯罪の内訳概要。

;札幌市東区中xxxxxx、訴え者妻所有地に置かれている、訴え相手実父、山本xxが購入、管理焼却炉(証拠等による)を、山本xxと共犯者が供応して、虚偽所有者ワイxx商会所有と偽って窃盗に及んだ、東警察署刑事一課強行犯xx警部補は、所有者不明で窃盗を認めた、と証言、こう言う内容の窃盗未遂。

;ワイxx商会代表取締役である、訴え対象者xxxxは、恐らく複数回、現在も、ワイxx商会代表取締役の身分を隠して、一労働者と偽り、他事業所に正規雇用されて、違法に雇用保険、労災保険、厚生年金、組合健保に加入しており、これ等保険加入に関して、保険料半額を、違法な正規雇用先法人に、詐欺で拠出させても居る、これ等保険加入手続き、加入自体も、公的事業相手の違法手続き行為。

;ワイxx商会(株)代表取締役の山本xxは、雇用保険、労災保険加入は不可、厚生年金、組合健保には、ワイxx商会(株)が、この法人と、山本xxが保険料を折半して加入が鉄則、山本xxは、法人代表取締役を降りて、法務局登録、ワイxx商会(株)代表取締役登録を抹消しなければ、他法人に、一労働者で正規雇用される資格は無い。

@山本昌城が手を染めて来て居る、別の犯罪。

;山本xxは、一労働者と身分を偽り、雇用保険加入、組合健保加入を違法に別法人に行わせて、一定期間で退職して、組合健保加入期間を延長する手続きも取り、雇用保険金詐欺、組合健保不正使用による、医療費詐欺を重ねて来て居る。

;山本xxと、実父山本xxは、平成28年暮れ頃から、29年一杯位迄、山本xxが職探し中と偽り、雇用保険受給を受けながら、ワイxx商会(株)、資金を拠出して設立者は、山本xx、社長は山本xx、この法人営業課長の身分で、営業活動等を行って居た、山本xxは近所等には、ワイxx商会は父が社長の法人、自分は他の事業所に就職して居る、退職したので雇用保険を受給して居る、厚生労働省の就職支援事業、職業訓練を受けて、補助金を得て居る等話して居た、雇用保険金詐欺の共犯。

;山本xxは、東京海上日動等とも共謀して、これ等犯罪の他、山本xx(今年5月18日死去)の、巨額の遺産資金を、父は金に困り、損害保険金詐欺を働いた等偽り隠匿、脱税にも走って来ているし、上記詐欺利得を得ても下り、多数の詐欺利得を得て、脱税等を重ねて来て居る。

;山本xxと東京海上日動他が共謀して、山本xxと、xxxx間で締結して、一部賠償金支払いも、山本xxがxxxxに行って居る行為に付いて、示談書は偽造、偽造示談書を使い、xxxxは、山本xxから金を脅し取ろうとして居る、等虚偽告訴の提起も行って居る、同様の内容で、札幌市国保企画課も脅迫等実施。

;山本xxが加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、xxxxが、詐欺目論見で違法請求を行ったと、東京海上日動、向井諭法律事務所、弁護士と、山本xxが共謀して虚偽告訴提起等実施、この損害保険特約に、xxxxは、被保険者不適格でも有り、請求権自体無いが、詐欺冤罪に落とす目論見での、虚偽告訴等を重ねている。

@山本xxは既に3ヵ月以上も、東京海上日動、向井諭法律事務所、所属弁護士、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、xx警部補等共々で、自宅から姿を消し、上記複合犯罪により、刑事告発対象者ともなりながら、身を隠し続けている、犯人隠避、証拠隠滅、共謀犯等の事態が続いて居る。

※山本xx、向井諭法律事務所、所属弁護士、東京海上日動は、札幌地裁令和4年(ワ)第1932号事件被告側として、今月30日までに、山本xx、xxxx間で交わした示談書が偽造との、彼らの公式主張が正しい、合理的証拠を裁判等に出す事と、山本xxは重過失傷害事件に付いて、刑事、民亊共冤罪故責任は無く、示談に合意等して居る筈が無い、合理的証拠を山本xxが持っており、東京海上日動、向井諭法律事務所、所属弁護士と綿密に協議、この件の合理的証拠確認等も果たしており、証拠提出する事を、裁判官と、原告の私(刑事一課強行犯、二課知能犯、二階堂検事にも出すと言う事)に約束している事実が有る。

この訴えに添付する、一部証拠

;札幌地裁令和4年(ワ)第1932号、原告準備書面第20~23回
;甲第30号証、山本xx名刺裏表
;甲第31号証1~3、役人ら他名刺写し
;ワイxx商会(株)、登記事項要約書
;札幌地裁令和4年(ワ)第1931号事件、被告山本xx提出、今月17日付け準備書面第一回

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744913
ユニークアクセス:5908415
今日
ページビュー:1278
ユニークアクセス:1195
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed